セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと

取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと

スポンサードリンク



会社は、「複数の銀行」から融資を受けるべきです。とはいえ、いままで取引がない銀行から融資を受けるのもカンタンではありません。

というわけで、取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと、についてお話をしていきます。

会社は融資セールスを受けられるようにすべし。

銀行から融資を受けるのであれば、会社は、「複数の銀行」から融資を受けるべきです。

もし1つの銀行からしか融資を受けていないと、その銀行に融資を断られたら困ってしまいます。また、複数の銀行から融資を受けているからこそ、銀行間の競争が起きて、借入金利が下がるなど融資条件が改善するのはメリットです。

とはいえ、いままで取引がない(融資を受けたことがない)銀行から、融資を受けるのもカンタンではありません。したがって、銀行のほうから融資セールスをしてもらえるのがベストです。

銀行は「貸したい」からセールスをしているわけで、それなら「借りやすい」ですよね。ではどうしたら、取引のない銀行から融資セールスを受けることができるのか?

会社が準備しておくべきこととして、お話をしていきます。具体的には、こちらの3つです↓

取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと
  1. 預金口座を開設する
  2. 帝国データバンクの調査依頼を受ける
  3. 銀行の飛び込みセールスを受け入れる体制をつくる

それではこのあと、順番に見ていきましょう。

スポンサードサーチ

取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと

【準備1】預金口座を開設する

会社が、取引のない銀行から融資セールスを受けるためには、まず預金口座を開設してみることです。「融資を受けたいな」という銀行に、口座を開設してみましょう。

手順としては、最寄りの支店に電話をして「口座を開設したい」と伝えます。このとき、「融資を受けたいので」と言ってはいけません。ほかの銀行で断られたからウチにきたのか? と、疑われてしまうからです。

あくまで、口座開設のテイをつらぬきましょう。

すると、「実態確認(いわゆるペーパーカンパニーでないか)」のために、銀行からは「会社に伺いたい」と言われることが多いものです。ぜひ、来てもらいましょう。

会社にやってきた銀行員からは、会社の概要や商売の内容などを聞かれるはずなので、その流れのなかで「決算書」を見せるようにします。言われなくても見せるのがポイントです。

融資の可否は、ほぼほぼ決算書で決まりますから、決算書がなければ銀行は融資の検討ができません。だから、検討材料として、言われなくても決算書を見せる。そして、コピー(3期分がベスト)を渡してしまうわけです。

決算書の内容に問題がなく、融資を増やしたいと考えている銀行(だいたいそうです)であれば、持ち帰って検討のうえ、後日、融資提案の流れになります。

繰り返しになりますが、「融資を受けたいので」と言ってはいけません。「別に融資を受けたいわけではないけどね」というフンイキが大切です。決算書を渡すのも「よろしければ、ご参考にどうぞ」というフンイキで。

無事に口座が開設できたなら、口座に「相応の預金」をするようにしましょう。いくらの預金をするかは「会社のフトコロしだい」ですが、あるていどまとまったおカネを置くことで、銀行には「融資をしよう」というインセンティブ(実質金利が高くなる)が働きます。

ひとつの例として。1,000万円の預金をしたら、急いで融資提案をしてきた信用金庫がありました。銀行の規模にもよりますが、相応の預金をすることで、融資セールスを期待できます。

【準備2】帝国データバンクの調査依頼を受ける

銀行は、あたらしい融資先を探しています。だからと言って、やたらめったら融資セールスをするわけにもいきません。危ない会社にセールスはしたくないし、危ない会社に融資をすることもできないからですね。

そこで、「優良な会社」に的をしぼって融資セールスをしようと考えます。では、「優良な会社」をどうやって探すのか? ひとつの方法が「帝国データバンクの評点」です。

信用調査会社のひとつ、帝国データバンクが提供している「評点」が良い会社を、銀行は「優良な会社」と考えています。

評点は 100点満点。何点以上が優良か? は、銀行によって異なります。目安として、50点以上ならば中小企業としては優良だと言ってよいでしょう。

50点未満になると、評価が良い順に「D1」「D2」「D3」「D4」といった記号で表記をされることがあります。D1、D2くらいまでが融資セールスを受けられるライン、というのがわたしの経験則です。

では、帝国データバンクの評点を上げるためにはどうしたらよいのか? それは、帝国データバンクの調査依頼を受けることです。帝国データバンクから「調査をしたい」と連絡が来たら受けることです。

調査のなかで、帝国データバンクは決算情報を取得したり、社長との会話から企業概要をつかんで、評点に反映させます。いっぽうで、調査をしなければ、評点は上がりようがありません。

では、帝国データバンクはいつ調査に来るのか。それは、だれかからか、帝国データバンクに「あの会社を調べてほしい」と調査依頼があったときです。

取引先などが与信のために調査依頼をかけていれば、そのときに帝国データバンクから、「調査をしたい」と連絡がきます。もし、調査依頼をかけられることがなければ、知り合いの社長などに頼むのもひとつの方法です。

いずれにせよ。帝国データバンクの調査を受けるにあたっては、「決算の内容が良い」ことが前提になります。決算書の内容が悪いのに調査を受ければ、評点は下がってしまうからです。

銀行から融資セールスを受けたいのであれば、日ごろから決算書の内容を良くしておくようにしましょう。

この点で。節税ばかりを気にして、利益を減らしている会社は注意が必要です。言うまでもありませんが、利益が少なければ評点は悪くなります。

帝国データバンクでは、じぶんの会社の評点を確認することはできません。代わりに、「G-Search」というサービスを利用することで、間接的に評点を確認することは可能です。

月額 300円+調査料という料金体系で、調査料は帝国データバンクの企業情報であれば1件 1,600円です。G-Searchを利用することで、評点を含めた、最低限の信用情報を取得することができます。

【準備3】銀行の飛び込みセールスを受け入れる体制をつくる

銀行は、帝国データバンクの情報などを頼りに飛び込みセールスをしています。もし、自社に突然、取引のない銀行がやってきたらどうでしょう?

「いまは忙しいから」と、会いもせずに追い返してしまう社長がいます。社長に伝えるまでもなく、受付の社員が追い返してしまう会社もあります。また、社長が不在にしているということもあるでしょう。

これでは、せっかくのチャンスを逃してしまいます。そうならないように、銀行の飛び込みセールスを受け入れる体制をつくっておくことが大切です。

銀行が来たら、とにかく会って話を聞く。融資セールスの話がほとんどですから、会えば融資の話を進めることができます。

もしどうしても忙しいなら、あいさつと名刺交換はしておきましょう。不在時には名刺を預かるように、社長は社員に指示をしておきましょう。

そのうえで、なるべく早めに時間をつくって、銀行から話を聞くことです。そのときに名刺が役に立ちます。名刺に書かれた電話番号に連絡をして、「話を聞きたい」と伝えれば来てもらえるはずです。

ここで、銀行から融資セールスを受けるにあたって、2つほど注意点があります。

ひとつは、決算書を準備しておくこと。【準備1】でもお伝えをしたとおり、融資の可否判断は決算書がなければはじまりません。融資を受けたいのであれば、言われなくても決算書を見せることです。

それからもうひとつ、常に整理整頓をしておくこと。銀行員は、整理整頓ができる会社かどうかをよく見ているものです。玄関先、廊下、事務所内、応接室内、掲示物、トイレなどなど。

整理整頓ができていない会社は、「なにごとにおいてもルーズ」であったり、「業績が悪化していて整理整頓する余裕もない」といったことが少なくありません。これを見た銀行は、融資を躊躇します。

いつでも銀行の飛び込みセールスを受け入れられるよう、会社は体制を整えておきましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

会社は、「複数の銀行」から融資を受けるべきです。とはいえ、いままで取引がない銀行から融資を受けるのもカンタンではありません。

そこで、取引のない銀行から融資セールスを受けられるように、会社が準備しておくべき3つのことを押さえておきましょう。

取引のない銀行から融資セールスを受けるために会社が準備しておくべき3つのこと
  1. 預金口座を開設する
  2. 帝国データバンクの調査依頼を受ける
  3. 銀行の飛び込みセールスを受け入れる体制をつくる

この記事のシェアはこちらから!



オンラインで80分速習
銀行融資入門セミナー

銀行融資・銀行対応について、「これだけは押さえておくべき」という入門的な内容を 80分にまとめたセミナーです