家族のキズナで挑む!横濱ノースドック・さくらラン 親子マラソン2km【RUNレースレポート#03】

横濱ノースドックマラソン

スポンサードリンク

2017年4月8日(土)横濱ノースドック・さくらラン 親子マラソン2kmの参戦レポートです。

「米軍基地内でマラソン大会」というノースドックの魅力

2017年4月からはじめたランニングも、早いもので1年になりました。

以来、2度のレース(マラソン大会)に参加。距離はいずれも10km ↓

今年中にはハーフマラソンを、と目論んでおります。

そんな中で迎えた第3戦は、親子マラソン。距離は2kmです。って、ハーフマラソンはどこへ?というツッコミはさておき。

日頃走る習慣もなく、どうにもノらない家族でしたが。なかば無理矢理、家族全員(妻・娘・息子)マラソンの世界へと引きずり込みました(笑)

「まぁまぁ、2kmくらいならなんとかなるでしょ」ということです。走ってみたら意外とけっこう楽しいもんですよ、ほんとに。

ところがどっこい。距離の問題ではなく、想定外の現実が待っておりましたとさ。というのが、今回の参戦レポートの内容です。

レースの概要

参加したレースについて、カンタンな概要を。

レース名称 横濱ノースドック さくらラン
開催日 2017年4月8日(土)
開催地 神奈川県横浜市

「横濱ノースドック」とは、横浜港に面する在日アメリカ陸軍・海軍の港湾施設です。U.S. ARMYです。

敷地面積は、549,927平方メートル。東京ドームに換算すると、その広さは実に約12個分。

東京ドーム12個分の実感はいまいちピンときませんが、みんながよくそういう言い方をするのでマネしてみました。12個分なんだからたぶん広い、そう思ってください。

話を戻します。要は、レース会場が米軍基地内。普段はなかなか入ることができない場所でのレース、という魅力もあります。

種目は次のとおり。距離は10kmまでと物足りなさもありますが、定員はそれぞれけっこう多め。

とくに制限時間の表記もなく、マラソン初心者にもエントリーしやすいレースと言えるでしょう。

種目 定員 参加費
10km 500人 4,000円
5km 500人 3,000円
2kmラン&ウォーク 200人 2,500円
親子マラソン2km 50組 2,500円

今回、わが家がエントリーしたのは「親子マラソン2km」の部です。

 

AM 6:50 自宅を出発(レース開始 2時間30分前)

受付開始は7:30とけっこう早く。レース開始は9:20なので、8時前後の到着を狙って出発です。

家族4人、自宅マンションのエントランスから元気に・・・

という出鼻をくじく「雨」が降っております。予報通りの雨。いまさら驚くことはありません。

誰だ~、雨男は?あぁ、ボクか。プロフィールにも書いてありました。とにかく出発です。

 

AM 7:40 JR・東神奈川駅 到着(レース開始 1時間40分前)

会場の「横濱ノースドック」の最寄り駅は、JR・東神奈川駅もしくは京浜急行線・仲木戸駅となります。

いずれもそこから徒歩15分。雨は降ってるしさ、これがけっこう遠いんだな。海に向かってひたすら歩きます ↓

地図1

しかしまぁ、雨は止むのかね。一応、だんだんと止む予報だったはずだけど・・・

いまはといえば、こんなカンジ ↓

写真1

うん、降ってる。すごい降ってる、メッチャ降ってる。

やっぱり「持ってる」オトコは違うよねぇ。雨男の称号はダテじゃぁない。ということを確認しながら歩いていると、ノースドックに到着です。

 

AM 8:00 横濱ノースドック 到着(レース開始 1時間20分前)

予定通りの8:00ちょうどに、レース会場である横濱ノースドックの入口に到着です ↓

写真2

現地の少し前当たりから「関係者以外立ち入り禁止」などの表記が目立つようになり、さすがに軍施設としての緊張感がある場所です 。

というわけで。ノースドック入口では、セキュリティチェックがあります。身分証明書の提示に加えて、手荷物検査、金属探知機によるボディチェック。

制服に身を包まれた米軍の方、つまり外国の方にチェックをされるので、なんか余計に緊張します。

そんな風景を、呑気にiPhoneでパシャパシャやっていたら注意されました。撮っちゃダメよ、と英語で。

ネイティブの英会話なんてさっぱりですが、「なんかヤバそうだ」という雰囲気だけで察知したワタシ。撮影には気をつけましょう(普通はしないのか?)。

写真撮影について、あとで大会スタッフの方にお聞きしたところ、

  • 基本的に施設内は撮影NG
  • 施設関係者に撮影が見つかると注意される、あるいは映像の削除を命じられる

なのだそうです。とはいえ、その趣旨は「軍の機密事項の漏洩防止」にあるとのことで。

記念撮影などとして、「人を中心」に撮影している分にはとがめられることは少ないようです(ケースバイケースですのでご注意を)。

そのような事情により、このあとの写真の掲出は最低限に制限させていただきます。

 

AM 8:25 受付・レース待機場所(レース開始 55分前)

まさか雨空の下、レース開始まで屋外で待たされるのではという不安はハズれ。さすがに、屋内が準備されています。

準備された場所までは、ノースドックの入口からけっこう歩きます。さすがは東京ドーム約12個分の敷地です。

大きな倉庫のような場所に、受付と更衣室、荷物置き場が設置されています。冷暖房は無さそうですので、暑さ寒さがあるとキビシイでしょう。

皆が濡れた靴で出入りしている屋内。屋内ではありますが、床はドロドロのズルズルなのであります。

物を置くと、すぐに濡れるし汚れます。周囲を見渡せば、経験豊かな方や想像力が豊かな方は「敷物」というベンリなツールを持参している。

あいにくそういうものを持たずに来た我が家のような場合には、荷物をもったまま立ち尽くすことになりますので注意が必要です。

ちなみに荷物置き場は、ほんとうに「置き場」です。「預り所」ではありません。

誰もが自由に出入りできて、自由に荷物を触れます。そういうシステムの大会です。そこのところ、よろしくです。

そうこうしているうちに、開会式の時間となり。止まない雨のもと、傘をさして会場に向かいます。なんだろうね、このカンジ。

 

AM 8:45 開会式(レース開始 25分前)

律儀な我が家は、開会式の時間に会場へ。ところが、居ないんだな人が ↓

写真3

ウソだろ、誰かウソだと言ってくれ!というくらい淋しい開会式が始まります。だいいちね、みんな傘さしてるよ・・・

プロのアナウンサーによる巧みな司会も、雨中ではなぜか空しく響くのみ。

気が付けば準備運動と称したダンスタイムへ突入。陽気なダンサーが登場し、軽快な音楽に合わせて、かなりハードなダンスを要求されます。

あぁ、これが晴天であればなぁ。せめて雨が止んでいればなぁ。ふと思い出した大会公式ページの画像が疎ましくさえ感じます ↓

写真4

横濱ノースドック さくらラン 公式ページ(https://dacnorthdockrun.wixsite.com/northdock/sakurarun)より引用

 

AM 9:20 レーススタート

雨に降られ、風に吹かれ。すっかり冷えてきたカラダとはお構いなしに、レーススタートは近づきます。

開会式も終了し、レーススタートまであと5分。さぁ、我が家族よ!心をひとつに、絆を結べ ↓

写真5

イイ写真だわぁ。完全に本記事執筆を意識した、完全なるブログ用写真ですから当然か。

雨傘をコースわきの芝生に置き。いよいよスタートラインに並びます。

わたしと小学校3年生の息子という男子ペア。そして、妻と小学校6年生の娘という女子ペア。この2ペアでレースに臨みます。

ところが、この組み合わせの是非をめぐり。スタート後にちょっとした「いざこざ」が発生することに。

なんにせよ 。風雨の中、待ちに待った火ぶたはようやく切って落とされました。

 

AM 9:22 息子の失速(レース開始後 わずか2分)

スタートしてみれば、意外と雨も気になりません。すぐにレースに集中しました。

そう集中させられるくらい、思いのほか参加者みなさんのスタートダッシュは良かった。

距離も2kmですからね、ちょっと走っている方なら十分に飛ばせる距離でしょう。

そして問題は。問題児なのは。

普段から走りこんでいるわけでもないのに、周囲に引きずられるかのごとくスタートダッシュをかました息子です。

案の定、2分後には失速。そりゃあ、全力疾走すればね。当然です。OK、まったくもって想定内。

男とはそういう生き物です。ムリだとわかっていても立ち向かうのが男です。男とは皆どこかバカ正直なのですが、その心意気や良し。

「ゆっくりでもいいから、歩くな!」というパパの叱咤のなか、息子はゴールまでの残りの10分を苦しむことになります。

 

AM 9:23 コース紹介・コース風景(レース開始後 3分)

レースの途中ではありますが。コースの紹介と、コースの風景を少々。

コースは種目ごとに異なり、親子マラソン2kmはこのようになっています ↓

地図2

コースの途中は海に面し、これぞザ・横浜という「みなとみらい地区」を一望できるロケーションにあります。

本日はというと。低い雲に覆われ、霞がかった空気の先に、薄ぼんやりと「何か」が見えるのみ。こんなもんでしょ、雨ですから。

再三にわたり、恨みがましいようですが。晴れていればさぞかし気持ちよかったのでしょうね、というレース途中の風景はこちら ↓

写真6

 

AM 9:30 母の意地 vs 娘の成長 (レース開始後 10分)

息子がヘロヘロになり、小さな女の子に横を抜かれるという屈辱を味わっていたころ。

我が家の女子ペアでは、「格差」が生じていました。

娘が妻を待ちきれず、かなり前方を疾走するという光景が。後方を走るわたしの眼からも、その様子は確認できました。

どうやら娘の成長が、母の意地を上回っていたようです(この表現、きょうの妻のブログ検閲を通るかなぁ・・・?)

「ペアで手をつないでゴール」が大会ルールですので、この場合の娘はどこかで待ちぼうけを食うことになります。

結果として、ペアの組み合わせが間違っていたのではないか?だから言ったではないか。という妻の抗議に発展します。

わたし・娘ペアと、妻・息子ペアが最適であったとの抗議です。

けれどもそれは、レース後のことであり。時すでに遅し、とはまさにこのこと。次回からは気をつけます、はい。

 

AM 9:33 両ペアともにフィニッシュ (レース開始後 13分)

2kmなどというのは、あっという間でもあります。

開始から13分後には、両ペアともゴール。結果は、

  • パパ・息子ペア・・・12分18秒(中学年部門 27位/34位)
  • ママ・娘ペア ・・・11分38秒(高学年部門 12位/14位)

距離は短いとはいえ、1キロあたり6分前後。ぜんぜん悪くないんじゃない?と思います。

むしろ周りがスゴかった、そんな気がしています。わたし以外は、レース初参戦でもありますし。

よかったんじゃないでしょうか、うん。

写真7

 

まとめ

参加者が多様で、人数も比較的多く。制限もユルい。コースも平坦なうえに広くて走りやすい。

施設内ではこの季節、見ごろの桜も愛でることができ。晴れていれば(しつこい)2倍楽しめたであろうオススメの大会です。

参加費もリーズナブルだと感じます。参加賞のタオル(ペア1組につき1枚)もけっこうカッコいいです ↓

写真8

マラソン体験未経験の家族が、「皆で走る」という新鮮な体験を味わうのも良いでしょう。

横濱ノースドックマラソンは毎年、春と秋に開催しているようですので、ご興味のある方はぜひ!

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!