これだけは見ておこう!キャッシュフロー計算書の見方 3つのポイント

CF計算書の見方

スポンサードリンク

キャッシュフロー計算書って、どこをみればいいんだ?

財務諸表のひとつでありながら。貸借対照表や損益計算書ほどになじみがないのがキャッシュフロー計算書。見方がわからない、という人は少なくありません。

とはいえ、財務諸表の一翼を担うキャッシュフロー計算書。なおざりにするにはちと惜しい。ということで、キャッシュロー計算書の見方についてお話しします。

キャッシュフロー計算書の見方 3つのポイント

ずばり。キャッシュフロー計算書で見るべきポイント、知るべきポイントは3つです。

  1.  キャッシュ(現金・預金)は増えたのか、減ったのか?
  2.  営業活動キャッシュフローはプラスなのか?営業利益とのかい離はどうか?
  3.  3つのキャッシュフローの関係性はどうか?

以上、3つのポイントを押さえることで、「おカネの流れぐあいを把握する」のがキャッシュフロー計算書に求める役割です。

 

キャッシュフロー計算書の「つくり」を知っておこう

3つのポイントに入る前に。キャッシュフロー計算書の「つくり(構造)」をカンタンに押さえておきましょう。

キャッシュフロー計算書のひな形

中小企業庁「中小企業の会計34問34答」で提供されている、キャッシュフロー計算書のひな形は次のとおりです。

中小企業庁 CF計算書

ひな形を要約する

中小企業庁のひな形を見ているとアタマが痛くなるので、要約することにします。次のとおりです。

要約キャッシュフロー計算書
項目 金額 《参考》
営業活動キャッシュフロー ×××××× ひな形の(Ⅰの計)欄の金額
投資活動キャッシュフロー ×××××× ひな形の(Ⅱの計)欄の金額
財務活動キャッシュフロー ×××××× ひな形の(Ⅲの計)欄の金額
キャッシュ(現金・預金)の増減 ×××××× ひな形のⅣ欄の金額
キャッシュ(現金・預金)の期首残高 ×××××× ひな形のⅤ欄の金額
キャッシュ(現金・預金)の期末残高 ×××××× ひな形のⅥ欄の金額

さきほどのひな形と比べてみましょう。大きな項目をそのままに、細かいところは端折ってみた。それだけです。はじめから情報が多すぎるのでは、見るのにも混乱しますので。

そもそも、キャッシュフロー計算書はどうつくるのか?については、次の記事も参考にどうぞ。

自分でできる!お手軽キャッシュフロー計算書のつくり方

2016.11.15

それぞれの項目の関連性を絵にしてみる

キャッシュフロー計算書の「つくり」を見たところで。ちょっと絵にしてみます。計算書内のそれぞれの「項目」の関わり具合を確認します。

CF計算書 項目関連図

さきほどの「要約キャッシュフロー計算書」と見比べてみましょう。まず、「4. キャッシュの増減」は、「5. キャッシュの期首残高」と「6. キャッシュの期末残高」との差額です。

その「4. キャッシュの増減」の内訳として、「1. 営業活動」「2. 投資活動」「3. 財務活動」の3種類のキャッシュフローがあります。

3種類のキャッシュフローが意味するもの

キャッシュの増減の内訳である「3種類のキャッシュフロー」には、それぞれ次のような意味合いがあります。

キャッシュフローの種類 意味合い
営業活動キャッシュフロー(営業CF) 本業で生み出したおカネはいくらか
投資活動キャッシュフロー(投資CF) 将来に投資したおカネ、過去の投資を売却したおカネはいくらか
財務活動キャッシュフロー(財務CF) 資金調達したおカネ、返したおカネはいくらか

 

《ポイント1》 キャッシュ(現金・預金)は増えたのか、減ったのか?

前段が長くなりましたが。きょうのテーマ、キャッシュフロー計算書の見方のポイントひとつめです。

1年間のキャッシュ増減を把握せよ!

この1年間でキャッシュ(現金・預金)は増えたのか? それが、キャッシュフロー計算書からいちばんに確認すべきポイントです。

「5. キャッシュの期首残高」と「6. キャッシュの期末残高」の差額である、「4. キャッシュの増減」を見ましょう。おカネが増えたか、減ったか。どれくらいの増減かがわかります。

おカネの増減理由は、キャッシュフロー計算書でしかわからない

キャッシュ、すなわち「おカネ」を見るのがキャッシュフロー計算書。損益計算書で「利益」がわかっても、おカネが増えたかどうかはわかりません。

それならば、おカネが増えたかどうかは、貸借対照表からでもわかるのではないか? その通りです。でもわかるのは、増えたか減ったかということだけ。その「理由」まではわからない。

キャッシュフロー計算書をなおざりにできないワケがここにあります。

 

《ポイント2》 営業活動キャッシュフローはプラスなのか?営業利益とのかい離はどうか?

続いて、キャッシュフロー計算書の見方のポイントふたつめ。

本業は儲かっているのかを把握せよ!

キャッシュの増減を把握できたなら。次にすべきことは、その理由を把握すること。その「とっかかり」として、3種類のキャッシュフローがあります。

なかでも最重要キャッシュフローが、「営業活動キャッシュフロー」です。これは、「本業で生み出したおカネはいくらか」ということでしたよね。

そう考えれば、「営業活動キャッシュフローがプラスである」のは大原則であることがわかります。まずは、プラスかどうかをチェックです。

営業活動キャッシュフロー<営業利益になっていないか

次にすべきことは、「営業利益との対比」です。営業利益は、損益計算書の一項目。本業のもうけを表す利益が、営業利益です。

そこで、「本業で生み出したおカネの営業活動キャッシュフロー」と「本業のもうけである営業利益」とを比べてみましょう。

おカネの増減と利益の増減とは完全一致しないものなので、「ある程度」の差があるはずです。それは仕方なし。

問題があるのは、営業活動キャッシュフローが、営業利益を大きく下回るケース です。

おカネの増減と利益の増減がズレるのは?
売掛金や買掛金などの信用取引(いわゆる「ツケ」)があると、「売上や仕入(利益)の計上時期」と「おカネの動き」にズレが出ます。
掛売であれば、売上(利益)が先に立ち、おカネは少し遅れて増えることになります。また、現金の動きを伴わない経費である減価償却なども、ズレの要因のひとつです。

在庫、売掛金、買掛金の動きをチェック

「営業活動キャッシュフロー<営業利益」となってしまう場合には、さらなる原因追及が必要です。原因として考えられるのは、

  • 在庫が膨らんでいる(不良在庫
  • 売掛金が膨らんでいる(入金サイトが長くなっている)
  • 買掛金が縮まっている(支払いサイトが短くなっている)

ほかにも原因はありえますが、とくに注意してみるべきは上記の3つです。在庫、売掛金、買掛金は、貸借対照表の動き(推移)を追えばわかるところ。チェックしてみましょう。

在庫や売掛金が増えるということは、「在庫や売掛金という資産」を、キャッシュを使って買ったことを意味しています。在庫や売掛金の増加が、資金繰りを悪くすると言われるのはこのためです。

いっぽう、買掛金のサイトが短くなると、その分キャッシュがはやく流出しますので。やはり、資金繰り的には悪い方にはたらきます。

損益計算書の利益だけを見ていてもわからないところですから、くれぐれもご注意を。

 

《ポイント3》 3つのキャッシュフローの関係性はどうか?

キャッシュフロー計算書の見方のポイント、さいごです。

3種類のキャッシュフローの「8つの組み合わせ」を把握せよ!

キャッシュフローには3種類ありますが。もっともたいせつな営業活動キャッシュフローの確認が済んだなら、次にやるべきことは「全体のバランス」チェックです。

3種類のキャッシュフローのプラス・マイナスの組み合わせを見ていきます。組み合わせは8つ、次のとおりです。

 
営業活動キャッシュフロー(営業CF)
投資活動キャッシュフロー(投資CF)
財務活動キャッシュフロー(財務CF)

組み合わせごとの特徴

8つの組み合わせについて、それぞれの特徴を見てみましょう。ただし、これはあくまで「方向性」を見るものです。

それぞれの「+」「-」の金額の大小によって、同じ組み合わせの場合でも状況は異なります。キャッシュフローの「流れはどこへ向いているか」の目安と考えましょう。

1 営業CF+、投資CF-、財務CF-

理想形。長期的には、このカタチがベストです。メインエンジンの営業CFで稼いだおカネを、あらたな投資や、借入返済に充てています。無い袖は振れません。

2 営業CF+、投資CF+、財務CF-

理想形のカタチに加えて、投資CFが+。不要資産などの売却などをすすめて投資CFを生み出し、財務体質のスリム化をはかる過程で見られるパターンです。

3 営業CF+、投資CF+、財務CF+

資産の売却(投資CF)、資金調達(財務CF)でおカネを生み出し、あらたな事業への進出をはかる転換期などに見られるカタチです。

4 営業CF+、投資CF-、財務CF+

本業の稼ぎ(営業CF)に加え、資金調達(財務CF)で増やしたおカネを、あらたな投資に使う。ベンチャー企業や、第2創業期の会社などに見られるおカネの流れです。

5 営業CF-、投資CF+、財務CF+

ヤバめです。本業の稼ぎが悪いので、資産を売り(投資CF)、おカネを集めて(財務CF)凌ぐという危険なおカネの流れ。なんとかしないと。

6 営業CF-、投資CF-、財務CF+

これもヤバめです。おカネを生み出すチカラもなく(営業CF)、おカネを借りている(財務CF)のに加え、あらたな投資まで・・・起死回生を賭けた崖っぷち、にも見えます。

7 営業CF-、投資CF-、財務CF-

過去の蓄え(内部留保)が厚い会社はこういうことができます。少々稼ぎが悪くても(営業CF)、投資ができて(投資CF)、おカネも返せる(財務CF)。とはいえ、状態の長期化には注意。

8 営業CF-、投資CF+、財務CF-

本業が悪く(営業CF)、あらたな借入もできず返すだけ(財務CF)。資産を売って(投資CF)なんとかおカネをねん出。そんな厳しさが見えるパターンです。リスケも視野に、立て直しが必要です。

 

まとめ

キャッシュフロー計算書の見方のポイントについて見てきました。

おカネが増えているかどうか、営業活動キャッシュフローは増えているかどうか、3種類のキャッシュフローのバランスはどうか。の3点がポイントです。

もう一つ重要なことは、キャッシュフロー計算書を複数年並べて見ること。単年だけでは見えてこない、大きな「おカネの流れ」が見えてきます。

なじみがないキャッシュフロー計算書に、なじんでいきましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!