『マウスやめたら?』系のExcelショートカットキー10選

マウスやめたら系Excelショートカット

”う〜ん、その操作はマウスやめたほうがいいかも。”

ということで、キーボードで操作をすることにしている「Excelショートカットキー」についてお話しします。

「それ、マウスやめたら?」系のExcelショートカットキー10選

マウスはたいへん扱いやすく便利なものではあるけれど。

「その操作は、マウスよりキーボードのほうがラクで速いだろうぜぇ?」ということもあるものです。

いわゆる「ショートカットキー」を使ったほうがラクだし速い。

かつてはわたしも、マウスの「お手軽さ」にかまけて、ショートカットキーなど見向きもせずにいましたが。その「お手軽さ」は幻影です。まぼろし。

実は、マウスよりもキーボードのほうがラク(省力化)だし、速い(効率化)んです。

いつもよくやる操作こそ、その効果は積もり積もって大きなものとなるはず。

というわけで、次に挙げる10の操作、マウスでやっていませんか? やっていたら、ショートカットキーを覚えちゃいましょう ↓

マウスやめたら?系の操作
  1. 「Σ(オートSUM)」ボタンをクリック
  2. 「,(桁区切り)」ボタンをクリック
  3. 「中央揃え」ボタンをクリック
  4. 右クリックから「セルの書式設定」を開く
  5. マウスでドラッグして範囲指定
  6. すぐ上のセルをマウスでコピペ
  7. 右クリックで行・列の追加
  8. 先頭・行頭にマウスを動かして移動
  9. クリックしてシート間を移動する
  10. 「上書き保存」ボタンをクリック

それでは、このあとショートカットキーを見ていきます。

本記事では、Excel2016(Windows版)の利用を前提にしています

 

「Σ(オートSUM)」ボタンをクリック

Excelでもっとも使われる関数と言ってもよい「SUM」。いつも「Σ(オートSUM)」ボタンをクリックしていませんか?

わざわざマウスに手を伸ばさずとも、ショートカットキーで一発です ↓

Alt + Shift + 「=」

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ option + shift + 「=」
  • USキーボード ・・・ option + fn + 「=」

 

「,(桁区切り)」ボタンをクリック

数字を扱うExcelでは「,(桁区切り)」も頻出です。とはいえ、そのたびに「,(桁区切り)」ボタンをクリック。なんてやめましょう。

これまた、ショートカットキーで一発です ↓

Ctrl + Shift + 「1」

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ control + shift + 「1」
  • USキーボード ・・・ control + shift + 「1」

 

「中央揃え」ボタンをクリック

体裁を整える際に、文字を中央に寄せるため「中央揃え」ボタンをクリック。これもよくやる操作でしょう。

ここでも、ショートカットキーで一発です ↓

Alt →「H」→「A」「C」

これは、厳密には「ショートカットキー」ではなく、「アクセスキー」と呼ばれるものです。

Altキーを押して、 次に「H」キーを押すと、Excelの画面上部(リボン)には、「ホーム」タブ内のアクセスキーの「案内」が表示されます ↓

image1

知っていれば、中央揃え以外にもいろいろ使えますね。

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ option →「H」→「A」「C」
  • USキーボード ・・・ option →「H」→「A」「C」

 

右クリックから「セルの書式設定」を開く

セルの書式を変える際、マウスを右クリックして、ドロップダウンメニューから「セルの書式設定」を選んで・・・ などとやっていませんか?

そんな二度手間も、ショートカットキーなら一発です ↓

Ctrl + 「1」

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ control + 「1」
  • USキーボード ・・・ control + 「1」

 

マウスでドラッグして範囲指定

あるセルの周辺いくつかのセルを範囲指定するのに、わざわざマウスでドラッグしているのなら。

キーボードからは手を離さずに、ショートカットキーでいきましょう ↓

Shift + 方向キー

Shiftキーを押しながら、方向キーを押した分だけ範囲指定ができます。ちょっとコピペ、というときなどに便利でしょう。

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ control + 「1」
  • USキーボード ・・・ control + 「1」

 

すぐ上のセルをマウスでコピペ

すぐ真上のセルをコピペするというときに、そのセルをマウスでクリックしてコピペなんてしていませんか? それ、やめましょうか。

ショートカットキーで一発です ↓

Ctrl + 「D」

A1 セルをコピーしたいのなら、その下の A2 セルで上記のショートカットキーを使います。ちなみに、すぐ左隣のセルをコピーしたいのならこちら ↓

Ctrl + 「R」

あわせて覚えておくと重宝します。

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ control + 「D(またはR)」
  • USキーボード ・・・ control + 「D(またはR)」

 

右クリックで行・列の追加

あぁ、ちょっと1行追加! っていう操作もExcelあるあるですね。もちろん、行だけでなく、列を追加したいときもあるでしょう。

マウスで行(列)を選択して、右クリックして、ドロップダウンメニューから「挿入」ボタンを押して・・・ なんて、やめやめ。

ショートカットキー(厳密にはアクセスキー)で一発です ↓

  • セルの下に1行追加 ・・・ Alt →「I」→「R」
  • セルの左に1列追加 ・・・ Alt →「I」→「C」

上記については、行や列を選択する必要もありません。行や列を追加したいセル上で、キーボード入力すればOKです。

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ option →「I」→「R(またはC)」
  • USキーボード ・・・ option →「I」→「R(またはC)」

 

先頭・行頭にマウスを動かして移動

Excelで大きく「移動」したいときに、マウスばかりで移動をしていると消耗します。腕が疲れる、腱鞘炎になる。

先頭や行頭に移動をするときにも、ショートカットキーは役立ちます ↓

  • 先頭(A1セル)に移動 ・・・ Ctrl + Home
  • 行頭に移動 ・・・ Home

ちなみに、データが含まれているさいごのセルに移動するなら「Ctrl + End」です

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ 《先頭》ctrl + fn + ← 《行頭》fn + ←
  • USキーボード ・・・《先頭》ctrl + fn + ← 《行頭》fn + ←

 

クリックしてシート間を移動する

Excelでは、いくつかのシート間を行ったり来たり、という操作もあるでしょう。そのたびに、各シートをExcelでクリック・・・

というのもわずらわしいので、ショートカットキーでいきましょう ↓

  • 右のシートへ移動 ・・・ Ctrl + PageUp
  • 左のシートへ移動 ・・・ Ctrl + PageDown
【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ conrol + fn + ↓(または↑)
  • USキーボード ・・・ conrol + fn + ↓(または↑)

 

「上書き保存」ボタンをクリック

突然フリーズしてデータがぶっ飛んだぁ! ということがないように、こまめに上書き保存をしている人もいるでしょう。

毎度毎度、マウスに手を伸ばして「上書き保存」ボタンを押すのもメンドーです。

やっぱり、ショートカットキーでいきましょう ↓

Ctrl + 「S」

ラクチンです。なお、名前をつけて保存をしたいときには「F12」で、ウィンドウが開きます。

【参考】Macのキーボードなら(Windows版Excel利用時)

  • JISキーボード ・・・ control + 「S」
  • USキーボード ・・・ control + 「S」

 

まとめ

「マウスやめたら?」系のExcelショートカットキー10選についてお話をしてきました。

ふだん多用している操作こそ、ショートカットキーでラクして速く済ませましょう。

一回一回の差はわずかでも、積み上がれば効果は歴然。

クセになると、どんどん覚えたくなりますので、さらに効果に差が出ます。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!