セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

『ひとまず経験』にはならない銀行融資 3つのケース

『ひとまず経験』にはならない銀行融資 3つのケース

スポンサードリンク



銀行から融資を受けたからといって、必ずしも「ひとまず経験になった」とはいえないケースもある。

というわけで、「ひとまず経験」にはならない銀行融資のケースについてお話をしていきます。

経験が経験にならない、こともある。

「ひとまず経験」のために銀行から融資を受けてみようと考えている、 との話を見聞きすることがあります。

また、銀行から融資を受けて、「ひとまず経験になった」という話を見聞きすることもあります。

けれども実は、融資を受けたからといって、必ずしも「ひとまず経験」にはならないケースもある。

まったく経験にならない、ということではないにせよ。ある「部分」では、経験になっていないというケースがあります。それがこちらです↓

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース
  1. セーフティネット関連の融資を受ける場合
  2. 士業が融資を受ける場合
  3. 信用保証協会付き融資・日本政策金融公庫の融資を受ける場合

これらのケースでは、経験をしたつもりが経験になっていないことがある。経験になっていない「部分」もあるので注意が必要です。いったいそれはどういうことなのか?

それぞれのケースについて、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース

《ケース1》セーフティネット関連の融資を受ける場合

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース、1つめ。それは、セーフティネット関連の融資を受ける場合です。

銀行融資のなかには、「セーフティーネット」と呼ばれる融資があります。社会や環境の変化によって、一時的に資金繰りが厳しい会社・個人事業者のための融資です。

最近の話で言えば、新型コロナウイルス関連の融資がセーフティーネットにあたります。コロナによって影響を受けた多くの会社・個人事業者が銀行に殺到しました。

このコロナ関連の融資を受けて、「ひとまず融資を受ける経験になった」と考えているのであれば。それはちょっと違います。

なぜなら、コロナ関連の融資をはじめ、いわゆるセーフティネットの融資は「例外」だからです。

そもそも銀行は、「資金繰りが厳しいから、それを助けるため」に、おカネを貸すわけではありません。銀行は、貸したおカネを返してくれる会社に、おカネを貸すだけです。

銀行は晴れの日に傘を差し出し雨の日に傘を取り上げる、と言われますが。晴れの日に傘を差し出す、これが銀行融資の原則です。

晴れの日とは、会社の状況が良いとき。傘とは融資のこと。つまり、会社の状況が良いときに融資をする。状況の良い会社は、貸したおカネを返してくれるから融資をするのです。

これに対して、セーフティネットは状況の悪い会社にこそ融資をします。国が「貸しなさい」と言うから、銀行も例外的におカネを貸す。それがセーフティネットです。

というように、セーフティーネット関連の融資は「あくまで例外」なのですから。本来の融資を経験した、とは言えません。

本来の融資、つまり、晴れの日に受ける融資は、セーフティネット融資よりも難易度が高い。セーフティネット融資ほど、かんたんには受けられないこと覚えておきましょう。

晴れの日の融資では、銀行から「数字(内容が良い決算書)」を求められます。試算表や資金繰り表などの「書類の提示」も必要です。そのほか、銀行に伝えるべき情報もいろいろあります。

そのあたり、原則的な銀行融資を理解したうえで、晴れの日の融資にもチャレンジしてみましょう。

原則的な銀行融資については、本ブログで、たくさんの記事を投稿しています↓

銀行・融資の記事まとめ

イチから体系的に学びたいということであれば、こちらの書籍も参考にどうぞ↓

無借金経営を目指す社長に読んでほしい銀行融資の本(Kindle)

《ケース2》士業が融資を受ける場合

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース、2つめ。それは、士業が融資を受ける場合です。

士業の方が「ひとまず経験」のために融資を受ける(あるいは受けた)、という話を見聞きすることがあります。

じぶんが経験をしてみることで、お客さまの銀行融資を理解する・支援する。そんな意図があるようです。

たしかに、融資を受ける経験はできますし、融資を受けた実績にもなりますが。士業が受ける融資と、お客さまが受ける融資とは「同じではない」ことは覚えておきましょう。

一般に、士業は、銀行から融資が受けやすい状況にあります。したがって、お客さまが士業ではない場合、お客さまの融資はじぶんよりも受けにくくなります。

士業の場合には、お客さまの融資ほど書類を求められなかったり、追及も少なかったり。場合によっては、「えっ、こんなにあっさり借りられるの?」ということもあります。

ですから、じぶんの融資の経験をもって、「お客さまの融資も同じだ」と考えてはいけないのです 。

ではなぜ、士業は融資が受けやすいのか? いくつか理由があります。

まずひとつは、士業をはじめるには「資格が必要」だからです。資格を取るには勉強が必要になります。資格があるということは、「コツコツ」と勉強をした証です。

この点で。銀行は「コツコツ」が大好き。コツコツとまじめな人は、貸したおカネも真面目に返してくれる人。銀行はそう考えています。

これは、創業融資の際に、開業資金をコツコツと貯めていた人が評価されるのと同じです。

また、士業は一般的に、商売が安定的であることから、銀行は融資をしやすい。まぁ、実際には、士業のみんながみんな安定的ではないのですけど。

それでも銀行は、士業に対して、一定の安定感があるイメージを持っているようです。

さらに、言えば。士業のなかでも、公認会計士や税理士は、とくに融資が受けやすいと言えます。どちらも「数字」を使う仕事であり、「数字」のプロだと見られているからです。

したがって、公認会計士や税理士が受ける融資は、「相当に受けやすい」と考えておくのが良いでしょう。お客さまも同じように融資が受けられるとは、けして考えてはいけません。

《ケース3》信用保証協会付き融資・日本政策金融公庫の融資を受ける場合

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース、3つめ。それは、信用保証協会付き融資・日本政策金融公庫の融資を受ける場合です。

銀行融資にはいくつか種類があります。ひとつは、セーフティーネット関連の融資。これはさきほどお話をしました。セーフティネットは例外的な融資、という話です。

同じく例外に近い融資として、信用保証協会付き融資と、日本政策金融公庫の融資が挙げられます。

信用保証協会付き融資とは、会社が借りたおカネを返済できなくなった場合に、信用保証協会が肩代わりをして、銀行に返済をしてくれる融資です。

よって銀行は、貸したおカネを回収しそびれることがないため、融資がしやすい。会社から見ると、借りやすい融資だと言えます。

また、日本政策金融公庫は政府系金融機関です。民間金融機関を補完する役割を担っていることから、民間金融機関が融資をしにくいような場面でも積極的に融資を検討します。

たとえば、創業時の融資や、赤字の会社への融資などです。よって、民間金融機関からの融資に比べると、日本政策金融公庫からの融資は受けやすいと言えます。

前述したとおり、銀行は本来、晴れの日に融資をするところです。

この点で、信用保証協会付き融資や日本政策金融公庫の融資は、できるだけ「晴れている」との解釈をしてくれるイメージになります。

ですから、これらの融資を受けたことをもって、「ひとまず経験になった」というのは尚早だと言えるでしょう。銀行本来の晴れの日の融資を受けたわけではないからです。

では、晴れの日の融資とは? いわゆる「プロパー融資」です。民間金融機関が、単独でリスクを負って貸し出す融資をプロパー融資と呼びます。

プロパー融資を受けるには、内容の良い決算書、成長可能性が高い事業などが求められるところです。

難易度が高い反面、プロパー融資にはメリットがあるので、会社はプロパー融資を目指すべきでもあります↓

プロパー融資のメリット・デメリット

プロパー融資のメリット6つ・デメリット3つ、全部知ってる?

そう考えると。信用保証協会付き融資・日本政策金融公庫の融資だけをもって、「ひとまず経験になった」とは言えないわけです。

どうやったらプロパー融資を受けられるようになるのか、といったことにも目を向けて。できることから取り組んでいきましょう↓

プロパー融資を受けやすくする条件

『プロパー融資を受けやすくする』のに必要な5つの条件

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

銀行から融資を受けたからといって、必ずしも「ひとまず経験になった」とはいえないケースもあります。

というわけで、「ひとまず経験」にはならない銀行融資のケースを押さえておきましょう。

「ひとまず経験」にはならない銀行融資 3つのケース
  1. セーフティネット関連の融資を受ける場合
  2. 士業が融資を受ける場合
  3. 信用保証協会付き融資・日本政策金融公庫の融資を受ける場合

この記事のシェアはこちらから!