『おカネはいくらまで借りてもいいの?』に対する3つの考え方【銀行融資】

いくらまで借りてもいい?の考え方

スポンサードリンク




” おカネはいくらまでなら借りてもいいの? ”

借りすぎたくはない、というその思い。わかります。そこで、「おカネはいくらまで借りてもいいの?」に対する3つの考え方についてお話をします。

「おカネはいくらまで借りてもいいの?」に対する3つの考え方

会社・事業における銀行融資について。ときおり、こんな質問を見聞きします ↓

「おカネはいくらまでなら借りてもいいの?」

借りすぎはよくない。そもそも、おカネを借りるのもいいことじゃない。

そのような考えや思いから、「最大」いくらまでの借入であればだいじょうぶなのか? という質問です。

というわけで。ご質問への回答として、3つの考え方を提示することにします ↓

いくらまで借りてもいいの? 3つの考え方
  • 《考え方1》原則、返していける金額まで
  • 《考え方2》そもそも銀行が「貸しすぎる」ことはない
  • 《考え方3》あえての暴論「いま借りられるだけ」

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

《考え方1》原則、返していける金額まで

「おカネはいくらまでなら借りてもいいの?」という問いに対する 1つめの考え方。

それは、「原則、返していける金額まで」です。

って、そんなのあたりまえじゃないか、ということですが。では、「返していける金額」とは具体的にいくらなのか? 見ていきましょう。

返していける金額=税引後利益+減価償却費

細かい話はひとまず避けるとして、「返していける金額」をざっくりと知るための算式がこちらです ↓

返していける金額=税引後利益+減価償却費

税引後利益と減価償却費は、いちばん最近の決算書(損益計算書)のなかから、その金額を拾い出してみましょう。

そのうえで、上記の算式が意味するところは。銀行への年間返済額が、「税引後利益+減価償却費」以下であればだいじょうぶ。返していける、ということです。

さらに言うと、基本的には「税引後利益」が借入返済のおもな原資なのであり(話を単純化するために、減価償却費のことはさておいて)。

もし赤字だということになれば、返済原資がまったくない。1円もおカネを返せない、1円も借りてはいけない、ということになります。

なんににせよ。返していける金額というのは、「税引後利益+減価償却費」である。この考え方が原則です。

【参考】減価償却費を加算する理由

「税引後利益+減価償却費」は、年間で増えた「おカネ」をざっくりと計算する算式です(厳密には、キャッシュフロー計算書で計算をします)。

税引後利益に減価償却費を加算するのは、「減価償却費」が、おカネの出金をともなわない費用だからです。くわしくは、こちらの記事をどうぞ ↓

カンタンに知りたい・説明したい人のための減価償却の考え方

2016.09.13

余裕資金なら「税引後利益+減価償却費」は必要なし

銀行から借りている金額のうち、「余裕資金(使わない・なくならないおカネ)」として借りている分の返済額については、前述した「税引後利益+減価償却費」は必要ありません。

たとえば、年間返済 60万円で 300万円を余裕資金として借りているのであれば。60万円分については、「税引後利益+減価償却費」がゼロでもかまわないということです。

なぜなら、借りたおカネ(手元に置いてある)のなかから返済をすればよいからです。

したがって、「税引後利益+減価償却費」については、余裕資金ではない借入だけを考慮することになります。

ちなみに。利息を払ってまで、余裕資金を持つ必要があるのか? との議論はあるのでしょうが、わたしは「持つべき」だという考えです ↓

月商1ヶ月分のおカネをあえて余分に借りることのメリット・デメリット

2017.09.26
【参考】余裕資金は「借り直す」ことが大切

余裕資金としての借入は、毎月返済を続けることで、当然、手元のおカネが減っていきます。借入残高の減少とともに、余裕資金も減少します。よって、定期的に「借り直す」ことが大切です。

 

スポンサードサーチ

《考え方2》そもそも銀行が「貸しすぎる」ことはない

「おカネはいくらまでなら借りてもいいの?」という問いに対する 2つめの考え方。

それは、「そもそも銀行が『貸しすぎる』ことはない」です。

《考え方1》が借りる側からの視点だったのに対して、この《考え方2》では貸す側の視点になります。

「借りすぎたらどうしよう…?」という借りる側(会社)の不安に対して、「貸しすぎになるまでは貸さない!」という貸す側(銀行)の姿勢があります。

ご存知のとおり、銀行は審査をしたうえで融資をするわけで。少なくともその時点では、「返してもらえる(貸しすぎではない)」という判断で融資をしています。

ですから、基本的には、借りすぎるということはありません。銀行は貸せるだけしか貸さないし、こちらは借りられるだけしか借りられないのです。

もっとも、借りる側のチカラに対して不相応な融資(貸しすぎ)がまったくない、とまでは言いませんが。

それでも、カードローンやサラ金で起きるような「借りすぎ」は銀行融資ではありえません。借りようと思えばいくらでも借りれてしまうカードローンやサラ金と、銀行融資は根本的に違うのです。

なお、銀行から「いくらかりられそうか?」の目安については、こちらの記事をどうぞ ↓

『銀行からいくら借りられる?』を知るための3つの目安

2018.01.26

 

スポンサードサーチ

《考え方3》あえての暴論「いま借りられるだけ」

「おカネはいくらまでなら借りてもいいの?」という問いに対する 3つめの考え方。

それは、「いま借りられるだけ」です。

とだけ聞くと、とんでもない暴論のようですが、そんなことはありません。

なぜならば。《考え方2》でお話をしたとおり、銀行が貸せるだけ(基本的に借りる側のチカラ相応)の金額しか借りることはできません。

また、その金額は「いま」時点の審査・評価にもとづくものであり、明日も同じ金額を借りられるかはわからないからです。

借りられるときに借りておかずに、あとあと後悔した… というハナシはそこかしこから聞こえてきます。

いまはおカネがあるとしても、いつかおカネが必要になったときに。それでも絶対に融資を受けることはない、そこまでして事業を続けるつもりはない、と言えますか?

言えないのであれば(多くの経営者は「言えない」と推測します。わたし自身もしかり)、あとで後悔することがないように、借りられるときに借りておくことです。

銀行融資においては、貸す側の立場が借りる側の立場よりも強く、借りられるかどうかは貸す側の銀行しだい。これを理解しておきましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

「おカネはいくらまで借りてもいいの?」に対する3つの考え方についてお話をしてきました。

借りすぎはよくない。そもそも、おカネを借りるのもいいことじゃない。そういう考えや思いはわかります。

けれども、おカネが足りなくなる可能性があるのであれば、「借りられるだけ」という考え方を備えておきましょう。

ちなみに、小規模零細企業のほとんどは、おカネが足りなくなる可能性と無縁ではないはずです。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!