『赤字でも融資を受けたい会社』が銀行に伝えるべき5つのこと

「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきこと

スポンサードリンク




銀行は、原則、赤字を補うための融資はしません。とはいえ、融資を受けたいのに会社は赤字・・・ ということもあるでしょう。

そこで、少しでも融資を受けられる可能性を高めるために、「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきことについてお話をしていきます。

銀行は赤字の会社におカネを貸さない

会社・事業における銀行融資について。だいじな「原則」のひとつとして、次のことが挙げられます ↓

「銀行は赤字を補うための融資はしない」

借入の返済・利息の支払いは、「利益」が財源になるため、赤字の会社には財源がありません。財源が無い以上、返済はできないのですから融資をすることはできない。そのように銀行は考えます。

もちろん、赤字の会社が必ずしも融資を受けられない、というわけではありません。担保・保証をつける、セーフティネットを利用するなどの事情により、融資を受けられることはあるでしょう。

けれども、それらは「例外」のたぐいであって「原則」ではありません。原則はあくまで、銀行は赤字を補うための融資はしない。これに尽きます。

したがって本来は、黒字のときに融資を受けるべきです。ただ、そうは言っても、融資を受けようと思ったら赤字だった・・・ という現実もあるでしょう。

そこで。「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきことについてお話をしていきます。

赤字で融資を受けるのは難しいものですが、少しでも融資を受けられる可能性を高めるために伝えるべきこと。それが次の5つです ↓

「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきこと
  1. どうして赤字になったのか
  2. いつまで赤字が続くのか
  3. 赤字を解消するための対策はなにか
  4. 必要なおカネはいくらなのか
  5. メインバンクはなんと言っているか

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべき5つのこと

《伝えるべきこと①》どうして赤字になったのか

まずは、どうして赤字になってしまったのか、つまり、「赤字の原因」を伝えましょう。

結果は同じ赤字でも、結果にいたる原因はさまざまですから。自社はどうして赤字になったのか、を確認するところからはじまります。

このとき、「外的」な原因ばかりを強調してしまうのはよくありません。具体的には、「景気が悪い」や「業界全体がよくない」など。

たしかに、それもひとつの原因かもしれませんが、そればかりではないはずです。なぜなら、世の中には「景気や業界全体とは関係なしに黒字の会社」もあるからです。

そう考えると、赤字には何かしら「内的」な原因、その会社に「固有」の原因があるはずで。そのような原因を見つけ出しましょう、ということになります。

たとえば。「値引き販売を繰り返した結果、利益率が悪化してしまった」「コスト管理・数値管理が甘く、ムダな経費が増えてしまった」などが挙げられます。

外的な原因に終始してしまうと、「なにもやりようがない」わけですから、銀行としても赤字の改善をイメージできません。融資は難しくなるばかりです。

内的な原因に目を向けましょう。言い換えると、他責ではなく自責の目を持つ、ということです。

《伝えるべきこと②》いつまで赤字が続くのか

さきほど、赤字の「原因」について話をしました。その原因を見ていくと、赤字には「一過性」のものとそうでないものとがあります。

たとえば、長らく不良在庫になっていた商品を思い切って廃棄処分した。この場合の廃棄損は一過性だと言えるでしょう。

つまり、このような廃棄損は今期限りのものであって、来期はもう廃棄損はありませんよ、ということです。

これに対して、売上不振が続いているとなると、来期がどうなるかはわかりません。もちろん、来期はがんばりますよ!ということではありますが、結果がともなうかどうかはビミョーです。

そういう意味で、売上不振による赤字について、一過性だとはなかなか言い切れないところがあります。

ではそのように、赤字には「一過性」のものとそうでないものがあるとして。言うまでもありませんが、銀行は一過性の赤字に対しては比較的寛容であり、そうでない赤字に対しては厳格なものです。

したがって、赤字とはいえ一過性の要素が強いのであれば、その点を強調していくようにしましょう。そのためにも、前述した「原因」の把握が大切になるわけです。

《伝えるべきこと③》赤字を解消するための対策はなにか

さきほどから、赤字の「原因」について話をしています。原因が分かったところで必要なのは「対策」です。

赤字の原因を放置すれば、当然、赤字が続くことになります(ただし、一過性の赤字は除く)。赤字が続くような会社に対して、やはり銀行は融資を躊躇します。

ですから、原因それぞれについてどう対策するか。その説明が必要になります。

いろいろ対策は考えられますが、ひとつ「コツ」として。できる限りの「コスト削減」は織り込むようにしましょう。

赤字に対して、売上を上げるというのは「相手(お客さま)」があることですから容易ではありません。売りたいからと言って、売れるものでなし。

いっぽうで、コスト削減は「じぶんしだい」です。自社で「やめる」と言えばやめられるものが少なくありません。

たとえば、社長の役員報酬を減額する。いまよりも家賃の安い事務所に移転する。交際費の予算を見直す。仕入先をあらためて相見積もりする、などなど。

もちろん、ただただ金額が減ればよい、という単純なハナシでないことは理解したうえで。それでも金額を確実に下げられるところがないか、コスト削減の余地を探すのです。

これらを最終的に「経営改善計画書」のカタチにまとめましょう。メンドーなので口頭で済ませたい、という会社は多いようですが。だからこそ、書面にまとめて「熱意」や「誠意」を見せましょう。

実際、書面にまとめる過程で、自社にとっても経営改善を考えるよい機会になるはずです。銀行のために書面をつくるのではありません。本質的には自社のためです。

どのような対策を、誰が(=責任者)、いつまでに、どのような手順で進めていくのか。経営改善計画書のなかに記して、その実行を定期的にチェックしていきましょう。計画しっぱなしはいけません。

《伝えるべきこと④》必要なおカネはいくらなのか

赤字でおカネが無い、だからできるだけのおカネを貸して。このような融資のお願いは最悪です。

ところが、実際には「無いから貸して」「あるだけ貸して」とのお願いをする会社があります。その場しのぎ、場当たり的なお願いですから、当然、融資を受けるのは難しくなってしまいます。

必要かどうかもわからないおカネを、あるだけ貸すことなどできるわけがありませんよね。

ですから、銀行には「いくらおカネ(融資)が必要なのか」を伝えるようにしましょう。このとき、やはり書面がだいじになります。

前述した対策の実行を前提として、いったいどれだけのおカネ(融資)があれば資金繰りが回るのか? 具体的な数字を使って、資金繰り表で示すことです。

その資金繰り表をもって、銀行は「いくらのおカネが必要なのか」「貸したおカネは返してもらえるか」を審査・検討することができるようになります。

いくら口頭で「がんばって返します」と言ったところで、根拠なき言葉を審査・検討することはできません。繰り返しになりますが、メンドーがらずに書面にまとめましょう。

赤字でも融資を受けたいのであれば、経営改善計画書が必須になる。これを忘れてはいけません。

銀行にダメ出しされない経営改善計画書の書き方5つのコツ

2017.09.21

《伝えるべきこと⑤》メインバンクはなんと言っているか

銀行の世界は「横並び」です。他行が貸すと言えばウチも貸す、他行が貸さないと言えばウチも貸さない。銀行はそのように考えています。

ゆえに、銀行は他行の動きをいつも気にしています。とくに、赤字のように大きなリスクを感じるケースではなおさらです。

この点で、メインバンク以外の銀行に融資を依頼するときには、「メインバンクの動き」を伝えるようにしましょう。

メインバンクが融資をすると言っているのであれば、それが他の銀行からの融資の後押しになるからです。

ちなみに、ここで言うメインバンクとは、融資残高がもっとも大きい銀行をイメージしています。融資残高が大きいということは、回収不能時のリスクも大きい。

そのようなメインバンクが、まだ支援すると言うのだからだいじょうぶだろう。そのように、他の銀行は考えるわけです。

実際、メインバンクは融資先とのコミュニケーションが密であり、多くの情報を有しています。たくさんの情報を判断材料に持つメインバンクは、より正確な融資判断ができるはず。ということですね。

逆に、メインバンクが融資をしないと決めている場合には、他の銀行からの融資は難しくなります。

このあたりをふまえて、赤字で融資を受けるときには、はじめにメインバンクにお願いをするようにしましょう。他の銀行は、メインバンクしだいです。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきことについてお話をしてきました。

銀行は、原則、赤字を補うための融資はしません。

にもかかわらず、赤字でも融資を受けたいというのであれば。少しでも融資を受けられる可能性を高めるために、銀行に伝えるべきことを押さえておきましょう。

「赤字でも融資を受けたい会社」が銀行に伝えるべきこと
  1. どうして赤字になったのか
  2. いつまで赤字が続くのか
  3. 赤字を解消するための対策はなにか
  4. 必要なおカネはいくらなのか
  5. メインバンクはなんと言っているか

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!