毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

社長は「資金繰りをさせられる」ようになったらおしまい

社長は「資金繰りをさせられる」ようになったらおしまい

資金繰りとは、おカネの「入金」と「出金」とを調整して、資金ショートを起こさないようにすることです。その資金繰りを「させられる」ようになったらおしまい、とはどういうことか? について、お話をします。

目次

資金繰りをさせられる社長の末路。

社長は、「資金繰りをさせられる」ようになったらおしまい。

これを聞いて、なにをおもうでしょうか。そもそも資金繰りとは、おカネの「入金」と「出金」とを調整して、資金ショートを起こさないようにすることです。

その資金繰りを「させられる」とは、資金繰りせざるをえない状況に追い込まれている… ということを意味しています。手元のおカネが少なく、放っておけば資金ショートを免れない、みたいな。

いっぽうで、手元のおカネが潤沢であれば、極論、資金繰りをする必要はありません。少なくとも、いまいま資金繰りせざるをえない… ということはないわけです。

では、「資金繰りをさせられる」ことがないようにするにはどうしたらよいか? 前もって、資金繰りを済ませておくことです。

いやいや、どうせ資金繰りするなら、前もってやらなくてもよくない? と、おもわれるかもしれませんが。前もって資金繰りをすることには、社長にとって多くのメリットがあります。

具体的には、こちらです↓

前もって資金繰りをすることで得られるメリット
  • 融資が受けやすくなる
  • 社長が仕事に集中できる
  • もっと融資が受けやすくなる

このあと、これらのメリットについて確認をしていきましょう。資金繰りをさせられることで、社長がいかに損をしているかがわかるはずです。

前もって資金繰りをすることで得られるメリット

融資が受けやすくなる

銀行は、「あわてて借りに来る会社」よりも「余裕をもって借りに来る会社」のほうを好みます。「あわてて借りに来る会社」は危ない雰囲気が漂っているからです。

これに対して、「余裕をもって借りに来る会社」には計画性を感じるため、安心感があります。にもかかわらず、「あわてて借りに来る会社」が多いのが現実です。

この点、前もって資金繰りをしていれば、あわてる必要はありません。前もって資金繰りとは、端的に言えば、資金繰り予定表を作成して、向こう1年ていどの資金繰りを予測することです。

そのうえで、資金繰りに不安があれば、余裕をもって融資の申込みをすることができます。その申込みが早ければ早いほど、手元のおカネ(預金残高)は多くなるはずです。

銀行は、おカネのない会社を嫌います。言うまでもなく、返済に不安を感じるからです。だとすれば、おカネがあるうちに、融資の申込みをするほうがよいとわかるでしょう。

したがって、前もって資金繰りができると、銀行に計画性をアピールできる。おカネもあるので、より安心感を与えることができる。結果、融資が受けやすくなる。というのは、メリットです。

あわてて借りに来る会社は、みずから融資を受けにくくしているのであり、あわてて借りる(=資金繰りをさせられる)のは、「愚策」であることを理解しておきましょう。

社長が仕事に集中できる

社長の仕事とは、ひとことで言えば「経営」です。「資金繰りをさせられる」というときの資金繰りは、社長の仕事ではありません。その資金繰りは、しなくてもよいことだからです。

さきほど、「あわてて借りに来る会社」のハナシをしました。そういう会社は、融資の申込みで苦労します。銀行には警戒されるので、提出資料が増えたり、聞かれることが多くなるものです。

すると、社長はその対応に、時間と手間がかかります。もちろん、ストレスがともないもするでしょう。融資を受けられなかったらどうしよう… 気が気でなりません。

こんな状況では、社長が「経営」に集中できないことはわかるはずです。では、社長が経営に集中できないとどうなるか? 当然、会社・事業はよくなりません。すると、ますますおカネが減っていくことになります。

融資は受けられない、でも、おカネが減っていく… というのでは、会社がつぶれてしまいます。社長が「資金繰りをさせられる」ようになったら、ほんとうにおしまいなのです。

社長の仕事とは、「経営」だと言いました。もう少し補足をするなら、経営とは「会社のあすを考えて、あすのためにきょう手を打つこと」です。つまり、将来のために手を打つのが社長の仕事。

いっぽうで、「資金繰りをさせられる」のは、将来のために手を打っているわけではありません。「過去の後始末」をしているに過ぎない、と言ってよいでしょう。

前もって資金繰りをしていれば、前もって融資を受けておくことができていれば、しなくてもよかった後始末です。社長は、経営に集中できるように、前もって資金繰りをしておきましょう。

もっと融資が受けやすくなる

前もって資金繰りをすることにより、社長が経営に集中できると、その会社・事業は良くなります。良くなるとは、利益が増える・おカネが増えるということです。

すると、銀行からの評価が上がるため、もっと融資が受けやすくなります。まさに、好循環です。

なお、利益が増えておカネが増えると、社長には「ゆとり」が生まれます。落ち着いて、冷静に、経営に集中できる、ということです。これは、おもいのほか重要なポイントになります。

では逆に、社長にゆとりがない場合はどうでしょう? あわてて借りに来る会社の社長には、ゆとりがないものです。

目の前の資金繰りでアタマのなかがいっぱい… このような状況で、ヒトは冷静な判断ができないことがわかっています。「おカネがない(不安・心配)」という感覚の状況下では、IQが数十パーセント落ちるのだそうです。

ギャンブルで負けが続くと、それを取り返すために「ふつうではしないような大勝負」に打って出る… などは、冷静な判断ができていない一例だと言えるでしょう。

ではもし、社長が「おカネがない」という感覚であったらどうなるか? 大事な大事な「経営判断」をするときに、大勝負に打って出るようでは困りますよね。

ですから、社長は前もって資金繰りをすることで、おカネの不安・心配をできるだけ減らしておくようにしましょう。結果として、良い経営判断につながり、会社・事業の成長につながります。

すると、もっと融資が受けやすくなる。という、好循環に持ち込めるのはメリットです。

まとめ

前もって資金繰りをすることで得られるメリットについて3つ、お話をしました。

いっぽうで、資金繰りを「させられる」ようであれば、それらのメリットを得ることはできません。結果として、資金ショートを起こしやすくなるのは大きな問題です。

同じ資金繰りをするのであれば、させられるのではなく、前もってできるようにしましょう。

前もって資金繰りをすることで得られるメリット
  • 融資が受けやすくなる
  • 社長が仕事に集中できる
  • もっと融資が受けやすくなる
社長は「資金繰りをさせられる」ようになったらおしまい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次