セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

『とにかくメモする』の効果とそのツール

『とにかくメモする』の効果とそのツール

スポンサードリンク



それほどメモする習慣はなかったわたしですが。いまは、「とにかくメモする」ようにしています。

というわけで、「とにかくメモする」の効果とツールについて、お話をしていきます。

それほどメモする習慣はなかった。

「とにかくメモする」ようにしています。もともとは、それほどメモする習慣はなかったのですが。メモの「効果」を実感してからは、メモする頻度と量は増えるばかり。

ちなみに、とにかくメモすることの「効果」とは? わたしが思うに、次のとおりです↓

「とにかくメモする」の効果
  • うっかり忘れてた…を減らせる
  • 目の前のことに集中できる
  • 気持ちがラクになる

くわしくは、のちほどお話をするとして。これらの効果を実感しただけでは、メモを増やすことはできなかった、と考えています。

いつでもメモしやすいような環境づくりをしてきたからこそ、言い換えると、とにかくメモする「ツール(道具)」をそろえているからこそだ、という考えです。

そんなわけで。とにかくメモするの「効果」と、その「ツール」について、このあとお話をしていきます。

スポンサードサーチ

「とにかくメモする」の効果

わたしが感じている、とにかくメモするの効果とは。冒頭でも触れましたが、再掲します↓

「とにかくメモする」の効果
  • うっかり忘れてた…を減らせる
  • 目の前のことに集中できる
  • 気持ちがラクになる

これらの効果について、少し説明をしていきます。

うっかり忘れてた…を減らせる

かつてのわたしは、とかく「記憶に頼る」ところがありました。これは覚えておける、忘れたりしない。そして、うっかり忘れてた… ということがありました。これはいけません。

この点で。メモをしておけば、「記録に頼る」のであれば、うっかり忘れるのを減らすことができます。もっとも、そのメモを失くしてしまったり、しかるべきときに見返すことができなければ、やはりうっかり忘れます。

そのために、後述するような「ツール」が大切になるわけですが。それはそれとして、うっかり忘れてた…を減らせるのは、とにかくメモするの効果です。

目の前のことに集中できる

なにかを覚えておこうとすれば、その分だけ、脳のリソースを消費することになります。つまり、脳が「記憶」にチカラを削がれてしまう。

結果、脳は「片手間」状態になりますから、目の前のことに集中しづらくなってしまいます。これはもったいないことです。作業の効率が落ちたり、時間がかかったり、ミスが多くなったり…

ですから、覚えておきたいことがあれば、すべてメモに吐き出しておく。すると、脳はフルパワーで目の前のことに取り組めます。目の前のことに集中できるのは、とにかくメモするの効果です。

気持ちがラクになる

あれやこれやと立て込んでくると、「ぜんぶやりきれるだろうか?」「間に合うだろうか?」と不安にかられることがあります。そんなときには、あれやこれやをいちど書き出してみるのがおすすめです。

ほかにもなにか心配に感じていることなどあれば、書き出してみるといいでしょう。あらためて「文字」にすることで客観視できる、情報整理ができる。ひいては、問題の把握や解決策の検討がしやすくなります。

結果として気持ちがラクになるのは、とにかくメモするの効果です。

スポンサードサーチ

「とにかくメモする」のツール

わたしが、とにかくメモするのにつかっているツールは次のとおりです。

「とにかくメモする」のツール
  • スマホ(iPhone)
  • タブレット(iPad・Apple Pencil)
  • ノートPC(MacBook Pro)
  • 電子書籍リーダー(Kindle Paperwhite)
  • ふせん(ダイソー フィルムふせん極細タイプ)
  • 磁気メモボード(パイロット JIKKY SUPER LIGHT)
  • クラウドノートサービス(Notion)
  • スマートスピーカー(HomePod Mini)

これらのツールについて、少し説明をしていきます。

スマホ(iPhone)

わたしは、紙のメモ帳はつかいません。替わりに、いちばんよくつかうメモツールは「スマホ(iPhone)」です。コンパクトですし、いつも身近にありますので。

「Fast Notion」というアプリをつかってメモをとり、とったメモは、クラウドノートサービスの「Notion」に連携させています(後述)。

具体的にどのサービスをつかうかはともかく。とにかく、とったメモを「一元管理」できるようにクラウドサービスは必須です。クラウドサービスをつかうことで、場所や端末を選ばずに済みます。

紙のメモ帳の欠点は、メモ帳そのものがないとどうにもならないことです。「いまメモ帳がない!」という状況をなくすことを考えましょう。

タブレット(iPad・Apple Pencil)

手書きでメモをとりたい、というときにはタブレット(iPad・Apple Pencil)をつかっています。

スマホでフリック入力や、PCでキーボード入力がおっくうなときなどは。図や絵を書くときなんかは、そもそも、フリック入力やキーボード入力ではできませんし。そういうときは、手書きです。

メモをするのがおっくうだと感じてしまうと、メモはとれなくなってしまいます。ですから、おっくうだと感じなくて済むようなツールをそろえるのがポイントです。この点で、タブレットは役に立つでしょう。

なお、タブレットでとったメモデータも、クラウドサービス(Notion)に保存するのは、スマホでとるメモと同じです。

ノートPC(MacBook Pro)

長文のテキストメモについては、やっぱりPCでキーボード入力がベストです(わたしの場合)。タブレットに付属のキーボード(MagicKeyBoard for iPad)もいいんですけど、比べるとPCのキーボードが上。

出かけるときにでも、ノートPC(MacBook Pro)を持ち歩くことがほとんどなので。PCがなくてメモがとれない! ということもありません。

ちなみに。ノートPCをつかわないときには、電源は切らずにスリープにしています。これなら、いつでもすぐに起動できますから、メモがおっくになることもありません。

いつも電源を切っていると、「パソコンを立ち上げるのがメンドーだしなぁ」とメモするチャンスを逃してしまいます。

電子書籍リーダー(Kindle Paperwhite)

読書をしているときに引く「マーカー」もまた、メモのひとつです。わたしは「名言」を収集する癖があるので、マーカーは欠かせません。

この点。電子書籍リーダー(Kindle Paperwhite)は便利ですね。「指」でマーカーが引けますので。お風呂で本を読むときなどは、ほんとうに助かります。もし、マーカーが引けないのであれば、わたしはお風呂で本は読まないでしょうから。

Kindle Paperwhiteで引いたマーカーは、MacBook Pro(Kindleアプリ)で確認。必要に応じてクラウドサービス(Notion)にあらためてメモ、という使いかたです。

ふせん(ダイソー フィルムふせん極細タイプ)

読書は、紙の本でもしています。では、紙の本にはペンでマーカーするかと言えば、しません。本を汚して読むのはイヤだ、というポリシーがあるからです↓

『本は汚して読む』的な読書術には3つのデメリットを感じるのでやっていない

『本は汚して読む』的な読書術には3つのデメリットを感じるのでやっていない

そこで役に立つのが、ふせんです。ふせんはいろいろ見てまわりましたが、いちばんのおすすめが、100均のダイソーさんで売っている「フィルムふせん極細タイプ」です(くわしくは上記の記事で)。

極細なので、たくさん貼ってもじゃまにならない。枚数もたくさんでコスパがいい。本に挟む「しおり」に貼っておいて、いつも携帯しています。

ペンでマーカーを引くとなると、ペンを取り出す手間や、ペンを持ちながら読書はおっくうです。メンドーがなく、お手軽という点で「ふせん」はおすすめです。

磁気メモボード(パイロット JIKKY SUPER LIGHT)

わたしはたいてい、朝と晩にお風呂に入ります(あるいはシャワー)。そのときには、不思議と「いろいろ思いつく」ものです。このあたり、科学的にも根拠はあるようですけど。

それはそれとして。せっかく思いついたのに、風呂からあがると忘れてしまうことがあります。はっきり言って、かなりの確率で忘れますね。2つ、3つ思いついたときなどは、「あともう1つはなんだったっけ?」となりがちです。

なので、いまは風呂場に磁気メモボードを置いています↓

はじめは、スマホを風呂場に持ち込むことを考えましたが、防水とはいえ精密機器だし… 耐水メモ帳という手もあるけれど、えんぴつなりボールペンなりを風呂場に持ち込むのもちょっと…

というわけで、たどりついたのが磁気メモボードでした。これなら、少々濡れても問題ありませんし、紙も使わないのでエコです。おかげで、風呂場でも心置きなく思いつくことができます。

クラウドノートサービス(Notion)

すでにお話をしたとおり、デジタルでメモをとるなら、クラウドサービスが欠かせません。クラウド上にメモを置くからこそ、いつ・どこからでもメモを利用できるようになります。

少し前までは、Evernoteをつかっていましたが、いまは Notionに乗り換えました。なにをつかうかは、好きなものでよいわけですが、とにかくメモはクラウド上に置くことを強くおすすめします。

せっかくとったメモを、見たいときに見れなければメモの効果は半減です。

なお、とったメモをしかるべきときに見返すことができるかどうかには「しくみ」が必要になります。すべきことをメモをとったのに、そのメモの存在を忘れていたがために、するのを忘れてしまった… これでは意味がありません。

というわけで、わたしはじぶんなりに Notionをつかって「しくみ」をつくっています。いずれ、そのあたりも記事にできれば。

スマートスピーカー(HomePod Mini)

自宅の仕事場にいるときに、ちょっとしたことをメモするのにはスマートスピーカー(HomePod Mini)をつかっています。

ほかの作業で手を動かしながら、メモがとれるのは便利です。とくに、リマインダーをセットするのにつかっています。目の前のことに集中して、時間を忘れてしまうことがありますので。単に忘れっぽいだけかもですが。

なんにせよ、そういうヒトにリマインダーは欠かせません。スマホでリマインダーをセットするのはおっくうですが、スマートスピーカーならお手軽なのでおすすめです。

スポンサードサーチ

まとめ

それほどメモする習慣はなかったわたしですが。いまは、「とにかくメモする」ようにしています。

本記事でお話をした「とにかくメモする」の効果とツールについて、ご参考になるところがあるようでしたら幸いです。

「とにかくメモする」の効果
  • うっかり忘れてた…を減らせる
  • 目の前のことに集中できる
  • 気持ちがラクになる
「とにかくメモする」のツール
  • スマホ(iPhone)
  • タブレット(iPad・Apple Pencil)
  • ノートPC(MacBook Pro)
  • 電子書籍リーダー(Kindle Paperwhite)
  • ふせん(ダイソー フィルムふせん極細タイプ)
  • 磁気メモボード(パイロット JIKKY SUPER LIGHT)
  • クラウドノートサービス(Notion)
  • スマートスピーカー(HomePod Mini)

この記事のシェアはこちらから!



kindle本
銀行融資・銀行対応の入門書

無借金経営を実現するには、その「過程」で銀行融資が欠かせない。だからこそ、銀行融資について社長が知っておくべきことをまとめた1冊です。