出たぞ自己ベスト!かつしかふれあいRUNフェスタ2019【RUNレースレポート#13】

かつしかふれあいRUNフェスタ

スポンサードリンク




2019年3月10日(日) かつしかふれあいRUNフェスタ・ハーフマラソンの部(東京都)の参戦レポートです。

「ひたすら河川敷」で走りに集中?かつしかふれあいRUNフェスタ

3月の上旬でどこかレースはないかなぁ? と探していて見つけたのが、かつしかふれあいRUNフェスタ。

2019年3月10日(日)に参加をしてきました。

用意されている「種目」と「エントリー(参加者)」は次のとおり ↓

 種目名エントリー
ふれあい健康RUN2kmファミリーRUN1,943名
1km209名
3km432名
5km322名
チャレンジRUNハーフマラソン2,768名
10km1,442名
合計7,116名

(※ かつしかふれあいRUNフェスタ公式プログラムより抜粋)

ぜんぶで 7,000人超え、となかなかの規模の大会です。驚くべきは、参加者中の葛飾区民率。

公表値によれば、驚愕の「49.6%」です。7,000人もいる参加者の2人に1人が葛飾区民。これって、けっこうスゴくない?

というわけで、少々「アウェー感」への不安をいだきつつの参加でしたが。もちろん(?)そんなことはなく。

「かつしかふれあい」の名のとおり、ふれあい・おもてなしにあふれるフンイキの大会でした。

そんな「かつしかふれあいRUNフェスタ」。ハーフマラソンは5度目になるわたしは、めでたく自己ベストを記録することができました!

と、わたしのハナシはあとにして。まずは、本大会の「おすすめポイント」や「注意点」から、お話をしてみたいと思います。

 

スポンサードサーチ

かつしかふれあいRUNフェスタのおすすめポイントと注意点

次回大会以降、参加を検討される方の参考に。わたしが参加をした「ハーフマラソンの部」について、本大会のおすすめポイントや注意点などをまとめてみます。

【おすすめ】スカイツリーを横目に荒川河川敷、は気持ちいい

かつしかふれあいRUNフェスタのコースは、荒川河川敷(あるいは土手)です。

したがって、景色は広く抜けており、気持ちよく走ることができます。

また、荒川を挟んで向こう側に、東京の名所「スカイツリー」を眺めながら走ることができるのも、魅力のひとつと言ってよいでしょう ↓

image1

【おすすめ】会場がにぎやか、地元感がイイ

7,000人超の参加者ということもあり、応援の人も含めて、メイン会場には人がたくさんでにぎやかです。

地元のお店・企業などが出店しており、食事をしたり、おみやげを買ったりも楽しめます ↓

わたしも、レース後にはモツたっぷりの煮込みをいただき、パンやおせんべいを買って帰りました。

地元のスタッフさん・学生ボランティアさんたちによる運営もあたたかかく、アットホームな地元感が印象的です。

近隣商店街(堀切商店街)の「おもてなし(参加者特典)」もたくさん用意されており、レース後も現地で楽しめます。

コース沿道では、ところどころでパフォーマンスが用意されています。和太鼓やら、バンドやら。これもまた、元気をもらえるおもてなしでした ↓

image8

【おすすめ】トイレがわりと混まない

マラソン大会と「トイレ問題」は切っても切れないあいだがら。なぜ、こんなにもトイレが混むのか…? と困るケースは少なくありません。

本大会は 7,000人規模ですから、「さぞかしトイレも混むのだろう」と思いきや。

思いのほかスムーズでした。というのも、メイン会場にはけっこうな数の仮設トイレが用意されています ↓

image3

上記は「男女共用トイレ」であり、この裏手には「男性用トイレ」もあります。また、仮設トイレはここ1箇所ではなく、少し離れたところにも10室ほど。

そんなわけで、レース開始前でもわりとスムーズ(5分くらい)に利用できました。

なお、コース上にも4箇所ほどトイレがあります。折返しで2回通る場所を考慮すると、ハーフのあいだに6箇所あります。

レース中も見たところ混んではおらず、「トイレ問題」にはあまり悩まずに済みそうな大会でした。

【参考】手荷物預かりと更衣室

トイレに付随して。「施設」がらみで言うと、「手荷物預かり」は、屋根のあるところで管理をしてくれます。

出入口と荷物置き場にはスタッフの方がいますので、荷物間違いなどに対する安心感もありました ↓

image4

「更衣室」はわりと広いんだなぁ… というカンジ。大きな混雑なく、着替えができました。

ただ、男性更衣室のほうは、中に入ったら尋常ではないくらい蒸していましたけど(どうでもいい情報ですが) ↓

image5

【おすすめ】給水ポイントはじゅうぶん(エイドもある)

コース上の給水ポイントはじゅうぶんです。ハーフのあいだに6箇所ありますから、3km〜4kmごとに給水(水、スポーツドリンク)できます。

4箇所目にはエイド(バナナ、おまんじゅう)も用意されていたのもいいですね。

おまんじゅうを食べたあとに水を飲み忘れ…(というか、残りを脚にかけてしまった)。 口の中が、次の給水まで少々難儀だったのは、もちろんじぶんのせいです。

また、給水ポイントは、スタート・フィニッシュ地点のメイン会場にもあります。

【注意点】コースに飽きる、風景に飽きる

ここまでは「おすすめポイント」のお話でしたが、ここからは「注意点」について。

さきほど「おすすめ」をした、気持ちのいい「河川敷」。河川敷には、重大な欠点があります。

ずばり、飽きる。

走れど走れど、基本的にあまり景色は変わらず。そのうえ、わりに一直線。こんなカンジです ↓

image6

というわけで。いったいどこまで走ればいいの…? と心が折れそうになるわたしです。

いっぽうで、走ることに集中できる、という部分もあるのですけれど。そんなコースの様子はこちらの動画でどうぞ(音は出ません) ↓

 

【注意点】風の影響を受けやすい

繰り返しになりますが、コースは河川敷。景色が抜けて、遮るものがない分、風の影響は受けやすいですね。

当日は、スタートから第1折返し(8.5kmくらい)までは追い風。折り返したあとは第2折返し(19kmくらい)までは向かい風。

それほど強風ではありませんでしたが、走っていても風の影響(とくに向かい風)を感じましたし、影響はタイム(後述)にもあらわれました。

だからなに? ということもないわけですが。注意点です、注意点。

【注意点】基本は平坦だが、後半の起伏がこたえる

コースは基本的に平坦です。川沿いですからね。

ただ、ときおり、河川敷から土手に上がり、土手から河川敷に下りて、を繰り返します。

この点で、さいご(18kmから20km付近)にけっこう「厳しめ」の上り坂があります。距離も短く、前半であればそうでもないのでしょうが、さいごにきての起伏はこたえます。

やはり、何人かのランナーは歩いていましたし。

思わず、「逆じゃ。コースを逆にせぇ」とツッコミたくなるところなので、念のため心しておくとよいでしょう。

【注意点】横浜からはそこそこ遠い

完全にわたし個人のことですが。住まいの横浜からはそこそこ遠いです。

会場最寄り駅は「堀切菖蒲園駅」。まずはじめに「それはどのあたりにあるの?」と土地勘もなく。

いろいろ調べた結果、行きは横浜からJR東海道線で新橋駅乗り換え、JR上野東京ラインで日暮里駅へ。そこから、京成本線で堀切菖蒲園駅というルートにしました。

JRの区間はグリーン券(休日は平日よりも安い!)を買ってのんびりと。この時間帯(8時〜9時台)のグリーン車は、じゅうぶんに空いているようです。

横浜方面から参加をされる方はよろしければ。

 

スポンサードサーチ

かつしかふれあいRUNフェスタ・モロトメの記録

それでは、ご興味があるかないかは別にして。本大会でのわたしの記録についてお話を少々。

【モロトメ選手(わたし)のプロフィール】

ランニング歴は3年ほど。これまでのマラソン大会参加は、10kmの大会を2回、ハーフ(ひとつは20km)を4回。30kmは1回、フルは3回(リタイア含む) ↓

見てのとおりの「鈍足ぶり」ではありますが。

このたびの結果は、2時間6分13秒。これまでの記録を6分ほど縮めることができました。これはうれしいです。

実はひそかに「2時間切り」を狙っていたのですけれど、まだまだですね。次回に向けて、トレーニングをがんばります。

ちなみに、ラップはこんなカンジになりました ↓

image7

9km以降は、折返してからの「向かい風」の影響を受けて、全体的にタイムが落ちています。

いっぽうで、当日は最高気温が18度と高く、風があったことで涼しく走れました。また、曇っていたことも、暑さをしのぐ助けになりました。

18kmから19kmのあたりは、前述した「起伏(河川敷から土手に上がる)」にやられたようすがあらわれていますね。

それでもさいごの1kmは 5分30秒台で走れたので、以前よりもスタミナがついてきたにちがいない! とじぶんを褒めたいと思います(← 結局、いつもじぶんに甘い)。

それはそれとして。今回のレースでは、次のアイテムを使ってみました ↓

このシールを首に貼ると、疲労がたまりやすい部分をケアしてくれるらしいです。

気の持ちよう、という言葉もありますが… ハーフの距離をさいごまで元気に走れた一因かもしれない。から、次も使ってみようと目論んでいます。

そして、もうひとつがこれ ↓

わたしは「すぐに膝が痛くなる(ランナー膝)」という不安を抱えています。かなりのO脚も、よくないらしく。

そんなわけで、これまた気の持ちようも含めて、この膝サポータを両足に巻いていました。

今回のレースでも途中、軽く傷みは出ましたが、さいごまで問題なく走れるていど。

膝下だけを支えるタイプ(膝全体を包み込むタイプではなく)なので、過度な圧迫感・締め付けがなく(見た目も仰々しくない)、いまのところ気に入って使っています。

もしも、いい膝サポーターが見つからないなぁ、という方は試してみるのもよいのではないでしょうか。

なにはともあれ。自己ベストも更新できて、楽しい大会参加となりました。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




1 個のコメント