『銀行が言うから保証協会付き融資』で被る3つのデメリット

保証協会付きのデメリット

” 保証協会付きなら融資を検討します ”

と、銀行に言われたから「じゃあ、それで」と返していませんか? もしかしたらデメリットを被っているかもしれませんよ、というお話です。

「銀行が言うから保証協会付き融資」がデメリットになる

小規模零細な会社・個人事業者の資金調達手段として欠かせない「信用保証協会付き融資」。

貸す側は「貸しやすい」、借りる側も「借りやすい」。貸す側・借りる側双方の思惑が一致するしくみが「信用保証協会付き融資」です。

そんな「貸しやすい・借りやすい」はメリットですが、いっぽうでデメリットもあります。借りる側のデメリット ↓

  1. 業績が悪いときに保証協会が使えなくなる
  2. プロパー融資を引き出す材料をなくす
  3. 新規取引銀行の開拓に苦労する

ですから、銀行に「保証協会付き融資でいきましょう」と言われても、カンタンに「じゃあ、それで」ではいけません。

不用意に「保証協会付き」を受け入れることで被る、上記3つのデメリットについて押さえておきましょう。

 

《デメリット①》業績が悪いときに保証協会が使えなくなる

「銀行が言うから保証協会付き融資」のデメリット1つめ。それは、業績が悪いときに保証協会が使えなくなることです。

保証協会付き融資とは、信用力が弱い小規模零細な会社・個人事業者を、「信用保証協会」が保証を付ける融資です。

万が一、融資を受けた会社・個人事業者が返済をできなくなったとき(業績不振・倒産など)には、保証協会が代わりに銀行へ弁済をします。

信用保証協会についての意外と『よくある3つの誤解』

2018.02.22

万が一のリスクを軽減できる銀行としては、保証協会付きの融資は「やりやすい」わけです。

この保証協会付き融資に対して、銀行がすべて責任を負う融資(プロパー融資、と呼びます)は「やりにくい」。そういう位置づけです。

ならば、「常に保証協会付きでいこう」と言いたいところですがそうはいきません。

保証協会付き融資には、「枠(上限)」が定められているからです。無担保融資については、一社あたり8,000万円が「枠」になります。

ここまでの話を整理すると ↓

  • 保証協会付融資は、貸しやすい・借りやすい
  • でも、保証協会付融資には 8,000万円の「枠」がある

上記2つのことから、保証協会付き融資はできるだけ温存をしなければいけないことがわかります。

保証協会付き融資は「限りあるもの」なのですから、ほんとうに借りたいときのために取っておかねばならない。ほんとうに借りたいときとは、業績がきびいしいとき。

業績がきびしくなればなるほど、銀行の融資に対する姿勢は渋くなります。

ですから、業績が良いときは「保証協会付き」ではなく、「プロパー融資」を交渉するのが基本です。

この交渉タイミングを逃して「枠」を使い過ぎ、のちの業績悪化の際には融資の道を絶たれてしまう。これが「銀行が言うから保証協会付き融資」のデメリットです。

【参考】プロパー融資交渉タイミングの目安

プロパー融資の交渉タイミングは、業績の良し悪しだけではありません。取引銀行や事業規模によっても、交渉タイミングは異なります ↓

銀行からおカネを借りる!融資先銀行の選び方

2017.01.11

 

《デメリット②》プロパー融資を引き出す材料をなくす

「銀行が言うから保証協会付き融資」のデメリット2つめ。それは、プロパー融資を引き出す材料をなくすことです。

銀行にとって、保証協会付き融資が「貸しやすい」ことはお話をしました。言い換えると、銀行は保証協会付きで融資をしたいのです。

リスクが大きいプロパー融資はできるだけ控えて、保証協会付きで貸したい。と、銀行は考えています。

借りる側は、銀行のそんな「心情」を理解しておくことが大切です。そのうえで、銀行が欲しがっている「保証協会付き」を融資交渉の材料に使いましょう。

具体的には、「保証協会付きOK、その代わり、あわせてプロパーもお願い」という交渉になります。

ちょっと品の無い言い方になって恐縮ですが。タダで保証協会の「枠」をあげない、ということです。

保証協会付き融資は、利息のほかに保証料も支払わなければいけません。上限枠もあります。できるだけプロパー融資を引き出すことを考えましょう。

借りる側の立場は、貸す側の立場よりも弱いものですが。保証協会の「枠」は、プロパー融資を引き出す材料になりえます。

いっぽうで、「銀行が言うから保証協会付き融資」では、せっかくの交渉材料をなくすばかり。いまもこれからも借りる側の立場の弱いまま…デメリットです。

【参考】もちろん「業績」は必要

「保証協会付きOK、その代わり、あわせてプロパーもお願い」を言うのであれば、業績が良いことが前提です。

業績も悪いのに「プロパー融資」は、さすがに銀行もイヤがります。

 

 

《デメリット③》新規取引銀行の開拓に苦労する

「銀行が言うから保証協会付き融資」のデメリット3つめ。それは、新規取引銀行の開拓に苦労することです。

そもそも論として、銀行取引(融資に関する)は「複数行取引」が基本です。ひとつの銀行とだけ取引をすることには、借りる側のリスクがともなうからです。

唯一の借入先である銀行から、「もう貸しません」あるいは「すぐに返して」と言われたら困りますよね?

そんなことあるのか? ということですがありえます。たとえば、

  • 借入先銀行が他の銀行に吸収されて融資姿勢が一気に変わる
  • 支店長が替わったら融資の方針が一変した

きょうもきのうと同じお付き合いができるとは限らないのです。

「一行取引(ひとつの銀行とだけ取引をする)」のリスクはまだあります。銀行の「言いなり」になってしまう、というリスクです。

融資するかしないかはもちろん、利率や返済期間、担保の有無など、融資条件全般について飲まざるを得ないのが、「一行取引」です。

融資条件について借りる側がゴネるのであれば、銀行は「じゃあ貸さない」という態度を取ることが可能だからです。

したがって、複数取引をすることで、各銀行間の「競争意識」を働かせるようにすることが大切になります。

では「取引銀行を増やそうか」ということなのですが、ここでひとつ問題が生じます。それは、銀行は新規取引に慎重だということ。

それもそのはず、銀行は取引先が倒産する姿をなんども見ています。突然現れた相手に、融資をするのはコワイのです。

ならばどうするか? 保証協会付き融資です。ここが保証協会の「枠」の使いどころです。

ですから、銀行に言われるがまま、保証協会の「枠」を使いすぎているようだと、新規取引銀行の開拓に苦労します。これはデメリットです。

複数行取引をはじめるのに困ることがないように、保証協会の「枠」の使い方には注意しましょう。ひとつの銀行に、枠を集中させ過ぎないことです。

 

まとめ

「銀行が言うから保証協会付き融資」で被る3つのデメリットについてお話をしてきました。

  1. 業績が悪いときに保証協会が使えなくなる
  2. プロパー融資を引き出す材料をなくす
  3. 新規取引銀行の開拓に苦労する

銀行に言われるがままの「保証協会付き」では、これらのデメリットを被ります。

借りる側よりも貸す側の立場が強いのが常なのですから。貸し手が欲しがる保証協会の「枠」は戦略的に使いましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!