『在庫の経理処理』ができないと税金を間違えてしまう理由を解説

在庫の経理処理

「在庫? なにそれ?」「在庫の経理処理ってよくわからないし… ま、いっか」

って、それ。税金の計算間違えちゃいますよ。税務署に見つかったら、追加の税金やペナルティが待っています。

そこで。在庫の経理処理ができないと税金を間違えてしまう理由について、お話をしていきます。

「在庫があるのに何もしない」を税務署は許さない

そもそも「在庫」とは。商品を仕入れて売る場合、まだ売れずに「手元に残っている商品」が在庫です。

また、材料を仕入れて製品をつくって売る場合、まだ売れずに「手元に残っている製品」が在庫です。さらに、「使われずに残っている材料」も在庫です。

さらにさらに、「つくりかけ・つくり途中の製品」も在庫です。

これらの「在庫」について、経理処理をなにもしないでいると。納めるべき税金がただしく計算できません。

もう少し具体的に言うと。本来、税務署に納めるべき税金の額よりも、「過少な税金」を計算することになってしまいます。

つまり、税金が少なすぎる。よって、それを知った税務署は黙っていません。追加の税金やペナルティ、という話に発展します。

そりゃ困る、ということですから。「在庫の経理処理と税金が、どう関係しているのかわからない」のであれば、その理由を押さえておかなければいけません。

それではこのあと、在庫の経理処理ができないと税金を間違えてしまう理由について、お話をしていきます。

 

在庫を無視すると税金が過少になる

在庫があるのに何もしない(無視する)と、どうなってしまうのか? 

りんごを仕入れてそれを売る、というシンプルな商売を例に確認をしてみましょう。

例題
  • 1個 100円のりんごを10個仕入れた
  • 1個 200円で4個売れた
  • 6個が売れずに残っている(在庫)

このときの「利益」はいくらですか?

それでは、「利益」を計算してみましょう。まずは、在庫があるのになにもしないケースから ↓

在庫があるのになにもしない(無視する)場合
  • 収入 = @200 × 4個 = 800円
  • 経費 = @100 × 10個 = 1,000円  
  • 利益 = 収入 − 経費 = 800 − 1,000 = ▲200円(赤字)

200円の「赤字」… ここで、アレ? っと違和感を持ったあなたはナイスです。1個100円のりんごを、倍の200円で売っているのに、どうして「赤字」になるんだ? という違和感。

その違和感が正しいのであって、上記の利益計算は間違っています。在庫があるのになにもしていない(無視した)から間違えたのです。

それでは、こんどは在庫のことも考えて、正しく利益を計算してみましょう ↓

在庫について正しく経理処理する場合
  • 収入 = @200 × 4個 = 800円
  • 経費 = (@100 × 10個)− (@100 × 6個) = 400円  
  • 利益 = 収入 − 経費 = 800 − 400 = 400円(黒字)

こんどは赤字にならず、400円の黒字です。ポイントは、「経費」の計算にあります。上記の計算式をようく見てみましょう。

仕入れたりんご 10個分をぜんぶ経費にするのではなく、売れ残った6個分は経費から除いています。

つまり、仕入れた金額のうち、在庫として残った分は経費にしない、ということです。これが正しい経理処理。

さきほどのように誤って在庫を無視すると、利益が過少(ほんとうは400円の黒字なのに、200円の赤字)になります。

「税金 = 利益 × 税率」なので、利益が過少になった分、税金も過少になる。これが、在庫の経理処理ができないと税金を間違えてしまう理由です。

 

経費から除いた「在庫」分の仕入金額は、いつ経費になるのか?

さきほど、「仕入れた金額のうち、在庫として残った分は経費にしない」と言いました。

したがって、経費の計算をするときには、在庫分の仕入金額は経費から除きます。

では、除かれた「在庫分の仕入金額」は、いつ経費になるのか? 

売れたとき、です。在庫だったモノが、売れたとき(材料などであれば使われたとき)に、その仕入金額は経費になります。

この点について、例題で確認してみましょう。

例題
  • 今期のはじめに、1個 100円のりんごが6個あった(期首の在庫)
  • 期中に、1個 100円のりんごを10個仕入れた
  • 期中に、11個売れた
  • 今期の終わりに、5個が売れずに残っている(期末の在庫)

今期の「経費」はいくらですか?

ハナシが少々複雑になっています。どこが複雑かというと、期首と期末の両方に在庫がある。こんなときには、絵に描いてみるのがいちばんです ↓

image1

在庫だったモノが、売れたときに経費になるのでしたよね?  それを表すのは上図の「期中の売上 @100 × 11個」の部分です。

もともと期首に6個あって、期中に 10個仕入れて、併せて16個。それを期中に 11個売って、期末に5個が残った。期首と期末の在庫を加味して、売れたのは11個。

よって、11個分の仕入金額「@100 × 11個」が、今期の経費になります。期中の仕入「@100 × 10個」が今期の経費になるわけではありません。

これで、計算方法はわかりましたよね。

 

もうひとつオマケの例題はどう?

理解を深めるために、もうひとつ例題を提示します ↓

例題
  • 今期のはじめに、りんごが仕入金額で 600円分、みかんが400円分あった(期首の在庫)
  • 期中に、りんごを仕入金額で 1,100円分、みかんを仕入金額で 2,000円分仕入れた
  • 今期の終わりに、りんごが5個、みかんが10個売れずに残っている(期末の在庫)
  • りんごを最後に仕入れたときの値段は@100円、みかんを最後に仕入れたときの値段は@50円だった

今期の「経費」はいくらですか?

さぁ、どうでしょう? 迷いどころは2つです。

ひとつは、りんごだけでなく、みかんまで出てきたこと。もうひとつは、売れた個数がわからないこと。「売れたときに経費になる」のに、売れた個数がわからない…?

と、迷いどころはありますが。ひとまず、さきほど同様に絵を描いてみましょう ↓

image2

さきほどの例題とはちがい、上図の右上「期中の売上」の部分を直接知ることはできません。

が、他の情報を埋めていくことで、「差額」で計算をすることができます。具体的には、

(期首・りんご 600+期首・みかん 400)+(仕入・りんご 1,100+仕入・みかん 2,000)ー(期末・りんご @100×5+期末・みかん @50×10)=3,100円

よって、3,100円が今期の経費として計上できる仕入金額です。

この例題から押さえておきたいポイントは、次の2点です ↓

  1. 期首の在庫と期中の仕入については、仕入単価や仕入個数わからずとも「金額」がわかればだいじょうぶ
  2. 期末の在庫を数えることで、「経費にできる仕入金額」は差額で求めることができる

上記の②について、期末の在庫の個数と、その仕入単価を調べて、期末の在庫金額を計算することを「棚卸(たなおろし)」と言います。

スーパーやデパートなどで、「棚卸のため休業」などのお知らせを見たことがありませんか? 

売れ残っている商品の個数を数え、それぞれの単価を調べて、今期に「経費にできる仕入金額」を計算しようとしているわけです。

 

 

仕訳はどうなる?

在庫が「利益」に及ぼす影響がわかったところで、さいごに「仕訳」を確認しておきましょう。

モノ(商品)を仕入れて売る、というケースでの仕訳です。

商品を仕入れたとき

例)商品 100,000円を掛け(ツケ)で仕入れた

勘定科目(借方) 金額 勘定科目(貸方) 金額
仕入高 100,000 買掛金 100,000

ここで、いったん「仕入高」として、100,000円全額が経費になります。

期末に在庫があったとき

例)期末に商品の在庫が 30,000円あった

勘定科目(借方) 金額 勘定科目(貸方) 金額
商品 30,000 期末商品棚卸高 30,000

【損益計算書では】

いったん経費にした「仕入高」から、在庫 30,000円が「期末商品棚卸高」として除かれます。

【貸借対照表では】

「商品」として在庫が計上されます。

期末に在庫があったときの翌期

勘定科目(借方) 金額 勘定科目(貸方) 金額
期首商品棚卸高 30,000 商品 30,000

【損益計算書では】

「期末商品棚卸高」として経費から除かれた金額は、翌期になったところで、「期首商品棚卸高」として経費に戻します。

【貸借対照表では】

「商品」の金額は、ゼロに戻ります。

決算時の損益計算書の様子

仕訳の結果、損益計算書は次のように表現されます ↓

売上高 1,000,000
売上原価  
 期首商品棚卸高 100,000
 当期仕入高 500,000
 期末商品棚卸高 150,000
 売上原価 450,000
売上総利益 550,000
・・・省略・・・  

上記の「売上原価」が、これまで説明してきた「今期経費になる仕入金額」に当たります。「当期仕入高=売上原価」ではないことに注意しましょう。

今期経費にできる金額は「売上原価 450,000円」にもかかわらず、在庫を加味せずに「当期仕入高 500,000円」を経費にするのはやりすぎです。

なお、売上原価は、「期首商品棚卸高 + 当期仕入高 ー 期末商品棚卸高」で計算されます。これを図解すると次のとおりです ↓

image3

 

まとめ

「在庫の経理処理」ができないと税金を間違えてしまう理由と、在庫の経理処理についてお話をしてきました。

在庫があるのになにもしないと、利益が正しく計算できず、税金も間違えてしまいます。

税務署に怒られる、ということばかりでなく。当然、自分自身も正しい利益がわからずに、正しい判断ができなくなることになります。

在庫の経理処理については、しっかりと押さえておきましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!