やり忘れ対策は『iPhone標準リマインダー』が便利でじゅうぶん

やり忘れ対策にiPhoneのリマインダー

” あ〜、帰りにアレ買ってくるの忘れたぁ… ”

ってこと、ありますよね? そんな「やり忘れ」対策として、「iPhone標準リマインダー」が便利でじゅうぶん。というお話をしていきます。

使ってる? やり忘れ対策なら「iPhone標準リマインダー」

あ〜、帰りにアレ買ってくるの忘れたぁ。しかもきのうに引き続き… みたいなこと、ありますよね?

わたしはあります。たいそうあります(まったく自慢にはなりませんが)。

やろうと思っていたことをうっかり忘れてしまう、「やり忘れ」。

とくに、「あのとき・あの場所」でやりたかったのに… というような。ピンポイントでの「やり忘れ」の対策はないものか?

ありますよ。

iPhoneの標準アプリ「リマインダー」。わたしはコレを愛用しています。

標準アプリでありながら(あるいは標準アプリだから?)、iPhoneユーザーでも「使っている」というヒトは意外と少ないようですが。

その機能は、便利でじゅうぶんです!

ということで、iPhoneの標準アプリ「リマインダー」を使った、やり忘れ対策について。次のようなお話をしていきます ↓

  • 「日時」を指定してやり忘れない 
  • 「場所」を指定してやり忘れない
  • 家族と「共有」してやり忘れない
  • 「他アプリ連携」で、やり忘れたくないことをカンタン登録

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

「日時」を指定してやり忘れない 

”(〇月〇日の)〇時に、〇〇をやり忘れたくない! ” ってこと、ありますよね?

たとえば。2018年8月8日の12時からはじまるタイムセールで〇〇を買いたい! みたいな。

そんなときには、リマインダーアプリを使った「日時」の指定が、やり忘れの対策になります。

具体的な方法は、

  1. iPhoneで「リマインダー」アプリを起動する
  2. 「時計」のマークをタップ ↓
    image1
  3. 忘れたくないことを入力して、「i」のマークをタップ ↓
    image2
  4. アラームの日時を指定して、右上の「完了」をタップする ↓
    image3
「リスト」について

リマインダーは、「リスト(グループのようなもの)」で分けて管理をすることができます。

後述する、「家族と共有」するリマインダーと区別するために、わたしは「じぶん」という名称のリストをつくっています(上記画像を参照)。

リストが複数ある場合に、どのリストをデフォルトにするかは、iPhoneの「設定」→「リマインダー」→「デフォルトのリスト」で設定できます。

これで、ランチに夢中でうっかりタイムセールを逃した… ということもなくなるでしょう。いや、タイムセールなんて興味ないんだが。ということかもしれませんけど。

とにかく。指定した日時に、iPhoneの画面・音で通知できますので。

”(〇月〇日の)〇時に、〇〇をやり忘れたくない! ” というときには便利です。

iPhoneの画面・音の通知設定方法

  • 画面の通知設定 … iPhoneの「設定」→「通知」→「リマインダー」
  • 音の通知設定… iPhoneの「設定」→「サウンドと触覚」→「リマインダーの通知音」

 

「場所」を指定してやり忘れない

” 〇〇に着いたときに、〇〇をやり忘れたくない! ” ってこと、ありますよね?

たとえば。東戸塚駅(最寄り駅など)に着いたときに、〇〇を買って帰りたい! みたいな。

そんなときには、リマインダーアプリを使った「場所」の指定が、やり忘れの対策になります。

具体的な方法は、

  1. iPhoneで「リマインダー」アプリを起動する
  2. 「時計」のマークをタップ ↓
    image1
  3. 忘れたくないことを入力して、「i」のマークをタップ ↓
    image4
  4. 「指定日時で通知」をオフ、「指定場所で通知」をオンにして、「場所」を選択する ↓
    image5
  5. 「場所」を入力すると候補先が表示されるので、選択をする ↓
    image6
  6. 「到着時」を選択して、「<詳細」で前画面に戻り、「完了」をタップする ↓
    image7

上図のなかで、青い円の部分(半径 100m)に到着した際に、リマインダーが発動します。青い円は広げることも可能です。

これで、うっかり買い物を忘れて帰宅… ということもなくなるでしょう。

” 〇〇に着いたときに、〇〇をやり忘れたくない! ” というときには便利です。

「出発時」のリマインダー

場所の指定は「出発時」も可能です。が、たとえば「自宅を出発時」のような設定だと、自宅からだいぶ離れてから(半径 100mの外に出てから)リマインダーが発動します。

したがって、「自宅を出るときに〇〇を忘れたくない」という場合には使えません。出発時間の「日時」を指定するリマインダーがよいでしょう。念のため。

 

家族と「共有」してやり忘れない

” 家族に対して、〇〇をやり忘れてほしくない! ” ってこと、ありますよね? たとえば、妻に〇〇をやり忘れてほしくない! みたいな。

ないですか、そうですか。もしもある場合には、リマインダーの「共有」機能が便利ですよ。というおはなしです。

じぶん以外の人と、リマインダーを共有することができます。

たとえば。というか、わたしの実例ですが。妻の実家との食事会について、日程を決めてほしい(忘れてほしくない)。というリマインダーなら。

具体的な方法は、

  1. iPhoneで「リマインダー」アプリを起動する
  2. 右上の「+」マークをタップする ↓
    image8
  3. 共有したいリマインダーの「リスト名(例として「パパ・ママ」)」を入力して、好みの色を選びます。「完了」ボタンをタップする ↓
    image9
  4. 作成された「リスト」に、忘れたくないことをリマインダーとして登録(方法は、前述の「日時」「場所」指定の登録方法を参照)。登録後に「編集」ボタンをタップ ↓
    image10
  5. 「共有>」を選択する ↓
    image11
  6. 「参加者を追加…」をタップする ↓
    image12
  7. 「連絡先」が表示されるので、共有したい相手を選択する(例として、「ママ(わたしの妻)」を)。メールアドレスが表示されている箇所をタップ ↓
    image13
  8. 「参加者」に、共有したい人の名前(例として「ママ」)があることを確認。「追加」をタップする ↓
    image14
  9. 「完了」をタップ ↓
    image15
  10. リスト名の下に、共有されたことが表示されます(例としては「ママさんと共有」)↓
    image16

なお、共有しようとしている相手には、次のようなメールが届きます。「リマインダーリストへ参加」をタップすると、以降、共有ができるようになります ↓

image17

これで、妻も、忘れずに食事会の日程を検討してくれることでしょう。

リマインダーリストの共有は、” 家族に対して、〇〇をやり忘れてほしくない! ” というときに便利です。

「共有」機能を使うならiCloudの設定を

リマインダーの共有をするためには、参加者はみな、iCloudの設定が必要になります。設定方法は次のとおりです ↓

iPhoneの「設定」→「Apple ID(設定画面の一番上)」→「iCloud」→「リマインダー」をオンにする

 

「他アプリ連携」で、やり忘れたくないことをカンタン登録

さいごに、リマインダー(忘れたくないこと)を登録する際の便利機能「他のアプリとの連携」について触れておきます。

具体例として、「ある特定のメールについて返信をする」ことをリマインダー登録する方法で説明します ↓

  1. iPhoneの標準メールアプリから、「返信をする」ことを忘れたくないメールを開きます ↓
    image19
  2. ホームボタンを長押しして、Siriを起動します
  3. Siriに向かって「これを覚えておいて」と話します
  4. リマインダーが登録されたことを確認します ↓
    image20
  5. リマインダーを起動して、登録されたことを確認。メールの「アイコン」部分をタップすると、該当のメールを開くことができます ↓
    image21

上記のリマインダーについては、もちろん「日時」「場所」などの詳細を設定することも可能です。

同じように、他のいろいろなアプリについても、Siriを通じてカンタンにリマインダー登録をすることができます。たとえば、

  • 特定の着信履歴(電話)
  • 特定のSMS(ショートメッセージ)
  • 特定のWEBページ(Safari)
  • 特定の乗換案内情報(YAHOO!乗換案内アプリ) など

対応していないアプリ(Gmailアプリとか)も多いのですが。じぶんが使えるものがないか、いろいろ試してみるとよいでしょう。

 

まとめ

やり忘れ対策としての「iPhone標準リマインダー」についてお話をしてきました。

標準アプリながらも、便利でじゅうぶんな機能です。

日時や場所などで、ピンポイントに知らせてほしい! ということがあるのならば、おすすめです。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  



ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!




ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!