ぜんぶ言える?銀行融資における3つの『借り時』

銀行融資の借り時

スポンサードリンク

銀行からの融資って、借り時とかあるの?

あります、ありますよ。「いまが借り時!」といえる場面は3つです。

ということで、銀行融資における3つの「借り時」についてお話をします。

銀行融資の「正しい借り時」と「誤った借り時」

事業をしていくうえで、欠かすことができない資金調達手段である「銀行融資」。

その銀行融資には、「正しい借り時」があります。借りるなら今でしょ、という借りるべき場面があります。

いっぽうで。いやいや、今じゃない、今はムリだ。という場面を借り時として誤認している会社・経営者は少なくありません。

そこでこれから、銀行融資の「借り時」についてお話しをしていきます。話の全体像は次のとおりです ↓

  • 《誤った借り時》必要になったら借りればよい
  • 《正しい借り時①》良い決算ができた!
  • 《正しい借り時②》銀行がセールスに来た!
  • 《正しい借り時③》開業する!

 

《誤った借り時》必要になったら借りればよい

銀行融資の「正しい借り時」を見る前に、「誤った借り時」について確認しておきましょう。

わかっているようでいて、実はわかっていない。とても勘違いが多い部分です。

おカネを貰えない相手に誰がモノを売るのか?

「いまが借り時だ」というハナシをすると、「必要になったら借りればいい」と言うヒトがいます。

では、「必要になったら」とはどういうときなのか? と問うと。

おカネが足りない、おカネが無い。おカネに困った時だ、と回答されます。

では質問です。あなたは、おカネの無い相手やおカネが貰えないかもしれない相手に商品を売りますか?

 売りませんよね、フツーは。銀行も同じです。

銀行はおカネを貸して、利息を稼ぐのが仕事。融資は銀行の商品です。

その商品を、おカネの無い相手やおカネが貰えないかもしれない相手に売るなんておかしいですよね?

ですから、「必要になったら」というのは、おカネを借りる側の自分都合であることを理解しておく必要があります。

借り時に借りておく、という考え方

「おカネが必要になったら」というのは借り時ではない、と言うのなら。必要ないのに借りておけ、ということなのか?

YES、そのとおりです。

具体的な「借り時」はこのあとお話ししますが、「借り時に、借りておく」ことが重要です。

ぜったいにおカネに困ることがない、というのなら別ですが。いつか借りるかもしれない、というのであれば。借りられるとき、すなわち「借り時」に借りておくことです。

ちなみに、借りたい時(=おカネが必要なとき)には借りられないことはさきほどお話しした通りです。

借り時を誤り、借りたい時に借りられないのでは元も子もありません。場合によっては死活問題です。会社・事業の存続に関わります。

「借り時」と「借りたい時」とを混同し、勘違いしないようにしましょう。

それではこのあと、「正しい借り時」を見ていきます。

一部の「制度融資」など、おカネが必要な時、困ったときの融資はありますが、それは「例外」と考えておくべきです。
銀行は雨降る日には傘を貸さず、晴れの日に傘を貸す。と言われるのは、このためです。

 

《正しい借り時①》良い決算ができた!

銀行融資の「正しい借り時」のひとつめは、良い決算ができたときです。銀行は「貸したい!」と考えることでしょう。

銀行が融資審査をする理由

基本的に、銀行はおカネを貸したがっています。

当たり前ですよね、融資は銀行の商品なのですから。売れるならたくさん売りたい。

商品をたくさん売って利益を出したいのは、銀行も一般の会社も同じです。

ところが、銀行の難しいところは、貸したおカネは返してもらわなければいけないというところ。誰でも彼でもに商品を売る、つまり、おカネを貸すわけにはいかないのです。

貸したおカネが返ってこなければ、利息による利益なんて吹っ飛んでしまいかねませんからね。だから銀行は、相手をようく見て、商品を売ります。融資審査です。

良い決算=最大の武器

融資審査の結果、「良い決算」の会社というのは、銀行の眼にはきわめて魅力的に映ることでしょう。良い決算とは端的に言えば、十分な利益が出ている決算です。

→詳しくはコチラ【参考記事】
この決算書で銀行借入できる?これだけはチェックしたい3つのポイント

良い決算であれば、おカネを返してもらえないというリスクは小さくなります。銀行が「この決算なら、この会社なら貸したい!」と思うときが、借りる側にとっては借り時です。

良い決算ができたのならば、ぜひ銀行融資を検討しましょう。良い決算は、融資審査における最大の武器です。

融資審査というと「担保」や「保証人」の重要性を説くヒトがいます。たしかに、それらも要素ではありますが。
事業融資の本質は、やはり「事業そのもの」です。事業そのものの実態を表す「決算書」が第一であることを理解しておきましょう 

 

《正しい借り時②》銀行がセールスに来た!

銀行融資の「正しい借り時」のふたつめは、銀行がセールスに来たときです。やはり、銀行は「貸したい!」と考えていることでしょう。

明日も間に合っていると言えるのか

銀行の担当者が「融資を受けませんか?」とやってくる。

それを「いまは間に合ってるよ」なんて、無下に断ったりはしていませんか。でもちょっと待って、断る前に、もういちど考えてみましょう。

わざわざ「おカネを借りないか?」と言うのですから、銀行はおカネを貸したいのです。つまり、借り時です。

銀行にも当然、営業活動があり。もうすぐ決算だ、販促キャンペーンだとなれば、セールスにだってやってきます。

ですから、銀行が「なんとか貸したい!」と考えているのであれば。いつもよりは審査がユルめ、いつもよりは好条件での融資も期待できるというもの。

「いま」は間に合っているかもしれませんが、「明日」は誰にもわからないのです。貸してくれると言っているときに借りておく、という選択肢も検討しましょう。

つきあいも大事

そんなこと言ったって、ほんとうに間に合っている。そういう状況もあるかもしれません(そういう会社・事業はほとんどない、というのが持論ですが)。

それでも、「少しくらいは」借りておく、ということも検討してみるとよいでしょう。

目的は、銀行とのつながりをつくっておく、つながりを強化するためです。融資を受ければ、融資実行の実績、返済の実績が残ります。

将来、融資を受けるというときには、その実績はプラスに働きます。貸したことがある、貸している、きちんと返済してもらっている、そういう実績が融資審査ではプラス材料になるのです。

逆に。そういった実績がない、つきあいが無い相手への融資というのは、銀行は慎重になるものであり、審査もより厳しいものになります。

将来のあらゆる可能性を考えて、銀行とのつきあいを大事にすることも考えましょう。

無下に断っておきながら、あとになって「やっぱり貸して」というような状況では。「だから借りておけばよかったのに」という銀行の嘆きが聴こえてくるばかりです。

 

《正しい借り時③》開業する!

銀行融資の「正しい借り時」の3つめは、開業するときです。銀行は「貸してもいいかな」と考えています。

実績も無いのに貸す理由

さきほど、融資審査には「良い決算」が大事ですよ、というお話をしました。良い決算の会社に対し、銀行は「貸したい!」と考えるからです。

いっぽうで、まだ決算が無い会社はどうなのか。決算が無いとは、開業しようとしている、あるいは開業したばかりの会社です。

つまり、事業の実績が無く、この先どうなるのかよくわからない。そんな会社ではありますが、実は銀行は「貸してもいいかな」と考えています。

ただし、ケースは少々限られています。

ひとつは、融資専門(預金は受け付けていない)の政府系金融機関である「日本政策金融公庫」による融資。

もうひとつは、公的な機関である「信用保証協会」が保証を付ける融資。この2つです。

→詳しくはコチラ
【参考記事】銀行からおカネを借りる!融資先銀行の選び方

事業実績が無い開業当初の会社は、民間の銀行からすれば「貸しにくい」相手です。事業が軌道にならず、貸したおカネを返してもらえない可能性が少なくありません。

それでは日本の起業は制限されてしまいますので、上記のような公的なチカラを使ってサポートするしくみがあるわけです。

手遅れの憂き目を見る前に

さきほど紹介した日本政策金融公庫、信用保証協会は、「日本の起業を後押しする」という国の政策の表れでもあります。

ゆえに、借りやすいか借りにくいかで言えば、借りやすい。

やはりここでも、借りやすいときに借りておくという発想は大切です。

開業後、事業が立ち上がるまでに資金がもたずに潰れてしまう会社があります。もしも、自己資金だけで開業したのであれば残念でなりません。

開業時に融資を受けて資金が続いていれば、何とか乗り切り、事業が立ち上がったかもしれないのに・・・

この点、「ひとまず自己資金でスタートし、おカネに困ったらその時借りよう」というのは、借りる側の自分都合であることはあらためて理解しておきましょう。

 

まとめ

銀行融資の「借り時」についてお話しをしてきました。

「おカネが必要になったら借りる」は間違った借り時であること。正しい借り時は3つあることを押さえておきましょう。

  • 《正しい借り時①》良い決算ができた!
  • 《正しい借り時②》銀行がセールスに来た!
  • 《正しい借り時③》開業する!

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!