セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

銀行から『短期継続融資』を受けるべき会社5選

銀行から『短期継続融資』を受けるべき会社5選

スポンサードリンク



経常運転資金分のおカネの借り方として「短期継続融資」があります。

その短期継続融資を「受けるべき」と言える会社についてのお話です。

ウチは短期継続融資を受けるべき、と自覚せよ。

会社・事業における銀行融資について。「短期継続融資」という融資があります。その「短期継続融資」とは?

文字どおり、「短期で・継続的な融資」です。

ここで言う「短期」とは、「返済期限1年以内」のことであり。その短期の融資を、期限が来たら更新して継続する。

結果として、「返済期限1年以内」の融資をずっと受け続ける。受け続ける限り返済は無し。借りっぱなし。それが、短期継続融資です。

では、短期継続融資は、どのような「場面」でつかうべき融資なのか?

いわゆる「経常運転資金(正常運転資金とも言う)」部分のおカネを借りようとするときです。ちなみに、経常運転資金の金額は「売上債権 + たな卸資産 − 仕入債務」で計算されます。

よって、短期継続融資を受けるべき会社とは。経常運転資金分のおカネについて、短期継続融資を受けていない会社。短期継続融資ではなく、長期・毎月返済の証書貸付で融資を受けている会社、ということになります。

長期・毎月返済が、借りっぱなしに変われば。会社の資金繰りがラクになることは言うまでもありません。

ただ、それとは別に「短期継続融資を受けるべき会社」はあるもので。本記事では、そのあたりのお話をしていきます。具体的にはこちらです ↓

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社5選
  1. 黒字が出ている
  2. 売上アップの材料がある
  3. 売上が減少、仕入・経費が増加している
  4. 保証協会の枠や担保が不足している
  5. メインバンクの支援が弱い

ウチの会社は、これら5つに該当していないかな? と、確認をしてみましょう。それではこのあと、順番にお話をしていきます。

その昔は、経常運転資金分の融資は「短期継続融資」が定着していました。それが、長期・毎月返済の証書貸付となり。いまはふたたび、短期継続融資が戻りつつある経緯については、こちらの記事もどうぞ ↓

短期継続融資

資金繰り改善のチャンス!いまこそ『短期継続融資』を銀行から引き出す

 

スポンサードサーチ

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社5選

黒字が出ている

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社、1つめ。それは、「黒字が出ている」です。

銀行融資全般に言えることとして、「黒字が出ているとき」というのは借りる側の要求もとおりやすいものです。

金利を引き下げるにしても、担保・保証をはずすにしても。やっぱり、「黒字が出ている」と交渉しやすい。要求がとおりやすい。これは間違いありません。

短期継続融資についても同じです。なので、決算書で黒字が出ている会社は、「ウチは短期継続融資を受けるべき」との自覚を持ちましょう。

経常運転資金分のおカネを、長期・毎月返済で借りているのであれば。短期継続融資に切り替えて、資金繰りの改善をはかりましょう。

とかく黒字が出ていると、安心をするのか、銀行融資・銀行対応がおろそかになります。黒字のうちに借りておく、黒字のうちに交渉・要求することを忘れずに。

売上アップの材料がある

黒字が出ていると短期継続融資を要求しやすい、とお話をしました。でも、いまは赤字なんだよね… という会社もあるでしょう。

それでも、短期継続融資を受けるべき会社があります。

商談が進んでいる、すでに受注しているなど、「これから売上アップする材料がある!」という会社です。

そのような会社では、返済原資になる「売上代金」が増えることになります。これが短期継続融資をするうえで、銀行の安心材料になるのです。

「黒字」と同じく、「売上アップ」はポジティブな要素と見ることができます。だから、融資が受けやすく、交渉・要求もしやすいと言える。

売上アップの材料がある会社は、短期継続融資を受けるべきだと考えてみましょう。

売上が減少、仕入・経費が増加している

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社、3つめ。それは、「売上が減少、あるいは仕入・経費が増加している」です。

これまでの「黒字」や「売上アップ」に対して、ネガティブな要素にはなりますが。それでも、「売上が減少、あるいは仕入・経費が増加している」ような会社は、短期継続融資を受けるべきだと言えます。

どういうことか、と言うと…

売上が減少したり、仕入・経費が増加することは、会社にとって資金繰りの悪化要因です。資金繰りが悪化している会社に対して、銀行は融資を躊躇するいっぽうで、「支援をすべきとき」との見方もあります。

メインバンクであればとくに、です。メインバンクが手を引けば、他の取引銀行もあわせて手を引くことは多く、会社はつぶれてしまう可能性が高まります。

よって、メインバンクは「できる限り支援しよう」と考えるものです(どうしようもなく会社の状況が悪い場合には、さすがに支援をあきらめますが)。

そこで、売上が減少したり、仕入・経費が増加したりで、資金繰りが悪化しているときこそ。既存の長期・毎月返済の融資を、短期継続融資に切り替えることで「会社を支援してほしい」とのお願いをしてみましょう。

保証協会の枠や担保が不足している

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社、4つめ。それは、「保証協会の枠や担保が不足している」です。

銀行が貸しやすい、会社が借りやすい融資として「信用保証協会付き融資」があります。その信用保証協会付き融資には、「枠(上限)」があるのが特徴です。

したがって、枠が空いていない場合には、融資が受けにくくなる。短期継続融資も難しいのではないか? と思われるかもしれません。

また、「担保」についても同じことです。なにか担保があれば融資を受けられるかもしれないが、担保はない。やっぱり、短期継続融資は難しいのではないか? と。

けれども、そうでもありません。むしろ、保証協会の枠や担保が不足しているからこその短期継続融資、とも言えます。

短期継続融資の対象は「経常運転資金」です。経常運転資金を構成するのは「売掛金」や「在庫」であり、基本的にいずれ現金化するものであり、換金可能な資産です。

そう考えると、売掛金や在庫は「担保」みたいなものでしょう。ですから、短期継続融資については、そもそも「信用保証協会付き」や「担保」はおかしい! ということでもあります。

それでもちょっと… と銀行が言うのなら。たとえば、期間3ヶ月というような短い期間での短期継続融資であれば、検討の余地はあるはずです。

保証協会の枠や担保が不足しているからこそ、短期継続融資を受けるべき。との考えを持っておきましょう。

メインバンクの支援が弱い

いましがた、保証協会の枠や担保が不足しているときこそ短期継続融資を受けるべき、とのお話をしました。

このとき、短期継続融資を依頼する先の銀行として。まずは、メインバンクです。保証協会の枠や担保が不足していれば、基本的に銀行は融資をしにくいのであり。それでも親身に考えてくれるのがメインバンクだからです。

また、「売上が減少、仕入・経費が増加している」ような会社は、メインバンクの支援を求めましょう、という話をしました。これも同じことです。

売上が減少、仕入・経費が増加していれば、銀行は基本的に融資をしにくいもの。それでも、メインバンクであれば… ということでした。

したがって。短期継続融資を受けるのなら、まずはメインバンクに依頼するのがセオリーです。

ところが。メインバンクだからといって、必ずしも理解を得られるものでもありません。けんもほろろに断られてしまった… というケースもありえます。

そんな「メインバンクの支援が弱い」というような会社も、短期継続融資を受けるべき会社のひとつです。

いま、銀行は生き残りをかけた厳しい環境にあります。そこで、短期継続融資をきっかけに融資先を増やそう、融資を増やしていこうという銀行もあります。

ですから、メインバンクでなくとも、短期継続融資に積極的な銀行に依頼することを考えてみましょう。

ちなみに。短期継続融資に積極的かどうかは、各銀行が公表している「金融仲介機能のベンチマーク」からうかがい知ることができます。こちらの記事も参考にどうぞ ↓

金融仲介機能のベンチマークの使い方

銀行融資を上手に受けるための『金融仲介機能のベンチマーク』の使い方

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

経常運転資金分のおカネの借り方として「短期継続融資」があります。

その短期継続融資を「受けるべき」との自覚ができない会社は少なくありません。受けるべき会社なのかどうか、確認をしておきましょう。

銀行から「短期継続融資」を受けるべき会社5選
  1. 黒字が出ている
  2. 売上アップの材料がある
  3. 売上が減少、仕入・経費が増加している
  4. 保証協会の枠や担保が不足している
  5. メインバンクの支援が弱い

この記事のシェアはこちらから!