銀行担当者との付き合い方『間違い例』と『正しい例』

銀行担当者との付き合い方「間違い例」と「正しい例」

スポンサードリンク




銀行担当者との付き合い方を間違えると、融資を受けられない・受けにくくなるデメリットがあります。

そこで。銀行担当者との付き合い方について「間違い例」と「正しい例」をお話していきます。

意外と間違えている、銀行担当者との付き合い方

銀行から融資を受けている、あるいは受けようとしている会社が、銀行担当者との付き合い方を間違えていることがあります。

結果として、融資を受けられない・受けにくくなるのがデメリットです。

そんなデメリットをこうむることがないように。銀行担当者との付き合い方について「間違い例」を確認しておきましょう。

もうなんども融資を受けている、という会社でも意外と間違えていたりします ↓

銀行担当者との付き合い方「間違い例」
  • 口頭のみで伝える
  • 会うのは借りたいときばかり
  • 銀行がほしい情報を伝えていない

上記についてそれぞれ、間違いである「理由」と、「正しい例」とをお話していきます。

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

銀行担当者との付き合い方「間違い例」

《間違い例1》口頭のみで伝える

間違いの理由

たとえば、会社のほうから銀行に対して融資の依頼をするときに「口頭」のみで済ませている。これは間違いです。

その理由は、「言った、言わない」になる可能性があるから。

銀行担当者に融資を依頼したはずなのに忘れられている…というのがいちばん顕著な例です。「言った、言わない」になりえます。

忘れてこそいないけれど、担当者のところで保留されてしまっていることもあるでしょう。銀行員も忙しく、優先順位をつけて対応しているからです。

あとになって「急いでいたのに!」と文句を言っても、「聞いてない」と言われてしまうかもしれません。

また、そもそも依頼とさえ受け取られていないこともあります。会社は「融資を依頼した」つもりが、銀行担当者は「軽く相談されたくらい」に感じているケースです。

待てども待てども返事がないので問い合わせたら、「依頼されてない」と言われてしまう。ありえます。

このように、口頭のみで伝えると「言った、言わない」になる可能性があるのが間違いの理由です。

融資の依頼に限らず。担保・保証に関するお願い、金利に関するお願いなど。さまざまな場面で同じことは起こります。

正しい例

「口頭のみで伝える」という間違い例に対する正しい例は、「文書にして伝える」ことです。

伝えたいことを文書にして銀行担当者に渡すことで「言った、言わない」を避けることができます。

担当者も文書で受け取ったものはそのままにしづらく(上司などにも見せなければと考える)、忘れられたり、保留されたりが少なくなるでしょう。

また、文書にすることで内容が明確に伝わります。「依頼」を「軽い相談」と流されてしまうような誤解もなくなります。

文書にするなどメンドーだなぁ、と思われるかもしれませんが。「言った、言わない」のデメリットを考えれば、手間をかける価値はあります。

だいじなことほど、文書にして伝えるようにしましょう。

具体的な文書の記載例などはこちらの記事をどうぞ ↓

融資トラブルを回避!銀行への依頼・お願いごとは『文書』でする

2018.09.18

《間違い例2》会うのは借りたいときばかり

間違いの理由

銀行担当者に会う・会おうとするのはおカネを借りたいときばかり、という会社があります。間違いです。

その理由はいくつかあります。

まず、「おカネを借りたい」と急に言ってくるような会社の状況は悪いことが多いから。ゆえに、融資をすることはできない。

売上が減った(利益も減った)、おカネが無い・足りない… だからおカネを借りたい。そのような危ない会社に融資などできない、と考えるのが銀行です。これが理由の1つめ。

2つめの理由は、感情的にイヤだから。

銀行担当者のほうから会おうとすると断られるのに(忙しい、用は無いから帰れ!)、おカネを借りたいときだけは会おうとしてくる。そんな「自分勝手」がイヤに感じるのは当然でしょう。

まだあります。3つめの理由は、会社のことがよくわからないから、です。

ふだんは会わないので、銀行担当者としては会社のことがよくわかりません。よくわからない相手におカネを貸す、のを躊躇するのは銀行に限ったことでもないでしょう。

以上が、「会うのは借りたいときばかり」の付き合い方が間違いである理由です。

正しい例

「会うのは借りたいときばかり」という間違い例に対する正しい例は、「いま借りる必要がなくても会う」ことです。

具体的には、3つの場面が挙げられます。

まず1つめは、決算の報告です。毎年、決算書ができたら銀行担当者に会って報告をする。

これをせずに、ただ決算書を渡しているだけという会社が少なくありません。けれども、渡しているだけでは銀行に伝わらないことはたくさんあります。結果として融資が受けにくくなる。

具体的にはこちらの記事を参考に ↓

渡すだけじゃダメ!決算書を持って銀行へ行こう【決算報告・説明のポイント】

2018.04.26

また、このときにも「文書にして伝える」は有効です ↓

決算書には銀行担当者が喜ぶ『A4一枚』を添付する【報告書の作り方とメリット】

2019.03.21

続いて、2つめの場面。月次試算表の報告です。

決算は1年に1回だけ。これだけでは、頻度としては不十分ですから、月次試算表についても、銀行担当者に報告するわけです。

毎月だと多いなぁ… というのであれば、四半期にいっぺんくらいの頻度で報告するとよいでしょう。銀行担当者に会社のことを知ってもらう機会になります。

さいご、3つめの場面は、銀行の営業です。

銀行担当者にはいろいろと「ノルマ」があります。ゆえに、融資先に話を聞いてもらおうと営業をしなければいけません。

ノルマにお付き合いするかどうかは別にしても、できれば話を聞くというのがよいでしょう。銀行とのお付き合いも「人対人」です。

いつも一方的にお願いをするばかり、こちらが話をするばかりでは、お付き合いがスムーズにはなりません。

以上、銀行担当者との接点を増やし、「いま借りる必要がなくても会う」を実践してみましょう。

《間違い例3》銀行がほしい情報を伝えていない

間違いの理由

銀行がほしい情報、じゅうぶんな情報を銀行担当者に伝えていない。これは間違いです。

融資の可否を判断できるだけの情報が銀行になければ、融資が受けられない、あるいは受けにくくなってしまうからです。

よくわからない相手におカネを貸すのを躊躇する、というのはさきほどもお話をしました。

とはいえ。銀行がほしい情報とはなんなのか? なにをもってじゅうぶんと言えるのか? と思われるかもしれません。

その答えは、次の「正しい例」で確認をしていきましょう。

正しい例

「銀行がほしい情報を伝えていない」という間違い例に対する正しい例は、「銀行がほしい情報を伝える」ことです。あたりまえですが。

では、銀行がほしい情報とは? 大きく分けて次の2つです ↓

  • 財務数値に関する情報
  • 事業性評価に関する情報

まず、「財務数値に関する情報」から。具体的には、決算書、試算表、資金繰り表、銀行借入金一覧表です。

決算書をつくっていない会社はありませんが、その他についてはつくっていない会社も散見されます。

ところが、試算表も、資金繰り表も、銀行借入金一覧表も、銀行にとってはいずれもほしい情報です。

試算表で足元の業績を把握する。資金繰り表で向こう1年のおカネの動きをチェックする。銀行借入金一覧表で他行との取引ぶりをうかがう。

これらの情報にもとづいて、銀行担当者は「稟議書」をつくります。が、これらの情報がないと稟議書をつくるのにも苦労します。

よって、後回し。銀行員も忙しいうえにノルマがありますから、稟議書をつくりやすいところ、情報がそろっているところから手をつけるものです。

また、試算表その他の書類をつくれないような会社は「管理能力が低い」との評価にもつながます。

結果、「財務数値に関する情報」を伝えることができない会社は、融資が受けられない、受けにくくなる。デメリットです。

また、財務数値のほかにも、最近では「事業性評価に関する情報」を銀行はほしがっています。

事業性評価とは、「財務数値や担保・保証に依存しすぎず、会社や事業の将来性を見る」という評価の考え方です。

そんなのあたりまえだろう、という話ではありますが。過去いろいろとありまして、いま盛り上がりつつあるのが事業性評価にもとづく融資です。

ゆえに、会社は「事業性評価に関する情報」を銀行に伝えることで、より融資を受けやすくなるという効果を期待することができます。

ほとんどの会社が伝えることができずにいる情報でもあり、伝えることができれば他社とは大きな差がつく部分でもあります。

そんな「事業性評価に関する情報」を伝えるにあたっては、各種のツールを使うことが有効です。

具体的には、ローカルベンチマーク、RESAS(リーサス)、まち・ひと・しごと創生総合戦略の3つです。くわしくはこちらの記事を参考に ↓

事業性評価融資に役立つ3つのツール『ロカベン、RESAS、まち・ひと・しごと創生総合戦略』

2018.06.29

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

銀行担当者との付き合い方「間違い例」について、その「理由」と「正しい例」とをお話してきました。

付き合い方を間違えていると、融資を受けられない・受けにくくなるというデメリットがあります。

銀行担当者との付き合い方について「間違い例」を確認しておきましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。