毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

暑い夏におすすめのコーヒー抽出グッズ3選

暑い夏におすすめのコーヒー抽出グッズ3選

連日の猛暑。そんな暑い夏に、おすすめのコーヒー抽出グッズを紹介していきます。お手軽なものから、ちょっと手間のかかるものまで。気になるものがあれば、ぜひいちどお試しを。

目次

缶コーヒーもボトルコーヒーもいいけれど。

こんにちは、コーヒー好き税理士のモロトメジョーです。きょうも、コーヒーしてますか?

というわけで、いま(2022年8月14日)は夏。まだまだ続くであろう暑い日に、おすすめのコーヒー抽出グッズをご紹介していきます。

いやいや、抽出とかメンドーだし。缶コーヒー、ボトルコーヒーで間に合ってますから。というご意見もあるでしょう。たしかに、缶もボトルも悪くはありません。

が、じぶんで抽出するコーヒーには、まったく違った美味しさがあるのも事実です。だまされたとおもって、まずはこの先を読み進めてみるというのはいかがでしょうか。

と、いささか強引な勧誘ではありますが。数々のコーヒー抽出器具を扱っているうえでのおすすめですから、あながち間違ってもいないはず。ということで、さっそくはじめていきましょう!


暑い夏におすすめのコーヒー抽出グッズ3選

HARIO ミルク出しコーヒーポット

まずは、いちばんお手軽なコーヒー抽出グッズから。「HARIO ミルク出しコーヒーポット」です。コーヒー好きであれば、知らない人はいない HARIOさんの製品になります↓

長年の知恵と、技術の粋が詰まった品かといえば、そういうたぐいのものではありません。言ってしまえば、なんの変哲もないポットだったりもします。

それでもこれさえ買えば、迷うことなく、不足するものがなく、すぐに「ミルク出しコーヒー」をつくることができるんだ! という点でおすすめをしているしだいです。

ちなみに、ミルク出しコーヒーを「カフェオレ」といっしょにしてはいけません。まったくの別物です。だいじなことなので、もういちどいいます。ミルク出しコーヒーとカフェオレは、まったくの別物なんです。

そんなに力説するほどのことか? と、おもわれるかもしれませんが。わたしははじめてミルク出しコーヒーをクチにしたときに、衝撃を受けました。な、な、なんだこれは。う、う、美味い…

あんまりいうとウソっぽくなるので、話を進めます。

ミルク出しコーヒーとは、冷たい牛乳のなかにコーヒー粉を浸して、抽出したコーヒーです。具体的な手順がこちらになります↓

  1. コーヒー粉(中挽き)を準備する
  2. パック的なものに粉を詰める
  3. パックをポットに入れて牛乳を注ぐ
  4. 冷蔵庫にポットを入れて待つ(8時間くらい)

というわけで、お手軽すぎる。火も使いませんし。また、コーヒー粉を入れるパック的なものは、「HARIO ミルク出しコーヒーポット」に付属しています。やはりお手軽。

なお、ミルク出しに対してカフェオレとは? ドリップコーヒーと牛乳を1:1で混ぜたものです。別途、コーヒーを淹れる(ドリップする)必要がある点でメンドーがあります。

肝心の味わいも、まったくの別物。ミルク出しコーヒーに「水」は入っていませんが、カフェオレには「水」が入っています。ドリップするときに必要なので。

つまり、ミルク出しのほうは「水」で薄まっていない分だけ、とても濃厚な「ミルク感」があるんですね。いや、ほんとうに、マジでおいしいので、いちどは味わっていただきたい。

できれば、暑い日の午後2時くらいに、ひんやりと冷えたミルク出しコーヒーがぴったりです。というわけで、朝6時くらいに仕込みましょう。早起きもできて、一石二鳥でございます。

ミルク出しコーヒーや、「HARIO ミルク出しコーヒーポット」について、くわしくはこちらの記事もどうぞ↓

エアロプレス+FELLOW Prismo

続いては、これまたお手軽なコーヒー抽出グッズである「エアロプレス」について。コーヒー好きであれば、知らない人はいないであろうエアロプレスではありますが↓

意外と、「持ってはいない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にも、全力でおすすめできるのは、「いまが暑い夏だから」だったりもします。

エアロプレスのなにがいいって、「水出し」もいけるところです(もちろん、ホットもいけます)。水出しというと、前述のミルク出しのように、時間をかけて(水にコーヒー粉を浸して)抽出するイメージが一般的でしょう。

ところが、エアロプレスなら、時間をかけずにその場で水出しコーヒーをつくれます。「空気圧」のチカラを利用して、コーヒーの成分を一気に抽出できるからです。しかも手動なので、エコ。

これに、氷を入れれば、あっという間に冷たい水出しコーヒーのできあがりです。こうして書いているだけで、コーヒーが飲みたくなってくるわぁ。それはそれとして、エアロプレスについてくわしくはこちらの記事にも書きました↓

ただ、これでおわりではないんです。エアロプレスの水出しもいいんですが、超絶おすすめは「エスプレッソ」になります。

エスプレッソとは、高い圧力をかけることで、ギュギュッと凝縮された「濃いコーヒー」のこと。通常、エスプレッソをつくるとなると「エスプレッソマシン」を必要とします。高い圧力をかけなければいけないので。

ところが、エアロプレスに、オプションの「FELLOW Prismo」をセットすることで、やはり手動でエスプレッソを淹れることができるんですね。すごくないですか、すごいですよね(←押し売り感)↓

いやでも、これはほんとうにスゴい。エスプレッソマシンほどではありませんが、「エスプレッソに近いもの」としてはじゅうぶんだとおもいます(個人的な感想です)。

というわけで、「エアロプレス+FELLOW Prismo」で抽出した「エスプレッソに近いもの」を、冷たい牛乳に注ぎ入れてみましょう。あのスタバラテにも負けない、アイスラテの完成です。やっぱ、夏はアイスラテがうまいんだな。

きょうから、あなたの家がスタバになる。「エアロプレス+FELLOW Prismo」はおすすめです。FELLOW Prismoについてくわしくはこちらの記事にも書きました↓

なお、おうちでエスプレッソを淹れるのであれば、「ビアレッティ・ブリッカ」もおすすめ。ただ、火を使うのと、少々時間と手間がかかる点では、エアロプレスに軍配が上がります↓

いっぽうで、味わいからみると「ビアレッティ・ブリッカ」でしょう。また、エアロプレスよりも量をたくさんつくれるのも「ビアレッティ・ブリッカ」です。

迷いどころではありますが、どちらか1つということであれば、「オールマイティー」な活躍を見せてくれるエアロプレスをおすすめします。個人的には。

KONO コーヒードリッパー MDKー21

さいごに、もうひとつ。ハンドドリップ用のドリッパーのご紹介になります。ずばり、「KONO コーヒードリッパー MDKー21」です↓

ハンドドリップですから、いままでの抽出グッズに比べると、手間がかかります。また、少々の腕が必要だともいえるでしょう。

とはいえ、できあがりの「アイスコーヒー」は唯一無二の旨さですから。手間をかけ、腕を磨く価値は十二分にあります。

いやいや、ドリッパーなんてどれも同じなんじゃないの? と、言っているそこのあなた。残念、同じではないのです。10を優に超えるドリッパーを使っているわたしは、身を持って理解しています。

この点で、たとえばこんな記事も書きました↓

なので、ぜひともおすすめをしたいのが「KONO コーヒードリッパー MDKー21」です。なぜ、おすすめなのか? 「キリッと苦味の効いたアイスコーヒー」を淹れるのに最適だからです。

細かい説明は省きますが、「KONO コーヒードリッパー MDKー21」はほかのドリッパーに比べると、抽出スピードが遅いという点に特徴があります。お湯がゆっくりと落ちる。すると、ほかのドリッパーに比べて、成分の濃いコーヒーを抽出できるわけです。

結果、キリッと苦味の効いたアイスコーヒーになります。個人の好みですが、わたしはやっぱり、深煎りのコーヒー豆を使った、キリッと苦いやつが好きなんですね。そして、キンキンに冷えたやつ。

ハンドドリップでアイスコーヒーをつくる場合の方法として「直接急冷式」があります。ざっと、こんな感じです(1杯分の場合)↓

  1. コーヒー粉(深煎り・中挽き)15gを用意する
  2. サーバー(またはコップ)に、氷を 100g入れておく
  3. サーバー(またはコップ)に、ドリッパーをセットする
  4. ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、コーヒー粉を入れる
  5. 30gのお湯をドリッパーに注いで、30〜40秒ほど蒸らす
  6. ドリッパーの中央付近に、お湯 70g〜90g をゆっくりと注いでいく(一気に注がず、数回に分けて)

直接急冷式のメリットは、急速に冷却できることです。すると、透き通ったクリアなアイスコーヒーができあがります。いっぽうで、ダラダラと冷やしていると、コーヒーが濁ってしまい、味わいにも影響するところです。

アイスコーヒーは一気に冷やす! ということを覚えておきましょう。ハンドドリップについては、こんな記事も書いていますので、よろしければどうぞ↓


まとめ

暑い夏におすすめのコーヒー抽出グッズを紹介してきました。お手軽なものから、ちょっと手間のかかるものまでありますが。気になるものがあれば、ぜひいちどお試しいただけましたら幸いです。

それでは、きょうも美味しいコーヒーとともにありますように。

暑い夏におすすめのコーヒー抽出グッズ3選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次