セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

銀行員が会社に言いづらいことは会社のほうから言ってあげると融資が受けやすくなる

銀行員が会社に言いづらいことは会社のほうから言ってあげると融資が受けやすくなる

スポンサードリンク



会社に融資をしたい。でも、融資をするにあたって言いたいことがある。でも言いづらい…

銀行員のそんな「言いづらい」を会社のほうから言ってあげると、融資は受けやすくなります。というお話です。

会社のほうから言ってあげると融資が受けやすくなる

「会社に融資をする」というのは、銀行の商売のひとつです。この点で、銀行員が「会社には言いづらい…」と考えていることがあります。

会社に融資をしたい。でも、融資をするにあたって言いたいことがある。でも言いづらい… そういうことです。

銀行員のそんな「言いづらい」を会社のほうから言ってあげると、融資は受けやすくなります。では、具体的にどのような「言いづらい」があるのか?

こちらの5つです ↓

銀行員が会社に言いづらいこと5選
  1. 決算書を見せてください
  2. 個人資産はどのくらいありますか
  3. 預金をしてほしい
  4. 他の銀行のようすはどうですか
  5. 融資は必要ですか?

それではこのあと、順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

銀行員が会社に言いづらいこと5選

《言いづらいこと1》決算書を見せてください

銀行員が会社に言いづらいことの1つめは、「決算書を見せてください」です。

場面としては、「まだ融資の取引がない会社」にはじめて訪問をしたときになります。いわゆる、「新規開拓の営業」ですね。

銀行が融資の審査をするには「決算書」が欠かせません。決算書を見ずして、融資の可否は判断できない。けれども、初対面でいきなり「決算書を見せてください」とも言いづらい。

そこで銀行員は、「ひとまずきょうはご挨拶だけにして。次の約束を取り付けて、次の訪問で決算書を見せてもらおうか…?」などと考えているものです。

というわけで。融資を受けたいのであれば、会社のほうから「どうぞ、こちらが決算書です」と言ってあげましょう。決算書を見せてあげましょう。

どうせいつかは見せなければいけないものなのですから、先延ばしにする意味がありません。融資の審査・実行が先延ばしになるだけです。

銀行員は、「まだ融資の取引がない会社」に対しては、「決算書を見せて下さい」とは言いづらいことを覚えておきましょう。

《言いづらいこと2》個人資産はどのくらいありますか

銀行員が会社に言いづらいことの2つめは、「個人資産はどのくらいありますか」です。

場面としては、決算書の内容が厳しく(赤字とか債務超過とか)、このままだと融資をするのが難しい… と、考えられるような状況になります。

すると銀行は、「社長の個人資産があれば、それをいざというときの返済原資と見込んで融資をしよう」と考えるものです。

とはいえ。個人資産はどのくらいありますか? とは言いづらいんだよね。実際、「なんでプライベートなことまで教えなきゃいけないんだ!」って、怒られたこともあったし… と悩んでいたりするのが銀行員です。

というわけで。融資を受けたいのであれば、会社のほうから「社長個人の資産」について言ってあげましょう。

さらに言うと、社長個人の資産を紙面にまとめて渡してあげるのがベストです。たとえば、預金がどこの銀行にいくらあるとか、どこどこの場所に不動産があるとか。

実際に担保にまでとられるかどうかはケースバイケースですが。社長個人の資産を銀行に開示することで、会社の決算書を補う効果があるのは間違いありません。

決算書の内容が厳しく、融資を受けるのが難しいというような会社は、社長の個人資産の開示を検討するようにしてみましょう。

《言いづらいこと3》預金をしてほしい

銀行員が会社に言いづらいことの3つめは、「預金をしてほしい」です。

銀行は会社に融資をするにあたって、その会社からの預金があったほうがいい、と考えています。

なぜなら、預金があれば回収不能になる可能性が少ないから。そして、預金があれば、実質的な融資金利が高まり、銀行が儲かるからです。

実質金利と表面金利

その利率、信じていいの?銀行融資の表面金利と実質金利の違い

とはいえ。銀行員も、急に「預金をしてほしい」とはなかなか言いづらいものでしょう。

預金をしてもらったからといって、必ずしも融資ができるものではありませんし。「預金をしたのに、融資してくれないじゃないか!」と、会社から怒られるのもかないません。

というわけで。融資を受けたいのであれば、会社のほうから「預金をします」と言ってあげましょう。実際に、その銀行に預金をするようにしましょう。

他の銀行(とくに、融資を受けていない銀行)から預金を移す、ということですね。

ただ預金を移すばかりではなく、「取引」も移すと、銀行としてはなお融資がしやすくなります。「取引」とは、売上入金や給与・経費の支払いなどです。

取引があることで、銀行は「手数料収入」を得ることができます。また、取引の内容をつねに確認できることから、会社の状況がよくわかるようになります。だから、融資がしやすくなるのです。

このようなことを考えずに、融資を受けていない銀行にたくさんの預金を置いたりしていないか? 気をつけましょう。

《言いづらいこと4》他の銀行のようすはどうですか

銀行員が会社に言いづらいことの4つめは、「他の銀行のようすはどうですか」です。

銀行は、他の銀行の動向を気にしています。端的に言えば、「融資を増やしているのか?それとも減らしているのか?」という動向です。

他の銀行が融資を増やしているのであれば、ウチも負けずに融資を増やしたい。他の銀行が融資を減らしているのであれば、ウチも遅れを取らないように引き上げたい。というのが、銀行の考え方です。

とはいえ。脈絡もなく「他の銀行のようすはどうですか?」とも言いづらく。

言い出すタイミングに試行錯誤をしていたりするものです。たとえば、銀行名の入ったカレンダーが壁にかかっているのを見つけて、「〇〇銀行さんとお付き合いがあるんですか?」みたいな。

というわけで。融資を受けたいのであれば、会社のほうから「他の銀行のようす」について言ってあげましょう。

具体的には、受けている融資の情報(銀行名、融資金額、返済期間、金利など)を一覧にまとめて、銀行員に渡すことです。

借入金一覧表

銀行融資に役立つ!『借入金一覧表』の作り方と考え方

それを見た銀行が、「他の銀行に負けたくない」と思えば、融資の提案をします。思いが強ければ強いほど、会社にとって有利な融資条件を提示されるようにもなるでしょう。

ただし、決算書の内容があまりに悪いと。他の銀行が融資を減らしているようすを見て、いっしょに減らすことを考えられてしまいます。融資をスムーズに受けるためのカギは「決算書」にあることを忘れてはいけません。

《言いづらいこと5》融資は必要ですか?

銀行員が会社に言いづらいことの5つめは、「融資は必要ですか?」です。

銀行にとって、いちばんの商売は「融資」だと言ってよいでしょう。融資をしてナンボです。できることなら融資がしたい。

とはいえ。「融資は必要ですか?」というのもあまりに直接的であり、押し売り感が否めず、どうにも言いづらい… 銀行員はそんなふうにも考えているそうです。

というわけで。融資を受けたいのであれば、会社のほうから「融資が必要です」と言ってあげましょう。

このときのポイントは、「なぜ融資が必要なのか?」をあわせて伝えることです。銀行は、「なぜ?」がわからないおカネを貸すことはできません。使いみちのはっきりしているおカネを貸すだけです。

そこで。設備投資であれば、その設備の「パンフレット」や「見積書」、投資効果がわかるような「事業計画書」を提示しましょう。

また、売上増加にともなう運転資金であれば、売上増加の証拠として「受注書」や「契約書」、運転資金の増減がわかるように「資金繰り表」を提示するようにしましょう。

これらがそろっていれば、銀行としては「格段」に融資がしやすくなります。

いっぽうで。間違っても言ってはいけないのが、「おカネが無いから貸して」です。資金繰りに窮してからの融資のお願い、これはいけません。

言うまでもなく、おカネが無い会社への融資は回収不能の可能性が高いからです。おカネが無いから融資が必要です、は通用しないことを覚えておきましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

会社に融資をしたい。でも、融資をするにあたって言いたいことがある。でも言いづらい…

銀行員のそんな「言いづらい」を会社のほうから言ってあげると、融資は受けやすくなります。銀行員が「言いづらい」と考えていることを押さえておきましょう。

銀行員が会社に言いづらいこと5選
  1. 決算書を見せてください
  2. 個人資産はどのくらいありますか
  3. 預金をしてほしい
  4. 他の銀行のようすはどうですか
  5. 融資は必要ですか?

この記事のシェアはこちらから!