『メガバンクから保証協会付き融資』はおすすめしない3つの理由

メガバンクから保証協会付き融資

スポンサードリンク




メガバンクから融資を受けた・受けている。

でもそれって、保証協会付き融資ではありませんか? メガバンクからの保証協会付き融資はおすすめできません、というお話をしていきます。

メガバンクから融資が受けられたぞ! でも保証協会付き融資…

会社・事業における銀行融資について。

民間の銀行から受ける融資は、大きく2つに分かれます。「プロパー融資」と「信用保証協会付き融資」です。

プロパー融資とは、それぞれの銀行が単独で行う融資。もし、借り手が返済不能になったときには、銀行が 100%損をかぶる融資です。

これに対して、信用保証協会付き融資とは。もし、借り手が返済不能になったときには、損の全部または一部を信用保証協会が肩代わりする融資です。

よって、銀行にしてみれば、リスクが小さい信用保証協会付き融資(以下、保証協会付き融資)のほうが融資がしやすい。借りる側からすると借りやすい、ということになります。

ところが。

あまたある銀行のなかでも、「メガバンク」から保証協会付き融資を受ける。これはあまりおすすめができません。

中小企業の場合。ウチもメガバンクから融資が受けられたぞ! と言っても、保証協会付き融資であることがほとんどだったりするわけですが。これはおすすめできない。

なぜならば… という「理由」についてお話をしていきます。次の3点です ↓

『メガバンクから保証協会付き融資』をおすすめしない理由
  1. 借りるときもそのあともシビアだから
  2. 取引銀行を増やしにくくなるから
  3. プロパー融資につながらないから

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

「メガバンクから保証協会付き融資」をおすすめしない3つの理由

《理由1》借りるときもそのあともシビアだから

メガバンクから保証協会付き融資がおすすめできない理由の1つめ。それは、借りるときもそのあともシビアだからです。

ここで言うシビアとは。借りるときには審査が厳しく借りにくい。また、借りたあとも管理が厳しく、融資先の業績が悪いと早くに回収や金利アップをはかろうとするようすを指します。

しかしながら、多くの中小企業は大企業ほどに業績がよいわけではありません。加えて、業績が安定もしていません。

結果として。借りにくいうえにその後の対応も厳しいのでは、安心しておカネを借りる・借りていることができない… それが、メガバンクからの融資です。

いっぽうで、地域金融機関(信用金庫・信用組合や地方銀行)は、というと。メガバンクにくらべれば、おだやかです。

借りるときの審査はメガバンクほど厳しくはない。借りたあとも業績が悪いからといって、メガバンクほど早くに厳しい対応を迫るものではないのが、地域金融機関からの融資です。

審査が厳しすぎれば貸せる相手がいなくなってしまう。対応が厳しすぎれば地域で悪評が立つ。ゆえに地域金融機関は、おだやかなのです。

したがって、財務基盤が安定しにくい中小企業がお付き合いをすべきは、まず地域金融機関。という「そもそも論」が、メガバンクから保証協会付き融資がおすすめできない理由です。

にもかかわらず、メガバンクのネームバリューに惹かれて融資を求める会社があります。気をつけましょう。

《理由2》取引銀行を増やしにくくなるから

メガバンクから保証協会付き融資がおすすめできない理由の2つめ。それは、取引銀行を増やしにくくなるからです。

冒頭、保証協会付き融資は、銀行にとっては融資をしやすい(プロパー融資にくらべて)、という話をしました。

この点で。銀行は、はじめての融資をする相手には「まずは保証協会付き融資から」と考えます。回収不能のときにも安心・安全だからです。

それならば。借り手としては、そのような保証協会付き融資の「特性」を利用して取引銀行を増やしていくのが常套手段です。

つまり、はじめての銀行とは、「保証協会付きでOKです」からはじめます。

ところが、注意点として、「保証協会付き融資」には上限があることを理解しておかなければいけません。

具体的には、「8,000万円まで(無担保保証の一般枠として)」の上限があります。

なお、手放しで 8,000万円までOK、ではありません。8,000万円はあくまで上限であって、業績が悪い会社であれば上限以下はありえます。

そういう意味では「貴重」な保証協会付きを、メガバンクからの融資に使ってしまうとどうなるか? 他の取引銀行を増やすのに差し支えます。

銀行側は、「まずは保証協会付き融資から」なのに、メガバンクからの保証協会付き融資で、すでに上限いっぱいで空きが無い… というケースです。

《理由1》でお話したとおり、中小企業がお付き合いをすべきは、まず地域金融機関。その地域金融機関とお付き合いをはじめたいのにはじめられない、ということがないように。

保証協会付き融資は、地域金融機関からの融資を優先しましょう。

《理由3》プロパー融資につながらないから

メガバンクから保証協会付き融資がおすすめできない理由の3つめ。それは、プロパー融資につながらないからです。

さきほど《理由2》で、保証協会付き融資には上限がある、と言いました。

上限があるものゆえ、できるだけ使わずにとっておきたいのが保証協会付き融資です。

取引銀行を増やすときのほかにも、業績がイマイチのときに保証協会付きだったら借りられる、ということもありえます。だから、なるべくとっておく。

では、保証協会付きをとっておくためにはどうするか? 代わりに、プロパー融資を受けることです。

まずは保証協会付き融資で取引をはじめつつ、返済の実績を通じて銀行からの信用をつけ、プロパー融資を引き出す。保証協会付きからプロパーへ徐々に切り替えていきます。

ところが、前述したとおり、銀行からすればリスクが高いプロパー融資は貸しにくい。ゆえに、融資審査の基準は高くなります。

加えて、メガバンクの審査基準は、そもそも地域金融機関よりも高いものであり、「メガバンクからプロパー融資」の敷居は相当に高いことを理解しておかなければいけません。

ひとつの目安として、年商 10億円。中小企業にとっては高い敷居です(目安なので、年商 10億円未満でもプロパー融資を受けられることはあります)。

であるならば。メガバンクからいくら保証協会付き融資を受けても、なかなかプロパー融資を引き出すことはできない。と、考えるべきでしょう。

したがって、プロパー融資を引き出したいのであれば、保証協会付き融資は地域金融機関から受けるのがおすすめです。

整理をすると。地域金融機関との取引をはじめるために、まずは保証協会付きで融資を受ける。そして実績と信用をつけて、プロパー融資を引き出す。

保証協会付きからプロパーに切り替えることで、保証協会付き融資を空ける。空いた保証協会付き融資は、また別の地域金融機関との取引をはじめるのに利用する。

保証協会付き融資は、有効利用することを考えましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

「メガバンクから保証協会付き融資」をおすすめしない理由についてお話をしてきました。

メガバンクのネームバリューを求めるあまり、メガバンクから保証協会付き融資を受けている会社がありますが。

保証協会付き融資の有効利用という点では問題があることを押さえておきましょう。

『メガバンクから保証協会付き融資』をおすすめしない理由
  1. 借りるときもそのあともシビアだから
  2. 取引銀行を増やしにくくなるから
  3. プロパー融資につながらないから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク




スポンサードリンク







ご希望の日時での開催、マンツーマンセミナーの開催を受け付けています

セミナー開催希望 受付中!