セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

借りるときはいちどに借りる!つど銀行融資を受ける5つのデメリット

借りるときはいちどに借りる!つど銀行融資を受ける5つのデメリット

スポンサードリンク



仕入や経費の支払いのためのおカネを、必要になるつど、銀行から借りようとしている会社がありますが。

そのように、つど銀行融資を受けることには「デメリット」がありますよ。というお話です。

借りるときにはいちどに借りよ。

借りるときにいちどに借りず、つど融資を受けようとする会社があります。

たとえば、「仕入や経費の支払いのためのおカネ(運転資金)」が必要になるつど、銀行から融資を受けようとする。みたいな。

やめましょう。そのように、つど銀行融資を受けることには「デメリット」があるからです。借りるときにはいちどに借りる。

というわけで。会社が、つど銀行融資を受けるデメリットについてお話をしていきます。デメリットは、次の5つです ↓

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット
  1. 銀行に嫌われる
  2. 社長が時間を奪われる
  3. いつもおカネが無い…で苦労する
  4. 次は審査で落ちるかもしれない
  5. 管理がメンドーになる

それではこのあと、順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット

《デメリット1》銀行に嫌われる

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット。1つめは、「銀行に嫌われる」です。

融資をするにあたって、銀行には「手間」が発生します。稟議書を書いたり、審査をしたり、契約書などの書類をつくったり… といった手間です。

融資の回数が増えれば増えるほど、当然、その「手間」も増えます。すると銀行は、つど融資を依頼する会社に対して「手間がかかるなぁ…」とイヤにもなるでしょう。

結果として、手間が増えた分は「金利」に上乗せされることもありえます。会社としては、よくありませんよね。

また、あまり短いあいだに、融資の依頼があると。銀行は、「このあいだ貸したばかりなのに…もうおカネが無いの?」とも思うでしょう。

前回とは違う「資金使途(借りたおカネの使いみち)」があるにせよ。資金使途という理屈とは別に、「また借りるの?」といったネガティブな印象はぬぐえません。

会社が、つど融資を受けようとすれば、「手間」や「印象」の面から銀行に嫌われる。というデメリットがあります。

《デメリット2》社長が時間を奪われる

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット。2つめは、「社長が時間を奪われる」です。

つど銀行融資を受けるということは、つど借入の手間をかけているということでもあります。融資を依頼するための必要書類を準備する、銀行と面談をする、など。

銀行が融資をするには「手間」が発生するように、会社もまた融資を受けるには「手間」が発生するわけです。

言うまでもなく、その「手間」によって、会社は時間を奪われます。中小企業においては「銀行対応するのは社長」であることは少なくありませんから、時間を奪われるのは社長ということになります。

本来、社長は「経営」の仕事に集中すべきです。したがって、銀行対応に余計な時間を奪われるのは、大きなデメリットだと言えるでしょう。

また、時間を奪われるばかりではなく。銀行対応には少なからず「ストレス」を伴うものです。

うまく借りられるだろうか…? との心労を抱えながらとなれば、目の前のことにも「集中できない時間」が増えてしまいます。デメリットです。

会社が、つど融資を受けようとすれば、社長が時間を奪われる。というデメリットがあることを忘れないようにしましょう。

《デメリット3》いつもおカネが無い…で苦労する

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット。3つめは、「いつもおカネが無い…で苦労する」です。

つど銀行融資を受けるということは、借りたおカネはすぐに使われることを意味しています。使うために必要だから、つど借りているのであり、借りたからといって「余裕」はない状態です。

言い換えると。「いつもおカネが無い…」になりがちなのは、つど銀行融資を受けるデメリットのひとつになります。

たとえば。運転資金を借りるにあたり、「いま現在」の運転資金(売上債権 + たな卸資産 − 仕入債務)をもとに融資を受けるケース。

これはこれで間違いではありませんが、運転資金は「いつも一定」というわけではないことに注意が必要です。

いま現在の運転資金は 500万円でも、売上が増える繁忙期には 1,000万円になるかもしれない。だったら、1,000万円を借りておかないと、やがて来る繁忙期には「おカネが無い…」となってしまう。慌ててしまいます。

だから。借りるときには、先々(向こう半年〜1年ていど)まで見通したうえで、いちどに借りることです。

それができずに、つど銀行融資を受けているようだと、「いつもおカネが無い…」との苦労をすることになります。デメリットです。

《デメリット4》次は審査で落ちるかもしれない

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット。4つめは、「次は審査で落ちるかもしれない」です。

「つど銀行融資を受ける」という行動の背景には、「必要なときに必要なだけ借りるほうがムダがない」との考え方もあるようで。つまり、余分なおカネを持つことで、その分の利息を払うのはもったいない、と。

たしかに、それも一理あるでしょう。

けれども、「必要なときに借りられる」という前提には問題があります。融資には「審査」がある以上、必要なときに必ず借りられるかどうかはわかりません。

いまなら借りられたとしても、次のときには借りられない、ということはあるものです。

実際、なにか問題(得意先が倒産した、とか)が起きてから借りようとするケースがありますが。問題が起きていることを知った銀行は、融資を躊躇したくもなりますよね。結局、融資が受けられない…

そういうことを考えると。借りられるときに借りておく。借りるときにはいちどに借りるのが、会社を守る選択であることに気が付きます。

つど銀行融資を受けることには、「次は審査で落ちるかもしれない」というデメリットがあることを覚えておきましょう。

《デメリット5》管理がメンドーになる

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット。5つめは、「管理がメンドーになる」です。

つど融資を受けていると、借入の「口数」が増えることになります。口数が増えれば増えるほど、その「管理」はメンドーになるでしょう。

毎月の返済日にしても、返済額にしても、利率にしても、「融資条件」は借入ごとに違いますから管理が必要です。

返済が進んで借入残高が減ってくれば、「折り返し融資」のメンテナンスもしなければいけません(メンテナンスしてない、という会社は要注意です) ↓

折り返し融資

借り続けるメリット、借りて終わりのデメリット【折り返し融資】

口数が増えた分だけ、このメンテナンスも増えますからメンドーです。

じゃあ、口数をまとめてもらうように銀行に掛け合うか… となりますが。これもまた、余計なメンドーだと言えます。

だったら、はじめからいちどに借りておけばいい、というハナシです。管理やメンテナンスのメンドーを減らすことができます。

つど銀行融資を受けることによって「管理がメンドーになる」。このデメリットを見過ごさないようにしましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

仕入や経費の支払いのためのおカネを、必要になるつど、銀行から借りようとしている会社がありますが。

そのように、つど銀行融資を受けることには「デメリット」があります。デメリットを理解して、借りるときはいちどに借りるようにしましょう。

会社が、つど銀行融資を受ける5つのデメリット
  1. 銀行に嫌われる
  2. 社長が時間を奪われる
  3. いつもおカネが無い…で苦労する
  4. 次は審査で落ちるかもしれない
  5. 管理がメンドーになる

この記事のシェアはこちらから!