YouTubeチャンネルを開設しました!

『必要ない』と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由

『必要ない』と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由

スポンサードリンク



もしもいま、「融資は必要ない」と考えているのであれば。

いずれ困ることがないように、「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき理由を確認しておきましょう。というお話です。

必要もないのに借金するなんて、どうかしている。

わたしはよく、社長や個人事業者に対して「銀行から融資は受けないのですか?」というハナシをします。

すると、「いまは必要ないから融資は受けない」との回答をいただくことは少なくありません。それはそれで、ひとつの考え方であり、経営判断でもありますが。

それでも、「必要ないときこそ、銀行融資を受けるべき」とのお話もするようにしています。などと言うと、「必要もないのに借金するなんておかしいのではないか?」と思われるかもしれません。

というわけで。「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由についてお話をしてみます。

もしもいま、「融資は必要ない」と考えているのであれば。いずれ困ることがないように、いちどは確認をしておきましょう。こちらです ↓

「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由
  1. 必要ないときほど借りやすいから
  2. 必要なときには借りられないから
  3. ほんとうに必要なければ返せばいいから

それでは、このあと順番に見ていきます。

 

スポンサードサーチ

「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由

《理由1》必要ないときほど借りやすいから

冒頭、「いまは必要ないから融資は受けない」と言う社長・個人事業者は少なくない、との話をしました。

「必要ない」と言える理由として、「いま順調だから」があります。会社・事業が順調なので「利益」が出ている。「おカネ(現金預金)」もある。だから、融資は必要ない。そういうことです。

なるほど。いまいまおカネを借りる必要がない、と言われるのもごもっとも。

ところで、銀行が「融資をしたい(あるいは、融資をしてもいい)」と考えているのは。どのような会社・事業なのでしょうか?

端的に言えば、「順調な会社・事業」です。利益が出ていて、おカネもある。そういう会社、個人事業者が銀行融資のターゲットになります。

利益・おカネがあるということは「返済力がある」「資金調達余力」があるということです。だから、銀行は「融資をしたい」と考えます。

融資をしたい銀行は多いのですから、借りる側は「交渉」もしやすくなります。たとえば、金利を引き下げる、プロパー融資を受ける、担保・保証は無しにする、など。

うまく交渉ができれば、こんどはそこが「基準」になります。次の融資を受けるとき、別の銀行から融資を受けるときにも、良い融資条件を引き出しやすくなる。

したがって、必要ないときほど借りやすいし、必要ないときほど良い条件を交渉しやすくなる。これはよくよく理解をしておくようにしましょう。

と、言うと。

そんなのわかってる! と思われるかもしれませんが。実際には、多くの会社・個人事業者が、借りにくい場面でほど借りようとしているし、交渉しにくい場面でほど交渉しようとしています。

これでは、「わかっている」とは言えません。

では、借りにくい場面とは? 交渉しにくい場面とは? 続いて、そのあたりのお話をしてみることにします。

《理由2》必要なときには借りられないから

利益が出ている、おカネがある会社・事業は、融資を受けやすい。という話をしました。

逆に考えると。利益が出ていない、おカネが無い会社・事業は、融資を受けにくいということになります。返済力も無いし、資金調達余力も無いからです。

よって、「利益が出ていない、おカネが無い」というのが借りにくい場面であり、交渉しにくい場面になります。

にもかかわらず、この場面で融資を受けようとして、借りられない・交渉できない… そういう会社、個人事業者は少なくないのです。融資が必要なときには借りられない、ということは絶対に忘れてはいけません。

いま現在(2020年5月15日)で言えば、新型コロナウィルスの影響によって、多くの会社・個人事業者が、融資を受けようと銀行に殺到しています。

ところが。「コロナ以前にそもそも赤字」を理由に断られてしまったり、審査に時間がかかってなかなかおカネを受け取ることができなかったり。必要なときには借りられないことを実感するばかりです。

いっぽうで。新型コロナウィルスのような「想定外」の場面でも、取り急ぎあわてることもなく、経営に集中できている社長・個人事業者もいます。必要ないときに、すでに融資を受けていたような社長・個人事業者です。

そのような社長・個人事業者にとっては、コロナも「想定内」だと言えます。想定外が起きるかもしれない、そういうこともふまえて、必要ないときにでも融資を受けておく。手元におカネを備えておく。

すると、想定外が起きたときにでも「選択肢」が広がります。おカネがあれば、その分だけ時間稼ぎもできる。そのあいだに、より多くの手を打つこともできます。

選択肢が広いほど、生き残る確率は高くなると言ってよいでしょう。選択肢が広いほど、いろいろな場面にも対応しやすくなるからですね。

想定外にも強い会社・事業は、ふだんから選択肢を広げるような準備をしているものです。

選択肢を広げる手段のひとつとして、平時から銀行融資を考えておきましょう。必要なときには借りられないことを心得ておきましょう。

《理由3》ほんとうに必要なければ返せばいいから

融資が必要ないときほど借りやすい。必要なときには借りられない。だから、「必要ない」と言う会社こそ融資を受けたほうがいい。というお話をしてきました。

この点で。それでも、おカネを余らせておくのはもったいない! との考えもあるでしょう。だとしたら、ほんとうに必要なければ返せばいい。

借りるのには銀行の承諾が必要ですが、返すのはこちらの自由です。借りられるかどうかは銀行しだいでも、返す分にはこちらしだいです。

必要なければ返せばいいことを念頭に置いて、ひとまずは借りられるとき・借りやすいときに借りておきましょう。そういう話をしています。

と、言ってはみたものの。「ほんとうに必要なければ」とはどういう状況をいうのかはよくよく考えておくべきところです。往々にして、「必要ない」の判断が早すぎます。

ひとつの目安として、「年間売上高の半年分」。これくらいの現金預金が手元にあるのであれば、融資は必要ないと言うのもよいでしょう。しかし、それ未満の現金預金であれば、ほんとうに必要ないとは言い難い。

繰り返しになりますが、新型コロナウィルスの例もあるからです。売上に与える影響は大きく、半年くらいはほとんど売上が見込めないのではないか? との会社・個人事業もあります。

そういうこともある、と考えれば。年間売上高の半年分くらいの現金預金は、借りてでも備えておくこともひとつの考え方でしょう。少なく見積もっても、年間売上高の4分の1(売上高3ヶ月分)くらいは。

そのうえで。もう手元の現金預金はじゅうぶん、そう考えられるのであれば。そのときは、借りているおカネは返してしまえばいい。ほんとうに必要なければ返せばいい。

だからそれまでは、「必要ない」などと言わずに融資を受けておくことをおすすめします。

にもかかわらず、「必要ない」の判断が早すぎる。じゅうぶんなおカネもないのに融資を受けなさすぎる。結果、有事に苦しい思いをする。そういう会社・個人事業者は少なくないことを覚えておきましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

「いまは必要ないから融資は受けない」というのは、ひとつの考え方であり、経営判断でもあります。

けれども、いずれ困ることがないように。「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由については、いちど確認をしておきましょう。

「必要ない」と言う会社こそ銀行融資を受けるべき3つの理由
  1. 必要ないときほど借りやすいから
  2. 必要なときには借りられないから
  3. ほんとうに必要なければ返せばいいから

この記事のシェアはこちらから!