初めての確定申告を『何から始めればいいかわかならい』フリーランスが始めるといい5つのこと

初めての確定申告を「何から始めればいいかわかならい」フリーランスが始めるといい5つのこと

スポンサードリンク




いったい何から始めればいいのかわからない…

初めての確定申告を前に困っているフリーランスの方に向けたお話です。

何もすることができずに困り果てているフリーランスの方へ

わたしは税理士として、はじめて確定申告をするフリーランスの方々向けに、セミナーを毎月開催しています(2019年8月3日現在)。

そのセミナーを受講される方から、よくお聞きする話がこちらです ↓

『何から始めればいいのかわからなくて、受講することに決めました』

フリーランスになって、確定申告をしなければいけないのだけれど。いったいどこから手を付ければよいものか… さっぱりわからない! こんな具合です。

いっぽうで。いまはインターネットからたくさんの情報を探すことができるのに、と思いもするわけですが。

それとて、「何から始めればよいか」がわからなければ、何の情報を探せばよいのか、何を調べればよいのかがわかりません。

また、たくさんの書籍が出版されてはいるものの。たくさんあるがゆえに、どれを選べばよいのか、選び方も選ぶ基準もわかりません。

結局、何もすることができずに困り果てている… というフリーランスの方は少なくないようです。

そんなわけで。これから初めて確定申告をするフリーランスが、始めるといいことについてお話をしていきます。次の5つです ↓

確定申告を「何から始めればいいかわかならい」フリーランスが始めるといいこと
  1. 青色申告承認申請書を税務署に出す
  2. 確定申告は何をするためのものかを知る
  3. 確定申告をするために日々やることを決める
  4. 節税について学ぶ
  5. いまのじぶんにできないことがなにかを見極める

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

確定申告を「何から始めればいいかわかならい」フリーランスが始めるといい5つのこと

青色申告承認申請書を税務署に出す

確定申告をするフリーランスに「メリット」があることとして、「青色申告」があります。

具体的なメリットの説明は他の記事にゆずるとして。端的に言えば、青色申告を利用することで(利用しない場合よりも)、税金を安くすることができます。

ゆえに、青色申告を利用したいわけですが、それには「手続き」が必要です。

原則、開業から2ヶ月以内に、税務署に「青色申告承認申請書」という書類を提出しなければいけません。

確定申告に向けた帳簿つけは「あとでまとめて」やるにしても(まとめずコツコツやるほうがいいですが)。青色申告承認申請書の提出まで「あとでまとめて」では間に合わないことがある、ということです。

したがって。とにかく・まず、開業から2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」を税務署に提出するようにしましょう。提出にあたってはこちらの記事を参考に ↓

よくわかる、自分で書ける青色申告承認申請書の書き方【記入例付き】

2016.11.18

確定申告は何をするためのものかを知る

確定申告をしなきゃ! ということになると。いきなり申告書の書き方や、帳簿つけの方法(いわゆる経理や仕訳など)から調べようとする人がいます。

たしかに、それらもだいじなことなのですが。実は、もっとだいじなことがあります。

それは、「確定申告は何をするためのものか?」を知ることです。

「何のため」、つまり「目的」がわからないまま、「手段」や「方法」ばかりを身につけようとしてもなかなかうまくいきません。

なにごとも目的を理解しているかいないかで、手段や方法に対する納得感や理解度に差が出るからですね。

では、確定申告は何をするためのものか。一文であらわすならこうなります ↓

『前年1年間の利益と税金をじぶんで計算して税務署に納税するため』

ところが、この一文だけではまだよくわかりませんよね。たとえば、

  • 「前年1年間」とはいつからいつの1年なの?
  • 「利益」や「税金」はどうやって計算するの?
  • 「税金」もいろいろあるけど(〇〇税、△△税)、どの税金に関係があるの?
  • 税務署にはいつまでにどうやって納税すればよいの?

などなど。前述した「目的」の一文を中心にして、その目的の理解に必要な情報を探すようにしてみましょう。

当ブログでも、こちらに記事を集めていますのでご参考まで ↓

CHECK! 【記事まとめ】確定申告ってナニ?どんなもの?

確定申告をするために日々やることを決める

何のために確定申告をするかがわかったら、いよいよ確定申告に向けて「手」を動かすことになります。

この点で。確定申告の時期(毎年3月15日が期限です)が近づいたらやればいいよねぇ、とタカをくくっている人がいるようですが。

もちろん、おすすめできることではありません。1年分も手を止めていたツケは大きなものです。結果、確定申告でタイヘンな思いをした…という例は枚挙にいとまがありません。

ゆえに、確定申告に向けて、やるべきを日々やることが大切です。

ところがまず、「やるべき」がわからないわけですよね。そこで、わたしが考える「やるべき」は次のとおりです ↓

確定申告に向けて日々やるべきこと
  • 帳簿をつける(いわゆる経理)
  • 書類(レシート、領収書、請求書、預金通帳など)を保管・整理する
  • 帳簿などから「利益」と「おカネ」の状況を把握する

これらを1年に1度にまとめてやるのではなく、日々コツコツとやるのがおすすめです。

その効果として、確定申告の期限間近であわてずに済む。確定申告まで待たなくても、じぶんの利益やおカネの状況がわかりやすくなる。などが挙げられます。

上記3つの「やるべき」がわかっていれば。帳簿のつけかた、書類の保管・整理方法、帳簿の見方・チェック方法など、それぞれ具体的にどうするかはインターネットで検索したり、本で調べたりできるはずです。

逆に、「やるべき」がわからずにいると、何を調べたらよいかもわからないものです。まずは「やるべき」を決める。そこからはじめましょう。

当ブログでも、こちらに記事を集めていますのでご参考まで ↓

CHECK! 【記事まとめ】帳簿つけ(経理)のやり方・注意点

節税について学ぶ

さきほど、確定申告をするのは「前年1年間の利益と税金をじぶんで計算して税務署に納税するため」だと言いました。

ここでふと思うこととして「できるだけ税金は少なくしたい」が挙げられます。

これについては「税金を嫌わずに出せる利益を出す」ということですが、払わなくてもいいはずの税金を払うのは避けたいところです。

たとえば。経費にできるはずなのに、そのことを知らないばかりに経費から漏れている。税金を減らす効果がある「所得控除」や「税額控除」などを知らないばかりに、必要以上の税金を払っているなど。

このあたりは、インターネットや書籍から、たくさんの情報を得られるところです。

当ブログでも、こちらに記事を集めていますのでご参考まで ↓

CHECK! 節税大好き!なにか良い方法はある?

ただし。「節税」とひとくちに言っても、間違った節税と正しい節税とがあることには気をつけましょう。

間違った節税とは、「脱税」がまずひとつです。税金が減るにしても法を犯してよいはずがありませんので。

それからもうひとつ。おカネを減らしてしまう節税です。税金を減らすことができても、いっぽうでおカネが減ってしまえば意味がありません。

例としては「税金を払うくらいなら経費を増やす」です。これをやると、そのまま税金を払う場合よりも、手元に残るおカネが少なくなってしまいます。

意外とやりがちな間違いですから注意が必要です ↓

まだ節税してるの?経費を増やして税金を減らすデメリット

2018.05.17

いまのじぶんにできないことがなにかを見極める

ここまで、「何から始めればいいかわかならい」フリーランスが始めるといいことを4つ、お話してきました。

そのうえで、「どうにもいまのじぶんにはできない・どうしようもない」ということがあるかもしれません。

たとえば、帳簿を会計ソフトでつけたいけれど、さいしょの設定やよい使い方などがわからない。節税のことを調べたけれど、いまいちよくわからない、とか。

このようなときには、税理士などの「専門家」に教えてもらうのがおすすです。

などと言うと、「それはオマエが税理士だからだろう。さては、じぶんの仕事を増やそうとしているな!」などと思われるかもしれませんが。

たしかにそれもあります。けれども、それだけではありません。

できるだけはじめのうちに、間違えのない知識、よい方法や知恵を身につけておくことにはメリットがある。なので、おすすめをしています。

逆に。はじめのうちからしばらく、よくわからないままに「独学」を続けた結果、収集がつかないほどにグチャグチャの状況になってしまうフリーランスの方がいます。

ここでお手上げになり専門家に依頼すると、グチャグチャであればあるほどその報酬料金は高くなります。税金計算が間違っていれば、追徴の税金も出てきます。思わぬ出費でタイヘンな思いをする… 可能性があります。

であるならば。はじめのうちにおカネをかけてでも(税理士に相談をする、コンサルティングを受けるなど)、間違えのない知識、よい方法や知恵を身につけておくほうがよいはずです。

ゆえに、「どうにもいまのじぶんにはできない・どうしようもない」ということを見極めるようにしましょう。わからないままに続けてしまうと傷が大きくなりがちです。

確定申告・経理におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、フリーランスの「確定申告・経理のサポート」をするメニューをそろえています!
確定申告・経理の記事まとめページ
フリーランスのためのはじめての確定申告・経理セミナー
経理コンサルティング
確定申告・経理の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

初めての確定申告を前に、何もすることができずに困り果てている… というフリーランスの方は少なくないようです。

「何から始めればいいかわかならい」のであれば、本記事でお話した5つのことから始めてみることをおすすめします ↓

確定申告を「何から始めればいいかわかならい」フリーランスが始めるといいこと
  1. 青色申告承認申請書を税務署に出す
  2. 確定申告は何をするためのものかを知る
  3. 確定申告をするために日々やることを決める
  4. 節税について学ぶ
  5. いまのじぶんにできないことがなにかを見極める

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。