YouTubeチャンネルを開設しました!

『決算から時間がたって融資を受ける』が得策ではない3つの理由と3つの対策

『決算から時間がたって融資を受ける』が得策ではない3つの理由と3つの対策

スポンサードリンク



決算から時間がたって融資を受けようとすると、融資は受けにくくなるものです。

その「理由」と「対策」についてお話をしていきます。

決算から時間がたつと融資は受けにくくなる

会社が銀行から融資を受けるにあたり、「融資を受けやすいタイミング」というものがあります。

この点で。決算から時間がたって融資を受けるのは、「融資を受けやすいタイミング」とは言えません。どちらかと言えば、融資が受けにくいタイミングになるでしょう。

そこで、決算から時間がたって融資を受けるのが得策ではない「理由」と「対策」とをお話していきます ↓

このあとのお話の内容
  • 「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの理由
  • 「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの対策

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

スポンサードサーチ

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの理由

決算から時間がたって融資を受けるのが得策ではない「理由」はこちらです ↓

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの理由
  1. 足元を見られる
  2. 試算表が必要
  3. 先延ばしされる

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

《理由1》足元を見られる

決算が終わったとき(決算書ができあがったとき)というのは、ひとつの区切りであり、先の見通しを立てるべきタイミングでもあります。

つまり。決算の内容をふまえて、向こうしばらくの計画を立ててみる。そのなかには当然、資金計画も含まれます。少なくとも、向こう1年ていどの資金繰りを確認し、必要な資金調達(銀行融資)を思案すべき。

と、考えると。

決算から時間がたって「融資を受けたい」と言うのは、場当たり的であり、無計画な印象を与えるものです。おカネが無くなったから貸して、そう聞こえるということです。

銀行はおカネを貸すのが商売ではありますが、「貸して」と言われると貸したくないし、貸しにくい。「貸して」と言うと、どうしても足元を見られる。借りにくくなることは覚えておきましょう。

《理由2》試算表が必要

決算後、2〜3ヶ月くらいの時間がたってから融資を受けようとすると。銀行からは、現状を確認するために「試算表」を要求されます。

試算表自体は、毎月つくるべきものであり、「それを渡せばいいだけだろう」と思われるかもですが。それは現状、黒字であればこその話です。

逆に赤字となると、銀行からの融資は受けにくくなります。決算では黒字だったとしても、その後の試算表で赤字となれば、銀行としては融資を躊躇したくもなるでしょう。

決算から時間がたったときには、黒字か赤字かはわかりません。黒字か赤字かわからないタイミングで融資を受けようとすれば、それは極めて不確実だということです。

できるだけ確実に(絶対はありませんが)融資を受けようとするのであれば、「黒字」は欠かすことのできない要素になります。

そう考えると、決算が黒字の会社ほど、試算表を要求される前に融資を受けることです。決算直後であれば、試算表を要求されることはありません。

《理由3》先延ばしされる

決算から時間がたつと、銀行からは試算表を要求されるという話をしました。では、その試算表が黒字でありさえすればよいか、と言うと。そうとばかりも言い切れないのがやっかいなところです。

銀行は、試算表を決算書ほどには信用していません。ゆえに、試算表が黒字であったとしても、「これってほんとうなのかなぁ?」と疑っているものなのです。

結果として、「決算を見させてからにしてください」などと言われたりすることがあります。試算表が黒字でも、です。

実際、試算表では黒字続きだったのに、決算になったら赤字でした… ということはあるわけで。試算表が信用できない、という銀行の見方も無理からぬところだと言えます。

このように。決算から時間がたって融資の依頼をすると、先延ばしされることがある、と覚えておきましょう。

そのうえで、いざというときに先延ばしされないように。自社の試算表については、できるだけ「信用」を高めておくことが大切です。こちらの記事も参考にどうぞ ↓

ウチの会社はだいじょうぶ?銀行から『嫌われる試算表』5つの特徴

ウチの会社はだいじょうぶ?銀行から『嫌われる試算表』5つの特徴

スポンサードサーチ

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの対策

決算から時間がたって融資を受けるのが得策ではない「理由」を受けて、「対策」はこちらです ↓

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの対策

  1. 決算時にアプローチ
  2. 営業を受けたら借りる
  3. 2月、8月に借りる

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

《対策1》決算時にアプローチ

さきほど、こんな話をしました。こちらから「貸して」と言うと、どうしても銀行に足元を見られる。借りにくくなる。そんな話です。

じゃあ、いったいどうやって借りたらいいのか? 「貸して」と言わずに、どうやって貸してもらうというのか?

この点で、決算時のアプローチが有効です。具体的には、決算が終わったときに、できあがった決算書の内容を報告しつつ、向こう1年の「資金計画」を銀行に伝えます。

するとまず、決算の「報告」という名目ですから場当たり感がありません。また、資金の「計画」なのですから、無計画なわけでもありません。

資金計画のなかで、この1年のあいだに必要な融資を織り込んでおけば、直接的に「貸して」と言わずとも借りたい気持ちは伝わります。

あとは銀行が「貸したい」と思えば、提案をしてくれるでしょう(会社の業績が悪いなど、銀行が貸したくないときには提案はありませんが)。

決算報告について、くわしくはこちらの記事も参考にどうぞ ↓

銀行に決算書を提出する前に確認すべきことチェックリスト

銀行に決算書を提出する前に確認すべきことチェックリスト

《対策2》営業を受けたら借りる

さきほどから、「貸して」と言うと足元を見られる、という話をしています。だったら、「借りて」と言われたときには借りましょう、という話もあります。

つまり、銀行からの「営業」です。銀行にも業績があり、ノルマもあります。ゆえに、営業があります。

銀行担当者がやってきて、「融資を受けませんか?」と言われたことがある。という会社は少なくないはずです。ところが、「いやいや、いまはいい」と断ってしまう会社のなんと多いことか。

銀行が営業をかけるということは、会社の状況が良い(あるいは悪くない)ときが多いという事情もあるのでしょう。利益が出ているし、まずまずおカネも持っている、というのであれば。「いまはいい」と言いたくもなるのでしょう。

繰り返しになりますが。銀行は、こちらが「貸して」と言ったときには足元を見ます。そのときになって「融資を受けないか、と言ったじゃないか!」と言っても後の祭りです。

あのときはあのとき、いまはいま。銀行は「貸せるとき」にしか貸しません。こちらが「借りたいとき」に貸すわけではない。よくよく覚えておきましょう。

《対策3》2月、8月に借りる

銀行にも業績があり、ノルマがある、と言いました。銀行は3月が本決算、9月が中間決算。決算では融資残高を積み上げたい、との思惑があります。

したがって、この時期ばかりは、こちらが「貸して」と言っても、貸してくれる可能性が高まることを知っておくとよいでしょう。

さらに言えば。いつもよりは審査が甘くなることも期待できるし、金利など融資条件の交渉もしやすくなります。

ただし。すでに銀行がじゅうぶんなだけの融資残高を積み上げている、ノルマも達成しているとなれば、そうはいきません。ですから、あまり3月・9月ギリギリだと遅すぎるということがありえます。

また、融資を受けるにも審査や手続きに時間がかかるのですから、その分の余裕をもって依頼する。そう考えると、2月と8月くらいには融資を依頼するのがよいでしょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

会社が銀行から融資を受けるにあたり、「融資を受けやすいタイミング」というものがあります。

この点で。決算から時間がたって融資を受けるのは、「融資を受けやすいタイミング」とは言えません。

そこには3つの「理由」があることを理解したうえで、3つの「対策」についても押さえておきましょう。

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの理由
  1. 足元を見られる
  2. 試算表が必要
  3. 先延ばしされる

「決算から時間がたって融資を受ける」が得策ではない3つの対策

  1. 決算時にアプローチ
  2. 営業を受けたら借りる
  3. 2月、8月に借りる

この記事のシェアはこちらから!