毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

『どこでもできる』は『どこでもできない』。自宅以外のテレワークをやめるのも一法

『どこでもできる』は『どこでもできない』。自宅以外のテレワークをやめるのも一法
URLをコピーする
URLをコピーしました!

広がりを見せる、自宅以外でのテレワーク。でも、自宅以外のテレワークは集中できない、パフォーマンスが上がらないというのなら。

自宅以外のテレワークをやめるのも一法じゃないの? というお話です。

目次

集中力を発揮する場所はヒトによる

新型コロナをへて、世の中に広がったテレワーク。自宅以外にも、カフェやコワーキングスペース、ホテル、カラオケルーム、貸し会議室など、テレワークの選択肢は広がりを見せています。

それなりにいろいろ試してみた結果、わたしが感じるのは。「やっぱ、自宅がいちばんだわ」ということです。結局、自宅がいちばん集中できるし、パフォーマンスが高い。おうち、大好き。

自宅以外のテレワークでも、集中できる「くふう」をしたり、「慣れ」もあるけれど。それでも、自宅でのパフォーマンスの高さは圧倒的… なんですよね。逆に、自宅以外のパフォーマンスはどうしても落ちる。

だとしたら。いまの時代、仕事や作業が「どこでもできる」ようでいて、実は「どこでもできない」のではないか? とも思えるわけです。

いやいや、わたしはどこでも集中できるよ。と、言われるかもしれませんが。いちどは、パフォーマンスを「計測」してみることをおすすめします。わたしは四六時中、じぶんのパフォーマンスを「時間」で計測しているので。自宅以外はパフォーマンスが落ちることを「明確」に示すことができます。

たとえば、居心地のいいカフェなんかは「気分がアガる」でしょうから、「なんか充実して仕事した感」があるかもしれませんが。計測によれば、実はそんなことありませんでした… というのが、わたしの場合です。

もちろん、いろんなタイプのヒトがいますので。自宅以外でもパフォーマンスを発揮できるヒト、むしろ自宅以外のほうがパフォーマンスを発揮できるヒトもいるでしょう。

ただ、それはそれとして。まずは客観的に、じぶんのパフォーマンスを計測してみるのがいいでしょう。そのうえで、わたしのようなヒトは、「自宅以外でのテレワークをやめる(できるだけ)」のも一法じゃないの? と、そんなお話をしていきます。


自宅以外のメリットをどう置き換えるか

自宅以外のテレワークには、いくつか「メリット」があります。ぱっと思いつくもので言えば、こちらです↓

  • 気分転換になる
  • おいしいコーヒーが飲める
  • 快適な空間を味わえる

自宅以外のテレワークをやめるということは、これらのメリットを捨てるということでもあるわけですが。ただただ捨てるのもナンなので、自宅でのテレワークに置き換えられないものか? と、思案してみることにしましょう。

気分転換になる

自宅以外のテレワークのメリットとして、「気分転換になる」が挙げられます。そもそも、自宅を出て「外出」することで気分を変えられるのはメリットでしょう。ずーっと家にこもっているのも、いいことではありませんし。

いっぽうで、「外出」にはデメリットもあります。それは「段取り時間」が増えることです。

場所を変えるにあたっては、いちど作業を中断しなければいけません。場所を移して再開する場合には、道具を準備するための段取り時間が必要になります。場所を移すたびに、この段取り時間が増えるのはデメリットです。

また、いったん作業を中断すると、じぶんのアタマを中断モードから作業モードに切り替えなければいけません。これもまた、段取り時間にあたるものでしょう。

ヒトは、集中した状態を中断された場合、またもとの集中した状態に戻るまでに 20〜30分かかる、という研究結果もあります。場所を移すたびに 20〜30分を失っていたのでは、ムダが多すぎます。

だとしたら。自宅以外の場所でテレワークをするのではなく、自宅で集中してテレワークにつとめる。ムダにしなくて済んだ 20〜30分を使って、別の気分転換(わたしの場合、おもに運動)をするほうが有意義なのではないでしょうか。

おいしいコーヒーが飲める

カフェでのテレワーク、ということであれば。おいしいコーヒーが飲めるのは、メリットだと言っていいでしょう。コーヒー大好きなわたしとしては、カフェのコーヒーは大きな魅力です。

けれども、おいしいコーヒーということで言えば。別に、家でも飲めないことはありませんよね。コロナによる外出自粛の流れもあって、わたしも「おうちコーヒー」にチカラを入れました。

基本はハンドドリップ。そのためのコーヒーミル、ドリッパー、コーヒーサーバーがあります。フレンチプレスと、モカポット(ブリッカ)もあります。最近では、生豆を買って自家焙煎もはじめました。

あわせて読みたい
美味しいドリップコーヒーを淹れるのにおすすめグッズ3選 コーヒー好きのわたしが実際に使っている、美味しいドリップコーヒーを淹れるのにおすすめグッズをご紹介していきます。 【やっぱりドリップはうまい。】 コーヒーはお...
あわせて読みたい
おうちコーヒーはペーパードリップか、フレンチプレスか?違いを解説! おうちでコーヒーをお手軽に淹れるなら、ペーパードリップかフレンチプレスか。 でも、それぞれどんな違いがあるの? ということで解説します。 【ペーパードリップ vs ...
あわせて読みたい
レビュー/ビアレッティ・ブリッカがあれば『おうちエスプレッソ』の幸せ おうちエスプレッソで幸せになれる、直火式エスプレッソメーカー「ビアレッティ・ブリッカ」をレビューします。 【エスプレッソは好きですか?】 おうちで「エスプレッ...

こういったモノがあると、カフェにも負けない「おいしいコーヒー」が家でも飲めるようになります。などと言うと、「コーヒー淹れるのに、わざわざ手間がかかってんじゃね?」と、思われるかもしれませんが。

こういった「良い手間」に時間を使うために、ふだんのムダをなくそうと努力をしているわけです。前述した「段取り時間のムダ」を減らそうというのも、その一環になります。

快適な空間

カフェやコワーキングスペース、ホテルなどでのテレワークには、「快適な空間」というメリットもあります。ゆったりとしたソファ、機能的なデスクやチェア、明るく開放的な雰囲気、なかには仮眠室や瞑想ルーム、お風呂やサウナもあったりと… なかなかの快適空間です。

とはいえ。それら快適な空間を利用するためには、「おカネ」がかかります。世の中、カネなのです。違うか。とにかく、利用料を払わなければいけません。当然、利用すればするほど、かかるおカネも多くなるわけで。

利用のしかたにもよりますが、場合によっては月に「万円単位」の支出にもなるでしょう。これを、年間で 10万円と考えたら? 自宅を快適な空間にするために、必要なモノをそこそこ買うことができますよね。

自宅にいながらにして快適となれば、「段取り時間のムダ」を減らせることは、再三お話をしているとおりですから。同じおカネで自宅を快適にすることに、メリットはあるでしょう。というわけで、自宅以外のテレワークにどれだけおカネを使っているか? は、いちど確認をしてみるのがおすすめです。


あたらしい可能性は試してみる

いましがた、自宅以外のテレワークによるメリットを確認しましたが。もうひとつ、「あたらしい体験」も挙げられます。

わたしの実体験で言えば、「昇降式デスク(スタンディングデスク)」や「消音ブース」「仮眠室」などのさまざまな作業空間を体験できたり↓

あわせて読みたい
『point 0 marunouchi』で仕事環境・作業環境をいろいろ体験レポート 2019年8月1日、東京・丸の内にあるコワーキングスペース「point 0 marunouchi(ポイント ゼロ マルノウチ)」に行ってきました。 体験してきたいろいろな仕事環境・作...

「駅ナカで仕事」や「ホテルで仕事」を体験できたり↓

あわせて読みたい
駅ナカ×個室×仕事『STATION BOOTH(東京駅)』をレポート【おすすめ・イマイチをまとめ】 JR東日本のブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を利用してきましたので、そのレポートです。 「駅ナカ×個室×仕事」という点で、STATION BOOTHの「おすすめ」なとこ...
あわせて読みたい
体験レポート/ホテルメッツでテレワーク【STATION WORK・JR東日本】 JR東日本が展開しているシェアオフィスサービス「STATION WORK(ステーションワーク)」を使って、ホテルメッツにてテレワークをしてきましたので体験レポートです。...

「サウナ⇔仕事の無限ループ」を体験できたり↓

あわせて読みたい
横浜のコワーキングサウナ『KOOWORK』で仕事とサウナを両立してきた【レポート】 2019年5月31日(金)、横浜のコワーキングサウナ「KOOWORK(クーワーク)」で日中を過ごしてきました。 結果、仕事とサウナを両立したぞ! ということで、そのレポート...

こういった「あたらしい体験」は、自宅にいるだけだとできないものでもあります。なので、自宅ほどには集中できない・自宅ほどにはパフォーマンスが上がらないとはわかっていても、あえて試してみるようにしています。

もしかしたら、パフォーマンス爆上がり! という可能性もゼロではありませんし。自宅で仕事をするうえでの「ヒント」を見つけることもありますし。また、あたらしいモノ・サービスを「体験」するという価値もあるでしょう。

加えて、「どこでもできるようにはしておく」との目的もあります。

冒頭、わたしの場合には「どこでもできる=どこでもできない」みたいなハナシをしました。とはいえ、自宅以外の場所でテレワークをできるようにしておく必要はあります。

コロナでだいぶ減ったとはいえ、外出することはあるわけですし、出張先で仕事をすることだってあるわけです。そのときになって、「自宅じゃなきゃ仕事・作業ができない…」というのでは困ります。

自宅以外でのテレワークを実現するにはまず、「道具」が必要です。ふだんから、自宅以外でのテレワークを実践して、道具の不備・不足は点検をしておくのがよいでしょう。たとえば、Wi-Fi、電源、ケーブル、データ、ノイズキャンセリングイヤホン・BGM、サブディスプレイなど。

また、道具ばかりではなく、「慣れ」も必要でしょう。自宅ほどにはパフォーマンスが上がらないとしても、慣れによって上がる部分もあります。ふだんから、たまには自宅以外のテレワークで慣らしておくのもいいでしょう。


まとめ

自宅以外でのテレワークが広がりを見せています。けれども、自宅ほどには集中できない、パフォーマンスが上がらないということもあるはずです。

まずはいちど、パフォーマンスを「計測」してみましょう。そのうえで、やっぱりパフォーマンスが上がらないとなれば、自宅以外のテレワークをやめるのも一法です。

自宅以外のテレワークによる「メリット」は、自宅でのテレワークに置き換えることができるはず。というお話もしました。

いっぽうで。自宅以外のテレワークには「あたらしい体験」や「慣れ」というメリットもありますから。それらのメリットを得るという目的で、ふだんから、たまには利用してみるのもいいですね。

『どこでもできる』は『どこでもできない』。自宅以外のテレワークをやめるのも一法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる