YouTubeチャンネルを開設しました!

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由

スポンサードリンク



「いますぐ借りたい」「すぐにでも借りたい」というタイミングでおカネを借りようとするのはいけません。

そこで。おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由についてのお話です。

いますぐ借りたい、と言う人たちへ。

会社・事業における資金繰りについて。資金、つまり、おカネを確保する方法として「借りる」があります。

「稼ぐ」でおカネを確保できればよいのですが。会社・事業は山あり谷あり。「借りる」ことも必要だ、と言えます。

この点で。おカネを「急いで」借りようとする会社・個人事業者は少なくありません。「いますぐ借りたい」「すぐにでも借りたい」というタイミングでおカネを借りようとする。

けれども。

おカネを急いで借りてはいけません。むしろ、時間をかけて借りるべき。その理由についてお話をします。次の3つです ↓

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由
  1. 足元を見られるから
  2. 時間がかかるから
  3. すぐに失くなるから

おカネを急いで借りることになる前に。時間をかけて借りるべき理由を押さえておきましょう。

それではこのあと、3つの理由について順番にお話をしていきます。

スポンサードサーチ

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由

《理由1》足元を見られるから

おカネを急いで借りてはいけない、時間をかけて借りるべき理由の1つめ。それは「足元を見られるから」です。

会社・事業でおカネを借りようとする場合。どこから借りるか? と言えば、「銀行」が挙げられることでしょう。

その銀行に対して、言ってはいけない言葉のひとつに「いますぐ貸して」があります。いますぐ? なんて無計画なんだ! と思われてしまうからです。

いますぐ貸してほしいということは、いまおカネが無いことをあらわします。そう考えると、「いますぐ貸して=おカネが無いから貸して」です。

おカネが無いから貸してと言う人に、あなたはおカネを貸しますか? 貸しませんよね。おカネが無いのにどうやって返すんだよ? というハナシです。

銀行だって同じ。おカネが無い会社・個人事業者に対しては慎重です。おカネを失くしてきた過去があり、おカネが無い現在がある。だったら将来もおカネが無いのでは? 返済してもらえないのでは? じゃあ、貸さない。

それでもなんとか、貸してもらえることもあるでしょう。しかし、条件は悪くなります。金利が高い、担保・保証が必要になる…など。当然です。銀行はビジネスでおカネを貸しているのであり、ボランティアではないのですから。

このように。おカネを急いで借りようとすると、「足元見られる」ことになります。とても借りにくいし、借りられたとしても条件が悪い。

銀行では借りられず。いわゆる「高利貸し」を頼るしかない… という場合も同様です。やっぱり、足元を見られるわけで。法外な金利も受け入れざるを得ない。銀行の金利とはワケが違いますから、会社・事業を潰してしまいます。

いっぽうで。時間をかけて借りることができる場合には「逆」になります。「時間をかけられる=いまはおカネに余裕がある」ということです。すると、足元を見られずにすみます。

銀行は余裕のあるところにおカネを貸したいものですし、貸したい銀行間で競争が起きれば、良い条件を提案してもらえるようにもなるものです。

というわけで。おカネに余裕があるとき、言い換えると、黒字のときや現金預金の残高が多いときこそ、おカネを借りるようにしましょう。

《理由2》時間がかかるから

本記事の投稿日現在(2020年4月15日)、多くの会社・個人事業者が、新型コロナウィルスの影響によって厳しい資金繰りを強いられています。

そこで、国や地方自治体の主導のもと、特別な融資制度が展開をされているところです。具体的には、日本政策金融公庫の新型コロナウィルス感染症特別貸付、セーフティネット保証による貸付など。

これらの融資制度を見ていると。おカネが無くても借りれるじゃないか、と思われるかもしれません。さきほど、おカネが無いと「足元を見られる」と言ったのに。そんなことないじゃん、と。

たしかに、いまおカネが無くても借りられる。さきほどの融資制度は「例外」として存在をしています。勘違いをしてはいけないのは、あくまで「例外」という位置付けだということ。銀行としても、特別だからしかたないということ。

おカネが無ければ足元を見られる、のが原則です。

それはそれとして。例外だとしてもおカネが無くても借りられるのならいいじゃないか。そう思われるのでしたら、それは間違いです。

なぜならば… というのが、おカネを急いで借りてはいけない、時間をかけて借りるべき理由の2つめになります。

ではなぜ、おカネが無くても借りられるからといって、急いで借りてはいけないのか? それは、「時間がかかるから」です。

銀行からおカネを借りるときには「相応の時間」がかかります。銀行も「おカネを貸すか貸さないか」を審査するのに時間がかかるのです。

急いでくれ! と頼んだところで貸すのは銀行。急いでもらえるかどうか、急げる状況にあるかどうかは銀行しだいです。借り手がコントロールできることではありません。

それに、急がせれば足元を見られることはさきほどもお話しました。

また、コロナ関連の特別な融資について言えば、「融資を希望する企業が窓口に殺到」との報道がなされているとおりです。銀行の窓口は混雑し、審査をするのにも時間がかかっている現状があります。

たとえ、借りられるという結論だったとしても、実際におカネを受け取るまでにもたなければ、会社・事業は潰れてしまう。

だから、おカネを急いで借りるようではダメなのです。

借りるまでには時間がかかることも織り込んで、時間をかけてでもおカネを借りておきましょう。結果として、急いでおカネが必要になる… という未来を回避することにつながります。

《理由3》すぐに失くなるから

不思議なもので、急いで借りたおカネはすぐに失くなります。

と、言ってはみたものの。実は、不思議なハナシでもありません。急いでいたのは、いますぐにでもおカネが必要だからであり、いますぐにでもおカネを使う必要があるから。

急いで借りたおカネがすぐに失くなるのは当然だと言えます。急いで借りたおカネはすぐに失くなる命運にあるのです。

するとどうなるか? 困りますよね。またすぐにおカネが無い、おカネが足りない、と困りますよね。結局、振り出しに戻るばかりです。

では逆に、時間をかけて借りたおカネはどうでしょう?

時間をかけて借りる、とは。まだおカネに余裕があるうちに、じっくり焦らず借りるということです。

この場合には、いますぐ使う必要がないおカネを借りるのですから、借りたおカネがすぐに失くなることはありません。間違ってムダ使いをしない限り、借りたおカネは手元に残ります。

すると、このたびの新型コロナウィルスのような有事にも、じっくり焦らず耐えられるだけのおカネを確保できる。殺到や混雑にも巻き込まれることなく、資金繰りの不安に過度に怯えることもなく、再起のチャンスをうかがうことができます。

というわけで。

おカネを急いで借りてはいけない、時間をかけて借りるべき理由の3つめ。それは急いで借りたおカネは「すぐに失くなるから」です。

ところで。いま必要のないおカネを借りられるのか? 使う必要のないおカネを銀行から借りることなのできるのか? そう思われるのであれば。

できます。手元のおカネを増やして、財務基盤をより強固なものとするために。いま使う必要のないおカネも銀行から借りることはできます。くわしくはこちらの記事をどうぞ ↓

銀行から余裕資金の融資を受けるための注意点

ちゃんと借りてる?銀行から余裕資金の融資を受けるための注意点

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

「いますぐ借りたい」「すぐにでも借りたい」というタイミングでおカネを借りようとするのはいけません。

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由を押さえておきましょう。会社・事業の持続や成長にかかわるところです。

おカネは急いで借りない、時間をかけて借りる3つの理由
  1. 足元を見られるから
  2. 時間がかかるから
  3. すぐに失くなるから

この記事のシェアはこちらから!