毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

銀行融資でやったらNGな3つの『〇資』とは?

銀行融資でやったらNGな3つの『〇資』とは?
URLをコピーする
URLをコピーしました!

銀行から融資を受けるにあたり、会社がやってはいけないことがいろいろありますが。

そのなかから、やったらNGな3つの「〇資」についてのお話です。

目次

NGを知る者、知らぬ者。

銀行から融資を受けるにあたって、会社がやったらNGなこと。つまり、融資を受ける会社がやってはいけないことがいろいろあります。

そのなかから、3つの「〇資」をとりあげてみましょう。「〇資」とは、なんぞや? と思われるかもしれませんが。こちらです↓

銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」
  1. 投資
  2. 融資
  3. 私資

これら3つの「〇資」を見て、「あ〜そういうことね」と気づかれたのであればOKです。やってはいけないことを理解している。

けれども、3つの「〇資」を見て、「えっ、どういうこと?」と首を傾げているようであれば気をつけて。やってはいけないことをやっているかもしれません。

というわけで。このあと、3つの「〇資」を順番に見ていきましょう。

 


銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」とは?

《NG その1》投資

銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」、1つめ。それは、「投資」です。

銀行から借りたおカネで投資をする。これはいけません。ちなみに、「投資」とは。株式投資とか、不動産投資とか。

ではなぜ、投資がNGなのか。それは、銀行が「事業」に対しておカネを貸すところだからです。

当たるも八卦当たらぬも八卦の「投資」に対して、銀行は融資をしない。ということは覚えておきましょう。

この点で。別の使いみちで借りたおカネを、投資に使ってしまう会社があります。「どうせ、わからないだろう」とタカをくくっている会社。

そんなことはありません。決算書を見れば、すぐにわかります。

銀行が、「投資につかった」と気がつけば。全額返済を求められることもあります。少なくとも、次回以降の融資を受けるのは難しくなるでしょう。

ウソをついた、約束を破ったことで「信用」を失ってしまうからですね。

ただし、「自己資金」での投資はこの限りではありません。会社みずからが貯めたおカネで投資をするのであれば「自己責任」だと言えます。

とはいえ。おカネに色は無いのだから、借りたおカネなのか、自己資金なのかなんてわからないだろう? そう思われるかもしれません。

ところが、どのおカネを使ったかは、見る人が見ればわかるものです。見方について、くわしくは別記事にゆずるとして↓

あわせて読みたい
銀行員もやっている『借りたおカネを何に使ったか?』のチェック方法・手順 決算書にはこれだけの借入金があるけれど。借りたおカネをいったい何に使ったのだろうか? というのはよくある疑問です。 銀行員もやっている「借りたおカネを何に使っ...

端的に言えば、利益の留保が少ない会社(貸借対照表の利益剰余金が少ない会社)、とくに債務超過(資産よりも負債が大きい)の状態にある会社は、「借りたおカネで投資をしている」と見られます。

最近で言えば、「コロナ関連の融資で投資をした」という話を見聞きもするところです。なかには、それがいけないことだとの自覚がない社長もいるようです。じゅうぶんに気をつけましょう。

なお、「新規事業」もまた、ひとつの「投資」だと言えます。いまの商売とはまったく軸足が異なるような商売をはじめよう、という場合。やはり、当たるも八卦当たらぬも八卦の要素があるでしょう。

したがって、別の使いみちで銀行から借りたおカネを「新規事業」に使うのも問題があります。新規事業もまた自己資金で、がセオリーです。

[ad1]

《NG その2》融資

銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」、2つめ。それは、「融資」です。

銀行から融資を受けたおカネで、会社もだれかに融資をする。これはNGです。と言うと、「いやいや、ウチは貸金業ではないし」と思われるかもしれませんが。

貸金業でなくても、融資をしている会社は「そこそこ」あります。会社から社長や親族におカネを貸している会社、関連会社・取引先などにおカネを貸しているような会社です。

あぁ、それならやってるわ。というのであれば、気をつけましょう。銀行から借りたおカネを融資するのはNGです。

銀行からすれば、「その会社」だからおカネを貸すのであって、社長や親族、関係会社・取引先に貸すのではありません。

けれども、その会社が「だれか」におカネを貸してしまったら、銀行は間接的に、その「だれか」におカネを貸したことになってしまいます。

また、会社がだれかにおカネを貸している状態で、銀行に融資を依頼するとなると。銀行は「借りるよりもまず、貸したおカネを返してもらったら?」と言いたくもなるでしょう。

ところが、その「だれか」からは回収できる見込みが無い… というケースは少なくなく。銀行としては、なお融資がしづらくなります。

この会社におカネを貸したら、まただれかにおカネを貸してしまうんではないか? 貸したおカネを回収できなければ、ウチだって融資が焦げ付いてしまう。と、銀行は考えるからです。

というわけで。会社は、銀行から借りたおカネをだれかに貸してはいけません。

もし貸すにしても、自己資金の範囲内であること。そして、契約にもとづいた定期的な回収を続けることです。貸したら貸しっぱなし、あるとき払いの催促なしではいけません。

そのあたり、こちらの記事も参考にどうぞ↓

あわせて読みたい
決算書に『役員貸付金』は銀行融資NG!だから返済・解消する方法を考える ”決算書に「役員貸付金」? あるよ。” って、それ。銀行融資でNGになりますから。というわけで、役員貸付金を返済・解消する方法についてお話をします。 【決算書に「...

《NG その3》私資

銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」、3つめ。それは、「私資」です。

私資(しし)とは、ちょっと耳慣れない言葉かもしれませんが。「個人の財産」のことを「私資」と言います。

個人とはだれか? 社長です。つまり、銀行から借りたおカネを、社長個人の財産として使う。これはNGだ、ということです。

この点で。さきほどお話をした「会社が社長におカネを貸す」のも、「私資」のひとつだと言えます。会社のおカネが、社長のおカネになってしまっているわけですから。

このほかにも、私資はあります。

たとえば、会社のおカネで、社長が個人的なモノを買う。プライベートで(家族や友人などと)飲み食いをする。

これらを会社の「経費」にするのははばかられるので、「仮払金」や「立替金」、ひどい場合には「前払費用」などの科目で経理されていることがあります。

ですから、そのような会社の決算書を見た銀行が融資を躊躇する、というのはよくあるパターンです。心当たりがある場合には気をつけましょう。

似たようなところで言うと、「交際費が多い会社」が挙げられます。交際費が多いと、さきほど触れた「プライベートで飲み食い」が含まれているようにも見えるからです。

もちろん、「交際費が多い=私資が多い」ということにはなりませんが。それでも、そういうイメージにつながりやすいことは覚えておきましょう。

売上高に対する交際費の比率という指標もあります。同業他社平均という指標もあるでしょう。それらの指標と比べて、自社の交際費が多いか少ないか? 確認をしておくのがおすすめです。

そのうえで、自社の交際費が多いのであれば。銀行に対して、交際費の必要性を説明する、私資とは見られないように説明することに意味はあります。

貸したおカネが私資に使われたとなれば、銀行が怒り出してしまうのもムリはありません(社長の目の前で怒り出すことはないでしょうが、融資が受けにくくなります)。

私資に使わないことは当然として、私資ではないのか?と疑われないように。銀行に対しては、丁寧な説明・対応を心がけるようにしましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談


まとめ

銀行から融資を受けるにあたり、会社がやってはいけないことがいろいろありますが。

やったらNGな3つの「〇資」について、押さえておきましょう。知らずにやっていると、融資が遠のいてしまいますので。

銀行融資でやったらNGな3つの「〇資」
  1. 投資
  2. 融資
  3. 私資
銀行融資でやったらNGな3つの『〇資』とは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる