インストール型?クラウド型?会計ソフトの選び方

会計ソフトの選び方

スポンサードリンク

会計ソフト買わなくちゃ。でも、どれを選べば…?

巷で売られるたくさんの会計ソフト。インストール型だの、クラウド型だのいろいろあります。価格も評価もバラバラです。

そんな会計ソフトの選び方のポイントをお話しします。

会計ソフト選びのポイント

フリーランス・個人事業主が自分で経理(帳簿づけ)をしようというのなら。「会計ソフト」は欠かせません。

導入・利用コストこそかかりますが、手書きやExcelに比べて、「より効率よく、より早く、より正確な経理」が期待できます。

会計ソフト選びに必要な、次の3点についてお話ししていきます。

  • インストール型とクラウド型を知っておこう
  • クラウド型がおすすめです
  • 具体的にどの「銘柄」を選ぶか

 

インストール型とクラウド型を知っておこう

会計ソフトは大きく分けて2つ。インストール型とクラウド型という2つのカタチがあります。

従来のインストール型とは

パソコンにプログラムをインストールして使う会計ソフトを「インストール型(あるいはパッケージ型)」と言います。

昔々からある、いわゆる「会計ソフト」がこのカタチです。

新時代のクラウド型

インターネット環境を通じて受ける「サービス」であり、ブラウザ上で操作する会計ソフトを「クラウド型」と言います。

ここ数年、勢力を伸ばしているのがこの「クラウド型」です。

インストール型とクラウド型の比較

どっちがいいの?ということを考えるにあたり、インストール型とクラウド型の特徴を比較してみましょう。

おおまかに言うと、こんなカンジです ↓

  インストール型 クラウド型
インストール 不要
バージョンアップ 不要
データバックアップ 不要
インターネット環境 不要
各種データ取得 不可 or 可 優良
料金体系 買い切り 月額利用料

《 インストール、バージョンアップ 》

インストール型は、使うパソコンにインストールすることが必要です。当然、そのパソコンでしか会計ソフトが使えません。

また、プログラムのバージョンアップがあれば、プログラム更新に対応する必要があります。

ブラウザ上で操作するクラウド型は、インストールもバージョンアップも必要ありません。ブラウザを開くだけ。

ゆえに、使うパソコンを選びません。Macパソコンでもだいじょうぶです(インストール型の多くは、Windows用です)。

《 データバックアップ 》

たいせつな経理データについては、万一に備えてバックアップも考慮しなければいけません。

インストール型であれば、データのバックアップは自身で行う必要があります。使っているパソコンが壊れたら「おしまい」なので。

クラウド型は、常にクラウド上でバックアップされているため、基本的には自身での対応を要しません。

《 インターネット環境 》

クラウドサービスであるクラウド型は、インターネットの常時接続環境が必要です。

インストール型は、インストール時やバージョンアップ時にはインターネット環境が必要になります(CD-ROM対応が可能なケースもあり)。

《 各種データ取得 》

クラウド型の大きな特徴として、この「データ取得」があります。

ネットバンキングやクレジットカード利用履歴のデータをインターネットを介して取得。そのデータを経理処理(仕訳)に自動変換することができます。

これによって、従来の「手入力」という作業を激減させることができるのがウリです。

インストール型でも同様の機能を備えるものはありますが。クラウド型に比べ、性能がイマイチ、手間がかかる、という感じは否めません。

《 料金体系 》

インストール型は、いわゆる「買い切り」です。いちど買えば、いつまででも使うことが可能ではあります。

ただし、経理に関して大幅な法律の改正や、プログラムに大幅なバージョンアップがある際には「買い直し」が必要になります。

クラウド型は、月額利用料(あるいは年間利用料)という料金体系です。使っている間は支払い続けなければいけませんが、バージョンアップ費用も含まれています。

 

クラウド型がおすすめです

インストール型とクラウド型の特徴がわかったところで。どっちにしたらいいの?ということについてお話しします。

フリーランス・個人事業主こそクラウド型を

インストール型とクラウド型どちらがいいかと聞かれれば。クラウド型をおすすめします。

理由は、特徴のところでお話しした「各種データ取得」にクラウド型の強みがあるからです。

経理をやるといっても。そのための十分な人や時間を確保できないのが、フリーランスや個人事業主です。

「じゃあ、経理は税理士に頼むか」といってもおカネがかかる…

そんなフリーランス・個人事業主が自身で、「より効率よく、より早く、より正確な経理」をするのにクラウド型は適しています。

手作業をどれだけ減らせるかが経理の良し悪しを大きく左右する。コレ大事。

あえてインストール型を使うケースとは

とはいえ、クラウド型がすべての人にとって、すべての場合の「最適解」ではありません。

クラウド型がおすすめではあるけれど、「あえて」インストール型を使う、使った方がイイというのは次の場合です。

  • インターネット環境が無い
  • ネットバンキングなど、ネット経由でのデータ取り扱いに抵抗がある
  • 買い切りで長く使うほうが、月額利用料を払い続けるよりもコスト安だと思う

このあたりがどうしても、と言う方にまでクラウド型はおすすめできません。

 

具体的にどの「銘柄」を選ぶか

さいごに。具体的にはどの会計ソフトを選べばいいの?ということについて。

極論、どれでもいい。

とんでもない暴論だとは思いますが、あえて言います。

どれでもいい。

会計ソフトはなんでもいいです。ただ、「愛着がわくもの」にしてください。愛着だなんて大げさですが、要は「自分で選ぶこと」です。

多くの人にとって、経理は「不慣れ」からはじまります。はじめは戸惑います、悩みます。とはいえ経理は大事なモノであり、易々とやめるわけにもいきません。

そんな経理を続けるモチベーション維持に、「愛着がある会計ソフト」は欠かせません。

「起動するのも疎ましいワ!」なんていう会計ソフトであれば、経理をやろうという気も起きないことでしょう。そうですよね?

難しく考えるな、直感を信じろ!

家電量販店の会計ソフト売り場に行って、パッケージを眺めるも良し。ネットで検索して閲覧するでも良し。

使ってみたいな、使ってみようかな。というものを選びましょう。直感です。

「おいおい、そんなんでだいじょうかよ」と言われるかもしれませんが、たぶんだいじょうぶです。

会計ソフトの基本機能はどれも変わりません。差があるとすれば、それは多くの場合、一長一短としてあらわれます。

よほどヘンなものを選ばない限りはきっとだいじょうぶです。ミョーに安い、とか。ネットでのレビュー・評価がヒドい、とか。ですから、それくらいはチェックしましょう。

ちなみに、直感としては、

  • デザインがカッコイイ
  • レイアウトが見やすい
  • イメージキャラクターが好みのタイプ

そんなカンジで良いのだと思います、ほんとうに。とにかく、愛着を持って選びましょう!

使い慣れてくれば、会計ソフト選びの視点も変わってきますし、わかってきます。またそのときに、乗り換えればいいのです。

それでも選べないあなたのための会計ソフト

そうはいっても数ある会計ソフトからとてもとても選べません…というあなたのために。

わたしの「とっておき」ということで、以下にご紹介いたします。

ご紹介する会計ソフトとわたしとの間に利害関係はありません! 

《 クラウド型 》MFクラウド確定申告

  • 自動家計簿サービス「マネーフォワード」を提供する、株式会社マネーフォワードのクラウド型会計ソフト
  • イメージキャラクターはローラさん
  • 利用料は月額プラン 800円、年額プラン 8,800円(ベーシックプラン・税抜き)
  • シンプルなデザイン、インターフェース
  • チャットサポートが使える、対応も遅くない
  • まったくの経理初心者だけでなく、中級者以上になっても使える(ヘンにカンタン過ぎない)

《 インストール型 》やよいの青色申告

  • 圧倒的シェアを誇る「弥生会計」を提供する、弥生株式会社のインストール型会計ソフト
  • イメージキャラクターは皆藤愛子さん
  • 販売価格は、12,960円(ベーシックプラン・税込み)
  • 良くも悪くも、あんしん・あんぜん・あんていの弥生。不足が無い

 

まとめ

会計ソフトの選び方について、お話ししてきました。

まずは、クラウド型とインストール型の違いを知ること。そして、愛着をもって、自分の眼で会計ソフトを選ぶことです。

「より効率よく、より早く、より正確な経理」を楽しくはじめましょう。

《 次読むのににおすすめの記事 》

絶対はじめられる!MFクラウド確定申告の初期設定まで完全図解

2017.02.09

 

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!