世界一周クルーズ船『オーシャンドリーム号』乗船レポート(注・船内見学会にて)

オーシャンドリーム号乗船レポート・見学会




世界一周クルーズ船「オーシャンドリーム号」に乗ってきた! って、船内見学会だけど。

というわけで、「社会勉強」的な気持ちで見てきた内容をレポートします。ご興味あれば、いちどあなたも見学してみるのはいかがでしょうか?

「世界一周」よりも「世界一周する船」に興味がある

2018年8月26日(日)、横浜・大さん橋国際客船ターミナルにて。

世界一周クルーズ船「オーシャンドリーム号」の船内見学会に、家族で参加をしてきました。

世界一周クルーズに行く予定はいまのところまったくないのですが。ここはひとつ「社会勉強」に、ということで。

わたし自身、「世界一周」ということよりも、「世界一周する船(豪華客船とか)」のほうには以前から興味があり。客室とか船内設備とかってどんなカンジなのかなぁ… みたいな。

そこでこのたび、たまたまネットで見つけた船内見学会に申込をしたしだいです。

見学会のようすをお話する前に。予習として「オーシャンドリーム号とは?」について、少しばかり触れておくことにします。

オーシャンドリーム号とは

今回の見学をした「オーシャンドリーム号」とは、日本のNGO(非政府組織)である「ピースボート」が主催する世界一周クルーズで使われている客船です ↓

image21

なぜ、うちわ? 現地で現物の「全体像」をじょうずに撮れなかったからです… だから、それ以上聞かないで。

ハナシを戻します。

世界一周するような客船なのですから、「さぞかし大きかろう」とも思うわけですが。オーシャンドリーム号はそれほど大きくはありません。

イメージとして、日本最大の豪華客船「飛鳥II」と世界最大の豪華客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」と比較してみると ↓

  オーシャンドリーム号 飛鳥II シンフォニ・オブ・ザーシーズ
全長 205m 241m 362m
全幅 26.5m 29.6m 66m
高さ 45m 72.5m
乗客定員 1,422人 872人 6,680人
客室 500室 436室 2,759室
就航 1982年 2006年 2018年

以上のとおり、オーシャンドリーム号は豪華客船ほど大きくないことがわかります。

こうして見ると、シンフォニー・オブ・ザ・シーズは異常ですね。異常に巨大。大きなビルが海の上を走ってる、そんなカンジ(当然、見たことがないのでイメージ)。

その他、オーシャンドリーム号の特徴としては、船の大きさのわりには乗客定員が多い。飛鳥IIと比べてみるとわかります。

加えて、オーシャンドリーム号は「古い」。築後 30年を超えている、いわば老朽船です。

そんなこともあって(NGO主催ということもありますが)、ピースボートによるオーシャンドリーム号の世界一周クルーズは「安いっ!」と評判です。

「世界一周の船旅 99万円」と言えば

ところで、街中などでこんなポスターを目にしたことはないでしょうか ↓

image1

「そういや、見たことあるなぁ」という人も多いことでしょう。これが、ピースボート主催の世界一周クルーズ。世界一周が 99万円から、というところにインパクトがありますね。

ちなみに、飛鳥IIの場合には、最低でも 300万円以上みたいで。たしかに、ピースボートは安い。

なお、さきほどのポスターは、ピースボートのボランティアスタッフによって貼られています。そして、貼った枚数によって、世界一周クルーズ料金が割り引かれるしくみとのこと。

これにより料金の全額を割り引くほどポスターを貼りまくる猛者もいるようで。場合によっては、おカネが無い若者でも、世界一周クルーズに参加できたりもするわけです。

そういうことだからかどうなのか、いろいろな「客層」が集まるピースボートの世界一周クルーズでは、船内でいろいろとあるようで(価値観やマナーの面など)。

いっぽうで、ピースボートはもともと、国際交流を目的として設立された日本のNGO(非政府組織)なのであり、高い使命感に基づいた活動を続けている団体です。

いろいろな「客層」が集まることは想定内であって、いわゆる「フツーの世界一周クルーズ」とは区別をすべき(したほうがよい)だろう。というのが、わたしの理解です。

なんて知ったふうなことを言っていますけど。わたし自身は、世界一周クルーズ自体の経験がありませんので雑感です。悪しからず。

というわけで、だいぶ前置きが長くなりましたが、このあと船内見学会のようすを見ていきましょう。

【参考】2020年春からは日本最大のクルーズ船を導入予定

ピースボートでは、2020年春にあたらしい船「エコシップ」を造船中。乗客定員 2,000人・客室 750室、総トン数でも飛鳥IIを超えて、日本最大のクルーズ船となる予定です。

炭素排出量を抑えるために液化天然ガスを主な燃料とし、船上には 10本のマスト型ソーラーパネルを配置。世界でもっとも地球にやさしい未来型客船、がコンセプトです。

 

オーシャンドリーム号の船内見学会のようす

ピースボートの世界一周クルーズ船「オーシャンドリーム号」の船内見学会について、そのようすをお話していきます。

9:30 受付

参加をしたのは、横浜・大さん橋国際客船ターミナルの見学会。

ほかにも時期によって、博多、神戸、名古屋、別府などで開催をしているようです(わたしは見学会のネット広告をたまたま見つけました)。

この日は、午前の部と午後の部、どちらも事前予約制。わが家は午前の部で、「開始時間の9時半」ちょっと過ぎに着きましたが、すでに長蛇の列 ↓

image2

本日の参加予定者は 7,000人だとか… 老若男女ではありますが、ご年配の方が多めではあります。おカネも時間も余裕あり、といったところでしょうか。

ウチのように「子連れ」もチラホラいますが、どうしても冷やかし感がぬぐえません… 

それはそれとして。

受付時には、予約後に配送される乗船券、参加費ひとり 1,000円(ネット予約だと 200円割引あり)、顔写真付きの本人確認書類(パスポート・免許証など)が必要になります。

こどもなど、顔写真付きの本人確認書類がない場合には、事前に顔写真(4.5cm × 3.5cm)を準備して持参しなければいけません。「水ぎわ」ということでなかなか厳重。

乗船

受付終了後は、おのおのタラップを渡り乗船です。

そこら中にスタッフがいますが、別になにをしてくれるわけでもありません。自由行動。

いや、べつに文句を言っているのではなく。むしろ、おのおの好きなように見学をできていいよね。ということです。

正直、「世界一周クルーズ行きましょうよ!」などと強烈に勧誘をされたらどうしよう… みたいな不安が無きにしもあらず。そういった心配は要りません。

ただし、見学会の申込をしたあとには、山のようなパンフレットやDVDが届きます^^;

で。乗船すると、まずはオーシャンドリーム号の5階「レセプション」です。ホテルで言う「フロント」ですね ↓

image3

ここから先は、受付後に渡される「船内案内図」をもとに、公開されているエリアを自由行動です。渡された案内図がこちら ↓

image4

クリックで拡大できます

7F・客室いろいろ

客室はいろいろあります。1人部屋、2人部屋、2人相部屋、4人相部屋など。

それぞれ、船の外側の客室であれば「窓」がありますが、内側の客室には「窓」がない。窓がない船旅もキツそうだけど… お値段がだいぶ変わるのでしょう。

いくつかの部屋について、写真でご紹介をしてみます ↓

1人部屋・窓あり(シングル スタンダードII)

image5

1人部屋、ベッドも大きく、部屋には小さなデスクとトイレ・シャワーブース付き(トイレ・シャワーブースはいずれの部屋にもあるようです)。

プライベート空間としては、じゅうぶんですね。これで世界一周クルーズ(約100日間)だと、だいたい 300万円強のお部屋です。

窓が無い部屋(シングル エコノミー)だと、そこから1割引きくらいのお値段になります。

2人部屋・窓あり(ペア スタンダードII)

image6

2人部屋、ベッドはツイン。上記のような窓ありだと、ひとりあたりの料金は 230万円くらい 。

窓がないタイプ(ペア エコノミー)だと、ひとりあたり 200万円くらいです。

2人相部屋・窓なし(セミシングル エコノミー)

image7

相部屋の2人タイプ、窓なしです。窓がないと暗いですし、相部屋で隣人とのあいだを仕切るのはカーテンのみ(天井にカーテンレールが写っていますね)。

トイレ・シャワーブースは部屋にありますが、それぞれひとつですから共用です。ひとりあたりの料金は 200万円強。なかなか。

4人相部屋・窓なし(フレンドリー エコノミー)

image8

相部屋の4人タイプ、窓なし。ベッドは2段ベッド。カーテンで仕切れはしますが、長い船旅、プライベート空間としてはしんどそうですね…

料金はひとりあたり 120万円〜150万円くらい。だいぶ金額が下がり、オーシャンドリーム号ではいちばんリーズナブルなタイプのお部屋です。

10F・豪華客室

オーシャンドリーム号の10階(最高階は11階)には、8室ほど、バルコニー付きの豪華なお部屋があります ↓

image9

バルコニーはこんなカンジです。とりあえず、寝っ転がって空を眺めてみましたが、さすがにクルーズ感が出ますね ↓

image10

なお、部屋にはウォークインクローゼットや、バスタブ付きの風呂があります。

もちろん、お値段は跳ね上がり、ひとりあたり 400万円くらい。いちばんお安い相部屋料金の3倍以上かぁ… とすぐに計算をしてしまいます。

船内のいろいろな施設

客室以外について、オーシャンドリーム号の船内施設を見ていきましょう。

7F・展望大浴場

露天風呂的な ↓

image11

8F・バー(カサブランカ)

オーシャンドリーム号の中にはバーが3つ。その中のひとつです。バーの側には書棚もあり、お酒を飲みながら読書なんていいですね ↓

image12

8F・ラウンジ(バイーア)

オーシャンドリーム号には、他にラウンジが3箇所。その中のひとつ(いちばん小さい?)。夜はお酒、昼はイベントスペースに ↓

image13

8F・プール&ジャグジー

これぞクルーズ船、ってカンジの。 ↓

image14

同じくらいの大きさのプールとジャグジーが1箇所ずつ、それぞれ別の場所にもあります。

8F・フリースペース

クルーズの受付・相談会をやってました ↓

image15

オーシャンドリーム号のなかにある、いくつかのフリースペースや、日中のバー・ラウンジでは、航海中に各種のイベントが開催されるとのこと。

水先案内人と呼ばれる「特別ゲスト」的な方によるイベント、乗客による自主企画など盛りだくさんなのが、ピースボートのウリでもあるようです。

毎日発行されるという「船内新聞」には、イベントがびっしりです ↓

image16

クリックで拡大できます

10F・デッキ

船の外周に沿ってデッキが続き、ウォーキングやランニングスペースとしても ↓

image17

10F・ジム

ランニングマシーンなどがありますが、利用者は少ないとのこと。多くの人は、前述のデッキのほうを使われるそうで。

image18

10F・スポーツデッキ

バスケットやサッカーなどの球技ができます。少し離れたところには、ゴルフの打ちっぱなしスペースも。

image19

11F・最上階のデッキ

最上階からの眺めはこんなカンジ ↓

image20

最上階のデッキには、ジャグジーがあり、ビーチベッドも並べられています。

 

まとめ

以上、世界一周クルーズ船「オーシャンドリーム号」乗船レポートでした。

世界一周クルーズに行く予定もないのに見学会へ。けれども、こういう世界・楽しみ方もあるのだな、ということを知ることができる良い機会でした。

わたしと同じく予定はないけど、船には興味が… というあなた。見学会を探してみてはいかがでしょうか。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!