毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

2022年8月初旬のディズニーランドの混雑度合いをレポート

2022年8月初旬のディズニーランドの混雑度合いをレポート

2022年8月3日(水)にディズニーランドにインパ(入園)しました。その際の混雑度合いについて、コロナ前のことも思い出しつつレポートです。

目次

コロナ冷めやらぬ、真夏のディズニーランド

2022年8月3日(水)に、家族4人(わたし、妻、高2娘、中2息子)でディズニーランドにインパ(入園)しました。

コロナ前は、毎年1〜2回ていどはディズニーリゾートを楽しんでいたのですが。コロナ以降はまったくのごぶさたであり、今回はひさしぶりのディズニーランドでした。

とはいえ、世の中は感染拡大「第7波」のさなか、ディズニーランドもまだ、コロナ前とは違った状況にあるといえるでしょう。というわけで、「これからディズニーランドに行こう!」という方のご参考になればと、当日のようすをレポートします。

ちなみに、この日の最高気温は 34.9度とのこと。まさに、真夏です。


2022年8月初旬のディズニーランドの混雑度合いをレポート

7:52 入園 〜 8:45 アトラクション3つめ

今回は、前日に「トイ・ストーリーホテル」に宿泊をしたことで、「アーリーエントリーチケット」を購入することができました。一般の開園時刻よりも、最大で1時間はやく入園できるチケットです。

この日は、一般の開園時刻が当初の9時から、8時30分に繰り上げ変更になりました。あわせて、アーリーエントリーチケットによる入園も当初の8時から7時50分に繰り上げ変更となり、一般の開園時刻よりもはやく入園できるのは「40分」と短めにはなりましたが…

結果として、このあいだに3つのアトラクションを、通常よりも短い待ち時間で楽しむことができました↓

  • ベイマックスのハッピーライド
  • 美女と野獣 ”魔法のものがたり”
  • スペース・マウンテン

まだ朝がはやいとはいえ、真夏の暑さですから。待ち時間が短くて済む(それも人気どころのアトラクションに)というのは、「アーリーエントリーチケット」の大きなメリットだといってよいでしょう。このあたり、くわしくは別記事にまとめています↓

3つめのアトラクション、スペース・マウンテンを乗りおえたのが9時5分ごろ。このあたりからが、一般の開園時刻に入園した場合の動きになるでしょう。8時30分〜8時45分くらいまでに入園できていれば、なにか1つくらいは人気アトラクションを楽しめているはずの時間帯です。

ちなみに、一般の開園時刻からはやく入園するためには、あるていど前もって並ばなければいけません。列のうしろのほうになると、開園時刻から5分、10分あとになることもあります。とはいえ、真夏の朝日を浴びつつ、長い時間並ぶのもタイヘンですから。そういう意味でも、アーリーエントリーチケットの効果は絶大だといえます。

開園時刻の15分前くらいに入園ゲートに到着しても、開園時刻から2分ていどで入園できましたので。コロナ前のハナシではありますが、5時40分から入園ゲート前に並んだときのレポートがこちらです↓

9:10 ビッグホップでポップコーンを買う

ディズニーランドのポップコーン専門店「ビッグホップ」へ。場所は、スペース・マウンテンからまもなく、ベイマックスのハッピーライドのすぐ隣にあります。

ディズニーリゾートのなかでは、たくさんのポップコーン売り場がありますが、ここでしか買えないフレーバーがあるので、ぜひとも立ち寄りたいところです。

まだ時間もはやいからでしょう、列の長さもそれほどではなく、5分もかからずにレジまでたどり着きました↓

image1

9:15ごろ 人気アトラクションの待ち時間は?

ここで、9時15分ごろの人気アトラクションの待ち時間を確認してみます。この日の待ち時間と、コロナ前にあたる 2018年8月初旬のある日の待ち時間とを比較してみましょう↓

アトラクション2022年8月3日2018年8月初旬
美女と野獣80分
ベイマックス60分
スプラッシュ・マウンテン60分110分
ビッグサンダー・マウンテン25分40分
スペース・マウンテン30分60分
モンスターズ・インク40分80分
バズ・ライトイヤー25分60分
プーさん25分70分

いまは、以前よりもアトラクションが増えているので単純に比較はできませんが、それでも、この日の待ち時間はコロナ前に比べてだいぶ短いように見えますね。

来園者数の公式発表はないのでわかりませんが、おそらく「コロナ前の6割ていど」といったところでしょう。実際に、園内を歩いていても、かつてほどの混雑を感じることはありません。

コロナの影響に加えて、チケット価格が上がったことも影響しているのかなぁ… などとも感じます。

9:35 トゥーンタウンのデリバリー・カンパニーでグッズを購入

移動しながら、トゥーンタウンのワゴンショップ「デリバリー・カンパニー」にて、家族がグッズを購入です。妻はサングラス、娘はカチューシャ、息子はキャップを、ぜんぶで 7,300円。って、高っけ! と「いま」はおもうわけですが、「そのとき」にはおもわないから不思議です。

image16

9:50 シューティングギャラリーで射的

続いて、ウェスタンランドに移動します。子どもたちに人気がある射的ショップ「シューティングギャラリー」です。もうなんど行ったかわかりませんが、いまだに「保安官バッジ」をもらえたことはありません。

10発すべてを命中させられるほどの腕はなく、ラッキーカードを引き当てるほどの運もないからですね。もちろん、今回ももらうことはできませんでした。これから先も、まだまだチャレンジを続けることでしょう。がんばれ。

10:00 ショーの抽選に外れる

このあたりで、ショーの抽選をしておきますか。ということで、スマホアプリで抽選です。わが家ではもっともクジ運が強いとおもわれる娘に託します。狙いはもちろん(?)、ミッキーのマジカルミュージックワールド。あたらしいショーなので。

で、安定の落選です… 人が少しは減るであろう遅い時間帯を狙ってみましたがダメでした。これはけっこう、精神的なダメージがありますね。めげずに、ほかのショーの抽選にもチャレンジです。

すると、「クラブマウスビート」に当選しました。7月からはじまった、あたらしいショーということで乞うご期待。座席位置はステージから遠いうえに端っこのほうでしたが、なにはともあれ当選したのは良き良きです。

10:15 父、クルマに帰る

ここで、ちょっとしたトラブル発生です。父(わたし)が、体調不良に… フラフラするし、気分が悪く、アタマも痛い。三半規管がめっぽう弱いわたしは、スペース・マウンテンに酔ったのだとおもっていたのですが。それにしても具合が悪い。

これは、も、もしやコロナでは? とイヤな予感がしつつ。とにかく、「いったん涼しいところで横になりたい」ということで、クルマに戻ることにしました。が、駐車場までの遠いことといったらありません。

あまりの調子の悪さで、ゾンビのごとく這うように歩き、ようやく辿り着くことができました。よくわかりませんが、いまにしておもうと熱中症的な状態だったのかもしれません。水分はとっているつもりだったのですが。

11:45 父、合流する

というわけで、わたしが休んでいるあいだ、妻と子どもたちは引き続きディズニーランドを満喫中。あとから聞いた話にはなりますが、トゥーンタウンで「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」を楽しんだあと、宇宙人のレストラン「プラズマ・レイズ・ダイナー」にてランチをしていたそうです↓

image17

いま見るとすごくおいしそうですけど、あのときはムリでした。食欲というものを失っていましたんで(笑) その後、11時45分ごろに、ようやく体調が戻りはじめたので合流しました。

入園する際には、ゲートで体温を測られます。熱が上がっていたらどうしよう… と、一瞬ヒヤッとしましたがだいじょうぶでした。やれやれです。

11:50 バズ・ライトイヤーでアストロブラスターを放つ

ここで、次のアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」へ。待ち時間の表記は 25分です。やっぱりだいぶ短いなぁ、と感じます。これくらいの時間なら待ってもいいかな、とおもえますから。これが 60分を超えてくるようだと、さすがに躊躇するというものです。

とかなんとかいいながら、わたしはあいかわらず本調子ではありませんので、人知れぬ日陰でのんびりと座っておりました(どうでもいい絵ヅラ)↓

image2

12:15 混み具合はどうなった?

このあたりでふたたび、混み具合を確認してみましょう。

アトラクション2022年8月3日2018年8月初旬
美女と野獣40分
ベイマックス35分
スプラッシュ・マウンテン45分110分
ビッグサンダー・マウンテン25分50分
スペース・マウンテン40分60分
モンスターズ・インク25分60分
バズ・ライトイヤー25分50分
プーさん30分45分

お昼どきということもあってか、9時15分のときよりは待ち時間が短くなっています。とくに、この日(2022年)のほうは、長くても 45分待ちです。

わたしの過去のイメージでは、人気アトラクションは 100分超えがあたりまえでしたから、だいぶ過ごしやすくなったというものでしょう。ただ、いっぽうでは、一部のショップの営業時間が短くなるなど、ある種の不便はありますが。

それを差し引いても、いまのディズニーランドのほうが過ごしやすく、結果として満足度も高いように感じるところです。

12:20 カリブの海賊で涼む

続いてのアトラクションは、アドベンチャーランドの「カリブの海賊」です。これはね、夏はもう定番なんよ。15分くらいのあいだ、涼しい屋内でのんびりボートに揺られていることができますから(1箇所だけ、やや急流下りあり)。

体調が戻らないわたしでも、これならだいじょうぶです。ちなみに、この時点でカリブの海賊は5分待ち。この短い待ち時間も、カリブの魅力のひとつなんですよね。暑い夏、寒い冬は重宝します。

なんて言っていると、ディズニーファンに叱られそうですね。はい、ちゃんとなかみも楽しみます。

12:50 ジャングルクルーズで、また船に揺られる

さらに、アドベンチャーランドが続きます。こんどは「ジャングルクルーズ」で、また船に揺られます。待ち時間は 15分。こんどは屋外なんで、暑っちいですけど。とはいえ、のんびり 10分くらいは座っていることができますね。

のんびりすることしか考えてないんか? とおもわれるかもですが。なにぶん、まだ体調が戻りませんのでお許しを。それはともかく、ここにある「神殿」がけっこう好きなんですよね。エピソードなんかも含めて↓

image3

13:25 魅惑のチキルーム、徹底した休息を

同じくアドベンチャーランド、こんどは「魅惑のチキルーム」です。待ち時間は5分。ここはいつ来ても空いています。わたしは大好きです。スティッチにも会えるし、アロハな音楽も聞けますし。なにより涼しい。って、またそれかい。おおむね 10分くらいのあいだ、ゆっくり座って、ショーを楽しむことができます。

入園から約6時間、ここまで8つほどのアトラクションを楽しむことができました(わたしはもっと少ないですが)。

13:55 キャンプ・ウッドチャック・キッチンでおやつ

ウエスタンランドに移動して、レストラン「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」でおやつです。わたしは、ようやく食欲が戻ってきましたので食事を。期間限定メニュー、スパークリングドリンク(ライム&ミント)が爽やかに癒やされます↓

image4

14:30 カントリーベア・シアターで音楽鑑賞

同じくウエスタンランドの「カントリーベア・シアター」へ。待ち時間は5分。たくさんのクマが出てきて(とても覚えきれん)、それぞれにカントリーやらウエスタンやらを演奏してくれます。15分〜20分くらい。

ここも屋内の涼しい場所で、ゆっくりできるのでいいですね。

カントリーベア・シアターを観ると、ハングリーベア・レストランに行きたくなる。音楽クマを見て、腹ペコクマを思い出す。ハングリーベアのカレーが食べたい。でも、家族には人気がないのでたいてい行けません。

15:40 ギャグファクトリーでガチャをする

トゥーンタウン方面に移動です。息子が「アイス」を食べたいというので。ミッキーの顔型をしたおなじみのアイスです。よく溶けるので食べるのに気を使います。

その後に、トゥーンタウンのなかにあるショップ「ギャグファクトリー」へ。ここにはガチャ(カプセルトイ)があるんですよね。この日は、パークフードのチャームでした。2回ガチャをしてみた結果、どちらも当たりな内容でした↓

image15

15:55 ファンタジーランド付近を散策

美女と野獣エリア、ショップをのぞいたりしながら散策。このエリアは今回はじめてでしたが、フンイキがすばらしいですね。

お城あり、町並みあり、遠くには山もあり。ほんとうに異国に来たかのような没入感があります↓

image5

この少し前、ひと雨あったこともあり、ようやく暑さも弱まってきましたが。真夏のディズニーは過酷です。備えあれば憂い無し。だいぶ前にはなりますが、こんな記事も書きました↓

いまのディズニーランドは、飲み物の自動販売機が増えて、飲み物を買うのに長蛇の列に並ばなくていいのは幸せです。なお、ハンディファン(手持ち扇風機)の持参を強くおすすめします。

風がない場所で並ぶときなどは、あるのとないのとで全然違いますので。ディズニーリゾート内には、ミストファン(水鉄砲付き扇風機)も売っていますから、それを買うのもいいですね。わたしはこの日、ずっと水を撒きながら歩いてました。

16:10 クラブマウスビートで感動のご対面

当選したショー「クラブマウスビート」の時間になりました。場所は、トゥモローランド内(スペース・マウンテン横)のショーベースです。このショーベース自体、実ははじめて。屋根はありますが、屋外です。座席は完全指定席。数百人くらいは入る感じです↓

image14

で、ショーのほうは… 想像をはるかに上回るレベルでよかったです。ミッキーやミニーはもちろん、チップとデール、ドナルドとデイジー。キャラクターせいぞろい的な感じがあって、とても盛り上がります↓

image13

なかでも感動は、「ライトニング・マックィーン」が出てきちゃうところ。カーズ好きにはたまりませんな、これは。

16:50 モンスターズ・インクでアトラクション券を使う

続いて、トゥモローランドの「モンスターズ・インク」へ。この時点で 30分待ちでしたが、トイ・ストーリーホテルの宿泊特典として「アトラクション券」なるものをいただいていたので、それを使用です。

アトラクション券があると、いくつかのアトラクションのなかから好きなものを、ほとんど待ち時間なく楽しむことができます。というわけで、マイク・ワゾウスキとかくれんぼをしたあと、マイク・ワゾウスキのクルマにも乗ってきました↓

image17

ご覧のとおり、だいぶ元気になってよかったです。はい。

17:10 ドリーミングアップを眺めつつ移動

17時からは、パレード「ドリーミング・アップ!」がはじまります。シンデレラ城前(ワールドバザール方面)のようすはこんな感じです↓

image6

ほかの場所も「激混み」みたいなことはなく、最前列をのぞまないのであれば、スルッと鑑賞することができます。やっぱり、以前よりも過ごしやすいなぁとおもえるところです。

少し遠巻きに鑑賞しつつ、移動です。プーさん、万歳↓

image18

17:20〜 もぐもぐタイム

娘は、テリヤキチキンレッグを食べたい、といい。息子は、ピザが食べたいといい。それぞれの欲望をみたすべく、それぞれの店をハシゴです。もぐもぐタイムに入ります。

テリヤキチキンレッグは、ウエスタンランドの「スキッパーズ・ギャレー」。ピザは、ファンタジーランドの「キャプテンフックス・ギャレー」です。

さらに。なんだかんだ屋外にしばらくいたので暑いし、夕食もたべたいので、ちゃんとしたレストランへ。といっても、ご飯どきはレストランも混みあうものです。そんなときには、どうするか?

グランマ・サラのキッチン、一択です。クリッターカントリー、スプラッシュ・マウンテンの近くにあります。ここは、めちゃくちゃ涼しいし(暗めの照明も涼しげ)、比較的ほかのレストランよりも人が少ないのでおすすめ(ピンボケ写真)↓

image8

困ったときは、グランマ・サラ。真夏のディズニーランドを生き抜くために、覚えておきましょう。

18:15 ふたたび家族と分かれる

ここで、妻と子どもたちは「ビッグサンダー・マウンテン」へ。わたしの調子も戻ってはいましたが、また逆戻りが怖いのでやめておきました。帰りは運転もしなければいけないので↓

image9

混んでいるビッグサンダー・マウンテンを横目に、わたしは「シューティングギャラリー」へ。ひとり、射的に打ち込みます。結果は7発の命中… やはり保安官の道は遠い。

なお、この時点の混雑具合はこんな感じです↓

アトラクション2022年8月3日2018年8月初旬
美女と野獣45分
ベイマックス40分
スプラッシュ・マウンテン50分80分
ビッグサンダー・マウンテン25分90分
スペース・マウンテン30分70分
モンスターズ・インク20分60分
バズ・ライトイヤー20分55分
プーさん25分45分

というわけで、2018年と比べればあいかわらず空いています。でも、2018年に比べると、夕方になってもあまり人が減った感じがないようにもおもえました。言い換えると、いまは1日をとおしてあまり待ち時間に差がないんですよね。

19:00 ウェスタンリバー鉄道で夕闇を走る

すっかりと日も暮れましたが、まだアトラクションは楽しめます。続いては、「ウェスタンリバー鉄道」です。蒸気機関車に乗って、アメリカ西部をめぐります。ゴトゴト列車に揺られるのも楽しいものです。

これまでなんども乗っているので、車内アナウンスも覚えてしまうほどですが、それはそれで安心感もありますね。あぁ、また戻ってきたんだなぁ、この地へ… みたいな。

19:20 イッツ・ア・スモールワールドで締める

閉園時間(21時)が近づいてきました。お土産を買う時間を考えると、このあたりがラストアトラクションです。で、締めはみんな大好き「イッツ・ア・スモールワールド」。この時間は 10分待ち。すぐに乗れます↓

image11

耳慣れたあの音楽を聞きながら、世界で一番幸せな船旅に出発です。その後、すぐに眠りに落ちてしまったのはどこのどいつだい…? わたしです。ほとんど、はじめからさいごまで寝てました。帰宅に向けての「充電」です。

20:30 お土産を買って帰宅の途へ

ディズニーリゾートに来ると、なんだかんだお土産を買うのにも時間がかかります。家族やら友人やら、じぶんのものやら。今回は、息子が「やっぱりアレがほしかった」というので、また別のお店に戻ったり。これがアレです↓

image12

見ているあいだだけでも、まさに「飛ぶよう」に売れていました。一家にひとつ、ではなく、一人にひとつ的な。ベイマックスのバーガークッション。大きさ(直径 40cmくらい)からみて、わりとお手頃のお値段(2,800円)ということもあるんでしょう。

たっぷり1時間ほど買い物をして、20時30分に帰宅の途に着きました。


まとめ

2022年8月3日(水)にディズニーランドにインパ(入園)しましたので、その際の混雑度合いについて、コロナ前のことも思い出しつつレポートしました。

アーリーエントリーチケットやアトラクション券を利用しつつではありましたが、アトラクションはぜんぶで 13、抽選であたったショーも楽しめました。過酷な真夏にあっては、満足な行動量だといえるでしょう。

「これからディズニーランドに行こう!」という方のご参考になれば幸いです。真夏のディズニーリゾートは過酷な場所でもありますから、万全の準備・万全の体調を整えて。良い1日を!

2022年8月初旬のディズニーランドの混雑度合いをレポート

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次