YouTubeチャンネルを開設しました!

ひとり税理士の僕が『買ってよかった』2019年のベストバイ10選

ひとり税理士の僕が『買ってよかった』2019年のベストバイ10選

スポンサードリンク



2019年、これは買ってよかった!

という品々を振り返ります。ひとり税理士のわたしが「買ってよかった」と考える、2019年のベストバイ10選です。

ひとり税理士の僕が買ってよかった!2019年のベストバイ10選

きょうは 2019年12月30日。2019年も大みそかの1日を残すのみ。

そこで。ことし1年を振り返り、「これは買ってよかった!」というベストバイな品々をご紹介してみます。

ずばり、こちらの10品です ↓

2019年のベストバイ10選
  1. Oura Ring
  2. AirPods Pro
  3. 遠征セミナー
  4. トラベルポーチ
  5. ガジェットポーチ
  6. フリーサイズのブックカバー
  7. REVOMAX
  8. ブラックアウトステッカー
  9. Bear
  10. 気化式加湿器 FE-KXS05

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

1.Oura Ring

2019年、もっとも「買ってよかった」と言えるのがコレ。Oura Ring(オーラリング)です。

この Oura Ring、見た目は「ただの指輪」なのですが。実は「指輪型のフィットネストラッカー」。指にはめておくだけで、睡眠や運動などの状況を測定・記録・分析してくれます。

Oura Ring以前は「腕時計型」のフィットネストラッカーを使っていました。でも、腕時計をずっとしているというのは、指輪に比べると「だいぶわずらわしい」ものがあるんですよね。

Oura Ringにして以降は、解放感が抜群です! わたしのように、「フィットネストラッカーで常時測定したい」というのであれば、選択肢のひとつとして Oura Ringをおすすめします。

ただ、お値段は少々高め。公式サイト(海外)からの直買いでも 299$〜で、Amazon.co.jpで買うと5万円弱します。たかが指輪、たかがフィットネストラッカーと考えてしまうと高いです。

けれども、じぶんの「感覚」に頼りすぎず、客観的な「数値」も頼りに健康管理できるのがフィットネストラッカーの魅力でもあります。しかもオシャレなOura Ringには大満足をしているわたしです。

Oura Ring レビュー

【Oura Ring レビュー】指輪型フィットネストラッカーで「さらばスマートウォッチ」

 

スポンサードサーチ

2.AirPods Pro

発売直後から「とにかく高評価」で話題になりました。Appleのノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホン、AirPods Pro。

わたしにとっては、前述の Oura Ringにほぼほぼ匹敵するほど、ことし買ってよかったものになります。

なにがいいって、ひとことで言えば「使いやすさ」です。コンパクトで持ち運びに困らない、ノイズキャンセリングの効きがいい、耳によくフィットする、iPhoneとの連携がスムーズ、などなど。

とくに、外部音取り込み機能(イヤホンを付けたまま外部の音を取り込む)が素晴らしく。聞こえ方に違和感が少ないことに加えて、ノイズキャンセリングとの切り替えがスムーズ。

ゆえに、イヤホンをいちいち取り外すこともなく、付けっぱなしで過ごすことができる。これは「いままでの日常が変わる」ほどのインパクトでした。

イヤホンは使いたいけど、付けたり外したりはどうにもわずらわしい… 結局、イヤホンを使わずじまい、という場面がなくなりました。

AirPods Proのおかげで、より集中できる場面も増えました。カフェでブログを書く、電車で読書をする、移動しながら音声講座を聴く、など。

なかば衝動買いだった AirPods Proではありますが。日常に大きなインパクトを与えてくれたAirPods Proに出会えたことは幸運でした。

『はじめてAirPods、はじめてノイキャン』な僕のAirPodsProレビュー

『はじめてAirPods、はじめてノイキャン』な僕のAirPodsProレビュー

 

スポンサードサーチ

3.遠征セミナー

わたしは 2016年から毎月、セミナーを自主企画・自主開催しています。

いままでは、ホームの「横浜」でばかり開催をしていましたが、2019年からは横浜以外にも「遠征」をしてセミナー開催するようになりました。

具体的には、6月の名古屋をスタートに、9月は長野、10月は仙台、11月は大阪、12月は広島と。ぜんぶで5か所の遠征です。

遠征するには交通費や宿泊費、セミナー会場費などおカネがかかる。という点では、遠征セミナーもまた「買いもの」のひとつと考えています。

その遠征セミナーのおかげで、得られた「効果」はいろいろで。

おカネがかかった反面、セミナー収入もありますから利益が増えたり。メンタルが鍛えられたり、出会いが増えたり、よりアクティブ・ポジティブになれたり。
遠征先でもブログを書けるようにもなりました。詳しくはこちらの記事を ↓

僕の遠征セミナー元年、5か所開催の『効果』を総括してみる

僕の遠征セミナー元年、5か所開催の『効果』を総括してみる

遠征のきっかけとして、セミナー開催のお声がけをいただいた方々には感謝をするばかりです。なにしろ、元来が出不精なわたしなので。2020年も出不精に負けず、また遠征します!

 

スポンサードサーチ

4.トラベルポーチ

前述した遠征セミナーをするようになって購入したのがコレ。キャリーケースの中身を整理するための「トラベルポーチ」です。

大小いろいろなカタチのポーチがぜんぶで6個。これらのポーチをじぶんのキャリーケースの大きさによって、組み合わせて使うことができるのが Goodです。

そもそもポーチなんているのか? と言う人もいるかもしれませんが。

小物類なんかは、ポーチに収まっているとキャリーケースのなかで散乱することがありません。また、ポーチに合わせて荷詰めをすることにもなるので、スペースに無駄が少なくなります。

さらに、遠征先では「シャツはこのポーチのなか」「下着や靴下はこのポーチのなか」「シェーバーや薬などはこのポーチのなか」と、常に整理した状態を保つこともできます。

こういったポーチがないと、脱いだ服なんかを無造作にキャリーケースに放り込んでしまって、帰り支度がタイヘンになったりしちゃうんですよね、わたし…

というわけで。キャリーケースで遠征をするときには欠かせないアイテムとなったトラベルポーチをベストバイに挙げておきます。

 

5.ガジェットポーチ

前述のトラベルポーチと「ポーチ」つながりで、こんどは「ガジェットポーチ」です。

わたしは仕事でもプライベートでも、基本的に、パソコンを持ち歩いています。すると、各種ケーブル、モバイルバッテリー、電源アダプタ、ハブなどをいろいろと持ち歩くことにもなります。

以前は、それらいろいろをそのまま、あるいは、それぞれ小さなポーチに入れて、カバンのなかにしまっていたのですが。

ポーチのなかで各種ケーブルがごちゃごちゃになっていたり、いくつもあるポーチをリュックのなかから取り出すのもメンドーだったり… でした。そもそも、リュックの中とかって、意外とモノが行方不明になりません?

わたしはなります。よくリュックに腕を突っ込んでゴソゴソやります。

そこで、このガジェットポーチ。かなりの大容量で、わたしが持ち歩くものはこれに収まりました。おかげで、出先でなにかを取り出すときにも、ガジェットポーチをカバンからスッと抜き出すだけ。モノが行方不明になることもありません。

ガジェットをたくさん持ち歩くのであれば、やっぱりガジェットポーチ。おすすめです。

 

6.フリーサイズのブックカバー

わたしは読書が好きで、おおよそ「2日に1冊」のペースで本を読みます。

いまのところ、買うのは「紙」の本が多く、読み終わると多くはメルカリなどで売っています。

売ることを考えると、「本はキレイなままがいい」ということで。ブックカバーを探していたところ、「フリーサイズ」のブックカバーを見つけました。

本屋で買うとブックカバーをかけてくれますが、ネットでばかり買うものだからブックカバーが無いんですよね。そんなときに、このフリーサイズのブックカバーは重宝します。

文庫サイズからA5サイズまで、これひとつで対応できるのは便利です。

また、わたしはおもに電車のなかで読書をするのですが、ブックカバー無しで読書をするのって、ちょっと恥ずかしい…

別に見られて困るような本を読んでいるわけではないのですけど。それでもなんとなく、「じぶんの趣味嗜好」を晒しているようで、ね。恥ずかしいです。

そういう意味でもブックカバーがあると、なんか落ち着きます。

『2日に1冊本を読む』が目標の僕が使っている読書グッズ5選

『2日に1冊本を読む』が目標の僕が使っている読書グッズ5選

 

7.REVOMAX

スターバックスのコーヒーが好きなわたしは、店内でも店外でも飲めるようにと「マイボトル」を持ち歩くようになりました。

当初使っていたお気に入りのスタバボトルも、落として傷ついたり古くなったりで。あたらしいマイボトルを探していたのですが、なかなか「これだ!」というものが見つからず…

なかば「マイボトル難民」と化していたわたしが、ようやく見つけたのが「REVOMAX」でした。

このREVOMAX、なにがいいって、まずは個性的なデザイン。あまり人とカブるようなものは持ちたくない、と考えている「あまのじゃく」なわたしにピッタリ。

そして、「片手1秒で開閉できるフタ」もなかなか。スタバのカウンターでコーヒーを入れてもらったあとも、さっと片手でフタをしてスマートに立ち去ることができます(両手でフタを締める必要がない!)。

また、スタバのトールサイズ(350ml)にジャストフィットの 355mlというボトル容量も決め手になりました。色のレパートリーもありますので、じぶんの好きな色を選べるのもいいですね。

REVOMAX2

REVOMAXをレビュー/マイボトル難民の僕を救済した『片手1秒開閉の魔法瓶』

 

8.ブラックアウトステッカー

MacBook Pro のキーボードを無刻印仕様にできるのが、この「ブラックアウトステッカー」です。

このブラックアウトステッカーがあれば、通常はアルファベットや記号などが印字されているキーボードを真っ黒にできます。

いやいや、それじゃあ困るだろう。とも、思われるかもですが。

わたしは、タッチタイピングでの入力を心がけているので、キーボードに刻印があろうとなかろうと関係ありません。建前上は、ですけれど。

実際にはときおり、「あの記号はどこのキーだったっけ…?」と慌てています。まぁ、それでも、無刻印であればタッチタイピングへの覚悟も決まるというもの。

それに、無刻印仕様のMacBook Proは、よりカッコいいです。シンプルで無駄のないMacBook Proがより際立ちます。ご興味あればぜひ、な逸品です。

レビュー/ブラックアウトステッカー

【レビュー】ブラックアウトステッカー/無刻印キーボードのMacBookPro現る

ちなみに。現在は、見た目が無刻印でもキーがわかるブラックアウトステッカーも発売されています。さすがに真っ黒は厳しい… というのであれば ↓

 

9.Bear

Bearは、Mac・iPhone・iPad用のテキストエディタです。ブログを書くために使い始めました。

使い始めたきっかけは「オフライン」でも執筆できる環境を探していたこと、です。以前は、Wordpressの編集画面でオンラインにて執筆をしていました。

ところが。ブチッとWi-Fiが切れてしまった際に、それまでの文章をうまく保存できずに消えてしまったぁぁぁ、ということも。また、外出先で必ずしもオンラインの環境があるわけでもありませんし。

そう考えると。オフラインでもブログが書ける環境にしておいたほうがいいな、と Bearにたどり着きました。

オフラインの Bearを使うことで、ブログ執筆中はブラウザを立ち上げずにすみます。ブラウザが立ち上がっていると、意志が弱いわたしは、ついついGoogleアナリティクスを見たり、Adsenseを見たりしてしまいます。

この点、ブラウザが必要ない Bearだと、より執筆に集中できるのは大きなメリットです。

テキストエディタは Bear以外にもいろいろあります。ブログを書く(あるいはなにかしらの文章を書く)のに気が散ってしまう… という人は、テキストエディタを探してみてはいかがでしょうか。

エディタ「Bear」とブログ執筆

エディタ『Bear』でブログ。iPhoneでネタ出し→Macで下書き→WordPressへHTMLペースト

 

10.気化式加湿器 FE-KXS05

空気が乾燥するシーズンになると、部屋の加湿は欠かさないようにしています。

乾燥すると、風邪やインフルエンザのウィルスなどが舞いやすくなる。加えて、のどや鼻の粘膜が乾燥するために、そのウィルスに感染しやすくなるからです。

そこで、の「加湿器」ですが。ひとことで「加湿器」と言っても、いろいろな加湿方式があります。このFE-KXS05は? と言えば、「気化式」という加湿方式です。

気化式は、イメージで言うと。水を含んだタオルに風を当て、水を蒸発させることで加湿する、というしくみです。そんな気化式のメリットのひとつは、「白い粉」が壁や家具などに付着しないこと。

以前は「超音波式(水をミスト上にして加湿する方式)」の加湿器により、白い粉が部屋の壁や家具に付着。挙げ句、愛機 MacBook Pro の内部までもが真っ白になる… という事態に陥りました。

白い粉の正体は、水道に含まれるカルキやミネラルなわけですが。なんにせよ白い粉はかなわん、とたどり着いたのが気化式の加湿器 FE-KXS05です。

電気代が安く、お手入れがしやすく、加湿力もある、など。気化式の加湿器のなかでも FE-KXS05はおすすめです。

FE-KXS05 レビュー

FE-KXS05レビュー/気化式加湿器で謎の白い粉も解決!

 

まとめ

ひとり税理士のわたしが「買ってよかった」と考える、2019年のベストバイ10選をお話してきました。

1年の終わりに、ことしの「お買いもの」を振り返ってみるのはいかがでしょう。

あなたの2019年、ベストバイはなんですか?

この記事のシェアはこちらから!