決算書の良し悪しは表裏一体!悪い面を見る銀行には良い面をアピールする

決算書の良し悪しは表裏一体!悪い面を見る銀行には良い面をアピールする

スポンサードリンク




売上高が増えて良かった! と、会社が考えていても。銀行は必ずしも良かったとは考えていないものです。

決算書の良し悪しは表裏一体。悪い面を見る銀行には、良い面をアピールするようにしましょう、というお話です。

良い面と悪い面とは表裏一体

融資を受けようとする、あるいは受けている会社が、銀行から提示を求められる決算書。

その内容が良ければ融資は受けやすくなり、悪ければ融資は受けにくくなります。

この点で。会社は「良い」と考えているのにもかかわらず、銀行は「悪い」と考えている、ということもあるものです。

たとえば、前回の決算書よりも「売上高が増えた」として。

会社は「売上高が増えて良かった」と考えています。ところが銀行は「必ずしも良かったとは言えない」と考えている、かもしれません。

いっぽうで、前回の決算書よりも「売上高が減った」として。

会社は「売上高が増えて悪かった」と考えています。ところが銀行は「必ずしも悪かったとは言えない」と考えている、かもしれません。

つまり。売上高の増減には、それぞれ良い面と悪い面とがある。そして、会社の見方と、銀行の見方とは異なるかもしれない、ということです。

これは、売上高の増減に限らず、決算書に掲載される他の項目についても当てはまります。

したがって、会社は「良い面」をアピールすることが大切です。銀行が「悪い面」を見ているのであれば、「良い面」をアピールできないか検討しましょう。

というわけで。決算書に掲載される項目の「増減」に対して、それぞれどのような「良い面」と「悪い面」とが考えられるか、をこのあとお話していきます。

決算書の良し悪しは表裏一体であること、良い面と悪い面の2つの見方があることを押さえておきましょう。

スポンサードサーチ

貸借対照表の増減とその良し悪し

決算書のうち、「貸借対照表」に掲載されるおもな項目の増減と、その良し悪しについてまとめます。

売掛金、受取手形

増加の良い面

売上が増加したことをイメージさせる。

増加の悪い面

回収条件の悪化や未回収(不良債権)、架空売上(粉飾)をイメージさせる。

→ 売掛金、受取手形の内訳を明示するのがよい

減少の良い面

回収条件の改善や未回収(不良債権)の解消をイメージさせる。

減少の悪い面

売上が減少したことをイメージさせる。

→ 今後の受注見通しを明示するのがよい

たな卸資産(在庫)

増加の良い面

売上増加にともなう在庫確保、売上増加に向けた品ぞろえ強化をイメージさせる。

増加の悪い面

不良在庫、架空在庫(粉飾)をイメージさせる。

→ 在庫の内訳・入出庫の動きを明示する、倉庫・現物を見てもらうのがよい

減少の良い面

不良在庫、架空在庫(粉飾)の解消をイメージさせる。

減少の悪い面

売上減少にともなう在庫処分、品ぞろえの弱さをイメージさせる。

→ 今後の受注見通し、品ぞろえに対する考え方を明示するのがよい

固定資産(土地、建物、機械、什器)

増加の良い面

売上増加・事業拡大にともなう投資をイメージさせる。

増加の悪い面

過剰設備・過剰投資の可能性をイメージさせる。

→ 必要な設備・必要な投資であること(設備のスペック、投資の効果など)を説明するのがよい

減少の良い面

過剰設備の処分、売却による現金預金増加をイメージさせる。

減少の悪い面

売上減少・事業縮小にともなう処分、資金繰りに窮していることによる売却をイメージさせる。

→ 処分・売却の理由を明示するのがよい

買掛金・支払手形

増加の良い面

売上増加による仕入増加、支払条件の改善をイメージさせる。

増加の悪い面

原価率の悪化(仕入値高騰)、資金繰りの悪化による支払遅延をイメージさせる。

→ 仕入値の推移、資金繰り表を提示するのがよい

減少の良い面

原価率の改善(値引)に向けた支払早期化、資金繰りの改善をイメージさせる。

減少の悪い面

売上減少による仕入減少、支払条件の悪化をイメージさせる。

→ 今後の受注見通し、支払条件の状況を明示するのがよい

借入金

増加の良い面

売上増加による増加運転資金の借入、事業拡大にともなう設備資金の借入をイメージさせる。

増加の悪い面

資金不足、赤字補てんのための借入増加をイメージさせる。

→ 資金繰り表、経営計画書を提示するのがよい

減少の良い面

順調に返済が進んでいる、事業好調にともなう借入削減をイメージさせる。

減少の悪い面

業績悪化などにともなう銀行からの借入困難をイメージさせる。

→ 資金繰り表や経営計画書を提示して、業績悪化の問題はないこと。銀行借入金一覧表を提示して、各銀行との取引状況を説明するのがよい

スポンサードサーチ

損益計算書の増減とその良し悪し

決算書のうち、「損益計算書」に掲載されるおもな項目の増減と、その良し悪しについてまとめます。

売上高

増加の良い面

業績好調、値上げの実行をイメージさせる。

増加の悪い面

値下げによるムリな販売、押し込み販売、架空売上などをイメージさせる。

→ 売上計画、原価率の推移を提示するのがよい

減少の良い面

利益率向上への取り組み、不採算部門の整理をイメージさせる。

減少の悪い面

業績悪化、値下げをイメージさせる。

→ 今後の受注見通し、原価率の推移を提示するのがよい

売上原価・製造原価

増加の良い面

売上好調による仕入増加をイメージさせる。

増加の悪い面

仕入値高騰、生産効率の悪化(製造にともなう人件費の増加など)をイメージさせる。

→ 仕入先と仕入値の推移、原価率の推移を提示しながら、現状と今後の対応を説明するのがよい

減少の良い面

仕入値の引き下げ、生産効率の改善をイメージさせる。

減少の悪い面

売上不振による仕入減少をイメージさせる。

→ 今後の受注見通しを提示するのがよい

販売費及び一般管理費

増加の良い面

売上好調による経費増加、業績好調にともなう投資活動(人材採用、商品開発、設備更新など)をイメージさせる。

増加の悪い面

ムダ使い、コスト管理の不足、利益減少(行き過ぎた節税)をイメージさせる。

→ 経営計画書を提示するのがよい

減少の良い面

コスト削減の実行をイメージさせる。

減少の悪い面

売上不振、利益減少による経費削減をイメージさせる。

→ 今後の受注見通し、経営計画書を提示するのがよい

営業外収益

増加の良い面

保有株式などの運用好調をイメージさせる。

増加の悪い面

過大な運用をイメージさせる。

→ 運用の明細を提示しながら、運用の必要性・妥当性を説明するのがよい

減少の良い面

過大な運用の整理をイメージさせる。

減少の悪い面

保有株式などの運用悪化をイメージさせる。

→ 運用の明細を提示しながら、運用の必要性・妥当性を説明するのがよい

営業外費用

増加の良い面

売上好調による増加運転資金の借入利息、事業拡大にともなう設備資金の借入利息をイメージさせる。

増加の悪い面

過剰な借入、支払金利の上昇をイメージさせる。

→ 資金繰り表や経営計画書を提示して、業績悪化の問題はないこと。銀行借入金一覧表を提示して、各銀行との取引状況を説明するのがよい

減少の良い面

業績好調による借入削減、支払金利の引き下げをイメージさせる。

減少の悪い面

業績悪化などにともなう銀行からの借入困難をイメージさせる。

→ 資金繰り表や経営計画書を提示して、業績悪化の問題はないこと。銀行借入金一覧表を提示して、各銀行との取引状況を説明するのがよい

特別利益

増加の良い面

遊休資産の処分をイメージさせる。

増加の悪い面

業績悪化にともなう資産の処分(益出し)をイメージさせる。

→ 経営計画書を提示して、今後の業績見通しを説明するのがよい

減少の良い面

会社・事業に問題がないことをイメージさせる。

減少の悪い面

遊休資産の放置をイメージさせる。

→ 遊休資産の状況、今後の対応を明示するのがよい

特別損失

増加の良い面

遊休資産の処分をイメージさせる。

増加の悪い面

過去の投資の失敗をイメージさせる。

→ 売却・処分した資産について、購入から売却・処分までの経緯を説明するのがよい

減少の良い面

過去の投資に失敗がないことをイメージさせる。

減少の悪い面

遊休資産の放置をイメージさせる。

→ 遊休資産の状況、今後の対応を明示するのがよい

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

決算書の良し悪しは表裏一体です。「売上高が増えた」にも、良い面と悪い面とがあります。

銀行は、そのうちの「悪い面」を見ているかもしれません。

そのような銀行の見方があることを理解する。加えて、「良い面」をアピールできないか検討するようにしましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!