毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

不機嫌は罪!1日をご機嫌に過ごすためのマイルール3選

URLをコピーする
URLをコピーしました!

不機嫌であれば、じぶん自身がおもしろくないことはもちろん。周囲にも悪影響を与えてしまいます。

というわけで、わたしが実践している「1日をご機嫌に過ごすためのマイルール」についてのお話です。

目次

不機嫌という罪を犯しているあなたへ。

いきなりではありますが。毎日を「ご機嫌」に過ごしたいですよね? かの文豪ゲーテさんもこんなふうに言っています↓

人間の最大の罪は不機嫌である。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテさん

不機嫌であれば、じぶん自身がおもしろくないことはもちろん。周囲にも悪影響を与えてしまいます。生活面でも仕事面でも、不機嫌で良いことはなにもない。なにひとつない。そう言っていいでしょう。

では、どうしたら。きょう1日をご機嫌に過ごすことができるだろうか? この点で、わたしには日々実践しているマイルールがあります。こちらの3つです↓

1日をご機嫌に過ごすためのマイルール3選
  1. 誰よりも早く起きる
  2. いつもの習慣から手をつける
  3. 大事なことは午前中に終わらせる

これらを参考にしていただきつつ、じぶんなりの「1日をご機嫌に過ごすためのマイルール」を考えるきっかけになるようでしたら幸いです。

それではこのあと、3つのマイルールを順番に見ていきましょう。

 


1日をご機嫌に過ごすためのマイルール3選

《ルール1》誰よりも早く起きる

1日をご機嫌に過ごすためのマイルール、1つめは「誰よりも早く起きる」です。

ここで言う「誰よりも」というのは、わたしの場合には「家族のなかで誰よりも」ということになります。妻、娘(中3)、息子(小6)といっしょに暮らしていますが、わたしがいちばん早く起きる。そういうことです。

時間としては、5時から5時半のあいだくらい。季節によって多少違います(夏は早く、冬は遅い)。

誰よりも早く起きることで、「静寂の時間を得られる」のがメリットです。周りでヒトが生活をしていれば、「ほんとうの静寂」はむずかしいものですから。ヒトが眠っている時間は、静寂を得られるチャンスになります。

朝早くであれば、家族以外のヒトたちも、まだ動き出していないので、そういう意味でも静寂です。朝っぱらからメールが届いたり、電話がなるということはまずないでしょう。来客もありませんし。

そんな静寂のなかでは、目の前の作業なり思考なりに「集中」することができます。たとえば、瞑想。

わたしは、家族がまだ眠っているあいだに、瞑想をするようにしています。目を閉じて、じぶんの呼吸に集中する。余計なことはできるだけ考えないように、呼吸に集中します。

こうして、静寂のなかで瞑想をすることで、1日のはじめに集中力を高めることができる(ような気がしています)。

なにをやるかは人それぞれですが。貴重な「静寂」を得ることで、1日をご機嫌に導くことができるのではないでしょうか。

朝は苦手だ… というのであれば、夜の静寂でもよいのかもしれません。ただ、一般に、夜は心身ともに疲労が溜まっているものですから。やっぱり、できるだけ朝をおすすめします。

わたしももともとは夜型(明け方まで勉強をして寝る、みたいな)でしたが、わりと無理やり、朝型に持っていったクチです。

《ルール2》いつもの習慣から手をつける

1日をご機嫌に過ごすためのマイルール、2つめは「いつもの習慣から手をつける」です。

わたしは、朝起きたら「いつもの習慣」から手をつけるようにしています。具体的には、こんな感じです↓

  • 前日に収集した情報の整理(5分)
  • タスクの整理(5分)
  • 1日のスケジュール決め(8分)
  • 心得リスト、代わりにやることリストの確認(5分)
  • きょうはじめて試してみたいことをイメージする(1分)
  • メール・SNSをチェックする(15分)
  • ニュースをチェックする(12分)
  • 経理をする・家計簿をつける(10分)
  • タッチタイピングの練習をする(7分)
  • N-Back課題・ルービックキューブ をする(7分)
  • 身支度・トイレ掃除・神棚にお参りする(50分)
  • ウォーキング、ランニングする(日によって 20分〜120分)
  • ブログを執筆する(日によって 90分〜150分)
  • メルマガを執筆する(30分)

いつもの習慣、言い換えると「ルーティーン」ですね。ルーティーンをやることで、「いつものペース」をつくることができます。ペースをつかむことができれば、ご機嫌にもなるでしょう。

また、ルーティーンには、きょうのじぶんの「調子をはかる」という面もあります。日によっては、調子が悪いことはあるものです(カラダの面でも、ココロの面でも)。すると、いつものルーティーンなのに、うまくペースがつかめない。

そんなときには、きょうは調子が悪いのかな? と認識して、のんびりと過ごす予定に切り替えることもできます(ひとりで仕事をしているので…)。

調子が悪いのに、あまり無理をすると機嫌も悪くなってしまうので。じぶんのルーティーンをつくって、朝起きたらルーティーンから手をつける。というのは、おすすめです。

[ad1]

《ルール3》大事なことは午前中に終わらせる

1日をご機嫌に過ごすためのマイルール、3つめは「大事な仕事は午前中に終わらせる」です。

わたしは、毎日のスケジュールを決めるときに、大事なことは午前中に終わらせようと考えています。

午前中、つまり、1日のうちの早い時間帯に取り組むことで、「大事なことができなかった、やり残した」を防ぎやすくなる。という理由がひとつ。

もうひとつの理由は、大事なことが午前中に終わっていれば、安心や充実感から、残りの午後をさらにご機嫌に過ごすことができるからですね。

大事なことを抱えたまま午前中を過ごすのって、落ち着かなかったりしませんか? わたしは、けっこう落ち着かないタイプです。はい。

ちなみに。「大事なこと」は、ヒトによってさまざまです。また、日によって違う、ということもあるでしょう。

わたしにとって、「大事なこと」のひとつは、このブログの執筆です。ブログを書くことで、じぶんの生活や仕事の質を上げられると信じています。また、毎日更新すると決めているので、「できなかった」はイヤですし。

だから、ブログの執筆は、できるだけ午前中には終わるようにスケジュールをしています。

もちろん、場合によってはブログを後回しにして、他の仕事から先にやることはありますが。できる限り、「じぶんでコントロールする」という行動が重要だという考えです。

コントロールがおろそかになると、振り回されることになります。振り回されれば、機嫌は悪くなる。パフォーマンスは下がる。良いことがありません。

なので、できるだけ午前中に終わらせるようにコントールする。あるいは、じぶんのコントロールで、「きょうは後回しにする、午後にやる」と決める。

じぶんでコントロールして後回しにするのと、振り回されて後回しにするのとでは、まるで違ったものになるでしょう。前者であれば、それほどのストレスはないはずで。後者であれば、相当のストレスになるはずです。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談


まとめ

不機嫌であれば、じぶん自身がおもしろくないことはもちろん。周囲にも悪影響を与えてしまいます。

というわけで、「1日をご機嫌に過ごすためのマイルール」を持つ、実践してみるのはいかがでしょうか? きっと、生活や仕事の質を上げる一助になるはずです

1日をご機嫌に過ごすためのマイルール3選
  1. 誰よりも早く起きる
  2. いつもの習慣から手をつける
  3. 大事なことは午前中に終わらせる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる