『利息を払う』は本当に銀行融資のデメリット?3つの視点で検証

利息を支払うは銀行融資のデメリットか?

スポンサードリンク




「銀行からおカネを借りたら、利息払わなきゃいけないよね」

そのとおり。けれども、だから銀行融資はやめたほうがいい、と考えるのは早すぎる。というわけで、「利息を払う」のは本当に銀行融資のデメリットなのか? を3つの視点から検証してみます。

「利息を払う」のをただただ嫌っているかもしれないアナタ

会社・事業における銀行融資について。こんなことが言われています ↓

『銀行融資を受けると、利息を支払わなければいけない』

つまり、「利息を払う」のは銀行融資のデメリットである。と、言われています。

そしてしばしば、「だから、銀行融資は受けないほうがいいよね」と続きます。

たしかに。銀行からおカネを借りたら、利息を支払わなければいけません。

けれども、その「利息」について、じゅうぶんに検討がなされたのか、理解がされているのかと言えばそうでもない。ただただ「利息」を毛嫌いしているだけ。

ということを前提に。「利息を払う」のは本当に銀行融資のデメリットなのか? を3つの視点から検証してみます。

自社・じぶんに抜け落ちている視点はないか、確認をしてみましょう ↓

「利息を払う」は銀行融資のデメリットなのかを検証する3つの視点
  1. ひと月あたりの利息、いち日あたりの利息
  2. 利息が利益率に与える影響
  3. 銀行融資を受けないデメリットとの比較

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

「利息を払う」は銀行融資のデメリットなのかを検証する3つの視点

《視点①》ひと月あたりの利息、いち日あたりの利息

銀行に支払う利息について、こんな言葉をよく見聞きします ↓

『金利が高い』

つまり、「年率2%」のように「◯%」の部分をとらえて、「金利が高い」と言っているわけです。

では、その金利について。具体的な「金額」に置き換えて、高いか安いかを考えたことはありますか?とたずねると。

多くの場合、「いや…(ない)」との答えが返ってきます。

ならばここで、実際にやってみることにしましょう。

金利を金額に置き換える具体例

銀行から 500万円の融資を受ける場合の、「金利」に対する「ひと月あたりの利息の金額」と「いち日あたりの利息の金額」は下表のとおり。

融資金額金利
(年率)
ひと月あたりの
利息の金額
いち日あたりの
利息の金額
500万円1%4,167円139円
500万円2%8,333円278円
500万円3%12,500円417円

※ 上記の「利息の金額」は借入当初の金額です。返済が進むにつれて、金額は減っていきます

「金利」を「金額」に置き換えるときのポイントは、「ひと月あたり」や「いち日あたり」とすることです。

このように置き換えてみると。「高い」と思われた金利に対する反応も、次のように変わることは多々あります ↓

  • この金額であれば、他の経費を抑えることでなんとかなるな
  • この金額であれば、利益でじゅうぶんにカバーできるな

「年率◯%」という表面的な金利のイメージに惑わされないように、具体的な金額に置き換えて考えるようにしてみましょう。

【参考】利息には税金を減らす効果もある、と考えると…

黒字の会社・事業であれば。利息を支払うことで、税金が減るという効果があります。利息は「経費」になるからです。

税率が25%(中小企業の法人税だとこのくらい)だとすると、支払う利息は「実質 25%引き」と考えることができます。

つまり、もし年率2%の利息ならば、実質は年率 1.5%(2%の25%引き)の利息だ、ということです。

《視点②》利息が利益率に与える影響

銀行に支払う利息について、こんな言葉も見聞きします ↓

『(利息を払うと)利益が減る』

なるほど、利息は「経費」ですから、利息を支払うことで利益は目減りしてしまいます。

では、その利益が目減りする度合い、言い換えると、利息が利益に与える影響について。「利益率」で把握はしていますか? とたずねると。

やはり多くの場合、「いや…(ない)」との答えが返ってきます。

ならばまたまたここで、実際にやってみることにしましょう。

利息が利益に与える影響を利益率で把握する具体例

銀行から融資を受けずに「利息なし」のケースと、融資を受けて「利息あり」のケースの「利益率」は下表のとおり。

なお、融資を受ける場合の条件は、融資金額 500万円、年率2%の金利とします(年間利息は 500万円 × 2%=10万円)。

 利息なし利息あり
金額利益率金額利益率
売上5,000万円5,000万円
経費4,500万円4,500万円
利息0万円10万円
利益500万円10%490万円9.8%

※ 上記の「利息の金額」は借入当初の金額です。返済が進むにつれて、金額は減っていきます

上記の表を見ると、融資を受けずに「利息なし」のケースでは、利益率が 10%(利益 500万円 ÷ 売上 5,000万円)です。

いっぽうで、融資を受けて「利息あり」のケースでは、利益率が 9.8%に下がります。

つまり、年率2%の利息が利益率に与える影響は、0.2%です。あえて言いますが、「わずか」に 0.2%です。

年率2%のイメージに引っ張られていると、利益率はもっと大きなダメージを受けるとの思い込みをしていることがありますが。それに比べれば 、0.2%は「わずか」であることが少なくない。

ちなみに、このケースでの 0.2%は、次のように計算されます ↓

  • (融資金額 500万円 ÷ 売上 5,000万円)× 金利 2% = 0.2%

言い換えると。売上に対して 10%の融資を受けた場合(融資金額 500万円 ÷ 売上 5,000万円に、利息が利益率に与える影響は「金利の10分の1にすぎない」ということです。

そう考えれば、「(利息を払うと)利益が減る」というイメージも変わります。

「年率◯%」という表面的な金利のイメージに惑わされないように、利益率に与える影響も計算して考えるようにしてみましょう。

《視点③》銀行融資を受けないデメリットとの比較

さいご、3つめの視点として。「銀行融資を受けない場合のデメリット」との比較をしてみます。

銀行融資を受ける場合のデメリットとされる「利息」について、銀行融資を受けない場合のデメリットと比較をします。

次の具体例で考えてみましょう ↓

「銀行融資を受けない場合のデメリット」との比較の具体例

年商(年間の売上)が 5,000万円、手元の現金預金が 300万円の会社。日ごろの資金繰りはどう?

上記の具体例について想像されるのは、さぞかし資金繰りが厳しいのだろう… ということです。

月商(ひと月の売上)の1ヶ月分にも満たない現金預金だと、多くの場合、資金繰りが厳しくなるからです。

売上入金のタイミングと、仕入・経費支払のタイミングがちょっとずれると、たちまち資金ショート。経営者はおカネの算段に時間を奪われて、そのうえ大きなストレスも抱えている。

実際に、そのような(現金預金が月商の1ヶ月分未満の)会社・事業は決して少なくありません。

では、もしここで、銀行から 500万円の融資を受けることができるとしたら。どうでしょう?

当然、手元の現金預金は 800万円まで増えますから、日ごろの資金繰りは「かなりラク」になります。

利息の支払いは発生しますが、年率2%の金利だとしたら。《視点①》で見たとおり、ひと月あたりの利息は 8,333円、いち日あたりの利息は 278円です。

また、《視点②》で見たとおり、利益率への影響は マイナス 0.2%です。

これら、銀行融資を受ける場合の利息というデメリットと、融資を受けずに経営者が時間を奪われ・ストレスを抱えるデメリットと。どちらのデメリットが大きいか? 考えてみましょう。

なお、融資を受けない場合のデメリットには、「結局おカネの算段ができずに破綻する」というリスクがあることも決して忘れてはいけません。

【参考】融資を受けても、借金だけが増えるわけじゃない

たとえば、500万円の融資を受けたとして。増えるのは 500万円の「借金」だけではありません。500万円の「おカネ」も増えます(借りたおカネでモノを買えば、モノが増えます)。

したがって、ムダ使いをしない限りは、「返済をしなければいけない」ことはデメリットにはなりません。

にもかかわらず、しばしばデメリットのように言われるところではありますが。それは前提を間違えています。ムダ使いをする前提でおカネを借りてはいけません。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

銀行融資を受ける場合のデメリットとされる「利息を払う」について、本当にデメリットなのかを3つの視点で検証してきました。

たしかに、利息を支払うことはデメリットですが。その「利息」について、じゅうぶんに検討がなされたのか、理解がされているのかと言えばそうでもない、という場合があります。

検討・理解をするのに必要な視点が抜け落ちていないか、確認をしておきましょう。

「利息を払う」は銀行融資のデメリットなのかを検証する3つの視点
  1. ひと月あたりの利息、いち日あたりの利息
  2. 利息が利益率に与える影響
  3. 銀行融資を受けないデメリットとの比較

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!