セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

いざというときに慌てないための資金繰り心得5箇条

いざというときに慌てないための資金繰り心得5箇条

スポンサードリンク



いざというときになってから資金繰りで慌てないですむように、日ごろから備えておきましょう。

というわけで。備えておくための「考え方」として、「資金繰り心得」をまとめてみます。

いざとなってからでは、遅かりし由良之助。

会社・事業を続けていると、「いざ」というときはあるもので。

本投稿日現在(2020年7月10日)、最近ではなんと言っても「新型コロナウィルス」による影響が挙げられます。

感染の広がりを抑えるために、日本中(世界もですが)に「自粛」が広がりました。多くの会社が事業活動の縮小を迫られて、売上が減少、利益が減少しました。

結果、手元のおカネ(現金預金)が少なくなり、資金繰りに窮している… ということが、いまもなお続いています。

コロナに限らず、地震、台風、豪雨、雪不足など。会社の資金繰りに「いざ」をもたらす要因はいろいろです。

したがって。いざというときになってから資金繰りで慌てないですむように、日ごろから備えておきましょう。備えておくための「考え方」として、「資金繰り心得」をまとめてみました。こちらです ↓

いざというときに慌てないための資金繰り心得5箇条
  1. 現金預金〇万円維持、を決める
  2. 銀行とのつきあいを切らない
  3. 資金繰り予定表を備える
  4. 運転資金の増減を理解する
  5. 社長個人の貯金を増やしておく

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

いざというときに慌てないための資金繰り心得5箇条

《その1》現金預金〇万円維持、を決める

会社のおカネ、つまり、会社の現金預金について。〇万円の残高を維持しよう! と、明確に決めている会社は少ないようです。

結果としてどうなっているか? と言えば。当然、成り行きです。成り行きの残高になっている。

そして、ほとんどの場合、成り行きの現金預金残高は「少なすぎ」です。会社の「いざ」を考えたときには少なすぎる。

具体的には。現金預金残高が、平均月商(年間売上高 ÷ 12ヶ月)の「1ヶ月〜2ヶ月分未満」という会社がほとんどです(わたしの肌感覚でも統計でも)。

その証左として、コロナの「直後」に多くの会社が、コロナ関連の融資に殺到しました。このままではすぐにでもつぶれてしまう…! ということです。

では、どのくらいの現金預金残高を備えておくのがよいか?

「平均月商の6ヶ月分以上」というのが、いまのわたしの考えです。そのくらいのおカネがあれば、いざというときにも「大慌て」はしなくてすむでしょう。

融資を受けるにしても、落ち着いて行動ができるはずです。

いっぽうで、おカネが無ければ。社長は、融資を含めた「カネ繰り」に縛られることになります。身も心も縛られます。

すると、中長期で事業の方向性を考えたり、中長期で社員のことを考えたりすることが、どうしても難しくなってしまう。それらが後手に回れば、回復が遅れるばかりか、状況はより悪化することも少なくありません。

そのようなことを避けるためにも。いざというときのために、おカネを備えておきましょう。

「平均月商の6ヶ月分以上」かどうかはともかく。日ごろから「現金預金〇万円を維持する」といった、明確な指標を持つことです。

《その2》銀行とのつきあいを切らない

いましがた、現金預金残高について明確な指標を持ちましょう、とのお話をしました。ひとつの参考として、「平均月商の6ヶ月分以上」という指標も提示しました。

とはいえ。そんな金額のおカネをどうやって持つんだ? と思われたかもしれません。

そこで、「銀行融資」です。そもそも資金力に乏しく、資金調達手段にも幅が小さい中小企業にとって、銀行融資は「おカネを備えるため」には欠かせない手段になります。

「現金預金〇万円を維持する」といった明確な指標について、自己資金では厳しいというのであれば。銀行融資を受けることで、おカネを備えることを考えましょう。

この点で。現金預金残高について明確な指標が無い、つまり、成り行き任せにしていると、「銀行融資を受けておカネを備える」という考え方が欠如します。

結果として、会社のおカネが「少なすぎ」になりますから。ここはじゅうぶんに注意をすべきところです。

ところで。日ごろから銀行融資を受けていると、当然、銀行との「つきあい」ができます。融資を受け続けていると、「つきあい」も深まっていきます。

すると、「いざ」というときにも、銀行融資が受けやすくなることも覚えておきましょう。

いっぽうで、日ごろからの「つきあい」がないと。「いざ」というときに、融資を受けるのにも苦労します。つきあいがない分、銀行は「どこのだれだか」もわからず、対応に慎重にならざるをえないからです。

したがって。会社は、日ごろから銀行との「つきあい」を切らないことも考えておきましょう。いざというときにも慌てずにすみます。

《その3》資金繰り予定表を備える

資金繰り予定表をつくっていない、という会社があります。ここで言う「資金繰り予定表」とは、向こう1年ていどの「入出金・現金預金残高」の予定を記載した表です。

銀行融資に必要な『資金繰り予定表』の作り方入門

銀行融資に必要な『資金繰り予定表』の作り方入門

資金繰り予定表があれば、会社は向こう1年のあいだの入出金状況、現金預金残高の推移をイメージすることができます。

逆に、資金繰り予定表がなければ。会社は向こう1年のイメージがつかないままに資金繰りを強いられることになります。どちらが良いかは、言うまでもないでしょう。

にもかかわらず。資金繰り表を備えていない理由のひとつは、「予定は予定であってアテにならない」との思いがあるからです。未来のことなどわからないのだから、考えてみたところでしかたない。みたいな。

たしかに、それも一理ありますが。資金繰り予定表を「動かしてみる」ことで、いくつかの未来をイメージするのに役立ちます。

たとえば、売上が現状のまま続いたときの資金繰り表をつくってみて。仮に、売上が 50%減少したらどうなるか? 資金繰り表の数字を動かしてみる。すると、数カ月後には資金繰りが破たんしてしまうことがわかった…

このように、売上が 50%減少したとき資金繰りをイメージできれば、早めに対策に動くきっかけにもなるでしょう。

資金繰り予定表は、「(予定が)当たるか当たらないか」が重要なのではありません。来たるべきさまざまな未来をどれだけイメージできるか、未来に備えておけるかが重要になります。

資金繰り予定表を1つだけつくってみるのではなく。その1つをもとにして、数字を動かしてみるようにもしましょう。資金繰り予定表を備える、とはそういうことです。

《その4》運転資金の増減を理解する

会社の資金繰りを大きく左右するものに、「運転資金」があります。

ここで言う「運転資金」とは、いわゆる「経常運転資金(正常運転資金とも呼ばれます)」のこと。算式であらわすと「売上債権 + たな卸資産 − 仕入債務」です。

入金サイトや支払サイト、商品の品ぞろえなどが変わらない限り。運転資金は、売上の増減に比例することになります。売上が増えれば、運転資金は増える。売上が減れば、運転資金は減る。

この点で。売上が急増するような会社は、運転資金も急増することを忘れてはいけません。

運転資金とは、会社が資金繰りを問題なくまわすにあたって必要なおカネです。増加する運転資金分のおカネを手当てしておかないと、売上が増えたのにおカネが足りず… 「黒字倒産」はその典型です。

いざ、売上が増えたときに慌てることがないように。売上の増加によって、どれだけの運転資金が必要になるのかを押さえておきましょう。

くわしくはこちらの記事を参考にどうぞ ↓

増加運転資金の計算方法

売上が増えると必要なおカネはいくら増える?【増加運転資金の計算手順と銀行融資】

《その5》社長個人の貯金を増やしておく

社長は会社から役員報酬を受け取ります。受け取ったあとのおカネは、社長の自由です。

けれども。「いざ」というときのために、社長は「貯金」をしておきましょう。

そんなの余計なお世話、と思われるかもしれません。言われなくったってわかっている、とも思われるかもしれません。

ところが実際には、役員報酬の増額にともなって、生活水準が上がる(贅沢が増える)というのはよくあることです。生活水準が上がれば、おのずと貯金は少なくなります。

もちろん、生活水準を上げること自体に問題はありません。それができるのであれば、良いことだと言えます。ただ、「貯金とのバランス」はとりましょう。そういうことです。

会社が「いざ」というときを迎えれば、資金繰りのピンチを迎えれば。社長はいちばんに、じぶんの役員報酬を削らなければいけません。

そうしなければ会社はやっていけないし、また、周囲(社員や銀行など)からもそれを求められます。そのときに、社長に貯金がなければ、社長が生活をできなくなってしまいます。

また、役員報酬を削るだけでは足りなければ。こんどは、社長が会社におカネを貸し付ける必要もあるでしょう。そのときに、社長に貯金が無ければ、貸し付けることはできません。

会社は銀行からおカネを借りればいい。そう考えている社長もいらっしゃいますが、借りたいときに必ずしも借りられるわけではありません。借りられなければ、最後の砦は「社長の貯金」であることは忘れないようにしましょう。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

いざというときになってから資金繰りで慌てないですむように、日ごろから備えておきましょう。

というわけで。備えておくための「考え方」として、「資金繰り心得」をまとめてみました。「へぇ」と納得できるものがあれば、取り入れていただけましたら幸いです。

いざというときに慌てないための資金繰り心得5箇条
  1. 現金預金〇万円維持、を決める
  2. 銀行とのつきあいを切らない
  3. 資金繰り予定表を備える
  4. 運転資金の増減を理解する
  5. 社長個人の貯金を増やしておく

この記事のシェアはこちらから!