会社が銀行借入金を減らす5つの方法とその良し悪し

銀行借入金を減らす方法

スポンサードリンク




「銀行からの借入金を早く減らしたい」

たしかに、借金は無いに限りますよね。そこで、会社が銀行借入金を減らす5つの方法とその良し悪しについて、お話をしていきます。

「借金は無いに限る」に間違いは無い

「銀行からの借入金を早く減らしたい」という会社は少なくないでしょう。

やはり「借金」は無いに限ります。しなくていい借金は減らす、という考えに間違いはありません。

では会社が、いまある銀行からの借入金を減らそうというときに、どのような方法が考えられるのか?

おもな方法と、その良し悪しをまとめたものがこちらです ↓

 方法良し悪し
在庫を減らす
売掛金を減らす
利益を増やす
固定資産を売る
手元の現金預金で返済する×

上記5つの方法とその良し悪しについて、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

会社が銀行借入金を減らす5つの方法とその良し悪し

《方法1》在庫を減らす…◯

商品を仕入れて、それを売る。というような商売をしている場合、在庫が増えると借入金も増える傾向にあります。

なぜなら、在庫になっているあいだは、仕入代金分のおカネが流出している状態になるからですね。

在庫は売れればおカネに替わりますが、売れなければ「ただの在庫」でしかなく、そのままでは資金繰りには使えません。

したがって、在庫が増えるとその分のおカネが足りなくなる。ゆえに銀行から借入をする。これは別に間違ったことではなく、どちらかと言えばセオリーです。

ところが。不良在庫・過剰在庫を抱えるとなれば話は別です。不良在庫・過剰在庫はいつまでたってもおカネに替わらないのですから、銀行から借りたおカネの返済に困ります。

この点で「ウチは不良も過剰もない!」と言う会社は少なくありませんが、実は不良在庫・過剰在庫は多かれ少なかれあるものです。

その証拠に、入出庫表をつくってみればわかります。入ってくる商品(入庫)、出ていく商品(出庫)の推移を表にすると、「あれ? 動いてない…」「こんなに必要ないかも」という商品が見つかります。

もっとも、「入出庫表などつくっていない・つくったことがない」という話は多く。その場合には、不良在庫・過剰在庫の存在は免れないものと考えたほうがよいでしょう。

入出庫を管理できないと、盗難・紛失などにも気づきにくくなります。在庫商品が盗まれたり失くなったりすれば、おカネに替わらないのですから、やはり資金繰りの悪化につながります。

なにも「在庫」は商品だけではありません。事務で使うボールペンだって、コピー用紙だって在庫です。

ムダにたくさんストックされてはいませんか? ムダに種類をそろえてはいませんか? そもそも、使わずに済む方法はないですか(ペーパーレスなど)? 

そう考えると、在庫を減らす「余地」はだいぶあるもので。ムダな在庫が減れば、ムダな借金をしなくて済みます。借入金を減らす方法の良し悪しとしては◯です。

《方法2》売掛金を減らす…◯

前述の「在庫」と似たような話になるのが「売掛金」です。

売掛金もまた、回収するまでのあいだは「ただの売掛金」。おカネを回収してはじめて、資金繰りに使うことができます。

よって、売掛金が増えるとその分のおカネが足りなくなる。ゆえに銀行から借入をする。これもセオリーです。

ところが。回収できない売掛金、つまり不良債権となると、やはり話は別です。不良債権はいつまでたってもおカネに替わらないのですから、銀行から借りたおカネの返済に困ってしまう。

この不良債権への取り組みが不十分な会社も少なくありません。

たとえば、得意先の売掛金推移をチェックしていない、入金遅延の確認・督促をしていない、支払条件の管理・改善ができていない、などなど。

不良債権になる前には「なんらかの予兆」があらわれるものです。その予兆をできるだけ見逃さないしくみを持ちましょう。

また、売上拡大時・売上拡大思考に起こりがちなのが「支払条件の悪化」です。売上を伸ばすために、相手の希望に支払条件を合わせすぎてしまう。

具体的には、通常「末締め・翌月末入金」のところを「末締め・翌々月末入金」でもOKしてしまう、といったケースです。

結果、売掛金は膨らみます。借入が必要になります。不良債権化したときのダメージも大きくなります。そこまでしても、必要な売上だと言えますか?

そう考えると、売掛金を減らす「余地」もあるものです。売掛金が減れば、必要な借金も減ります。借入金を減らす方法の良し悪しとしては◯です。

《方法3》利益を増やす…◎

利益は借入金の返済原資になるものです。税金を払ったあとに残った利益があるから、借入金を返済することができる、という考え方があります(借入金返済は経費ではありません)。

ですから、会社ががんばって利益を増やす。そして、借入金を減らすのは理にかなったことだと言えます。

ところが。決して少なくはない数の会社が、「出せるはずの利益」「増やせるはずの利益」を避けているのが現実です。

もしも、税率 30%の法人税を嫌って、経費 100万円を使ったら。税金は 30万円減りますが、おカネは 100万円減ります。そのまま法人税を払っていれば、おカネは 70万円残ったのに。

このように行き過ぎた節税思考がある場合、「出せるはずの利益」を失うことになります。失った利益の分、おカネも失いますから、ムダな借金をすることにもつながります。

また、値決めを誤り、安すぎる売値を設定していると。「増やせるはずの利益」を失っていることになります。

いわゆる売上至上主義のもとでは、安すぎる値決めに陥りがちです。いつも満席・いつも長蛇の列、という飲食店などはその一例だと言えるでしょう。

値上げによって客数が減っても、単価増で売上はそれほど落ちずに利益は増えます。満席・長蛇の列が無くなれば、お店のオペレーションにも余裕が出ます。

その余裕で商品力・サービス力を上げれば、さらなる値上げと利益増も狙えるでしょう。すると、ムダな借金をしなくてすみます。

したがって、「利益を増やすなんて当たり前のハナシじゃないか」と言いながらも、実は知らず知らず「出せるはずの利益」「増やせるはずの利益」を避けている会社がある。

そう考えると、利益を増やす「余地」は、「意外にもかなり」あるものです。利益が増えれば、必要な借金も減ります。借入金を減らす方法の良し悪しとしては◎です。

《方法4》固定資産を売る…△

一般に、借入金を減らす方法として「不要な資産を売却する」が挙げられます。

おもに、遊休不動産や、塩漬けになっている株式などを売却して現金化する、ということです。

たしかに、どうせ要らないモノであれば売ってしまって、早く現金化をするほうがよいでしょう。

ところが、こと小規模零細企業に関して言えば。不要な資産など、そうそう無かったりもするものです。

よって、固定資産を売るのはあまり現実的ではないだろうと考えれば、借入金を減らす方法としては△だと言えます。

なお、「不要な資産」ということに関連して。保険(積立金)の解約も、借入金を減らす方法のひとつです。

とくに、節税を狙って保険に加入、保険料支払いをしている会社が「赤字」というケース。

赤字で節税にもならないのに、保険料支払いでおカネは流出し続けている。でも、いま解約すると損だと言われるからそのまんま… 

赤字が続いている・資金繰りが厳しいというのであれば、保険としての損はガマンをして、解約することも検討しましょう。おカネが減り続ける損のほうが深刻です。

解約すれば保険料の支払いは止まります。解約返戻金があれば現金化します。その分、ムダな借金をしなくてすみます。

( ※ 解約することにより保障は無くなってしまいますので、その点も忘れずに検討が必要なことには注意をしましょう)

《方法5》手元の現金預金で返済する…×

手元に余分なおカネがあるのであれば、それで借入金を返してしまったほうがいい。というのは、よく聞かれるところでしょう。

けれども。それは、銀行からの借入金を減らす方法としては × 、というのがわたしの考えです。

なぜなら、現金預金を減らすことには大きなリスクがあるから。もし、これから売上が減少したら? なにか損害が生じたら? 必要になるのはおカネです。

「そうなったらまた借りればいい」と言う会社がありますが、それは間違いです。

銀行は基本的に、前向きなおカネ(売上増加に伴う運転資金、設備投資など)を貸すところなのであり、後ろ向きなおカネを貸すところではありません。

また、運良く(?)借りられたとしても。実際に借りられるまでには、審査・手続きで時間がかかります。もし、それまでのあいだもたなければ…

したがって、困ったときには借りられない、困ったときに借りるのでは間に合わない。それが、銀行融資に対する正しい考え方だと言えるでしょう。

大企業が目指す無借金経営と、中小企業の無借金経営とを混同してしまう会社があります。

大企業が手元の現金預金を極力減らして借金を減らせるのは、投資家・銀行などから「いつでも・いろいろな手段」で資金調達ができるからです。それができる大きな信用があるからです。

これに対して、多くの中小企業にはそれがありません。もともとが過小資本なうえに、「いつでも・いろいろな手段」で資金調達ができるわけでもありません。

であるならば。それ相応の現金預金を手元において置かないと、いざというときに会社は存続の危機にさらされます。ここぞで投資ができず、成長機会を逃すこともあるでしょう。

借金が無いに越したことはありません。無借金経営を目指すのも間違いではありません。いっぽうで、「必要な借金」もあるということです。

銀行借入金を減らそうと急ぐあまり、手元の現金預金を減らしすぎることがないように注意しましょう。

現金預金の残高はいくら必要?月商〇ヶ月分の議論に終止符を打つ

2017.07.13

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

会社が銀行借入金を減らす5つの方法とその良し悪しについてお話をしてきました。

「借金」は無いに限ります。しなくていい借金は減らす、という考えに間違いはありません。

けれども、借金を減らす方法には良し悪しがある。これを押さえておきましょう。

 方法良し悪し
在庫を減らす
売掛金を減らす
利益を増やす
固定資産を売る
手元の現金預金で返済する×

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。