ファンダフル・ディズニーはパスポートをどれだけ買えば得なのか?

ファンダフル・ディズニー

スポンサードリンク

ディズニーリゾートのオフィシャルパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」。

会員特典のひとつ、「特別割引1デーパスポート」の割引額で年会費の元を取れるかどうか、どれだけ買えば得なのか、という視点でのお話です。

その他、会員特典についてもザクっとご紹介します。

ファンダフル・ディズニーとは「公式パークファンクラブ」

ファンダフル・ディズニー入会がオトクなのか否かを検証する前に、「そもそもファンダフル・ディズニーってなに?」という話を少々。

ひとことで言うのであれば、

東京ディズニーリゾートでただ1つのオフィシャルパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」。

ファンダフル・ディズニー公式WEBサイト「ファンダフル・ディズニーとは」より引用

オフィシャルパークファンクラブ。注目すべきは「パーク」の文字で、「パーク(ディズニーランドまたはディズニーシー)に行く人のためのファンクラブ」。そう解釈しています、わたしが。勝手に。

「パークに足を運んではじめてオトク」という会員特典ばかりがいろいろ用意されているので、おそらくだいたい合っている解釈だと思います。はい。

だから、パークに行かない人は入会しない方がいい。入会しなくていい。とまでは誰も言ってくれませんので。いちおう気を付けてね、というお話です。

ちなみに、「Fun(楽しい)」と「Wonderful(素晴らしい)」の造語で「ファンダフル」。ファンダフル!

貯まる、使える、パンダフル! それは、パンダとワンダフルの造語です。楽天パンダです。ミッキーはファンダフルです。ミッキーの話をしております。

 

年会費 3,240円の元を取るのに、何度パークへ行けばお得なのか?

それでは、本題。ファンダフル・ディズニーに入会してオトクなのか否か?

何をもってオトクなのか、ということではありますが。次の前提を置いて、考えてみることにしましょう ↓

【 ファンダフル・ディズニー入会はオトクか否か検証の前提 】

  • ファンダフル・ディズニーに入会することでかかるコストは、毎年の年会費 3,240円
  • 会員特典「特別割引1デーパスポート」の割引額で、コスト 3,240円の回収をはかる

ファンダフル・ディズニーは入会金なし・年会費 3,240円

入会によってかかるコストは、毎年の年会費 3,240円です。入会金はありません。

会費の支払いは、クレジットカードまたは口座振替。口座振替の場合、初回はコンビニからの支払いとなります。

また、入会の申し込みは、インターネットまたは郵送でできます。そのあたりの詳しくはこちらから ↓

ファンダフル・ディズニー公式WEBサイト「年会費について」

会員特典「特別割引1デーパスポート」は年4回まで購入OK

ファンダフル・ディズニー会員特典のひとつに、「特別割引1デーパスポート」が買える、というものがあります。

この割引で会費の元が取れるのかを検証します。

で。その「特別割引1デーパスポート」の概要は、

【 会員特典・特別割引1デーパスポートとは 】

  • 特別価格の1デーパスポートを年間(4月1日~3月31日)4回まで購入できる
  • 購入1回につき、最大5枚まで購入できる
  • 購入方法は、オンライン購入(紙チケット配送またはeチケット)または東京ディズニーリゾート現地購入のみ
  • 同1デーパスポートは、土日祝日も特別割引での利用が可能

特別割引額の金額については、このあと「オトクか否か」の検証と併せてお話をしていきます。その前に、上記について少しだけ補足を。

購入方法については、大きく2つ。オンラインまたは現地購入。

オンラインの場合には、さらに2つに分かれて、「紙チケットの配送」または「eチケット」。個人的にはeチケットがおすすめです。紙チケットは、別途配送料もかかりますしね。

ちなみに、「紙チケットの配送」「eチケット」のどちらも日付指定での購入になります。

もうひとつの現地購入の場合は、ランドまたはシーのチケットブースでの購入です。オンライン購入とは違い「当日券」になりますので、入園制限には気を付ける必要があります。

パーク開園後に現地に到着、入園制限がかかっていると当日券が購入できません。泣きます。泣きついても入れてはもらえないけど泣けます。だから気を付けましょう。

入園制限を回避して当日券を購入するには
パークの開園時間前に現地チケットブースに並ぶことができれば、入園制限を受けることはありません。入園制限を恐れるのであれば、朝からがんばりましょう。
朝早くなんてムリという場合には、「日付指定券」を購入しておくのがベストです

特別割引1デーパスポートをどれだけ買えば年会費の元は取れるのか?

会員特典「特別割引1デーパスポート」の料金体系は次のとおりです ↓

  通常価格 特別価格 割引額
大人(18才以上) 7,400円 6,800円 600円
中人(12~17才) 6,400円 5,900円 500円
小人(4~11才) 4,800円 4,400円 400円

というわけで、年会費 3,240円の元がとれるかどうか、入会はオトクか否かは、次の算式で判断することになります ↓

割引額 × 購入枚数 > 3,240円

割引額合計が、3,240円より大きければオトク。ここまで引っ張ってきたわりには、なんてことのない結論です。

とはいえ。いちおう事例で確認しておくと。大人2人・小人2人の家族構成である場合は次のとおりです ↓

1回あたりの割引額 = 大人 600円 × 2+小人 400円 × 2=2,000円

よって、年間で2回パークに行けば、その割引額は4,000円(2,000円 × 2回)ですから、年会費の元は取れてオトクだね。ということになります。

いずれにせよ。オトクかどうかの判定は、パークに行く人数と回数しだいで計算してみてどうなるか。というのが結論です。

さらに割引額が大きいサンクス・パスポート

追加の参考情報として。さきほどの「特別割引1デーパスポート」のほかにも、「サンクス・パスポート」なるものもあります。

サンクス・パスポートは「常設」の会員特典ではなく、「期間限定モノ」です。限定モノゆえ、割引額もさらに大きく、さらにオトクとなっています。

本投稿日現在では、次のようなサンクス・パスポートが販売されています。ご参考まで ↓

【 2017年9月16日現在 サンクス・パスポート情報】

  • 実施期間・・・2017年10月2日~11月30日(平日限定)
  • 特別価格・・・大人 6,400円(1,000円オトク)、中人 5,500円(900円オトク)、小人 4,100円(700円オトク)
  • 購入方法・・・オンライン(紙チケット配送またはeチケット)のみ

 

その他の会員特典について

ここまで「特別割引1デーパスポート」に的を絞ってお話してきましたが。もちろん、ファンダフル・ディズニーの会員特典はそれだけではありません。

とにかく、たくさんあります。ありすぎてようわからん、というのが正直なところです。

いちおう、その他の会員特典についておもだったものを以下にご紹介しておきますが、ヌケモレがあったらすみません。そういうレベルです。

というわけですから。オトクかどうかは割引額の損得だけではかれるものではなく、各々の入会目的による。という当たり前のお話でもあります。

おカネには換えられない価値がある「ニューイヤーズ・イヴ パスポート」応募権

ディズニーリゾートの年越しイベント「ニューイヤーズ・イヴ」。

同イベントに参加するための限定パスポートは、入手が困難であることで有名です。毎年応募者多数により抽選、全然っ当たらない。

2017年-2018年のニューイヤーズ・イヴの応募については、ファンダフルディズニー・メンバー専用枠が付与されています。つまり、当選確率が上がるわけで。

これは魅力的です。個人的に魅力を感じておりますが、世間一般にはどうなんでしょう。そうでもない? そうですか、そうですか。では、ご参考まで。

【総まとめ】2017-2018ディズニーニューイヤーズ・イヴの抽選応募から当日の話まで

2017.09.12

バケーションパッケージ特典

「バケーションパッケージ(バケパ)」とは、ホテル宿泊とパークチケットのほかに、特別なファストパス・チケットなどがついた、ディズニーリゾート公式の特別な宿泊プランのこと。

このバケパに、さらにメンバーだけのうれしい特典が・・・ ということになっています。

たとえば、ファストパスチケットやショー鑑賞券を1枚プラスとか、初日から使えるハッピー15エントリーとか。たしかにうれしい。でもバケパってお高いよね・・・ 個人的にそう思う。それだけ。

ホテル宿泊特典

みんなのあこがれ「ディズニーホテル」の宿泊が特別料金で利用できる期間があります。

たとえば、東京ディズニーランドホテルのスタンダード・スーペリアアルコーヴルームの客室料金が20%割引とか。

このあたりの特典を利用できるのであれば、あっという間に会費の元は取れますね・・・ まぁ、でもやっぱりディズニーホテルの宿泊料もお高いよなぁ・・・ 個人的にそう思う。また、思う。

限定グッズ特典

会員だけが購入できるという「限定グッズ」がパーク内で販売されています。

本投稿日現在ですと、多機能スマホショルダーバッグ 2,600円やミニーマウスのアクションフィギュア 30,000円など。さ、さ、さ、30,000円!? すげーな、おい。

でも売れるのでしょう、きっと。It’s ディズニーマジック。

限定デザート・スペシャルメニュー特典

パーク内のレストランで限定デザートセット、ディズニーホテルのレストランで限定スペシャルメニューのお料理を楽しめます。楽しんだことはないけど。

のんびりデザート食べてるよりは、もっとアトラクションに乗りたいぜ! みたいな。

会員報特典

年に4回、会員報が届きます。ショーやアトラクションのエピソードなどが特集されていて、なかなか読みごたえがあります。

ディズニーリゾートファンとしての「うんちく」を増やしたいあなたにはおすすめの特典となっております。

スペシャルグッズ特典

毎年年末には、会員全員に非売品のスペシャルグッズが届きます。ちなみに、2016年は、オリジナルカレンダーでした。

会員報とかスペシャルグッズとか、これらを送っていただけるだけでも、年会費 3,240円はオトクかも。とも思えます。いまさらですが。

プレビュー招待特典

パーク内の新アトラクションやショーのオープン前のプレビューについて、会員を抽選で招待することもあります。

たとえば、2016年11月にオープンした「キャンプ・ウッドチャック」などもプレビュー招待がありました。かく言うわたしは招待されていませんけどね、情報としてお伝えしました。

限定プログラム特典

メンバー限定クイズラリーなど、会員だけが参加できるプログラムをときどき開催しています。

本投稿日現在では、ランドが「ヒューイ、デューイ、ルーイのいたずら大作戦」、シーが「ミッキーとミニーのすてきな休日」の2本立てクイズラリーを実施中。

ところで、ヒューイ、デューイ、ルーイはいつもいつもいたずらが過ぎると思う。むしろ、彼らにこそ、すてきな休日を過ごしてほしい。

でも「キャラぶれするからやめなさい」って、ドナルドに叱られるんだろうな。いたずらしてもしなくても叱られるのか。おー、かわいそうに。って、なんの話なんでしょうねこれ。

 

まとめ

ファンダフル・ディズニーはパスポートをどれだけ買えば得なのか? を中心に、ファンダフル・ディズニーについてお話をしてきました。

家族で年に2回くらいはパークに行くなぁ、というご家庭にはよろしいのではないかと思っております。

家族4人、だいたい年2回パークに行く、というわが家も入会しております。

そのようなことであれば、ぜひ1度、入会を検討されてみてはいかがでしょうか。詳しくは、こちらの公式WEBサイトから ↓

ファンダフル・ディズニー公式WEBサイト

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。
フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!