箱根・大涌谷は早雲山駅からロープウェイがおすすめルート+蕎麦の名店・竹やぶランチ

大涌谷

スポンサードリンク

箱根・大涌谷にはどうやって行くのがいいのかな?

そうですね、行き方はいくつかありますが。「早雲山駅からロープウェイ」がおすすめです。

そんな大涌谷へのおすすめルートについて、そして、プラスアルファでおすすめランチスポットについてお話しします。

箱根・大涌谷へ行くなら「早雲山駅」を拠点にするのがおすすめな3つの理由

箱根の観光名所・大涌谷。火山活動の活性化により、立入規制されたのが2015年のこと。

2017年8月27日現在では、ハイキングコースなどの一部エリアを除き、規制は解除されています。

わが家ではこの夏休み、ザ・箱根旅行の一環として、大涌谷へと行って参りました。

ところで。そこで迷うのが、大涌谷までの「行き方」です。主に、行き方には次の3つがあります ↓

  1. クルマで大涌谷の駐車場まで行く
  2. 芦ノ湖方面(桃源台駅 or 姥子駅)からロープウェイで大涌谷まで行く
  3. 強羅方面(早雲山駅)からロープウェイで大涌谷まで行く

まずは結論として、おすすめの行き方は、③の「強羅方面(早雲山駅)からロープウェイで大涌谷まで行く」です。

その理由は次の3つ ↓

  • 早雲山駅の駐車場は無料かつ空いている
  • ロープウェイ「早雲山駅~大涌谷駅間」の眺めが絶景
  • ミシュラン一つ星獲得の名店・手打ち蕎麦「竹やぶ」でランチ

このあと、それぞれの理由についてお話をしていきます。

以下、本記事では、ロープウェイを除いてクルマでの移動を前提としておりますことをご了承ください。 

 

《理由1》早雲山駅の駐車場は無料かつ空いている

大涌谷への行き方として、「早雲山駅からロープウェイ」がおすすめルートである理由その1は、「早雲山駅の駐車場」にあります。

クルマで箱根に行くのであれば、大涌谷まで直でクルマで行く方がラクではないのか? そういう考えもあるでしょう。事実、そのとおりです。

反面、デメリットとして、

  • 大涌谷の駐車場、そこに至る道路は混雑しやすい
  • ロープウェイは楽しいのに乗れない

ゆえに、どこかにクルマを置いて、ロープウェイで行きたいじゃないの、ということになります。というか、わが家ではそうなりました。

では、どこにクルマを停めるかと考えたときに選択肢は3つになります。箱根ロープウェイの各駅(大涌谷を除く)にある駐車場の3つです ↓

  • 桃源台駅
  • 姥子駅
  • 早雲山駅

それぞれの駅の位置関係は下図のとおり ↓

箱根地図

桃源台駅は、箱根の人気エリア「芦ノ湖」湖畔にあるため、道路および駐車場の混雑が怖い・・・ ということで却下。

残るは、姥子駅か早雲山駅。どちらをとるか? この二者択一では、次にお話する《理由2》により、早雲山駅を選択することにします。

結果的に、ということにはなりますが。早雲山駅の駐車場は、大涌谷駅や桃源台駅の駐車場に比べれば空いているはずです。そこに至る道路も同じく、比較的空いているはずです。

あくまで「目安」です。季節、時間帯等により状況は異なりますことをご了承ください。

また、駐車場の利用は無料。大涌谷まで行って、楽しんで戻ってくるのに1時間半くらいかかりました。この間の駐車場が無料なのは、オトクと言えるでしょう。

朝イチがベスト

2017年8月27日現在、箱根ロープウェイの営業時間は9時スタートとされています(箱根ロープウェイ公式WEBサイト「年間営業案内」参照)。

これを見て、できるだけ「朝イチ」で行かれることをおすすめします。混雑で駐車場が満車、ロープウェイの乗車待ちを避けるためです。

わが家が訪れたのは、2017年8月21日(月)。学校は夏休み期間ですが平日。

この日、9時過ぎに早雲山駅に到着したときは、もちろん駐車場は空いていましたが。大涌谷から戻った11時前には、約110台とされる駐車場は満車。

もっとヒドいのは、ロープウェイの乗車待ちの列。早雲山駅から大涌谷駅に向かうロープウェイ乗り場はこんなカンジです ↓

早雲山駅・ロープウェイ乗り場

ディズニーランドのアトラクション待ち的なロープウェイ乗り場

朝イチはスカスカだったのにね。こうなると、ロープウェイのゴンドラ内はギュウギュウです。対するわが家は、貸し切りです ↓

箱根ロープウェイ内

左から義父、娘、息子、義母、妻

早起きは三文の徳というやつです。それにしても、天気が悪すぎだよね・・・ 雲やら霧やらで遠景がまるで見えません。

 

《理由2》ロープウェイ「早雲山駅~大涌谷駅間」の眺めが絶景

「早雲山駅からロープウェイ」がおすすめルートである理由その2は、「景色」です。

箱根ロープウェイは、どの駅から乗っても絶景ポイントはありますが。早雲山駅~大涌谷駅間はとくにおすすめ。

その絶景とは、「高さ130mから見下ろす、煙立ち昇る大涌谷」です。

早雲山駅を出てしばらくは、山肌に沿って、木々の上を穏やかに進んでいきます。その後、ある尾根を越えたところで、急に足下の視界が開け、谷が広がる ↓

大涌谷越え

写真では伝わりにくいかも、ですが。実際にはかなりのスリル感。足がすくみ、下っ腹のあたりがキュッてなります。

近くにモノがなくなりますのでゴンドラのスピードが落ちたように錯覚し、「ここで止まったらどうしよう」みたいなプチパニックも(^^;

高いところが苦手な人には酷な光景とはいえ、それはそれは見事な絶景です。

大涌谷へは便利でメジャーな芦ノ湖方面の桃源台駅から登る人が多いようですが、一度は早雲山駅からの「大涌谷越え」をおすすめします ↓

箱根ロープウェイ路線図

 

《理由3》ミシュラン一つ星獲得の名店・手打ち蕎麦「竹やぶ」でランチ

「早雲山駅からロープウェイ」がおすすめルートである理由その3は、「ランチ」です。

大涌谷駅では、名物・黒たまごをはじめ、食事処もありますが。それはそれとして、箱根のこだわりランチを食べようぜ! ということで。

早雲山駅からはクルマであればアクセスしやすい「手打ち蕎麦・竹やぶ」がおすすめです。道路が空いていれば10分くらい。

蕎麦好きであれば、「聞いたことある!」といわれるほどの名店「竹やぶ」。本店は、千葉県の柏。その箱根店が、早雲山駅からはほど近い、元箱根にあります。

ミシュラン一つ星の称号を持つ「竹やぶ」さん。蕎麦の美味しさはもちろんですが、その「店づくり」にも驚きが ↓

竹やぶ・エントランス

フランスのオートリーブという村にあるシェバルの城をモチーフにしたという古瓦を葺き、割れた皿やビー玉を埋め込んだアプローチや店の内装にいたるまで意匠のおもしろさが感じられる。

「竹やぶ」パンフレットより引用

敷地内(庭園?)のいたるところに、陶器やビー玉などを用いた装飾が無数に施され、「ここ、ホントに蕎麦屋あるの?」という一風変わったところがまたステキです。

知らずに迷い込んだ人は、ある種カオスな場の雰囲気に腰が引けることでしょう。それくらい変わってる。

けれども、お蕎麦は本格派です。うんちくを語れるほどのそば通でもなく、モノの違いがわかる男を自負することもないわたしですが。

「あぁ、これはホンモノのやつだよね」と、察することができるほどの風格を醸し出しておりました。蕎麦はかなりの細目で繊細さがにじみ出ます ↓

竹やぶ・とろろそば

とろろそば

下世話なことを言いますとね、お蕎麦の量がすごく少ないの。それで、1,300円なり。でもね、あら不思議。きちんと満足させてもらえるものなんですね。

それこそが一流の証、といったところでしょうか(← たぶん違う)。

なにはともあれ。

蕎麦はもちろん。器のひとつひとつや、テーブル・椅子、内装のすべてにこだわりが詰まった「竹やぶ」は、ぜひまた伺いたいと思えるお店でした。おすすめ。

 わが家は11:30ごろ伺いましたので空いていましたが。駐車場・店内含めて、大勢が入れるお店ではありませんので。早めの時間帯をおすすめします。
なお、時間帯などによっては「3歳未満のお子様入店お断り」とされている点にもご注意を

 

まとめ

箱根・大涌谷は早雲山駅からロープウェイがおすすめルート+蕎麦の名店・竹やぶランチ、についてお話をしてきました。

観光名所の大涌谷へ行くなら、ぜひロープウェイで大涌谷上空を行くルートをおすすめします。

そして大涌谷を楽しんだ後は、蕎麦の名店・竹やぶで舌鼓。

箱根旅行のご参考になれば幸いです。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!