見逃し注意!銀行融資を受けるべき5つのタイミング

銀行融資を受けるべきタイミング




” 銀行からうまく融資が受けられなくて… “

ってそれ、借りるのがむずかしいタイミングで融資を申し込んではいませんか? というわけで、銀行融資を受けるべき5つのタイミングについてお話をします。

見逃し注意!銀行融資を受けるべき5つのタイミング

銀行からうまく融資が受けられなくて… と悩んではいませんか。

もしかするとそれは、銀行融資を受けるべきタイミングを見逃しているのかもしれません。

銀行融資には、「借りやすい」タイミングが存在します。

そのタイミングを外して融資を申し込んでも、それがむずかしいのはあたりまえです。

むずかしいときにチャレンジするのではなく、「借りやすい」タイミングでチャレンジできるように。

銀行融資を受けるべきタイミングを押さえておきましょう。次の5つです ↓

銀行融資を受けるべきタイミング
  1. 創業・開業する
  2. 黒字の決算書ができた
  3. 赤字決算が見えた
  4. 利益+減価償却費<借入金返済が見えた
  5. 銀行が営業に来た

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

《タイミング①》創業・開業する

創業・開業をするときは、銀行融資を受けるべきタイミングになります。

理由は、創業融資の制度を利用することができるのは「創業・開業時だけ」だからです。

創業融資制度を利用するためには、「自己資金」や「経歴」などの要件はあるものの。要件をクリアすることができれば、比較的借りやすい融資だと言うことができます。

創業・開業後の銀行融資では、事業の「実績(たとえば黒字)」が求められますが、創業・開業時にはそれがありません。

誤解を恐れずに言えば、実績がなくても「予定(計画)だけ」で借りられる、という点では借りやすい。ゆえに借りるべきです。

この先なにがあっても絶対に銀行融資を受けない、という確固たる思いがあるなら別ですが。「必要になったら、そのとき借りる」との考えであれば、創業・開業時に借りることです。

必要なとき、借りたいときには借りられないのが銀行融資。「借りられるときに借りる」のが、銀行融資に対する基本姿勢です。

また、創業・開業直後は、想定を超える資金難が待っているものです。売上も利益もおカネも、計画どおりにいかないことがほとんどです。

そのときになってから、借りておけばよかった、もっと借りておけばよかった、という声をよく聞きますが。もちろん、そのときに銀行融資を受けるのはカンタンではありません。

【図解付き】だから絶対に創業時は融資を受けて欲しい3つの理由

2017.08.25

 

《タイミング②》黒字の決算書ができた

黒字の決算になった・黒字の決算書ができたというときは、銀行融資を受けるべきタイミングになります。

理由は、銀行が「黒字」の会社・個人事業者を好むからです。むずかしいことは抜きにしても、「安全な相手におカネを貸したい」という貸し手(銀行)の思いは理解できるところでしょう。

赤字より黒字のほうが、そして、黒字の額が大きいほど、黒字が続いているほど、銀行からの融資は受けやすくなります。

したがって、黒字の決算書ができたときには、銀行に融資を申し込むことを考えましょう。

《タイミング①》の繰り返しになりますが、「必要になったら、そのとき借りる」などとは考えないことです。

いつでも「黒字」を出せるわけではありませんし、銀行は赤字を嫌います。赤字の決算書になれば、向こう1年、次の決算までは融資は厳しくなります。だから、黒字のうちに借りるのです。

これを別の角度から言うと。ほんとうは黒字を出すことができるのに、無理くり赤字にしているようでは融資は遠のきます。税金を嫌えば、融資に嫌われます。

おカネはいつ借りる?借りられる?銀行融資の間違い常識

2017.02.08

 

《タイミング③》赤字決算が見えた

どうやら次の決算は赤字になりそうだ… と赤字決算が見えたときは、銀行融資を受けるべきタイミングになります。

前述したとおり、銀行は赤字を嫌うのですから、その前に融資を受けておきましょう。ということです。

決算が終わる前(期中)であれば、銀行は試算表の提示を求めます。その試算表に赤字がある・赤字が続いていると、やはり銀行は融資をしづらくなります。

ですから、できれば試算表が黒字のうちに、少なくとも赤字の月が数ヶ月も並んでしまう前には融資を申し込みましょう。

「できるだけ早く」赤字を察知することです。そういう意味では、タイムリーな月次決算や計画・予測がいかに大切か、がわかります。

ちなみに、2期連続赤字はもっと嫌われます。したがって、今期の赤字が見えたのであれば、来期の「絶対黒字」を検討しなければいけません。

具体的には、来期の費用を今期に前倒しする(当然、会計・税金のルールに沿った範囲内で)、とか。

どうせ今期は赤字なら、いっそ赤字を膨らませてでも、来期が黒字になりやすいように算段をしよう。というわけです。

『今期は赤字かぁ…』というときにやるべき3つの銀行融資対策

2018.05.22

 

《タイミング④》利益+減価償却費<借入金返済が見えた

黒字や赤字、という「利益」の話とは別に。「おカネ」についても、銀行融資を受けるべきタイミングがあります。

それが、「年間利益+減価償却費<年間借入金返済額」が見えたとき、です。

このうち「年間利益+減価償却費」は、融資返済の原資がいくらあるかを示しています。この原資が、年間の借入金返済額を下回るということは、手元のおカネが減少していくことを意味します。

これを放っておけば、おカネが足りなくなる。つまり、資金ショートの危険がある、という状態です。

よって、「年間利益+減価償却費<年間借入金返済額」が見えたのであれば、前もって融資を受けておこう。ということになります。

まずは決算が終わったときに、その決算における「年間利益+減価償却費」と「年間借入金返済額」はどちらが大きかったのかを確認しましょう。

それを踏まえて、次の決算の「年間利益+減価償却費」と「年間借入金返済額」を予測してみて、「どうも借入金返済額のほうが大きそうだなぁ」ということならば融資を受けておく。という流れです。

銀行融資は、いちど受けたら受けっぱなし、返済し続けるだけ、ではいけません。おカネが足りない分・足りなくなる分は借り直す、という発想を持ちましょう。

借り続けるメリット、借りて終わりのデメリット【折り返し融資】

2017.08.09

 

《タイミング⑤》銀行が営業に来た

銀行が営業に来たというときは、銀行融資を受けるべきタイミングになります。

銀行のほうから「借りませんか?」と言っている以上、通常よりも借りやすい状況にあるはずだからです。

たとえば、担当者のノルマ、支店の営業目標、支店長の方針など。銀行が融資をしたいと考える動機はいろいろとあるものです。

再三のオハナシですが、こちらが借りたいときには借りられないのです。借りられるとき・借りられそうなときに借りるのが基本です。

そう考えると、銀行からの営業を断る理由が見当たりません。ムゲに断ったりせず、まずは話を聞いてみましょう。

また、もともと取引のない銀行が挨拶に来た、という場合。これまたムゲに追い返したりしていませんか?

やめましょう。とりあえず話を聞くこと、つながりをつくっておくことです。そのときには借りないとしても、いつか借りるときには、そのつながりが役に立ちます。

いっぽうで、つながりもないのに融資を依頼される、つまり、一見さんを銀行は警戒します。結果、融資を受けられない、受けられるにしても時間がかかります。

銀行に『借りてほしい』と営業されたらどうする?営業されるにはどうする?

2018.04.12

 

まとめ

銀行融資を受けるべき5つのタイミングについてお話をしてきました。

そのタイミングが借りやすいからと言っても、借りる必要がないものを借りることはないんじゃないか? と思われるかもしれません。

そのとおりです。けれども、借りる必要がない状況というのはほとんどありません。

わたしの経験則で言えば、10社あったら、そのうち8社以上は「借りる必要がある」という状況にあります。

借りる必要がない、と勘違いをしないようにも注意しましょう ↓

『借りなくてもいいおカネは借りるな』が間違いだと言える3つの理由

2018.05.08

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!




ABOUTこの記事をかいた人

税理士ブロガー。銀行融資、税理士いらずの経理の立ち上げを得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!