ブログ毎日更新1,000記事を続けるのに『必要なかった』もの

ブログ1000記事毎日更新

スポンサードリンク




ブログの毎日更新をはじめたのは、いまから1,000日前の2016年4月18日。

そのころを振り返り、ブログ毎日更新1,000記事を続けるのに「必要なかった」ものについてお話をしていきます。

たかが1,000日、ただの通過点。されど…

ブログの毎日更新をはじめてから、きょう(2019年1月12日)でちょうど1,000日になります。

たかが1,000日、ただの通過点ではある。いっぽうで、されど1,000日、という特別感は否めない。

そんなわけで、ブログの毎日更新についてあらためて振り返ってみました。

ひとまず 1,000日も(わたしからすれば「も」の実感あり)書いてはきたけれど。

よくよく考えてみたら、「これ、必要なかったな。なくてもだいじょうぶだったな」というものを挙げてみました。次の5つです ↓

ブログ毎日更新1,000記事を続けるのに必要なかったもの
  • 空いている時間
  • 強い精神力
  • 確固たる目的
  • 目に見える成果
  • 文才、おもしろさ

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

【注意】本記事は、「ブログの毎日更新をおすすめする」という意図はありません。毎日更新に興味がある・悩んでいる、というような方の参考になればとの思いで執筆しています。

 

スポンサードサーチ

ブログ毎日更新1,000記事を続けるのに「必要なかった」もの

空いている時間

ブログ記事を書くにあたり、おおむね「毎日2時間半」の時間をかけています。

2時間半が多いか少ないかは別として。ブログを毎日更新しようというのなら、「時間」が必要になります。

とはいえ。その「時間」がはじめからあったのか? といえば、そんなことはありません。

もともと「ブログを書く」という習慣もなければ経験もないのですから。ブログを書くための時間などあるはずがない。

だからもしもあなたが、「これからブログを毎日書きたいけれど、時間がとれるかなぁ…」と言うのなら。

その心配はいりません。空いている時間はなくても、時間を空けることはできるからです。

わたし自身、1日24時間という「変わらない前提」のなかで、1,000日前のある日を境に2時間半という時間を空けることができました。

もちろん、時間を空ける・空け続けるためには「それなりの工夫」「それなりのしくみ」は必要ではありますが。

少なくとも、目の前に「空いている時間」がないからといって、それがブログの毎日更新を妨げることはありません。

強い精神力

ブログをはじめる前、あるいは、はじめたばかりのわたしであれば。

1,000日ものあいだブログを毎日更新し続けるヒトを見て、「なんとまぁ強い精神力の持ち主か!」と感じたことでしょう。

では、いま現在。1,000日更新し続けたわたしが、強い精神力の持ち主か? というと。残念ながらそうではありません。

事実、これまでのあいだ、いくどとなく「ダメだ、もう書けない」「ブログやめようかなぁ」と弱音を吐く場面がありました。よ、弱い…

正直なところ、いまもなお、弱音を吐きたくなることはあります。

ただ、弱音を吐く・吐きたくなるいっぽうで、更新が続かない・ブログをやめてしまうのが怖い。だから毎日書いている。そういう弱さ、臆病な気持ちがあります。

ですからもしもあなたが、「ブログを毎日書きたいけれど、わたしは弱いからなぁ…」と言うのであれば。弱いのもけっこう、臆病もけっこうじゃないか、と思います。

もちろん、強くあろうとする努力は欠かせませんけれど。強い精神力がないからといって、それがブログの毎日更新を妨げることはありません。

確固たる目的

さきほど、「弱さ・臆病」について触れました。更新が続かない、ブログをやめてしまうのが怖い、というハナシです。

それじゃあ、ただブログを続けたいがために書くのか? それはもう「行為が目的化している(目的なき行為)」のではないのか? と思われるかもしれません。

否定はしませんが、「それはそれでかまわない」とも考えています。

なぜなら、「毎日書く・毎日更新する」と決めた者にとっては、毎日書く・毎日更新するという行為がなければ、なにもはじまらないからです。

わたし自身、毎日書き続ける・更新し続けることで見つけた、いわば「後付け」の目的、のようなものもあります。って、あまり褒められたことではないですね。

もちろん、はじめから「〇〇のために」というはっきりとした目的があるのがいちばんですが。はじめのうちはっきりせずとも、続けてさえいればあとから見つかるものもある、という一例です。

だからもしあなたが、「ひとまずブログを毎日書いてみたい、目的はイマイチはっきりしないけど」と言うのなら。ひとまず書いたらよいだろう、とわたしは思います。

いま確固たる目的がないからといって、それがブログの毎日更新を妨げることはありません。

目に見える成果

ブログを続けるにあたり「目に見える成果」があれば、それは励みになることでしょう。

たとえば、ブログからの仕事が増えるとか、ブログのページビュー(閲覧者)が増えるとか、広告収入・アフィリエイト収入が増える、とかとか。

実際、ブログを続けていると、そのような目に見える成果はあります。けれども、「その成果はじゅうぶんか?」と聞かれたら、じゅうぶんではありません。

「じゅうぶんでない」とは、じぶんが思うに、ということなのですが。毎日これだけの時間をかけて更新しているのにもかかわらず、成果はこんなものか… みたいな。

とくに、ブログをはじめた当初などは、ほとんど成果もなく(あくまでわたしの場合、ですが)。やれやれ、と肩を落としたものです。

いまはいまで、もうちょっと成果をあげられてもいいんじゃなかろうか? と首をひねるわけですが、まだまだ努力が足りない・修行が足りないということなのでしょう。

それはそれとして。目に見える成果がじゅうぶんではなくとも、ブログの毎日更新が続いている現実があります。

なぜならば、じぶんの励みになるような成果は、目に見えるものばかりではない。直接、視覚で捉えることができない成果もあるし、数字で測ることができない成果もある。そう、気付いたからです。

だから、目に見える成果がない、じゅうぶんではないからと言って、それがブログの毎日更新を妨げることはありません。

文才、おもしろさ

ほかの人が書いたブログを読んでいると、「とんでもない文章力だな!」とか「冗談がうまくてお話しじょうず!」とか「視点がすばらしくおもしろい!」と驚くことがしばしばあります。

かたや、わたしはと言うと。文才などもちろん持ち合わせていないし、冗談だっておもしろくない(そもそも冗談だと思われないらしい…)。視点が特別に目新しいわけでもありません。

それではきっと、さぞかし読んでもらえないのだろう。読んでもらえなければ書きがいもないのだろう、と、思われるかもしれませんが。

そんなわたしでも、決して少なくはない数の方々に記事をお読みいただいており、書きがいをもってブログを書き続けているしだいです。

だから、こう考えています。「文才」や「おもしろさ」があったらいいなとは思うけど、なければないでもだいじょうぶ(というか、しかたない)。代わりになるような「軸」があればやっていける、と。

わたしにとっての軸は、「わかりやすさ」です。専門的な内容を、それを求める専門家ではない人たちに、いかに易しく伝えることができるか。

この軸を見つけることができたおかげで、ここまではなんとかやってこれた。わたしはそういう解釈をしています。

文才やおもしろさがないからといって、それだけで読んでもらえないということはないし、それがブログの毎日更新を妨げることはありません。

 

スポンサードサーチ

まとめに代えて 〜記念セミナーやります

ブログ毎日更新 1,000記事を続けるのに「必要なかった」もの、についてお話をしてきました。

毎日更新は誰にでもできる、などと言うつもりはありませんが。特別なヒトにしかできない、ということはないと考えています。

だって、まったくのゼロからブログをはじめたわたしでも、ひとまず 1,000日まではたどり着くことができたのですから(まだ続けるつもりでやっています)。

だからもしあなたが、「毎日更新やってみたいな、でもできるかな…」と迷っているのなら。やってみたいという「好奇心」をだいじにして、スタートされてみてはいかがでしょうか。

本記事では、毎日更新に「必要なかった」ものをテーマにしましたが。そのウラ側で「必要だった」ものも、やはりあります。

そのあたりのハナシを含めて、1,000記事毎日更新記念セミナーを開催します。毎日更新にご興味がある方、あるいはお悩みの方がいたらぜひ^^

【1,000記事記念】365日毎日更新ブログの心得セミナー の案内ページはこちら

 

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!