現金残高のマイナスには事業主借【MFクラウド確定申告・現金出納帳2】

タイトル

スポンサードリンク

げげげっ、現金出納帳の残高マイナスだよ。どうするオレ?

そんなときは「事業主借」という勘定科目を使うのです。さぁ、いまこそ事業主借を使うのです。

ということで、今回は現金残高のマイナスと事業主借のお話を。

《前回までのあらすじ》現金出納帳の現金残高がマイナスに

経理は現金出納帳からはじめよう!【MFクラウド確定申告・現金出納帳1】

2017.02.13

クラウド会計「MFクラウド確定申告」で経理をはじめたあなたでしたが。

現金出納帳に取引を1つ入力したところで事件が発生。現金出納帳の残高がマイナスに。

しかし。現金残高がゼロを下回ることは、経理ルールの御法度。さぁ、どうする?

個人事業主・フリーランスの経理を対象にしています。
法人の経理でも参考にはなりますが、一部取り扱いが異なりますのでご注意ください。 

 

「事業主借」で足りない現金を補充しろ

それでは、まず。現在の状況確認からはじめましょう。

現金出納帳の現状確認

いま現在の「MFクラウド確定申告」における現金出納帳の状況は次のとおりです ↓

mf12

残高欄が「-1,500」。マイナスです。

現金出納帳 ≒ 仕事用のサイフ

現状の打開を試みます。残高がマイナスになる前に、「現金残高を増やす」のです。

実際、あなたのサイフにおカネが無くなったら。やはりどこからかおカネを都合して、それをサイフに入れますよね?

いっしょです。現金出納帳とは、「仕事用のサイフ」のようなもの。

サイフの中身が無くなる前に、おカネを都合することにしましょう。

取引を登録

こんな例でいってみます。

例)1月1日に、仕事用サイフに、プライベート用サイフから現金 50,000円を補充

仕事用とプライベート用という、「サイフの2つ持ち」をほんとうにしているかどうかはともかく。

仕事用サイフを表す「現金出納帳」に、おカネを入金することにします。その経理処理がコチラ ↓

mf1

入力フォームがわからないときは前回記事をご参照ください。

入力フォームには、次のように入力します。

  • 取引日…「0101」で1月1日を入力
  • 補助科目…入力しないで飛ばす
  • 相手勘定科目…「事業主借」を選択する
  • 相手補助科目…入力しないで飛ばす
  • 摘要…「事業主より入金」
  • 入金…「50,000」

見よ!残高を

入力が済んだら、右端の「登録」ボタンを押します。続いて、画面を更新するために「F5」キーを押しましょう。その後の画面がコチラ ↓

mf2

「残高」欄を見てください。こんどはマイナスにはなりません、って当たり前か。

事業主って誰?

ところで、さきほど「摘要」欄には「事業主より入金」と入力しました。

「事業主」って誰?いやいや、何を言っているんですか。あなたですよ、あ・な・た。あなたからの入金によって、仕事用サイフは潤ったのでした。

でも待って。あなたがあなたに入金って、オレがオレに入金ってこと?

まぁ、そういうことです。あなたにも「2つの立場」があるということ。「仕事をしているあなた」と「(仕事とは関係ない)プライベートのあなた」の2つ。

つまり。さきほどの取引は、「プライベートのあなた」から「仕事をしているあなた」へのおカネの移動だったわけです。

それを経理的に表現したのが「事業主より入金」の文言。そして、その勘定科目は「事業主借」でした。

「事業主」からおカネを「借」りた、ということで「事業主借」。勘定科目については、そんな理解でけっこうです。

 

取引の修正と削除

ここでちょっと寄り道します。

「ヤッバ、間違えた」というときは

さきほど入力した「事業主借」の取引について。間違いがあったときにはどうするか。

もちろん、修正する or 削除します。

金額を100,000円に修正する

修正の手順は次のとおり。修正したい取引の右端にある、「通常」ボタンを押しましょう ↓

mf3

すると、取引の内容が再表示されます ↓

mf4

これで好きなところを修正できますが。ためしに、金額を「100,000」に修正してみましょう。

金額「50,000」のところを「100,000」に修正したら、右端の「保存」ボタンを押してください ↓

mf5

「保存」ボタンを押したら、残高金額を更新するため「F5」キーを押します。結果は次のとおりです ↓

mf6

取引を削除する

やっぱり、「事業主借」の取引自体を削除しよう。そんなときには、「詳細」ボタンを押します。先ほど押した「通常」ボタンの下にあります ↓

mf7

「詳細」ボタンを押すと、次のような画面が表示されます。ここでは先ほどのような「修正」を、より細かく行うことが可能です。

それとは別に、「ゴミ箱」マークをクリックすると、取引を削除することもできます ↓

mf8

「ゴミ箱」マークをクリックすると確認メッセージが表示されます。そのまま続行すれば、取引は削除されます。

そして、事態はふたたび逆戻り。現金残高は「-1,500」↓

mf9

 

もう繰り返さないための「仕訳辞書」

ここでさらに寄り道。「仕訳辞書」をマスターします。

仕訳辞書の登録

同じ取引を入力するのはメンドーです。

よく入力するような取引は、「仕訳辞書」という機能に登録することができます。やってみましょう。

「事業主借」の取引を消しちゃいましたしね。それで試してみることにします。取引を再掲します。

例)1月1日に、仕事用サイフに、プライベート用サイフから現金 50,000円を補充

これを入力フォームに入力するところは、さきほどもやりました。そこに、もうひと手間を加えます ↓

mf10

「登録」ボタンを押す前に、「仕訳辞書として保存」のチェックボックスをチェック。加えて、仕訳辞書名を入力します。

「仕訳辞書名」はなんでもかまいませんが、ひとまず「事業主より入金」としてみます。

さいごに「登録」ボタンを押してください。これで「仕訳辞書」の登録は終了。楽勝です。

仕訳辞書から入力

登録した「仕訳辞書」の威力を確かめます。入力フォームを表示してみましょう。

「仕訳辞書」の欄をクリック。表示されるメニューの中から、さきほど登録した「事業主より入金」を選択してクリックします↓

mf11

すると、なんということでしょう。匠のチカラによって、取引が登録されているではありませんか。匠じゃない、ITのチカラですね。すみません。

あとは、取引日を入力して、「登録」ボタンを押すだけの状態になっています ↓

mf14

ここでもうひと押し

「仕訳辞書」でラクになるのはわかった。でも、金額に「50,000」が入っているのはヤダな。いつも50,000円かはわからないし。

ということで、「仕訳辞書」をカスタマイズします。次のようにメニューを操作します ↓

mf15

画面左のメニューから、「各種設定」→「仕訳辞書」とたどります。すると、仕訳辞書の一覧画面が表示されます。

「仕訳辞書名」に「事業主より入金」が登録されています。その右にある「編集」ボタンを押してください ↓

mf16

表示された詳細から、金額「50,000」を削除します。左(借方)と右(貸方)に2か所あるので両方とも ↓

mf17

金額が2か所あるのは、これが正式な取引のカタチだからです。

このように取引を左右にわけて記録するしくみを「複式簿記」と言います。記録された取引のことは「仕訳」と呼びます。ご参考まで。

金額の削除が終わったら、「登録」ボタンを押します。これで、仕訳辞書のカスタマイズは終了です。

ふたたび入力フォームで仕訳辞書を試してみてください。こんどは、金額欄は「0(ゼロ)」で表示されるはずです。

この仕訳辞書を使って、「事業主借 50,000」の入金をもう一度入力してみましょう。きょうはここまで。

 

《 次回につづく 》

現金出納帳で使われる勘定科目【MFクラウド確定申告・現金出納帳3】

2017.02.20

 

まとめ

現金出納帳の「現金残高マイナス」を回避する方法についてお話をしました。

ついでに、「MFクラウド確定申告」での取引の修正・削除、仕訳辞書についても学びました。

このあたりは基本的考え方であり、基本操作ですので、しっかり身につけましょう。

次回は、ほかにもさまざま取引を想定して、勘定科目についてを考えてみます。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!