ひとつの銀行と長くお付き合いする3つのメリット

ひとつの銀行と長くお付き合いする3つのメリット

スポンサードリンク




ひとつの銀行と長くお付き合いすることには3つのメリットがあります。

逆に、お付き合いをする銀行をコロコロと変えていると、そのメリットを得ることができません。というお話です。

コロコロと銀行を変えていると得られぬメリットがある

会社・事業における銀行融資について。

お付き合いをする銀行をコロコロと変えている会社をお見かけすることがあります。

このあいだはA銀行から借りた。その前はB銀行から借りた。そして、こんどはC銀行から借りる。借りる銀行を変えるたびに、以前の銀行との付き合いはやめている… といった具合です。

そのときどきで「いちばんよい条件」で借りられる銀行から借りる。というのであれば、それもひとつの考え方ではあるでしょう。

けれども。その場合、ひとつの銀行と長くお付き合いすることで得られるメリットを逃していることを忘れてはいけません。

そのメリットは大きなもので、次の3つになります ↓

ひとつの銀行と長くお付き合いする3つのメリット
  1. 融資が受けやすくなる
  2. 融資を受ける条件がよくなる
  3. 他の取引銀行が安心をする

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

ひとつの銀行と長くお付き合いする3つのメリット

融資が受けやすくなる

ある銀行から融資を受けて、そのあときちんと返済を続けていけば、「返済実績」が増えていきます。

その返済実績は「(毎月返済の)約束を守った」ことの証であり、銀行は約束を守る会社を好むものです。

結果として、次の融資は受けやすくなります。返済の約束を守る会社だとの信用があるからですね。

また、融資が受けやすくなることに加えて、融資を受けることができる「金額」も増えていく傾向があります。

銀行もはじめは、小さな金額から融資をして「様子見」です。大きな金額を融資して、返してもらえなかったときのリスクは避けようとします。

そのうえで、きちんと返済をしてもらえることがわかれば、「次はもうちょっと大きな金額でもだいじょうぶかな」と考えるわけです。

さらに信用が高まれば、最終的には銀行のほうから「貸したい」と考えるにいたります。会社が「借りたい」と言わなくても、です。

なお、会社の業績が悪くなると、一般に融資は受けにくくなります。返済をしてもらえない可能性が大きくなるからですね。

ただその場合でも、「お付き合いの長さ」があると、融資を受けられるケースは増える傾向にあります。

なぜなら、「この会社はこれまで年間〇〇万円返済してきた実績がある。だからこれからも、なんだかんだ言ったって、同じくらいは返済できるだろう」と銀行は考えるからです。

もちろん「だろう」では困るので、銀行も会社がつくった経営改善計画書を確認するなどはしますが。それでも「お付き合いの長さ(返済実績)」はひとつの判断材料しての影響を持つことは知っておくとよいでしょう。

このように、銀行と長くお付き合いをしていると、融資は受けやすくなります。

そもそも融資が受けやすくなることに加えて、融資の金額が増える、銀行からの融資提案が増える、業績が悪くても融資を受けられるチャンスがある。

逆に、返済実績が無い会社(たとえば、はじめて取引をする会社)や、返済実績が少ない会社に対して、銀行は慎重な姿勢をとります。結果、融資を受けにくくなります。

融資を受ける条件がよくなる

銀行と長くお付き合いをしていると、銀行は融資先の状況をより理解できるようになるものです。

付き合いはじめたころはアイツのことがよくわからなかったけど、長く付き合ってみたらわかってきた! ということ、ありますよね。

ヒトとヒトとのお付き合いに限らず、銀行と会社のお付き合いもそこは同じです。

長くお付き合いをしていれば、おのずと銀行と会社とのあいだに「接点」が増えます。

融資を重ねれば、そのつどの審査が会社を知るきっかけになるでしょう。また、年に1度は決算を通じて、銀行は会社の状況を把握することになります(決算が終わると会社は銀行に決算書を提示します)。

さらに、銀行担当者の定期訪問や、会社からの定期報告によりコミュニケーションが増えることで、やはり銀行は会社の状況をより理解できるようになるでしょう。

銀行は決算書や計画書から得られる「数字」のほかにも、会社のビジネスモデル、会社が抱える問題と課題、会社の将来性まで理解を深めることができる、ということです。

その結果、銀行は「融資のリスク」を測りやすくなります。その会社に対する融資の危険度を測ることができる。

リスクを測ることができると、金利や担保などの融資条件をより的確に提示することができます

もう少し端的に言うと、融資の金利が低くなったり、担保(不動産担保や連帯保証人)が必要なくなったり、が期待できる。

これが、銀行と長くお付き合いをすることで得られるメリットです。

逆に、銀行が会社のことをよく理解できずにいると。リスクを測ることができませんから、どうしても金利を上げたり、担保をとってリスクに備えようとします。当然、会社にとっては不利益です。

ところで、金利に関して言えば。融資の金額が増えるにしたがって金利は低くなる、という傾向があります。

融資金額が大きければ、金利が低くても利息収入の「金額」を銀行は確保することができるからです。

銀行と長くお付き合いをしていれば、おのずと融資金額が増えることは前述しました。だとすれば、あわせて金利も下がるはず。メリットとして押さえておきましょう。

他の取引銀行が安心をする

会社がある銀行と長くお付き合いをしていると、それを見たその他の取引銀行は安心をする、という一面があります。

たとえば。会社がA銀行と長くお付き合いをしているとして。その結果、ここまでお話をしたように、会社はA銀行から融資を受けやすくなったり、融資の条件も良くなったりします。

これを見たその他の取引銀行であるB銀行やC銀行などは、「A銀行が信用している会社なんだな」という見方をするものです。

すると、B銀行やC銀行も安心して融資をしやすくなったり、会社に有利な融資条件を提示しやすくなります。

会社の業績が悪いときでも、A銀行が支援を続けている姿を見れば、B銀行やC銀行も比較的安心をできますから、貸し渋りや貸し剥がしにあうことも少なくなるでしょう。

結果として、会社は「安定した資金繰り」を続けることができます。これもまた、銀行と長くお付き合いをすることで得られる大きなメリットです。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

ひとつの銀行と長くお付き合いすることにはメリットがあります。

逆に、お付き合いをする銀行をコロコロと変えていると、そのメリットを得ることができません。

自社に合った銀行を見つけて、その銀行とは「中長期的」な視点でお付き合いをするようにしましょう。

ひとつの銀行と長くお付き合いする3つのメリット
  1. 融資が受けやすくなる
  2. 融資を受ける条件がよくなる
  3. 他の取引銀行が安心をする

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!