データで分析!ディズニーランドが空いているのは何曜日?何月なの?

ディズニーランドの混雑度

スポンサードリンク




ディズニーランドはあまり混んでないときに行きたいよねぇ。

ということで。過去のデータに基づいて、「曜日別」「月別」の混雑具合をお話しします。

データで分析、空いているのはいつ?

家族と、恋人と、友人と。せっかくディズニーランドに行くのなら。思いっきり遊び倒したいんだぁ!

その気持ち、よくわかりますよ。うん、うん。

できることなら、待ち時間なくアトラクションに乗りたいし、パレードやショーも良い場所で見たいよね。

その願いをかなえるべく。少しでも空いていそうな日を「過去のデータ」から見つけ出そうじゃないか、というこの企画。

「TDRポータル」さまからデータ利用のご了解をいただき、そのデータを集計・分析した結果にもとづきお話ししていきます。ご協力に感謝。

 

スポンサードサーチ

木曜日の混雑度は土日の7割弱

まずは「曜日別」の混雑度からいってみます。空いている日は何曜日?

やはり土日は別格

混雑している順に、曜日を並べた結果は次のとおりです。

2016年の1年間、 ディズニーランドで「ファストパスを発券しているアトラクション」の待ち時間(10時~18時のあいだ)を曜日別に平均した結果です。

混雑順位曜日平均待ち
時間(分)
1位73.2
2位73.1
3位58.1
4位54.0
5位52.9
6位52.7
7位49.8

 土日はきっこうしつつ、他の曜日とは「別格の込み具合」ということがわかります。

平日、こどもは学校などがありますし、会社を休むのもちょっとね…というマジメな日本人の姿がにじみ出ております。

空いてる確率が高いのは木曜日

いっぽうで、データ上空いているのは「木曜日」。断然、木曜日です。唯一、平均待ち時間が50分割れ。

土日の混雑度から見たら、木曜日は7割弱。その分、より満喫できるわけです。

まぁね、木曜日なんてメッチャ中途半端な曜日ですからね。なかなか休もうという気になれない、実際に休めない。みたいな。

そこを思い切って休んで行くところに、ディズニーランド満喫の可能性はあるようです。さぁ、これからは木曜日に行きましょう。

でもね、混んでる木曜日もありますから。その時は、「ある意味ツいてるぜ!」と気持ちを切り替えて凌ぎましょう、そうしましょ。

月曜日混んでる説はビミョー?

ところで、ディズニーランド混雑バナシには「月曜日混んでる説」があります。

月曜日は土日並みに混んでいるから注意しろっ!という話です。

ところがどうでしょう。2016年1年間の月曜日の平均で見る限り、そこまでのことはなかったようです。

混雑順位こそ土日に次ぐ3位ではありますが、「待ち時間」で見れば、土日に並ぶほどでもありません。

これを見る限り、土日に行くくらいなら月曜日でも。という次善策はありえます。

ただし祝日には気を付けて。ハッピーマンデーだとかで月曜日のお休みは増えました。そこは、平日の月曜日とは違いますから。

月曜日よりは金曜日に行こう

一般に土日が休みの方が多いわけですが。もう1日、前後で休みを取りたいな、と考えるとき。

どちらかと言えば、月曜日に休みを取るようです。それは、金曜日よりも月曜日の混雑度が高いことにも表れています。

金土日の3連休のあとに、月から金の5日間働くよりも。土日月の3連休のあとに火から金の4日間働いてまた休み、というほうがメンタル的によいのでしょう。たぶん。

そこに乗っかると、混雑を避けることができません。月曜日か金曜日にディズニーランドに行くのなら、金曜日に行っとこか。

 

スポンサードサーチ

雨に負ケルナ!梅雨場にGO

続いて「月別」の混雑度を見てみましょう。空いている月は何月なの?

絶対に行ってはいけない3月

混雑している順に、月を並べた結果は次のとおりです。

混雑順位平均待ち
時間(分)
1位3月104.4
2位2月68.7
3位12月63.2
4位8月62.4
5位11月60.4
6位10月56.8
7位4月55.8
8位1月55.1
9位9月48.6
10位5月48.2
11位7月42.9
12位6月42.6

うひょー、3月ヤッベ―ぞ。首位独走の3ケタ越え、平均待ち時間は104.4分です。想像するだけでクラクラしちゃう。

3月はマズい。ヒジョーにマズい。これだけはアタマに叩き込んでおきましょう。試験に出ます。いや、出ない。

もっとも空いている6月や7月から見ると、3月はおよそ2.5倍という混み方です。

2.5倍ですよ、2.5倍。これはもう、同じ料金では理不尽ではないのか、とさえ思えます。

実際、理不尽です。なぜかって、この時期混むのは「若者」がこぞってディズニーランドにやってくるから。

春休みだ、卒業旅行だ、って理由をつけてはやってきます。ありあまるパワーを持ってやってきます。だからいつもとちょっとパーク内の雰囲気も違います。

そんな若者のパワーに、大人や子供は怯えてしまうのです。いや怯えはしないか、違うな。ただしくは、気力と行動力で負けてしまうのです。

ですから、いい大人や子連れの場合、体感混雑度は104.4分の数字以上です。特に3月中旬から4月初旬は覚悟しておでかけください。

混雑日限定!ディズニーランドのアトラクション待ち時間を徹底分析

2017.04.09

原因は梅雨なの?イースターなの?

前述した「若者襲来」がひと段落した4月中旬あたりから7月までは、「空いている」時期に入ります。

なかでも6月、7月が空いていることが上記のデータからわかります。

梅雨場で雨が多いから、というのもあるでしょう。イベントでやっている「イースター」ってなんだっけ?という不理解もあるでしょう。

イースターになると卵が出現するのはなんでなの?はて、なんだっけ?こんな具合で盛り上がるワケがありません。日本人にイースターはまだ早い。

いずれにせよ、6月と7月のディズニーランドは空いている日が多いわけで。

6月・7月の木曜日なんて空いててイイんじゃない?というハナシです。

玉石混交の2月に注意

さきほどの表に戻ると、1年で2番目に混んでいる月は2月です。

けっこう意外な感じもあるのではないでしょうか。バレンタインはあるけれど、クリスマスやハロウィン、夏祭りを超えるほどのイベントでもないような…

実は、2月は上旬と下旬とで状況が一変します。

上旬は下旬ほどは混みません。ほどほどに混んでいるカンジ。ところが、下旬に入ると混雑度は急上昇。混みます。

もしや、バレンタインで結ばれたカップルの一団が、ディズニーランド目指してやってくるのか?

違います。学校の入試休み、卒業旅行により「若者」が増え始めるからです。またしても若者です。あ、別に若者に対して悪意はまったくありませんので。

とにかく、2月下旬から4月初旬までのディズニーランドは若者でにぎわいます。

日付指定券限定入園日に怯える10月から12月

2016年における事件として、10月から12月の土日祝日が「日付指定券限定入園日」に指定されました。

「日付指定券限定入園日」について詳しくは、こちらの記事をご覧ください ↓

【日付指定券限定入園日】オープン券を持ってディズニーに行くのは要注意!

2016.11.05

要は、「10月から12月の土日祝日はものスゴく混むんだからね」と、ディズニーサイドでは強くアナウンスをはじめました。

もともと土日祝日は混むわけですが、とりわけ10月から12月の土日祝日は要注意。という認識をもちましょう。約束だよ。

 

スポンサードサーチ

まとめとおさらい

過去のデータに基づいて、「曜日別」「月別」の混雑具合をお話ししてきました。

曜日については、土日混雑、木曜日がねらい目でした。とはいえ、実は「月」によってそれなりの変動があります。それがこちら ↓

月別の曜日混雑度

上記は、月別に各曜日の混雑度順位をグラフにしたものです。グラフの位置が高いほど混雑度が高いことを表しています。

基本的に、土日は1位と2位を争う展開。8月は夏休みの影響でしょう、順位に大幅な乱れが生じていることがわかります。

このあたりも、あわせて押さえておくとよいでしょう。

また、同じ順位であっても。月によってその混雑度には大きな違いがあることもお忘れなく。

同じ1位でも、7月の日曜日と3月の日曜日では、混雑度はケタ違いです。そのあたりは、次の表で確認してみてください ↓

《 2016年 月別 各曜日ごと ファストパスアトラクション平均待ち時間(分)》

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
6877121686459536466748985
4854103545150426152587653
5265106553830366246514639
5867102473935356141444749
467293263928426442444155
506593604137386642444769
6085116766367526156738587
平均5569104564843436249576063

ディズニーランドに行く日に迷ったら参考にしてみましょう。

以上。過去の実績データをもとにした、ディズニーランド空いてる日に関するお話しでした。

 

《 次に読むのにおすすめの記事 》

ランドと比較!ディズニーシーが空いている曜日・空いている月はいつ?

2017.02.12

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。