そうだ!経理はアイツに任せよう~トクする経理のはじめ方 #2

任せるアイツ

スポンサードリンク

自分で経理をするなんてできるワケがない?
そんなことはありません。
従来の考え方や手段、方法にこだわりさえしなければ、
必ずできます。

経理を自分でやってみよう、という方へ

「経理を自分でやってみたいけれど、どうすればよいかわからない」
今回は、そんな方へのお話です。

前回は、「経理でトクをする」ことについてお話をしました。

明日を変えたければ税理士任せはもうやめよう~トクする経理のはじめ方 #1

2016.05.10

「経理ができる」とはどういう姿?

前回、「トクする経理」の公式を提示しました。再掲します。

– トクする経理の公式 –
経理ができる×経理がわかる=明日がかわる

経理で「明日がかわる」ほどのトクをするための公式です。
これによれば「明日がかわる」には、
「経理ができる」必要があるということでしたね。

では、ここで言う「経理ができる」とはそもそもどういうことか。
そこからお話をはじめてみます。

「経理ができる」とは?

結論
1.損益が計算できる
2.財産が計算できる

「損益」と「財産」という言葉を使いましたが、
厳密さは少々犠牲にして、もうすこしやさしい言葉に置き換えると、

損益 → 「もうけ」がどれだけあるか
財産 → 「おかね」がどれだけあるか

つまり、「経理ができる」とは、
「もうけ」と「おかね」がどれだけあるか計算できること。

これは、決算書に記載されていることでもあります。
いまさら・・・という感じです。

トクする経理版の「経理ができる」とは?

この話には続きがあります。
「もうけ」と「おかね」がどれだけあるか計算できる、というのは一般論。

トクする経理に持ち込むためには、これに「進化」が求められます。
進化のポイントは、

1.自分で
2.よりラクに
3.より速く
4.より正しく

ただ「計算できる」ということだけでは、従来の経理の域を脱することができません。

従来の経理とは、

イヤイヤながらもしかたなく・・・
時間やコストがかかるだけ・・・

というネガティブ・イメージの世界です。
これを脱するために「4つの進化」が必要なのです。

自分で、よりラクに、より速く、より正しく

4つの進化について補足します。

「自分で」という点については、「税理士を待っているのでは遅すぎる」ということを前回お話しました。
そのお話を超要約をすると、税理士を待って受け取れる情報は、「興味を失うほど古い」「興味を持てないカタチ」だということです。

明日を変えたければ税理士任せはもうやめよう~トクする経理のはじめ方 #1

2016.05.10

ではまず、「興味を失うほど古い」を解決するにはどうするか。
これは「自分で」「より速く」やればよいことです。
「興味を持てないカタチ」については、「自分で」好きなカタチでみれるようにすればよいことです。

そんなこと言うけど、
・自分で速くってできるの?
・好きなカタチでなんて見れるの?
と思われるでしょうが、そこはのちほどお答えします。しかも「ラクに」という点もあわせて。

いずれにしても、「自分で」というポイントはとても重要です。
「自分でやってみよう」という意思がなければはじまりません。

最後に残した「より正しく」ですが、自分(会社)にとって、できるレベルまでの正確さという意味です。
レベルはどんどん高めていけばよいことですが、必要以上に神経質になることはないでしょう。

税理士が税務申告をするレベルまで「正しく」ある必要はないからです。
経理を自分でやる方の中には、税務申告までやる方もいます。
それはそれでよいことですが、はじめからそこまで考えることはありません。
専門性の高い税務申告こそ税理士に任せるとして、その前段までの「より正しい」経理は「自分で」と考えるのがよいでしょう。

ということで長くなりましたが、「トクする経理版 経理ができる」とは?

自分で、よりラクに、より速く、より正しく、
「もうけ」と「おかね」がどれだけあるか計算できる

経理はITに任せる

自分で経理をやるメリットはわかった、目指す経理の姿もわかった。
でも実際どうすればいいの?というのが現実的なところ。

結論。ITをもっと活用します。
今回「そうだ!経理はアイツに任せよう」とタイトルを振りましたが、
アイツの正体とはITです。

「な~んだ、ありきたりな」なんて思われた方には確認です。
ほんとうにITを活用できていますか?
もしも「会計ソフトに入力してます」レベルの話であれば、残念ながら活用できているとは言い難いものがあります。

今、経理におけるIT活用の主流は「自動化」です。
従来の「入力をする」という作業自体が自動化とは対極にあります。
自動化の例として。たとえば、銀行預金やクレジットカードの取引データを自動取得、
AI(人工知能)により経理処理までを提案してくれるクラウド会計。
これによれば手入力は激減し、経理のスピード化と正確化をはかれます。

また、クラウド会計の特徴として「環境を限定しない」ことも挙げられます。
PCはもちろん、スマホ、タブレットもOK。
それらとインターネット環境があれば、「いますぐ」「どこにいても」作業をすることができます。
「会計ソフトがインストールされた特定のPC」でなくてもよいのです。
経理の結果を確認するにも、自分で操作ができるので、帳票・グラフなど「ほしいモノを」「ほしいカタチで」見ることができます。
いまこの瞬間の各銀行の残高が知りたい、あの得意先からの入金はあったかな?
という経営者のよくある要望もリアルタイムにかないます。

お話したのはIT活用のほんの一例。
ITには、「自分で、よりラクに、より速く、より正しく」経理ができるようにする力があります。

話に水を差すようですが、ITはただ採用すればよいわけではありません。
たとえば、現金支払が多い場合。
現金取引には取り込むことができるデータはないので「手入力」が必要になります。
この場合、可能であれば銀行振込やクレジットカードの利用に切り替える、といったことも考えなければいけないでしょう。
ITを最大限活用するためには「手段や方法」にも見直しも必要なのです。

まとめ

従来の考え方や手段、方法をほんとうに見直すことができれば、自分で経理をする道はあります。
もちろんITがすべての答えではありませんが、メリットの大きさから、活用を考えるべき手段のひとつではあります。

「ITはよくわらない、危険」と食わず嫌いをせず、いちどは検討してみることを強くおすすめします。

次回は、明日がかわるトクする経理、もう一つの要素、「経理がわかる」についてお話します。
↓↓ つづく ↓↓

その経理、ほんとうにわかってるの?~トクする経理のはじめ方 #3 【完】

2016.05.13
本投稿のいかなる記載も、他の税理士を誹謗中傷する意図はありません

************
  きょうの執筆後記
************

先日クラウドサービスのセミナーに参加しました。
経理はクラウドサービスの一端でしかなく、サービスの広がりと速さには驚きます。
驚いてばかりもいられません・・・その理解と実践につとめます!

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!