節税とは『経費を増やす』のではなく『経費を減らさない』こと

経費を減らさない

経費を使って節税しよう!

って、それ。ちょっと違いますよ。節税とは、経費を増やすことではなく、経費を減らさないこと。というお話をしていきます。

税金を減らす方法は「収入を減らす」か「経費を増やす」か

みんな大好き、節税。そりゃもう、税金は少ないほうがいい。と言う人は少なくありません。

では、税金を減らすためにできることはなんだろう? と考えてみると。その答えは大きく2つです ↓

  • 収入を減らす
  • 経費を増やす

これを図解してみるとこうなります ↓

image1

上図のとおり、税金とは基本的に「(収入 − 経費)× 税率」ですから。たしかに、「収入を減らす」または「経費を増やす」で税金は減ります。理屈では。

ところが実際には、「よし、収入を減らそう!」という人はなかなかいないでしょう。別の理由ならともかく、税金を減らすために収入を減らすって・・・ あまり聞きません。

いっぽうで、「よし、経費を増やそう!」というハナシはよく聞きます。よく聞くのだけれども。

実は「経費を増やそう!」というのは、ちょっとちがう、ちょっと間違っていることがありますよ。そんなお話をこれからしていきます。

【参考】節税の応用編「税額控除」

税金を減らすためにできることとして、「収入を減らす」「経費を増やす」のほかにもうひとつ、「税額控除制度を使う」という方法があります。文字どおり、税金を控除する制度。

たとえば、一定の賃上げをした際の「所得拡大促進税制」や、一定の機械装置等を取得した場合の「投資促進税制」、一定の住宅ローンを組んだ場合の「住宅借入金等特別控除」など。

ただし、これらは「収入を減らす」「経費を増やす」に比べて難易度が一段上がるため、本記事では詳述を省かせていただきます。

 

「経費を増やす」の間違い・勘違い

さきほど、「経費を増やそうというのはちょっとちがう」と言いました。たしかに、経費を増やせば、利益は減って税金は減るのですが、それは間違い・勘違いです。

その理由がこちら ↓

  • ほんとうは経費ではないものまで経費にしようとしているから
  • 単なるムダ使いをしようとしているから

上記の2つについて、カンタンに補足をします ↓

ほんとうは経費ではないものまで経費にする

これは、ひとことで言えば「脱税」です。脱税なんていうと、「わたしはそんなことしないから」と他人事ですが、意外と「やっちゃっている」こともあるもので。

たとえば、こんなこと ↓

  • ほんとうは家族や友達などとのプライベートの飲食代だけど経費にしちゃえ。
  • 日常生活で使う家電だけど、仕事で使うということで経費にしとこ。
  • ママ友がくれたレシートも経費にしちゃお。
  • 行きつけのスナックでくれた「白紙」の領収書に、実際よりもちょっと高めの金額を書いちゃえ。

などなど

これらは「ほんの出来心」のように思えなくもありませんが。そんな思いとはウラハラに、まぎれもない「脱税行為」です。

したがって、税金を減らすにあたって「経費を増やそう」ということに執着しすぎると、思わず脱税をしてしまっていることがあります。

気づかぬうちに(あるいはマヒをして)その頻度・金額が増えて、脱税が日常化してしまうことも少なくありません。気をつけましょう。

単なるムダ使いをしている

経費を使えば利益が減って、税金も減る。そのとおりです。けれども、それは単なるムダ使いかもしれない、というハナシです。

たとえば、こんなハナシ ↓

  • いま、利益を計算してみたら、「(収入 2,000 − 経費 1,000)= 1,000」でした。
    手元の現金は、利益(収入 − 経費)と同じく 1,000 ありました。
  • このまま、税金を払うとすれば「(収入 2,000 − 経費 1,000)× 税率 50% = 税金 500」になります。
  • いやしかし。税金 500を払うのは惜しいので、追加で経費を 1,000 使うことにしました。
    これで「(収入 2,000 − 経費 2,000)× 税率 50% = 税金 0」です。

    めでたし、めでたし。

などというハナシに満足してはいけません。

なぜなら、追加で経費 1,000を支払ったあとの、手元の現金はゼロだからです。手元にあった 1,000を使い切ってゼロ。なにも残らない。

では、おとなしく税金を支払っていればどうだったのか? 手元の現金 1,000から、税金 500を支払っても 500残ります。

このように、税金を惜しむがために、結果「ムダ使い」をしておカネを無くしている。そんな間違い・勘違い節税をよく見聞きします。

利益が出たから税金を払うより、パーッと使っちゃおう! それ、ただのムダ使いかもしれませんよ。気をつけましょう。

 

節税のキホンは「経費を増やす」のではなく「経費を減らさない」こと

これまでの話を振り返ると。経費を増やせば税金は減るが、脱税やムダ使いになっていることが少なくない。

じゃあ、いったいどうしたら税金は減るんだ? それがここからのお話です。

まず、結論から言いましょう。結論は、「経費を減らさない」ことです。

「経費を増やす」ことよりも、まずは「経費を減らさない」ことです。なんだか禅問答のように聞こえるかもしれませんが、図解をするとこういうことです ↓

image2

上記のとおり、「ほんとうは経費であるはずのもの」を、みすみす経費にせずにいる(漏れている)ことがあります。

きちんと経費にできていれば、脱税やムダ使いなんてしなくて済むものを。みずから経費を減らして、利益を増やし、結果として税金を増やしていることがあるのです。

だから、まずは「漏れている経費」をきちんとしましょう、みすみす経費にせずにいるなんてやめましょう。

そんな「みすみす経費にせずにいるケース」とは、具体的にはこういうことです ↓

  • 領収書・レシートを失くしている
  • ほんとうは経費にできることを知らない・気づかない

上記について、それぞれ説明を加えます ↓

領収書・レシートを失くしている

経費について経理処理(帳簿づけ)をする際、基本的には、経費を支払うときに受け取った領収書やレシートが元になります。

では、この領収書・レシートを失くしてしまっていたらどうでしょう?

銀行預金やクレジットカードでの支払いであれば、通帳や利用明細で履歴は残りますが、現金払いの場合には履歴は残りません。

したがって。経費を現金支払いしたのち、領収書・レシートを失くしたあげく、時間がたってしまえば、「経費を支払った」ことは忘れてしまうでしょう。

この場合、経費から漏れることになります。せっかくおカネを払って経費を使ったのにもかかわらず。

対策は、「すぐに経理をすること」です。とくに現金払いの経費については履歴が無いのですから、毎日でも経理処理(帳簿づけ)をしておきましょう。

きょうのことや前日のことくらいであれば、もしも領収書・レシートを失くしていても思い出すことができるはずです。そのときは、再発行なり、出金伝票なりの手段があります。

フリーランスがこれだけは毎日やるべき3つの経理しごと

2017.08.08

ほんとうは経費にできることを知らない・気づかない

実は経費にできるはずの支払いについて見逃している、ということがあります。理由は「勉強不足」です。

よくある勉強不足で言えば、こんなものが挙げられます ↓

などなど

これらは経費にできる(仕事とプライベートを兼ねるものは仕事部分だけ)のですが、知らなければ経費から漏れておしまいです。

知っていれば問題なく経費にできるのにもかかわらず、これらを漏らしたあげくに、脱税やムダ使いをしていたのでは目も当てられません。

ですから、勉強をしましょう。ネットでも、書籍でも、セミナーでも。学べる機会には事欠きません。

勉強の結果、経費を漏らさなければ、いまよりも税金が減る(節税)ことになるはずです。

税理士が選ぶ「フリーランス・個人事業者」の確定申告おすすめ本5選

2017.03.16

 

まとめ

節税とは「経費を増やす」のではなく「経費を減らさない」こと、についてお話をしてきました。

「節税!節税!」と叫んでいる人に限って、領収書・レシートを無くしている、勉強不足ということがあるものです。

たしかに、経費を増やせば税金は減りますが。脱税やムダ使いにはならないように、まずは、「経費を減らさない」ことを見直してみましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  



ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!