おカネを借りるその前に。銀行、政府系、ノンバンク、ヤミ金の違いとは?

借り先の違い

スポンサードリンク

政府系金融機関ってなに?ノンバンクとヤミ金ってどこが違うの?

事業でおカネを借りるにあたり、知っておきたい「借り先」のこと。お話しします。

借り先の4分類

「おカネを借りる」ときの相手になりうる、4つの「借り先」についてお話しします。

  • 政府系金融機関
  • 銀行
  • ノンバンク
  • ヤミ金

 

中小企業の頼みのツナ『政府系金融機関』

文字通り、「政府の出資」による金融機関を「政府系金融機関」と呼んでいます。

なじみのあるところでは、

  • 日本政策金融公庫(日本公庫)
  • 商工組合中央金庫(商工中金)など

が政府系金融機関にあたります。そんな政府系金融機関の特徴は、

  • 長期的視野で
  • 比較的リスクの高いところにも
  • 低い利率で

融資ができること。民間の銀行には「ちょっとムズカシイなぁ」というところをカバーする役割を担っています。

したがって、資金力や信用力が十分でない中小零細企業の強い味方。それが、政府系金融機関です。

特に創業時・開業時は、まずは「日本公庫の創業融資制度」を積極的に活用することをおすすめします。

日本公庫と商工中金の違い

  • 日本公庫に預金機能はない、商工中金には預金機能がある
  • 日本公庫の融資対象は中小企業のみ、商工中金は大きな企業でも融資可能
  • 商工中金の融資対象者は、商工中金株主団体とその構成員が前提 

 

身近なパートナー『銀行』

政府系金融機関が「政府」の出資であったのに対し。銀行は、「民間」の出資による金融機関です。

民間から預金を集めて融資をする、融資先の企業などから利息を受け取り利益を稼ぐ。それが「銀行」です。

いわゆる「銀行」は、さらに次のように分類されます。

  • 都市銀行(都銀)
  • 地方銀行(地銀)
  • 信用金庫(信金)
  • 信用組合(信組)

中小零細企業にとっての融資という視点で考えると。地域密着経営の信金・信組がおすすめです。次いで、地銀。

そんなおすすめの「信金・信組」ですが、直接おカネを貸してくれる(いわゆる「プロパー融資」)までには時間がかかります。

まずは、「信用保証協会」という公的機関の信用保証付きでの融資から。万一返済不可となった場合に保証協会が肩代わりを担う、というのが信用保証です。

これにより、信金・信組など民間金融機関は、より積極的な融資ができる。というしくみです。

中小零細企業の融資ははじめは信用保証付きで。業歴を重ねて、徐々にプロパー融資も併せて…というのがセオリーです。

いっぽう、中小零細企業が都市銀行に融資を期待することはできません。都市銀行が融資をする相手は大きな企業だ、ということは覚えておきましょう。

無担保保証 1億円のワク

事業で融資を受けるにあたっての関心事「無担保」について。日本公庫では2,000万円、保証協会 では8,000万円の枠があります。
中小零細企業の融資では、まずこの無担保保証枠1億円を活用しましょう

 

やめておきたい「ノンバンク」

集めた預金からおカネを貸すのが「銀行」。その銀行からおカネを借りて、それを個人や企業に貸すのが「ノンバンク」です。

  • 消費者金融
  • 事業者金融
  • 信販会社
  • カード会社 など

これらノンバンクには、融資の審査が「ユルい」という特徴があります。

政府系金融機関・銀行で融資を断られても借りられる。ということで、当然ながらその利息は高く設定されています。

幅はありますが高い場合の年利は20%にまで及び、借りるのにも勇気が必要です。

また、必要なのは勇気だけではありません。「信用にキズがつく」覚悟も必要です。

政府系金融機関や銀行は、ノンバンクから融資を受けている企業を嫌います。結果、融資は受けづらくなってしまうことを覚悟しなければいけません。

手を出すのはやめておきたい。むしろやめるべき、というのがノンバンクです。

 

借りちゃいけない「ヤミ金」

法律を守らずにおカネを貸す人たちを総称して「ヤミ金」と言います。

ノンバンクである消費者金融などと混同されることが多い「ヤミ金」ですが。その違いは、「法律を守っているかどうか」です。

たとえば「利息制限法」という法律では、おカネを貸す際の上限金利が決められています。

俗にいう「トイチ(10日で1割の利息)」などの金利は、法律の上限金利を超えるものであり「ヤミ金」に分類されます。

ほかにも「貸金業法」という法律により、借りる人の身の丈を超えるような金額のおカネを貸してはいけないことになっています。

だから、おカネが無いからといって、どんどん貸すのもいけないわけです。

もはや言うまでもないことですが、法外な金利で身の丈を超えるような借入はダメですよ。

 

まとめ

「おカネを借りる」ときの相手になりうる、4つの「借り先」についてお話ししました。

おカネをどうやって借りるか、の前に。どこから借りたら良いのかな、を確認しておきましょう。

中小零細企業のおすすめは、なんと言っても次の2つです。

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会の保証付きで信用金庫・信用組合

 

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!