毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

銀行員が社長に言わない3つの『本音』

URLをコピーする
URLをコピーしました!

銀行員が言っていることを、社長が「真に受けている」と。気づかぬうちに融資が受けにくくなっていた… なんてことになりかねません。

というわけで。銀行員が社長に言わない、3つの「本音」について、お話をしていきます。

目次

ワケあってほんとうのことを言わないのが銀行員。

銀行から融資を受けている会社の社長が、覚えておくべきことのひとつ。それは、「銀行員は本音を言わない」です。銀行員は、ワケあって、ほんとうのことを言わない・言えないことがあります。

にもかかわらず、銀行員が言っていることを、社長が「真に受けている」と。気づかぬうちに融資が受けにくくなっていた… なんてことになりかねません。

というわけで。銀行員が社長に言わない、3つの「本音」について、お話をしていきます。具体的にはこちらです↓

銀行員が社長に言わない3つの「本音」
  1. 謝絶理由
  2. 粉飾決算
  3. 融資条件

それではこのあと、順番に見ていきましょう。


銀行員が社長に言わない3つの「本音」

【本音1】謝絶理由

銀行員が社長に言わない3つの本音、1つめ。それは「謝絶理由」です。

融資の申し込みをしたけれど、審査の結果、銀行に断られてしまった。そのときに銀行は、謝絶理由として「総合的に勘案した結果、今回は…(ムニャムニャ)」みたいに言うことがあります。

総合的にいろいろ見ているのはたしかでしょうが、それでも決め手になっている謝絶理由はあるはずです。決算内容が悪いとか、担保・保証が不十分とか、預金が少ないとか。

ではなぜ、銀行は謝絶理由をはっきりと言えないのか? 本音を言えないのか?

トラブルになるのを避けたいからです。たとえば、謝絶の決め手が「決算書に掲載されている役員貸付金」だったとします。ちなみに役員貸付金は、銀行が忌み嫌うモノのひとつです↓

あわせて読みたい
決算書に『役員貸付金』は銀行融資NG!だから返済・解消する方法を考える ”決算書に「役員貸付金」? あるよ。” って、それ。銀行融資でNGになりますから。というわけで、役員貸付金を返済・解消する方法についてお話をします。 【決算書に「...

そこで、銀行が本音を社長に伝えたらどうなるか。社長は、役員貸付金を解消しようとするでしょう。そのうえで、「役員貸付金がなくなったんだから、これで融資が受けられるはず」と考えるはずです。

ところが、そのときには「また別の問題」が発生している可能性があります。役員貸付金は無くなったとしても、たとえば赤字が増えているということもあるでしょう。

すると銀行は、やっぱり融資はできないわけです。ふたたび融資を断られた社長は、「役員貸付金が無ければ、と言ったから解消したのに。それでも融資が受けられないとはどういうことだ!」と怒りだすかもしれません。

このようなトラブルを銀行員は嫌います。銀行は「減点主義」の世界であり、なにかトラブルを起こせば、減点の対象になり、出世に響くからです。

もちろん、謝絶理由をはっきりと教えてくれるケースもあります。ただし、それは「銀行員と社長との関係性」ができているケースに限られるものと考えておきましょう。

また、それとは別に、社長は「謝絶理由を想像できる」ようになるのがベストです。融資を断られる理由はいろいろありますが、「たぶんこれなんだろうなぁ」と社長が思い当たるかどうか。

銀行員は、必ずしも本音を言いませんから、社長がみずから想像できるに越したことはありません。そのあたりの想像力を高めるための材料として、当ブログの過去記事も参考にしていただければ幸いです↓

あわせて読みたい
銀行・融資の記事まとめ 会社・事業を続けていくなら欠かせないもののひとつに「銀行融資」が挙げられます。 でも、よくわらない銀行のこと・融資のこと。それでは、銀行融資を受けること・活か...

【本音2】粉飾決算

銀行員が社長に言わない3つの本音、2つめ。それは「粉飾決算」です。

これを聞いて、「ウチは粉飾なんてしていない!」と思われるかもしれませんが。自覚なき粉飾、悪意なき粉飾というのもあるものです。

たとえば、減価償却。そもそも赤字なので税金はゼロ。これ以上、費用を増やしても税金が減るわけではないので、減価償却はしないでおく、みたいなケース。

これは、銀行から見れば、粉飾決算にあたります。では、銀行が「粉飾決算だ!」と騒ぎ出すかと言えば、そんなこともありません。基本的には、静かなものです。

社長のほうから、減価償却していないことを伝えても、銀行からは「その分、利益から差し引いて見ているのでだいじょうぶです」などと言われる。

だから、だいじょうぶ。と、社長が真に受けてはいけません。ひとつ粉飾があれば、「もっとあるはず」と考えるのが銀行です。それに、「粉飾をするような会社なんだ」という目で見られてしまいます。

銀行が言う「だいじょうぶ」は、「正しい利益はわかっているからだいじょうぶ」という意味であり、「粉飾するのがだいじょうぶ」という意味ではありません。

そのうえで、粉飾決算を問い詰めたりしないのは、やはりトラブルになるのがイヤだからです。銀行員が「粉飾決算だ!」と言えば、社長が「なんて失礼なことを言うんだ!」と怒りだすかもしれません。

社長のほうに、粉飾決算の自覚がない場合などはとくに、です。たとえば、赤字の会社では、買掛金や未払金などの計上を見送る、という決算書があります。

対税務署ということではそれでよくても、銀行の見方は粉飾であり、問題のある決算書です。

したがって、銀行が「だいじょうぶ」と言うからといって、なにも言われないからといって、安心はできません。銀行は本音を言わないことを理解して、社長みずから粉飾には気をつけることが大切です。

[ad1]

【本音3】融資条件

銀行員が社長に言わない3つの本音、3つめ。それは「融資条件」です。

ここで言う「融資条件」とは、たとえば、社長の個人資産。社長個人名義の預金や不動産などがあると、会社は融資を受けやすくなります。いざというときには、それらが返済原資になるからです。

そこで、社長の個人資産があるならば、会社に融資をしてもいいだろう。という点での、「融資条件」のお話になります。

実際、社長は銀行から個人資産について聞かれることがあるでしょう。ところが、「個人資産の有無」が融資の受けやすさに影響することを知らない社長であれば、「担保にとるつもりなのか?だったら教えない!」と考えるところです。

銀行は必ずしも担保にとるわけではなく、個人資産の存在を確認さえできればいい、ということもありますから。個人資産について、情報開示を拒否するのは得策とは言えません。

だったら、銀行もそういうふうに言ってくれればいいのに。「教えてくれれば、融資が受けやすくなりますよ」と本音を言ってくれればいいのに。と、思われるかもしれませんが。

ここでもまた、銀行は本音を言うことができません。もし、本音を言ったのちに、やっぱり融資はできませんでした…となったらどうでしょう。謝絶理由はいろいろあるわけですから、個人資産がありさえすれば融資できるわけではありません。

この場合、社長が怒りだす可能性がありますよね。融資が受けやすくなると言うから教えたのに! とトラブルになるのは、銀行員としては避けたいところです。

似たような話では、「会社の預金」が挙げられます。銀行は、じぶんのところの口座に預金があればあるほど、その会社に融資がしやすくなります。カンタンに言うと、安心だし、もうかるからです↓

あわせて読みたい
銀行はなぜ預金を欲しがるのか?3つの理由と会社がすべき対応と 融資を受けている会社・受けようとしている会社に対して、銀行は預金を欲しがるものです。 というわけで。銀行はなぜ預金を欲しがるのか?3つの理由と会社がすべき対応...

なので、ほかの銀行から預金を移すことで、移した先の銀行から融資を受けやすくすることができます。と、銀行員が言ってくれればいいのですが、そうは本音を言ってくれないこともあるのは、やはりトラブルを避けるためです。預金を移したからといって、ぜったいに融資できるわけではありませんので。

というわけで、どうしたら融資が受けやすくなるのか。そのあたりの融資条件については、社長が押さえておくべきポイントだと言えます。よろしければ、過去記事がいろいろありますので参考にどうぞ↓

あわせて読みたい
銀行・融資の記事まとめ 会社・事業を続けていくなら欠かせないもののひとつに「銀行融資」が挙げられます。 でも、よくわらない銀行のこと・融資のこと。それでは、銀行融資を受けること・活か...

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談


まとめ

銀行員が言っていることを、社長が「真に受けている」と。気づかぬうちに融資が受けにくくなっていた… なんてことになりかねません。

というわけで。銀行員が社長に言わない、3つの「本音」を押さえておきましょう。

銀行員が社長に言わない3つの「本音」
  1. 謝絶理由
  2. 粉飾決算
  3. 融資条件

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる