毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

フリーランスが『確定申告のためだけの経理』で損をしている3つのこと

フリーランスが『確定申告のためだけの経理』で損をしている3つのこと

確定申告期限の間際になって大慌てしている…

といった、「確定申告のためだけの経理」をしているフリーランスは「損」をしますよ。というお話です。

目次

期限の間際になって大慌て… をしてるなら。

フリーランスの方向けのセミナーやコンサルティングをはじめて、いまは5年めになります(2020年7月8日現在)。

そのなかで、ときおり感じることは「確定申告のためだけの経理」をしているフリーランスは少なくない、ということです。

確定申告のためだけの経理、とは?

文字どおり、確定申告をすることが目的であり。あらわれる「症状」で言うと、確定申告期限の間際になって大慌てしている… みたいな。

つまり、日ごろは経理を「棚上げ」していて、さいごに帳尻を合わせる。といった「スタイル」です。

このような「症状」や「スタイル」について。「身に覚えがあるぞ」と言われるフリーランスの方に、ぜひともお伝えしたいのは。

「確定申告のためだけの経理」によって、「損」をしているかもしれませんよ! ということです。具体的には、次の3つの損になります ↓

フリーランスが「確定申告のためだけの経理」で損をしている3つのこと
  1. 経理で間違えている
  2. 経理に時間を奪われている
  3. 経理がストレスになっている

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 


フリーランスが「確定申告のためだけの経理」で損をしている3つのこと

《1つめの損》経理で間違えている

確定申告のためだけの経理、つまり、経理の目的が「確定申告」ということになると。関心は「税金」に向きがちです。

もう少し具体的に言うと。3月15日の期限までに納める税金をいかに安くするか? に大きな関心が寄せられます。

そこへきて、経理は確定申告期限ギリギリまで棚上げしていることから、期限間際になって「税金を安くする方法」を探し求めることになります。

急いでネットで検索… とか、急いでフリーランス仲間に相談… とか。

すると。「少々荒っぽい方法」や「根も葉もないウワサ話」のたぐいを、正しいものと信じて採用してしまうケースがあるようです。

期限まで時間もないことから、どうしても「手っ取り早い方法」をとらざるを得ない、「正しいかどうかを確かめる時間も無い」からですね。

結果として税金計算を間違えれば、のちのちシワ寄せがきます。この場合、納める税金が少なすぎた… ということが多いでしょうから、あとから追加で税金を納めることになります。

ペナルティとしての税金も上乗せされるので、「痛い」です。これが、「経理で間違えている」という損になります。

「経理で間違えている」ということで言えば、もうひとつ。最近では、会計ソフト(クラウド会計含む)を使って、じぶんで確定申告書をつくれるフリーランスが増えてきました。

けれども。「つくれる」ことと、「つくったものが正しい」こととはイコールではありません。会計ソフトでつくった、プリントアウトしたのだから正しいものだろう、と考えている人もいるようですが。それは、違います。

実際に、会計ソフトでつくったという確定申告書を拝見すると。しばしば、間違いが見受けられます。

たとえば、確定申告書の預金残高が、通帳残高と合っていないとか。売掛金の残高が合っていないとか。在庫があるはずなのに載っていないとか。

聞けば、「時間もなかったので、あまりチェックもできずに、そのまま申告してしまいました…」と。

たしかに。期限間際で時間がなければ、チェックもおざなりになるでしょう。ただ、時間があればできたのかと言えば、そうでもなく。そもそもチェックのしかたを理解していない、というケースも少なくありません。

というわけで。このあたりもまた、「経理で間違えている」の一例です。

損をしないためにどうするか?

では、「経理で間違えている」という損をしないためにはどうしたらいいか。

経理には確認が必要であると理解することです。

前述したような「少々荒っぽい方法」や「根も葉もないウワサ話」を鵜呑みにしない。「根拠」を確認する。

「会計のルール」や「税法」といったものが「根拠」にあたります。

また、「会計ソフトでつくったのだからだいじょうぶ」とは考えない。つくられた「結果」を確認する。

会計ソフト自体が「計算」を間違えることはありませんが、計算のもとになる「情報(インプット)」に間違いがあれば、間違った「結果(アウトプット)」になってしまいます。

というように、経理には「確認」が必要です。ところが、確定申告のためだけの経理、申告期限に間に合えばいい、という経理をしていると、その「確認」ができません。

日ごろから「確認」をできるように、日ごろから経理にかかわるスタイルを目指しましょう。

[ad1]

《2つめの損》経理に時間を奪われている

確定申告のためだけの経理は、「確定申告期限の間際になって大慌てしている…」という症状にあらわれる、と冒頭でふれました。

実際、確定申告間際になると、「確定申告やばい…」とか「確定申告で仕事が手に付かない…」といったハナシを見聞きします。

また、武勇伝のごとく「徹夜で確定申告をしあげた!」とのハナシもありますが。武勇伝ではなく、どちらかというと「恥ずかしい話」として語られるべきものではないか? と思うのですがいかがでしょうか。

それはそれとして。

確定申告期限の間際になって大慌てしている… いずれのケースも、「経理に時間を奪われている」のが、「損」にあたります。

日ごろから経理をしていないものだから、やり方を思い出すのにも時間がかかる。よって、同じ経理をするのでも「余計」に時間がかかっている… ということがあるでしょう。

逆に、日ごろから経理をしていると。「慣れ」が出ますので、なんなくこなせるようになる。スピードも速くなる、という利点があります。

それとは別に。そもそも、経理のやり方がよくわかっていない… ということもあるでしょう。日ごろから経理をしていれば、やり方を理解したうえで、「改善」にも意識が向きやすいものです。

ここで言う「改善」とは、「もっと速く」という改善のこと。経理は、考え方を変える・やり方をくふうすることで、「もっと速く」を実現することができます。

けれども。申告期限の間際になって、ギリギリの状況で経理をしているフリーランスには「改善」もなにもありません。とにかく、「終わらせる」ことがすべてです。

そして終わらせることができると、「あぁ、これでまた来年まで経理をやらなくていいぞ」と、経理を忘れてしまう。やはり「改善」の機会はありません。

このようにして、確定申告のためだけの経理は「経理に時間を奪われている」という損をまねきます。

損をしないためにどうするか?

では、「経理に時間を奪われている」という損をしないためにはどうしたらいいか。

経理は速くなると理解することです。

たとえば。現金払いをやめると、現金払いに関する取引の入力作業がなくなります。代わりに銀行振込やクレジットカード払いにすれば、インターネットを通じて、取引データを会計ソフトに取り込むことができます。

取り込んだデータをもとに経理をすれば、その分の「入力作業」がなくなります。人間の入力には、間違いや疲労がともないますが。データを取り込むことで、間違いも疲労も回避できるのは利点です。

また、取り込んだデータに対して、自動的に経理処理するよう会計ソフトに「設定」することができれば(=自動仕訳の設定)。人間は手を下すことはなく、確認をするだけという状況も実現できます。

ところが。会計ソフトを使っていても、このあたりの対応ができていない、不十分というフリーランスは少なくありません。余計な時間をかけている。もったいないですよね。

というわけで。経理は速くなる、と知っておきましょう。そして、速くするための「取り組み」をしましょう。

日ごろから「取り組み」ができるように、日ごろから経理にかかわるスタイルを目指すことです。

[ad1]

《3つめの損》経理がストレスになっている

ここまでお話をしてきた2つの損、「経理で間違えている」「経理に時間を奪われている」ということをふまえて。

確定申告のためだけの経理をしているフリーランスは、「経理がストレスになっている」という損もかかえています。

経理で間違えてしまったとか、間違えているかもしれない、と考えればストレスになるでしょう。経理に時間を奪われていると感じれば、やはりストレスになるでしょう。

それでも、フリーランスを続ける限りは「確定申告はやらなければならい」ために、ストレスをかかえたまま、経理を続けることになります。

さらに。日ごろから経理をしていないものだから、じぶんの状況を「数字(金額)」で把握することができません。

なんとなく儲かっているかも、なんとなく儲かっていないかも… といった、感情や感覚に頼ることとなります。あやふやです。

人間はあやふやなモノに対しては「恐怖」や「不安」を感じるもので。幽霊やお化けが怖いのは、その存在が「あやふや」だからだと言えます。本当にいるのかいないのか、どういうものなのかがわからないから怖い。

経理も似たようなところがあります。

なんとなく儲かっているかも、なんとなく儲かっていないかも… とあやふやにしていると。ほんとうはどうなのかなぁ?だいじょうぶなのかなぁ?と、不安を感じるものでしょう。

そのように「経理がストレスになっている」のは、ツラくありませんか? という話をしています。

損をしないためにどうするか?

では、「経理がストレスになっている」という損をしないためにはどうしたらいいか。

経理は安心をするためのものと理解することです。

本来、経理は「確定申告のためだけ」にやるものではありません。確定申告があろうがなかろうが、経理はやるべきものです。

前述したとおり、経理をやることによって、フリーランスはじぶん自身の状況を「数字」で把握することができるからです。

あやふやな感情でも、感覚でもなく。測定可能な「数字」によって、じぶんの状況を把握することができる。これは、経理の「効果」でもあります。

結果として。数字で状況が明らかになれば、「あやふや」に対するストレスがなくなります。状況が良いものであれば、良い気分にもなれるでしょう。

もし状況が悪いのであれば。早めに手を打つことにつながりますから、後手に回ったときのストレスを回避することができます。

1年に1回だけ、確定申告のときにだけ数字を把握しているようでは、後手に回ることが少なくありません。

税金面でも、12月中であればできたはずの「節税」というものがあります。年をまたいでしまうともう手遅れ。確定申告のためだけの経理、申告期限間際の経理をしていると手遅れです。

手遅れになると、またストレスがたまりますよね。あぁ、節税できなかった… みたいな。

節税にしても、状況の把握にしても。ストレスをためずに済むように、日ごろから経理にかかわるスタイルを目指しましょう。

確定申告・経理におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、フリーランスの「確定申告・経理のサポート」をするメニューをそろえています!
確定申告・経理の記事まとめページ
フリーランスのためのはじめての確定申告・経理セミナー
経理コンサルティング
確定申告・経理の個別相談


まとめ

確定申告期限の間際になって大慌てしている… 言い換えると、「確定申告のためだけの経理」をしているフリーランスは少なくありません。

けれども、そのような経理には3つの「損」があること。損をしないためにはどうしたらよいか? を押さえておきましょう。

フリーランスが「確定申告のためだけの経理」で損をしている3つのこと
  1. 経理で間違えている
  2. 経理に時間を奪われている
  3. 経理がストレスになっている
フリーランスが『確定申告のためだけの経理』で損をしている3つのこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次